光琳ART光琳と現代美術

光琳ART光琳と現代美術の感想・レビュー(13)

2016年4月19日:田中 勇気
光琳の意匠が好き。
★5 - コメント(0) - 2015年10月8日

2015年5月31日:YASUKO
2015年5月30日:yzw
2015年5月4日:かおり
2015年4月30日:Go Yamaguchi
コラム「砕動風鬼」中の〝日本人はなぜ三次元ではなく二次元に全力を投入してきたのか〟という疑問に虚を突かれた。言われてみれば、本当にそうだ。なんだろう、紙にすべてを封じ込めようとする気質のようなものがあるんだろうか。紙は神に通じるしなぁ。
★1 - コメント(1) - 2015年4月7日

MOA美術館で開催された同名の美術展の図録だが、一般書籍として発売されている。美術展の出展作品の写真と、かなり専門的な論文も含む複数筆者による論考が掲載されている。光琳が中心だが、明治以降、現代まで、琳派にインスパイアされた作品も掲載されている。会田誠や村上隆、杉本博史の作品も紹介されていて、琳派が現代アートも含む日本美術の強力な霊感源となっていることがわかる。カバーの写真は杉本博史による白黒の紅白梅図屏風。夜の情景となるような現像方法をとっているそうで、とてもかっこいい。美術展行きたかった。
★3 - コメント(0) - 2015年4月5日

楽しく拝読しました。樂さんも会田さんも琳派とは、初めて気がつきました。砕動風鬼は確かにそうです。
★1 - コメント(0) - 2015年3月24日

2015年3月23日:カッチ
ぶらぶら美術館か何かを観て、琳派の作品ってキレイだなあ、いいなあ♪と思って借りた本。解説部分の文章が本気すぎて挫折したけど、綺麗な写真部分をまったり眺めてうっとりした。いわゆる『琳派』の作品から、その流れをくむ現代の日本画、洋画、工芸まで幅広くカバーした本。よもや琳派の流れで会田誠が出てくるとは。でもこの本に紹介されている会田作品は、放送できない系のアレなかんじではない方…と言ってもメッセージ性が強すぎてやはりアレ。しかし、現代の工芸作家のものが琳派だけどモダンで素敵すぎる。とくに森口華弘の友禅の着物!
★21 - コメント(0) - 2015年3月22日

2015年3月9日:半殻肝
2015年3月1日:たつじ

今読んでいるみんな最新5件(1)

04/29:Go Yamaguchi

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

03/22:ユキ
03/03:風隼
光琳ART光琳と現代美術の 評価:77 感想・レビュー:5
ログイン新規登録(無料)