トヨタの片づけ (中経の文庫)

トヨタの片づけの感想・レビュー(156)

★電子書籍★
★1 - コメント(0) - 3月23日

☆☆☆☆
- コメント(0) - 3月17日

UBI”「いるもの」「いらないもの」の判断基準をどこに置くかということ、それがまさしく整理することにつながっていきます" TODO 捨てられないモノ= 判断基準がないモノ だから、使わないけど捨てられないモノについては理由を掘り下げ、自分なりの判断基準をつくる
★2 - コメント(0) - 2月26日

線を引こう。
★5 - コメント(0) - 1月22日

職場から渡された本。よほど整理整頓されてなかったのだと思う。実際に今の職場で片付けや掃除を業務として認める風潮があるとは思えないのが残念。ただ、整頓出来てない人達も片付けた方が良いとは思っているはずなので、この本を読んで少しでもやってみようと思えればいいなと思う。
★2 - コメント(0) - 1月16日

いくつか参考になるポイントありました・書類は10秒以内に取り出す・今日使うもの以外は机におかない・デスクに置きっ放し→捨てても問題ない・人目につくようにすれば物はたまらない・必要なものを必要なだけ持つ→ 使わない物はあとで元の場所に戻すことに→ 他の人の分が足りなくなる・スタッフの仕事状況を提示・A列使ったらB。A補充。B使ったらA使う・発注点→残り⚪︎になったら⚪︎する・物の定位置を明示する。マップ図
★3 - コメント(0) - 1月9日

よくあるビジネス本。書かれている内容は、自分でもわかっていんですけどね…それが実践できないから困っているわけで(笑)
★1 - コメント(0) - 1月9日

整理=いるものといらないものを分けること 整頓=必要なものを、必要な時に、必要なだけ取り出せる状態にすること。 職場の机が少しずつ片付いてきたことが最近嬉しく、そのせいか仕事の効率も上がったように感じます。
★2 - コメント(0) - 1月7日

こういうのは、読むだけでなく一つでも実践して初めて、購入した甲斐あり。わかっちゃいるけどねー
★3 - コメント(0) - 2016年12月31日

まずは自分の家からはじめてみよう
★2 - コメント(1) - 2016年12月30日

公私ともに役立てそうな良本でした
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

一本の線を引く(印をつける)だけで整理整頓が進む。「ヒトの動き」をもとにしたモノの配置。早速実践したい。
★2 - コメント(0) - 2016年12月17日

会社で5Sとよく言われるので、手に取った一冊。片付けがもたらす効果が絶大なのはよくわかった。難しいのは躾。持続させるための努力は個人レベルではなく、会社一丸となって、やらなければ難しいと思う。トヨタの掃除は業務というくらいの措置が必要ではないだろうか。
★3 - コメント(0) - 2016年12月5日

>興味深いのは、片づけが出来ていない会社ほど、利益がでていないなど、業績面でも苦しんでいる場合が多いという点です。作業のムダが多く効率が悪い。十分な成果を出せていない…デスクのまわりに、まったく使わないものや段ボールが積み重なっていないでしょうか。それらを片づければ「ムダ」が利益に変わります。スペースが広くなり有効活用できます。職場の雰囲気がパッと明るくなり、従業員の「次の改善をやってやろう」という前向きな気持ちも芽生えます。「整理」と「整頓」をやるだけでも、必ず職場の効率がアップし、成果が上がるのです。
★38 - コメント(7) - 2016年11月12日

今まで断捨離しにくかったのは捨てる判断基準が曖昧だったから。不要物を捨てようとしてもつい今度使うから、と残しがちだけど、期限をもうけることによって判断基準を明確にし、期限を過ぎた物は処分する。
★1 - コメント(0) - 2016年11月5日

一見当たり前のことばかり書いてあるのだけど、読みながら仕事を思い出しては整理して、ついでに自宅も整理して、いろいろな気づきを与えてくれる。整理、整頓、無駄の排除って、ここまで大切なんだなぁ。 さらにリーダー論も非常に参考になった。
★1 - コメント(0) - 2016年10月9日

仕事の進め方の見直しにも参考になる。 過去の無駄なことに気付き、新しいこと、大事なことに目を向けたい。
★1 - コメント(0) - 2016年10月9日

a.m
役に立った。また読みたい。
★2 - コメント(0) - 2016年10月5日

10秒以内に欲しい資料を取り出せる状態に!が今後の整理整頓の目標です。極力使うもの以外は物を置かないのが理想なのですね。
★1 - コメント(0) - 2016年9月18日

物を有することはお金がかかること。物を探すことは無駄である。 無駄なものを減らし、効率よい職場にする。
★1 - コメント(0) - 2016年9月11日

自分自身、『いつか使うかも。捨てて後悔したくないからとりあえず持っておこう』という心理が強い。そのいつかは大抵来ないし、大体は他の誰かが持っているから困らない、というのは確かに。そもそもモノを持つことはコストとの認識が薄かった。持ちすぎると、スペースのムダや、探す時間のムダなどが発生する。整理して、捨てて、モノが少なくなると、心がスッキリした気持ちになるのは経験的に知っているので、持ちすぎずバンバン捨てる!を実践したい。あの箱のフタが閉まらなくなったら持ち過ぎ、など自分なりの判断基準を持って、捨てていく!
★2 - コメント(0) - 2016年9月8日

『書類を取り出すのは10秒以内』…。できるようになるかな…。
★5 - コメント(0) - 2016年9月8日

なんか違う。
★16 - コメント(0) - 2016年9月5日

生産性の向上が日本の課題である以上、働くすべての人に必読の書。「きびだんご」「姿置き」「動作経済」すべてが目からウロコ!
- コメント(0) - 2016年8月27日

さっそく実践中。
★3 - コメント(0) - 2016年8月21日

「500人の部下を抱えながら、机の上には電話ひとつしか置かない」人のエピソードが気に入った。いらない書類には赤付箋と捨てる期日を書く、机上に置くのは今日使うものだけ、など自分なりに実践し、片付いた状態を維持できるようになった。ものを持つことのコスト意識、片付いていないことによる探す手間など、無駄に対する意識が半端ない。
- コメント(0) - 2016年8月11日

5S。整理、整頓。清掃、清潔、しつけ。仕事である。モノを探す時間は無駄、無駄を無くす。書類のマップ図。
★1 - コメント(0) - 2016年8月10日

本質はいるものといらないものが自分で決めたルールをもとに分けられること。人は扱えるものの数に限りがあるような気がする。ついつい溜め込んだり臭いものには蓋をしてしまうきらいがあるが、整理、整頓を行動として行い続ければ、物事の判断もしっかり行えるようになる気がする。
★2 - コメント(0) - 2016年7月25日

整理収納のお話。基本の再確認になったかな?
★2 - コメント(0) - 2016年7月20日

整理、整頓が仕事の効率を上げることを実感させること。整理するの項目を皆で共有すること。やはり、トヨタ。理にかなってる。
★18 - コメント(0) - 2016年7月4日

書類の先入先出、マップ図、取り入れる!
★2 - コメント(0) - 2016年6月6日

少しずつでも片付けをしていこうと度々思うがなかなか難しい。掃除の時間を決めるのはいいかもしれない。
★3 - コメント(0) - 2016年6月5日

片付ければ、無駄も利益になる。スペースの無駄、時間も無駄、間違える無駄、取りに行く無駄。いろんな無駄を片付けて排除することで、生産性や効率が上がって利益になる。片付けも仕事のうちというのは良い考えと思った。整理整頓を徹底しようと思う。ものを持つことはコストにもなると言うことを忘れず、業務をすっきりさせていきたい。一年使っていない名刺を早速捨てました。
★3 - コメント(0) - 2016年5月20日

整理整頓、清掃、清潔、そしてしつけを行うことで、働きやすい環境、生産性が高い職場にすることを推奨している書籍である。 特にこの作品で、印象的であった言葉は、「掃除も仕事である」という言葉であった。 自分の身の回りやデスクを清掃することは、一見仕事に付随している作業に見えるがそうではなく、それ自体が仕事に不可欠だということである。 また、リーダーについても、自分のチームが掃除を行う環境作り、どうしたら「動く」かを考えなければならないという言葉に深く衝撃を受けた。自分自身に足りないことであったからである。
★3 - コメント(0) - 2016年5月8日

職場も家も片付けました。 納得いってすぐに実行できるほん。 さすがトヨタ(^_-)
★1 - コメント(0) - 2016年5月5日

仕事の生産性をあげるノウハウが詰まった一冊。仕事だけでも家の片付けなどにも使えた。
★1 - コメント(0) - 2016年4月26日

仕事をする上で効率を上げるための片付けの基本的なことが書いてある。普通のことですが、なかなかできない。しっかり実行すれば確実に効率が上がると思います。さすがトヨタです。
★6 - コメント(0) - 2016年4月17日

5Sの重要さを再認識しました。
★1 - コメント(0) - 2016年4月9日

無駄を減らすと効率が良くなる。定期的に①毎日使うもの ②今週使うもの(課内でシェア) ③今月使うもの ④使わないもの ⑤使えないものに分け捨てる。使う頻度に合わせて取りやすさを変える。共用のものは何がどこにあるかわかる仕組みを整える。ホッチキス置き場にはホッチキスと書いたテープを貼る。本棚を分野で分けてわかりやすい図を貼っておく。消耗品は発注する目安を作る。印刷用紙があと2束になったら「発注カード」を発注者に届けるなど。清掃時間を設定(始業後終業前の10分)。継続しない場合はPDCA。
★3 - コメント(0) - 2016年4月5日

片付け、自分にとって大きな課題である。全て書かれている通りにやろうとは思わないが、試したいことも多々あったな。
★2 - コメント(0) - 2016年4月5日

トヨタの片づけの 評価:90 感想・レビュー:68
ログイン新規登録(無料)