キュビズム・ラブ 1 (B's-LOG COMICS)

キュビズム・ラブ 1 (B's-LOG COMICS)
154ページ
337登録

キュビズム・ラブ 1巻はこんな本です

キュビズム・ラブ 1巻の感想・レビュー(292)

表紙を見て、ずいぶん大きなチョコを抱えた人がいるなぁ…と思ったら、あの箱はヒロインでしたか。絵が綺麗で穏やかに話が進んで行くけど、実はかなり哀しい現状だよね? これってハッピーエンドになってくれるのかなぁ。先生とヲタポンでなんとかしてくれるといいな…。
★2 - コメント(0) - 2016年12月24日

MIA
私好みの絵、そしてシナリオです。キャラも好き。このままずっとほわほわしたラブストーリーに浸ってたいけど、どう完結の流れに持っていくんだろう…。『ちょびっツ』(CLAMP)みたいに、普通のハッピーエンドを想定できない設定なだけに先が心配な作品。幸せな作品になってほしいけど…
- コメント(0) - 2016年4月23日

表紙を見たときに、男性が抱えている箱は何だろう?と気になっていたが、まさか主人公だとは…。しょっぱなから驚きを与えてくれる作品。脳だけで生きることができる技術があることは幸せなのか、不幸せなのか。今の私たちにはわからないことだが、この作品の登場人物たちはどう感じているのだろう。絵柄もきれいだし、これからの話の流れが気になる。
★1 - コメント(0) - 2016年3月13日

前から気になっていた作品、漫画版が無料だったので。事故で脳を箱につめただけの状態になった女の子が主役。設定の割には綺麗めで穏やかな恋愛もの?になっている。もうちょっとドロドロしてSF・心理方面につっこんだ暗い話を想像してたので意外。このまま続きよむか小説版に行くか迷うところ。
★1 - コメント(0) - 2016年3月9日

無料だったので読んでみました。絵がキレイでした。主人公が箱というのはおどろきました。でもそれ以外は普通のラブコメだったので面白かったです。それに主人公が箱なのに可愛かったです!表現の仕方もすごいなと思いました!!
★4 - コメント(0) - 2016年3月7日

目覚めたらわたし箱になってた!って、目覚めたらわたし歯になってた!みたいなテンションじゃんめちゃくちゃじゃん なのにまじめに話進んでくので笑う 魍魎のあれみたいなぞわっとするやつでも全然なく むしろ箱ちょーかわいい 恋する乙女かわいい 終わり方が気になる
★1 - コメント(0) - 2016年3月6日

ずっと気になっていたのですが、4巻揃ってあるのを見つけたので一気読み。箱ヒロイン。箱なのにかわいいってすごい。ちょいちょい先生が面白い。ヲタポンいい役だなあ。この、基本はほのぼのラブコメっぽいのに微妙に淋しさのある雰囲気が好きです。
★16 - コメント(0) - 2015年10月26日

Kindle期間限定無料版。発想が新しい。箱とは…!
★4 - コメント(0) - 2015年7月29日

電子書籍無料本。これ、ラノベあったよね?発売された頃気になるなぁと思ってたんだけど。コミカライズとどっちが先だったんだろう?事故にあって脳だけになり、箱に入れられた典子。彼女は担当医?の篠田と会話をするところまでできるようになるんだけど、中学生ならもっとこう取り乱すかとおもいきや、すんなり受け止めたなぁ。逆に中学生だからかも!?
★5 - コメント(0) - 2015年7月14日

電子書籍で。ラブコメということだが。確かにラブコメだが根っこの部分かなり鬱じゃね?って感じ。げんさくが芝村裕吏ということでちょっと「あー…」という感じの納得。
★1 - コメント(0) - 2015年7月12日

Kindle無料版。絵が綺麗だな〜と、いつもながらの理由でDLしたけど、事故で体を失い、脳だけになった女子中学生が箱の中に…っていう設定から、切ない話しか想像出来ず、暫し放置してた。でも読み始めてビックリ!主人公の典子ちゃんが可愛くて明るくて、基本、病室で先生と黒い箱しか(あ、あとヲタポンさんとか)出てこないのに、面白い!と驚いた。いやーこんなピュアな恋愛があるなんて。でもさ、体ないから、どこまで行ってもプラトニックじゃん…と思ってたら、あら?あらら?4巻完結で、4巻の表紙には女の子が…俄然読む気に(笑)
★10 - コメント(0) - 2015年7月10日

Web無料読了。見覚えあると思ったら『今日から(マ)~』の絵の人だった。ぼっちの博士×黒い箱(の中に脳だけで生きてる中学生女子)。外伝小説「スーパーマンの母」を含め、ヲタポンさんが格好いいな。表情のない黒い箱がだんだん可愛く見えるから不思議。設定はダークで厳しいのに会話の雰囲気がほのぼのしてる。芝村裕吏の小説版も読みたい。【メモ】顔近いです 先生/脳波 見ないで下さい/遊び心が 現実になったとき それは玩具になり ゲームになる/恥ずか死/胸がないのに 胸が痛い/七つの世界にかけて/←魍魎の匣、ネウロ。
★10 - コメント(0) - 2015年7月7日

ヒロインが箱!?なんてシュールな、と思ったけど、生身の体もただの入れ物でしかないからなぁ〜と悟る。(人は肉と皮を失えば基本的な骨組は皆大差無い造りである) 人は入れ物(見た目)より中身が重要だよね。 典子ちゃん、ピュアで可愛い。
★11 - コメント(0) - 2015年7月6日

BWの期間限定無料で試し読み。うーん話には聞いていたがこれは凄い設定もってきたな。かなり面白かった。途中からカップルの男の方があんまりでてこなくなって、原作者の投影が出ずっぱりなのはご愛嬌か。
★1 - コメント(0) - 2015年7月5日

aoi
第1~8話+外伝小説「スーパーマンの母」収録。陸上部の試合へ向かっている最中に交通事故に遭った典子。意識を取り戻すと、篠田と名乗る若い医者からあることを告げられる。それは肉体を失い脳だけ助かったことだった──。黒い箱に詰められた典子と、典子の看病をする誠士郎との交流を描いた愛の物語。こんな設定よく思いついたなwww年の差が好きならどうぞと薦められたけれど、想像してたのと違うwww無邪気な少女と、不器用で優しい青年との恋愛は大好きだけどさ。視界がどうなってるのか気になって仕方ない。そしてオチはどうなるやら。
★5 - コメント(0) - 2014年9月29日

序曲というカンジの第一巻でした。でも一巻でお腹いっぱいになってしまった
- コメント(0) - 2014年7月2日

箱の女の子が健気で可愛い(*^^*)箱が可愛いって凄いです。あと、とにかく設定が面白い。
★3 - コメント(0) - 2014年6月9日

箱は恋したらいかんですか?。
- コメント(0) - 2014年5月12日

主人公の女の子が交通事故で脳だけ移植(?)されて箱だけになってしまってそれを造ってくれた科学者に恋する話・・・でいいんでしょうーか。やたらマニアックな設定で最初は引き気味でしたが、ロボットじゃなくって本来は中学生の女の子って感じが出ていて最後まで読めた。恥ずかしくなった時に脳波を見ないで~っていうのがウブだな。
★3 - コメント(0) - 2014年3月23日

再読。感想を一言で言えば、すごい設定だな、です。ヒロインが箱(正確には脳)。誰得?と思って読み始め、1巻を読み終えたあとには、典子ちゃんが可愛くてしょうがなくなってました。あぁ、箱がヒロインでもいいや。むしろ、箱がヒロインがいい。そんな話。
★4 - コメント(0) - 2013年11月14日

なんとなく読んでみた。典子がいい子で先生が優しくて切ないね。どうなるの、と気になる。続きはご縁があればまあ。
★2 - コメント(0) - 2013年9月22日

父とスピードの出た車に乗っていて気づくと自分が箱に入った脳になっていた少女、典子と彼女を世話する篠田先生の話。話の始まりに「…『魍魎の匣』?」と思ってしまった馬鹿orz自分の状態にパニックになるどころかその状態でも生きている異常さを飲み込んで諦めようとしている典子が遣る瀬無い・・・。それでも「冬の白い息が好き」という典子の要望を叶える色々、不器用な篠田先生と脳波を見られて焦る典子が可愛らしい歩み方が好きです。
★27 - コメント(0) - 2013年8月6日

内容はわかったけど…ちょっと薄気味悪い話のような…。きっと読み進めていけば、色々分かるんだろうけど、そこまで私は保ちそうにないな(^_^;)
★2 - コメント(0) - 2013年7月17日

まるマの松本テマリさんの作品が読みたいけど、まるマは巻数追えないからな…その中でも面白そうなの…と思って読み出したのが、これ。すごく読みやすかった。登場人物少ないからかな…続きも買ってくるべきだった。いろいろと裏がありそうで、そこが楽しみ。用があると歩いてくる篠田先生かわいいですよ。笑
★3 - コメント(0) - 2013年6月24日

mmk
芝村さん原作ということで購入。箱と医者の異端ラブストーリーということですが、入り込みにくさは全く感じませんでした。見慣れてくると黒い箱が個人にしか見えなくなる不思議。でもなんだかちょっと物足りない気が…。それにしてもヲタポンがまんま芝村さんもしくは準竜師で笑った。
★3 - コメント(0) - 2013年6月14日

テマリさんの絵にひかれ、読んでみましたが、良かったです。人と箱のラブコメ。ありそうでなかった感じ。二人とも可愛くていい感じです。
★4 - コメント(0) - 2013年5月1日

気になってた一巻を買ってみた。パラパラ読んだ原作の小説より展開が早く、しかし収録はその半分て感じかしら。小説では呑気だった主人公が、漫画では適度に現状を見てたのが印象的。これからどうなるのだろーか。
★2 - コメント(0) - 2013年4月4日

作画がんばってますね。 エヴァが目覚める時、だっけ?に近いかなと思ったけど違うのね。 作画がBLの方だから軽い話かと思ったら割と重たいピュアな恋愛話。
★1 - コメント(0) - 2013年1月7日

交通事故で脳だけ生き残った女の子。箱におさめられた彼女と主治医のお話。しゅんしゅん白い息を吐く典子ちゃんがかわいいけど切ない。
★5 - コメント(0) - 2012年11月26日

交通事故により脳だけが生き残った箱少女。究極だなあと思います。思ったよりもストーリー全体に暗い雰囲気が漂っていますが、典子ちゃんが良い子だし先生とのやりとりがかわいいのでそこに癒されます。
★4 - コメント(0) - 2012年11月20日

設定がとにかくぶっとんでたのでいっそコメディなのかなという気持ちで買ったら、案外シリアスでびっくり。典子の生い立ちやら病院のダークサイドやら、背景の不穏さと対照的に終始ほのぼのした先生とのふれあいが微笑ましい。典子いい子だから先生とうまくいってほしいけど…これどうやったらくっつけるんだろう(笑)
★5 - コメント(2) - 2012年11月8日

脳が無事なら人間は生きている?脳だけになった中学生の女の子と人としての感情が不足している医者(科学者)の話。まだ導入って感じでこれからの展開がわからないけど、面白くなるといいなぁ。
★5 - コメント(0) - 2012年9月16日

医師と患者の恋愛ものは多いけれど、ヒロインの設定に度肝を抜かれた。会話が中心で登場人物も少ないながら、この先の展開がとても気になる。
★4 - コメント(0) - 2012年9月1日

時々、そのレーベルでいいのかって漫画があります。そのうちのひとつが、これ。まさかの主人公が箱で、ほんわりしつつシリアス。けれど、純愛少女漫画。箱なのに可愛い。担当医師との恋愛模様がもどかしくて、いじらしい。小説版は現在読書中。
★6 - コメント(0) - 2012年8月19日

交通事故で脳だけとなった箱がヒロインという斬新なSF要素とB's-LOGイケメンの組み合わせがシュールでした。
★4 - コメント(0) - 2012年8月13日

主人公が事故に遭い、脳だけで生きる。ホラーのようなこの設定で恋愛物なのが面白いです。公僕も読みましたが、こっちの方が断然好みでした。箱主人公の描写がかわいい。
★5 - コメント(0) - 2012年8月1日

小説から読んだので、典子の錯乱シーンがないしその上いきなり暗い展開に。典子の考えてることが全く出ないのでかなりわかりづらいような・・・。小説でもわからない単語があったので首をかしげてたのに、漫画ではさらに増えてあまり詳しい説明がなくて「・・・?」状態。クローンじゃないけど、人体実験的な雰囲気?人物紹介とかも欲しかった・・・。そして若かりし頃のヲタポン格好良いじゃねーの。篠田さんのぼっち自慢に笑ったw自慢げに言うことじゃないですw
★3 - コメント(0) - 2012年7月30日

小説のがたしかに細かい描写だね〜。 でも白い息は可愛かった(笑) ヲタポンでたし(笑) 公僕がちょっときになるなぁ
★4 - コメント(0) - 2012年7月26日

don
交通事故で脳だけになってしまい、今は黒い箱に入れられている典子と青年医師のラブコメディ。典子がちょっと切ない。「箱」の恋。最後はどう落とすつもりだろう?
★5 - コメント(0) - 2012年7月22日

小説を読んで面白かったので購入。面白さの方向性が違うという言葉に納得。どちらもそれぞれ楽しめました。
★1 - コメント(0) - 2012年7月17日

キュビズム・ラブ 1巻の 評価:66 感想・レビュー:106
ログイン新規登録(無料)