おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意 (ビーズログ文庫)

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意 (ビーズログ文庫)
あらすじ・内容
女王様に、おしかけ“妻”現る——!?
最強女王誕生秘話(?)も明かされる第5弾!!
王の専属騎士(ナイツオブラウンド)3人目の騎士が決まり、“おこぼれ姫”との評価も変わりつつある次期女王レティーツィア。そんな彼女の元に、東の凌皇国(りんこうこく)より皇女シェランが訪ねてくる。ただの諸国見聞とは思えないほど豪華な衣装をまとい、護衛はたったの1人だけ——彼女の様子を怪しむレティだったが、どうやらシェランの目的は“次期国王の花嫁”になることで……!? 

あらすじ・内容をもっと見る
255ページ
611登録

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意はこんな本です

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意の感想・レビュー(543)

情けないお姫様だったのが嘘までつける皇子様になっていく。これからどんどんずる賢くなるシェランの最初の話。
★1 - コメント(0) - 3月15日

ちょっと時間が飛んで今まで焦らしていたのが嘘のように新しい騎士が。今回は陰謀もあって楽しかったです。段々アストリッドの殺し屋あるあるが楽しくなってきた。が、アストリッドの叙任式とクレイグ騎士にしたぜドヤァなお披露目シーン読みたかった!そこだけは本当に不満です!
★2 - コメント(0) - 3月2日

5巻目。騎士の人材を、ずいぶんと遠方からぶっこんできましたね~。黒龍とかの単語見てるうち、おこぼれ姫の西洋世界からかけ離れ、あれ?中華もの読んでたっけ?って気持ちになってしまった(笑)レティの兄弟、やっぱりみんないいなぁ。デュークの独白が毎度楽しい。食器棚くらいでは足りなくなるんじゃないかな。レティを受け止めるには、寸胴鍋くらいはないと!(笑)
★4 - コメント(0) - 2月28日

おお、こりゃまた突然ぶっこんできたね、東の大国? 今回は亡命問題だとばかり思っていたのに。それにペットが…! 未来の女王の騎士が期限付きの名ばかりっていうのもなんだかなあ。
★1 - コメント(0) - 2月2日

黒い手……地味にお気に入りだったのに自分の居場所に帰っちゃうのね……笑 幼いレティが獅子王に向けた台詞に撃ち抜かれました。小さな頃から変わらずめっちゃ素敵ですね殿下。
★2 - コメント(0) - 1月18日

天然だけど裏の顔もあるからつかみ所がない…アストリッドが面白い(笑) 黒い手の正体が実は…には、おおっ!とあの晩デュークが手以外にも見ていたらどうなっていたんだろう(笑) 何事も冷静に完璧にこなそうとするレティだけど、年相応の経験値不足や性格からくる甘さに悔しい思いもする。でもタダじゃ転ばない。 そこが読んでて面白いところ。 デュークも己の気持ちに自覚を持ち始めたのが、面白みのエッセンスとなるかどうか。 次も楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2016年11月25日

『黒い手』の正体にはびっくりした。ここでつながるのかー!なんだか可愛く思えてきただけに、再封印されてしまってちょっと残念。 シェランは覇気がなくて、頼りなく思っていましたが、レオンハルトの誘拐以降、お芝居でフリートヘルムお兄様の追求を見事かわしたり、最後には大きな決意を示してくれて、成長したなあとしみじみ。 最後はキエフ帝国が何やらきな臭い?となって次巻へ続く。いやーうまい構成だなあ。
★1 - コメント(0) - 2016年10月29日

東の国からシェランがやってくる。まさか彼が騎士になるとは夢にも思いませんでしたが…(他国の人間を騎士にするとかあり?)。レオンの誘拐事件がようやく解決したと思ったら、今度はキリヤコフがらみで何かありそう。そして、デュークはいよいよ面倒くさい男になってきて笑ってしまう。頑張って食器棚を漁って下さい。
★1 - コメント(0) - 2016年10月27日

こうして次々と騎士を集めていって12人になったら終わっちゃう?!寂しいです!ってことに5巻目にしてようやく思い至りました。魅力ある騎士ばかりなので全員集まってからをむしろ本番にしてくれないかなって思います
★1 - コメント(0) - 2016年9月15日

第5巻。アストリッドの叙任式も読みたかった。東の彼の今後が楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2016年9月13日

おこぼれ姫第五弾。今回は東の大陸からのお客人のお話です。シェランの流される性格にイライラする部分もあったのですが、ただのイライラするお話ではありませんでした。レティがまだ王としての性格をしていなかった頃の話、デュークが過去のレティの婚約者を気にする(嫉妬!?)話、知らなかった彼らのことを知るために、シェランも良い関わり方をしてくれました。シェランの捜し物はすぐに見当がついたので笑ってしまいました。あと、王子様モードのレオンがかっこいい。成長したシェランは良い性格になってくれました、すっきり!
★1 - コメント(0) - 2016年8月15日

レティは子供の頃から王になるために勉強してきたのかと思ってたけど、本気になってのは結構大きくなってからだったのか…しかも獅子王に教えを請うというのがまた良い
★1 - コメント(0) - 2016年7月31日

★★★★ 5巻。4人目の騎士のお話。まさか、4人目がこうくるとは。表紙のシェランをみて「今回のゲストはお姫様か~」と思ってたら、違ってた・・・。シェランやレオンを通して、改めて国を治める責任という役割のもどかしさを認識させた感じ。シェランも最後には覚悟ができてかっこいい。そして、デュークの秘密。レティは内心どう思ったのかな。
★1 - コメント(0) - 2016年7月3日

レティの過去に触れる今巻。皇子ってあたりでネタバレっぽいけども、絵ですぐわかりますね、あれは。アストリッドが騎士になった経緯とかどっちかにいれれなかったのかなー。今回はレオンがかっこよかった巻でした。デューク!ようやく意識しだした!?
★6 - コメント(0) - 2016年5月8日

第5弾。相変わらずアストリッドの説明はかわいい。また窓から入ってきてるし。 レティは昔から強かったわけではなかったんやね。レティとレオンの覚悟はすごい。レオンかっこ良かった! ペットの黒い手がかわいかったなぁ…。 デュークの秘密、でも、まだ“多分”の段階か(笑)。
★1 - コメント(0) - 2016年5月7日

黒い手………(^-^)そんな………(^-^)ほらきた。皇子きた。皇子も有りならこれグイードとフリートヘルムも有りですよね。末席とか許し難いから早くしてほしい。なんかいい舞台でいい感じに早く(横暴)。次の巻はノーザルツさんかキルフ第4皇子どっちでしょう。
★9 - コメント(0) - 2016年2月16日

おこぼれ姫5巻。面白かったけど、アストリッドの叙任式などいろいろすっ飛ばしてあり、ちょっと唐突な印象。シェランはレティとの対比になっているのかな。二人とも『私なんか』を克服して成長しましたしね。印象的だったのは、幼いレティがアレクサンデルに言った「あなたのように、裏切られる王になりたい!」裏切りに信頼が必要という解釈は新鮮でした。あと、挿絵のレオンがレティにそっくりで驚きました(笑)やっぱり姉弟なんだなぁ。兎にも角にも4番目の騎士ゲット。活躍して欲しいな!キルフ帝国絡みの新たな謎も含め、次巻に期待します!
★4 - コメント(0) - 2016年1月17日

レティって、ほんと息をつく間もないぐらい狙われています。でも、均衡を保つために捕まえることも出来ないって。大変だー。とりあえず最初のデュークににんまり。そして、ようやくの恋の自覚!二人の進展を期待しながら続きを読もう。
★6 - コメント(0) - 2016年1月9日

再読。デュークに向かって任せろと拳を作る黒い手…読んだのがもう一年以上前ということもあって、こんなシーンがあったことを覚えてなかったんですが、正体を知ってるととんでもなくシュールです。結構可愛いペットだったので、いなくなってちょっぴり残念ですね。
- コメント(0) - 2015年12月3日

再読。凌皇国の皇女シェランが 突然やって来た。その目的は? レティは風邪をひいたりレオンが誘拐されたりまたまたとんでもないことに。4人目の騎士も決まったしまあよかった。デュークはレティに好きな子が出来たと言う。なんのつもりなんだか?
★3 - コメント(0) - 2015年10月21日

レティももともと強かったわけではなくて、頑張ってたんですね。相変わらず、レティがいいです。それから、黒い手の正体が判明。そして、ナイツオブラウンド、もう四人決まったのか。とりあえずドゥ-クを応援したいと思います。
★6 - コメント(0) - 2015年10月12日

異国の姫様が登場するとは予想外だなと思ったらやっぱり皇子でしたかw「自分なんか」と言っていた昔のレティが獅子王に、シェランがレティに教えられ変わっていく様は読んでいて非常に気持ちが良かった。押しかけ妻の次は押しかけ騎士かよって感じですが、シェランが好青年になって嬉しい限りです。東洋人の学友なんて素敵だわ。誘拐されたときの真面目なレオンがかっこよかったせいで普段からそうあればいいのにとか思っちゃいますな。黒龍だったという例のペット、結構愛着あったからいなくなるとなんだか寂しい
★8 - コメント(0) - 2015年10月9日

レティの過去とか、新たな騎士とか。今回もペットが可愛いなあ、と思っていたらあんなことになるとは。うん、確かに言われてみれば。レオンも腹括ってるんだなあと思ったり、アストリッドとレオンの関係がいいなあと思ったり。
★5 - コメント(0) - 2015年9月29日

再読。そっか、シェランは過去のレティとの対比ってことか、なるほど。彼が母国に帰る時、どんな風に成長できているか楽しみです。マティアスっていう死んだ野心家の少年の情報もちょっと出てきてたけど…、この先もっと掘り下げる可能性あるのかしら?謎の死だしねぇ。
★3 - コメント(0) - 2015年9月25日

今回はWヒロイン…?と思うような表紙でしたが結果的に騎士を一人ゲットとなりました。前巻あたりから思ってましたが水濡れレティの挿絵が麗しい…
★2 - コメント(0) - 2015年9月24日

5巻の新キャラが本編との関連が弱く余談のような話だったが今後伏線になっていくのかな。そしてレティが定番で格好良すぎてメインヒーローのイケメン度がどんどん薄くなっていくw しかしそろそろ5巻なので1巻からの主要キャラとの関係や王達の会議の間の外見説明とか省いてくれないかな。全体的に中だるみ感ある文章だったけど、全員キャラ立ちしているしテーマもしっかりしていて今回も面白かった。
★3 - コメント(0) - 2015年9月21日

少年メインの5巻。少年達と幼い頃のレティの成長、そしてレティの婚約者になるはずだったマティアスについて書かれていました。マティアスの件は今後の伏線でしょうね。今回はアストリッドは活躍、グレイクは熟成されたいい味を出し、グイードはさりげなくレティの助太刀をしました。この3人がお気に入り♪あとレオンが良い事を言っていました。個人的にデュークには全然ときめかない・・・。スペックが高くてそつがなく、グイードみたいに重い秘密を抱える者特有の影も見当たらないからかな。バランス良く完璧なのでつまらない。
★2 - コメント(0) - 2015年8月27日

今回は王族とか王としての器とか覚悟みたいなのがテーマですかね。レティの悩める幼い頃が見れてよかった。それにしても、いくらそっくり設定があるとはいえ、挿絵のレオン、レティの男装にしか見えなかった。今後本編でレティが男装してくれないだろうか。男装レティが見たい。
★5 - コメント(0) - 2015年8月19日

【図書館本】凌皇国からおしかけ花嫁?!シェラン登場!実は・・・だったけど。探し物を見つける手伝いをする中レオンが誘拐される。色々な思惑が交錯する中レオンを無事保護するため策略を練る。レティって人タラシ得意だよなぁ。あぁせっかくのペットが・・・ちょっと哀しい。そしてノーザルツ公再び現るも事態はまたもや緊迫してるらしい。レティ踏ん張れ~!
★11 - コメント(0) - 2015年8月9日

第五弾。別大陸から一人の王族がレティの元を訪れて・・・。唐突な展開で、巻数を間違えて飛ばしてしまったかと思った。アストリッドとは違った風味の成長途中の少年ゲット。
★5 - コメント(0) - 2015年7月15日

レティに押しかけ妻登場。正体は序盤であっさりと明かされます。ついでにレティのペットの正体もなんとなく予想ができました。ラブ度がじわじわと上がっているように感じます。騎士王が役目から逃れようとすると運命がどんな形であれ阻止してくるのは衝撃でした。女王という立場で幼いながらも運命に向き合い努力しようとする悲壮な覚悟には感動しました。
★2 - コメント(0) - 2015年7月6日

レテイ自称ペットこと影に潜ませている黒い子供の手のことを影マンのシャドー(古い)のような感じだなー、と思っていました。残念なのは黒龍がすぐにそれだと解ってしまう展開。剣にもどって国に帰っちゃたのも残念。しゃべらないけれど、よく似たキャラクター達の中で際立って面白くて可愛い動きをしていて、私は気に入っていただけに、いなくなるのは寂しいかもです。今回で一番の盛り上がりは最後のデュークのカミングアウトかもですね。さて次はキエフ帝国のワレリー・キリヤコフ将軍をポケモンGETだぜみたいにハントできるのか?
★4 - コメント(0) - 2015年7月6日

今回は思いもよらぬところがつながってくるお話でした。シェランの決意とともに、レティがいかにして現在の王の器量を手に入れたのかということも語られたのが良かったです。決意の過程は悲しく悲壮感すらあるけれど、ひりひりするほどの痛切な覚悟の上で常に王であろうとするレティがやっぱり格好良いです。
★1 - コメント(0) - 2015年6月25日

シェランの成長が良かった。主体性のない子だったのに、レティに感化されどんどん立派になって感動。お兄様に一芝居打つ場面では笑った。まぁレオン筋金入りのシスコンだから大丈夫だろう(笑)。2年だけの名誉騎士なんて惜しいなぁ。黒い手の正体にはびっくり。けっこう可愛かったので残念。エピローグ前のデュークとレティのやりとりに萌え転がった。なぜ気づかないんだレティ!
★2 - コメント(0) - 2015年5月18日

ディユーク良いねぇ。良い男になって欲しいわ。
★2 - コメント(0) - 2015年4月30日

新キャラお姫様(笑)が頑張る第5巻。自分の本心をワインにたとえちゃうデュークに、のっけからときめきました。デュークがウィラードに言った二文字の過激な言葉とは何だろうか。『 』には何が入るのだろうか。挿絵のレオンハルトがあまりにかっこよくて……レオンハルト……。「『なんか』は、努力して報われなかった者だけの権利だ」かっこいい。「ーー最近、好きな子ができた」ととうとうカムアウト。頑張れデューク、好きな子に振り向いてもらえるように笑
★1 - コメント(0) - 2015年3月22日

クレイグ株がますます上昇していく…デューク頑張れ。
★1 - コメント(0) - 2015年3月22日

なんか進展がもどかしい
★1 - コメント(0) - 2015年1月20日

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇子の決意の 評価:64 感想・レビュー:174
ログイン新規登録(無料)