未完成行進曲 (角川ルビー文庫―富士見二丁目交響楽団シリーズ)

未完成行進曲の感想・レビュー(208)

因縁の市民フィルから芳野入団。守村は課題曲アリアで苦しむがその成果は特Aの評価。コンマス選挙のあとまたもや階段落ちたり、雪の夜屋上に締め出されたり、毎回ひどい目に合うなあ。最後の誕生日パーティーは半数くらいは「知ってる組」だろうね。
★2 - コメント(0) - 3月8日

再読。芳野登場。なんかイヤな予感が。悠季にコンマスを賭けて挑んできた!課題曲は悠季が苦手な「G線上のアリア」この曲を乗り越えてほしいと圭からの愛のムチだなこりゃ。圭のサプライズは素敵ですね!!惚れちゃうわ、もう!!
★26 - コメント(0) - 3月6日

★★★★
★1 - コメント(0) - 2月3日

今回も面白かった♡ 悠季が中学のオケを指導することになって反抗する子供たちに雪の降る屋上に締め出されたり…とこれからの子供たちとの展開が気になります。圭は相変わらず悠季を大切にしていて初めての作った曲を贈ったりの甘々さも楽しい♥ しかし…携帯電話にポケベルかぁ…(´ー`)携帯電話もでかいんだろうなぁw大変懐かしゅうございます。やっぱり最新刊と時代を比べてみたい欲求が…w あと気になったのはソラくんというのはダレ?読み飛ばしたかと思ったけど順番通り読んでる…とちょっと引っかかったけどそれで普通のようですw
★22 - コメント(7) - 2016年10月5日

ソラ君登場が読みたくて、再読。チラッと出てきたけど、フライング?らしい。遠藤くん登場に小早川氏登場、二月二十一日初演など、いろいろあります。
★2 - コメント(0) - 2016年4月28日

悠季の自分への過少評価は、いっそ自虐的。ラブラブなんだけど、二人の話し方がちょっと引っかかるものの、誕生日パーティーで盛り上がるので良しと。しかし悠季は仕事先に恵まれないなぁ。
★1 - コメント(0) - 2016年3月19日

なんでソラ君?どっから出てきたのって思った。悠季モテモテだね。圭サンも気が気でないわ。
★24 - コメント(0) - 2015年10月26日

再読
★5 - コメント(0) - 2015年3月10日

再読
★1 - コメント(0) - 2015年1月4日

「ソラくん」?どちら様ですか? 読み飛ばした巻があるのかしら?と思ってしまった。
★2 - コメント(0) - 2014年3月20日

再読。なのでソラくんの存在は知っているんだけど、こんな唐突な登場だったっけ?と思って皆さんの感想を拝見したら、そうだよね、やっぱり間に話があるはず。この巻には未収録。当時リアルタイムで読んでいた人には不親切な設計だよなあ。バースデーパーティは挿絵も素敵ですね。M饗カルテット&圭の正装も見てみたい。
★2 - コメント(0) - 2014年2月24日

相変わらず運が悪いというか、なんですか?男難ですか?一番最後のなんですか!?え!?
★1 - コメント(0) - 2014年1月11日

相変わらずボッコボコにへこむところから始まる悠季の受難(笑)に胃が痛くなるけど、最後はちゃんと持ち上げてくれるところが大好きです。「野生のアマデウス」がまだ収録されていないので、突然のソラくんにびっくりしてしまいました。
★1 - コメント(0) - 2013年8月15日

購読
★2 - コメント(0) - 2013年5月28日

再読。相変わらず守村の自虐ぶりが酷いなw それはともかく、鼻持ちならない、しかしその後はましになった芳野の登場とコンクールとか、サプライズ誕生会とか、面白い趣向で一気読みした。さて、次、次。
★3 - コメント(0) - 2012年8月5日

間違えて2部に。確かに共依存な関係だと納得。
★2 - コメント(0) - 2012年3月31日

再・・・読。1部に比べていろいろパワーUP…していたんですね。改めて読んで、じっくり堪能。そして直前に読んでいた本の内容が、上書きでぶっ飛びました(泣笑)面白い本だったんだけど、こっちの方がより…
★5 - コメント(0) - 2012年3月15日

再読。悠季の誕生日の場面は何度読んでも感動する。
★4 - コメント(0) - 2012年1月21日

第二部突入!再読だけれどうろ覚えだったり、今読むと違う感想を思ったり・・・で、新鮮な気持ちで読み楽しんでます^^第一部で悠季と圭の関係がやっと落ち着いたって思ってたのだけれど、悠季の自分自身の過小評価は相変わらず・・・というか、どんどん酷くなってる(^^;)読んでて痛々しいほどだったよ~。でも今回も圭の大いなる悠季への愛情に包まれてハッピーエンド♪芳野ってヤなヤツだけれどなんだか笑えちゃう(笑)同時収録はまだ続く状態。落ちこぼれ生徒達を上手くまとめられるのか。頑張れ!悠季!!
★2 - コメント(0) - 2012年1月12日

再読
★2 - コメント(0) - 2011年11月23日

ソラ君っていったいどこから出てきたの??今までの4巻の中に出てきたっけ??読み飛ばしちゃったのかしら?誰か教えて~~。
★4 - コメント(0) - 2011年8月30日

【♪♪】コンマスの座の危機、そしてオーケストラクラブの生徒からの手荒い歓迎という、ひと波乱どころか…な展開の第二部幕開け。フジミの新メンバー芳野もクラブの中学生もなかなか手強そうなキャラで悠季が振り回される中、圭の色ボケに救われるw 相変わらず悠季のうじうじが過ぎてなんだかなァなんて思ったりもするけど、一心不乱に打ち込んで、演奏する喜びを噛み締め、時には全力で悩むその姿に、これだと思えるものに巡り合えた幸運にむしろ羨ましさが先に立ってしまう。
★5 - コメント(0) - 2010年12月16日

十数年ぶりに再読。たぶんここまでくらいしか読んでない・・ハズ
★2 - コメント(0) - 2010年11月12日

☆☆☆☆ 再読。2部突入!
★2 - コメント(0) - 2010年10月13日

図書館
★2 - コメント(0) - 2010年10月8日

またイヤそうな新キャラが登場しましたね。傲慢で自信家で打算的で……だけどしっかり居ついてしまった所が憎みきれないわ。そして後半、風邪を移しあうふたりにサプライズパーティーにほのぼの。ああ、この巻も好きかも♪
★8 - コメント(0) - 2010年8月14日

最後のハッピーバースディーがみんなで祝ってくれてて悠希も幸せものです。
★3 - コメント(0) - 2010年5月29日

独占欲の強い圭がかわいくて好きですv
★3 - コメント(0) - 2010年4月15日

「邪魔しちゃいけないアンタッチャブル」とかの言い回しが特徴あるよなあ。
★3 - コメント(0) - 2009年10月29日

再読です。ライバル楽団市民フィルから吉野が入団。コンマスの座をかけて勝負する事に。悠希がアリアで悩み、それを克服できた話です。名門中学で生徒に屋上に閉じ込められ、上司に助けれるのですが、一晩帰らない悠希に嫉妬する圭。この独占欲の強いところが好き。
★3 - コメント(0) - 2009年9月23日

フジミの天才指揮者圭にあこがれ、ライバル楽団市民フィルから、吉野が入団。コンマスの座をかけて、勝負することに。悠希は名門中学でオーケストラ指導の職を得るが、いたい洗礼をあび・・
★3 - コメント(0) - 2009年8月21日

フジミのあったかい空気が伝わってきて読んでて幸せになれます。続きがあるのが嬉しい。
★2 - コメント(0) - 2008年12月23日

☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2007年6月14日

2000年7月に再読。
★2 - コメント(0) - 2003年1月1日

1999年11月に再読。
★2 - コメント(0) - 2003年1月1日

1999年7月に再読。
★2 - コメント(0) - 2003年1月1日

1999年3月に初読。
★6 - コメント(0) - 2003年1月1日

★★★
★1 - コメント(0) - --/--

★1 - コメント(0) - --/--

★4.5
★2 - コメント(0) - --/--

未完成行進曲の 評価:58 感想・レビュー:40
ログイン新規登録(無料)