乱と灰色の世界 6巻 (ビームコミックス)

乱と灰色の世界 6巻 (ビームコミックス)
194ページ
1078登録

乱と灰色の世界 6巻はこんな本です

乱と灰色の世界 6巻の感想・レビュー(961)

怒り心頭の静様にしびれた。凰太郎、最期は見違えて輝いてた。五郷との分かれのシーンが特に切ない。乱が眠ってる間に無庵登場。仁央がきらきらしてて可愛い。
★6 - コメント(0) - 3月17日

最強魔法使い全滅の後、日々、大活躍。静さんの本気コワい。冷酷な瞳…絶対に敵に回したくないな。
★1 - コメント(0) - 2月6日

泣いた、漫画で泣いたの久しぶり。
★1 - コメント(0) - 2016年11月28日

平和が戻ったが…凰太郎が…泣けてくる。怒った静様、怖いよ
★3 - コメント(0) - 2016年10月15日

再読
- コメント(0) - 2016年9月9日

最新刊読むため再読。戦いの後の一息の風景。そね裏側で繰り広げられた一つの恋愛が悲しい結末を迎えた。乱がこの事実に対してどう向かっていくのか。におちゃんはかわいい。
★5 - コメント(0) - 2016年1月17日

こんなの泣くしかないでしょ!;;
- コメント(0) - 2015年11月25日

凰太郎を助けたいと願い戦う満身創痍の乱の涙に胸が苦しくなり日比の活躍を頼もしく思う。乱を初恋だと絶対に別れなど告げないと言った凰太郎の哀しい最後と別れに涙が出た。今回登場した無庵の力が目覚めた乱の何かしらの救いの助けになるといいな。
★20 - コメント(0) - 2015年9月24日

このお話は全てのキャラが魅力的でたまりません!みんなよかったけど日々くん大人バージョンが想像通りのイケメンでうれしかったですwとりあえず虫は完全駆除成功かな?犠牲はとても大きいけど…凰太郎が挨拶回りする回では涙が止まりませんでした。ある意味初めて人を好きになって叶ったから幸せなのかな…起きたときの乱が心配だけど無庵さんみたいな人がいれば大丈夫なのかな。次巻、最終巻です。
★15 - コメント(0) - 2015年9月16日

乱のバカ! 凰太郎のバカ! ほんとにもうバカなんだから…。日々君もお兄ちゃんも静さまも、超絶格好良かったです。次巻どうなっちゃうんだろ;
★1 - コメント(0) - 2015年9月2日

骸虫との闘いが終わり、漆間家での団らん。だが、骸虫はまだ死んでいなかった!からの漆間家総出+日比の活躍、何よりも凰太郎の男気により、骸虫は滅びた。凰太郎の死を知らず帰りを待ちわびる乱と、乱を心配する人々。激しい戦いの傷跡を癒す「魔法使いは片付け上手」では、魔力の結晶を見る無庵が登場。夫が戦場から戻ってこないおばあさんの結晶は、本当に本当に綺麗でした。「人生なんていっても、普通だったのよ。でも…きれいね…キラキラしてるわ」
★4 - コメント(0) - 2015年8月23日

日比君の頑張り<凰太郎の死に様<おばあさんの魔晶。じわじわじわ~っと涙腺がゆるむ。あのキラキラ眩しい少女の日常はもう戻らないの?どうなっちゃうの?みんなみんな、幸せになってよ!日比君の頑張りは無庵さんのせいでなんか霞んでしまったが(仁央ちゃんかわいかったし)、今後きっと報われることを信じて、最終巻読みます。
- コメント(0) - 2015年7月30日

何度でも泣ける。 自分の魔力(=心)の結晶はたぶんこんな形というのが、なぜか具現しそうなくらいに想起された
★8 - コメント(0) - 2015年7月30日

最終巻にむけて再読。再読でも号泣。1巻の時点では想像もできない展開の連続。切なすぎるよ・・・。
★3 - コメント(0) - 2015年6月29日

最強ママがブチ切れるとこうなるのね。鳳太郎・・・さよなら。どんな母親かと思っていたら大きい人でした。ロリコンだけど最後は愛に死にました。
★10 - コメント(0) - 2015年6月22日

おーたろ……最後かっこよかったよ……ろりこん……(ρ_;) ママちょうつよい! ひびくん頑張ってるしおっきいひびくんちょうかわいい!!! におちゃんに恋の予感♡ におちゃんかわいい。乱ちゃんとちょういいお友達
★2 - コメント(0) - 2015年6月21日

えー、助かると思ってたのにー。泣いたですよ。どんな三角関係になるのかと思ってたのに。てか、スナフキンみたいな人が出てきた。
★2 - コメント(0) - 2015年6月18日

凰太郎の最期、軽薄さがなくなって男らしくなって驚いた。乱のおかげなのでしょうね……そして乱の中にもずっと残るだろうね。それが彼の望みだったので幸せといえば幸せだと。キレた静さま、怖い……。
★6 - コメント(0) - 2015年6月18日

再読。キレた静さんカッコいい!日比、頑張ってるの巻。オトナになった日比もカッコいいし、怒涛の展開でした。でも、別れは必ずやってくる。切ない。運が悪かったとしか言いようのない凰太郎だけど、乱に出逢えてよかったね。
★4 - コメント(0) - 2015年6月15日

別れ
★3 - コメント(0) - 2015年6月14日

乱が言おうとしてたのは日比のことだろうか?これはもういろんな意味で泣く…。でも、感想ハガキにいたお化けの鳳太郎のおかげで、なんかこいつは生きてても死んでても人の心の中に巣食い続けるんだろうなって思えてきて悲しむ必要ねーなって思った。こんなキャラを創り上げるなんてあーもうマジで天才か…
★6 - コメント(0) - 2015年5月26日

一度は助かったのに宿命から逃れられなかった鳳太郎。最初はチャラい毒気のある奴だったけど最期のシーンは男らしくて綺麗な最期でした。もし生きていたら乱と幸せになれたのかな。(日比くんには悪いが)夢庵は次回ではどう活躍するんだろう?
★2 - コメント(0) - 2015年5月14日

今回は凰太郎の印象がかなり変わった。まあ乱に対しての気持ちが変わらなかったのはよかったし、最後の「次に会うときは夢の中だ」は切なかった。日比もすごい頑張ってくれたのにこのもっていかれた感…乱が目覚めたときの反応が気になるけど…周りに乱のことを大切に思ってくれてる人がたくさんいるから大丈夫かなぁ…まだ続くみたいなので楽しみにしてます。
★96 - コメント(0) - 2015年4月22日

ああぁT_T 凰太郎〜っっ。お兄ちゃんの乱に対する愛情も、日比の頑張りも素敵だったけど、凰太郎がぁT_T 何度同じところを読んでも泣ける。別れを告げないのは愛していればこそ。君さえいればって気持ち、忘れたくないな。
★27 - コメント(0) - 2015年3月23日

ふわー胸いっぱいになった・・・凰太郎、乱に出逢えてよかったよ!!(。-_-。)さみしい
★4 - コメント(0) - 2015年3月14日

緊迫した闘いが本気を出した静さまにより終幕を告げ、別れがやってくる。凰太郎は最後に自分の時間を生きた。たとえ数時間でも良質なときを、今までに向き合うようにけじめをつけて。乱との恋が彼を変えた。35話の扉絵には目一杯の幸せが満ち足りていて余計に切ない。無庵は女性にだらしないけれど、人たらしとしての魅力は感心する一方。生きていくのに重荷になる負の感情。それを手放す手助けなんてそうそうできるものではない。登場する魔晶という概念が美しい。目には見えないだけでその人の輝きが結晶化したようなそれに目を奪われた。
★9 - コメント(0) - 2015年1月30日

鳳太郎の印象がいい意味で変わった終わり方だった。鳳太郎がいなくなると次巻以降の物語も大きく変わりそう。
★4 - コメント(0) - 2015年1月18日

★★★★★ 1〜6巻まで一気読み。凰太郎は良い男だ!
★2 - コメント(0) - 2015年1月6日

こ、これで完結じゃないよね?凰太郎……
★1 - コメント(0) - 2014年12月14日

魔法は万能じゃない、という巻。大きくなったり小さくなったり、やっぱり手塚治虫を思い出すマンガだなあと思います。仁央と日比の二人の友達の存在が今後の鍵かなあ。キレイになった狐さんは反則であった…
★4 - コメント(0) - 2014年12月10日

key
大きな山を越えたあと。 ここから次はどうなっていくのか…6巻からはわからないなぁ。
★3 - コメント(0) - 2014年12月1日

乱が目覚めたらどうなるのか気になる。まだ10歳なのに好きな人との辛い別れ…。日比君頑張れ。これで終わりじゃないみたいなので良かった。
★2 - コメント(0) - 2014年11月3日

鳳太郎ただのキザっぽい男の人だと思ったら違った。もっとハッピーエンドかなと思ったんだけど。これからどんな展開になるのかな~
★3 - コメント(0) - 2014年10月30日

★★★★★ 以下続刊メモ
★1 - コメント(0) - 2014年10月26日

凰太郎…。乱は目を覚ました時何を思うのかな。日比はよく頑張ったなあ。キレた静がめっちゃ強い怖い。仁央の子供らしい顔がかわいい。
★3 - コメント(0) - 2014年10月22日

あぁ、良かった。 変に助かるとかじゃなくてよかった。 ハッピーエンドも好きだけど、凰太郎のあのどうしようもない感じがよかった。 あくまでも悪い男だったなぁ。
★3 - コメント(0) - 2014年10月15日

久しぶりに読み返しました 続き読みたいなぁ
★3 - コメント(0) - 2014年10月14日

鳳太郎が死んだので絶望した。鳳太郎かなりかっこよくないですか?鳳太郎の純愛、最高に少女漫画だった。
★6 - コメント(0) - 2014年10月4日

わああ…。切ない。なんとも。そんでにおちゃんと無庵のコンビ好きだ。
★2 - コメント(0) - 2014年9月20日

乱と灰色の世界 6巻の 評価:28 感想・レビュー:326
ログイン新規登録(無料)