ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)
あらすじ・内容
ゴーレムを、たおして耕せ!

餓死の恐れと隣り合わせで、ダンジョンを進むライオス一行。
地下3階で彼らを待っていたのは、
ゾンビに幽霊、生ける絵画や、ゴーレムといった食べられないモンスターばかり。
この未曾有の危機を、どう乗り越えるのか!?
知られざる魔物の生態と、食への活用法が、いま明かされる!
空腹と戦う、全てのダンジョン攻略者に捧ぐ。はらぺこダンジョンファンタジー第2巻!

あらすじ・内容をもっと見る
191ページ
4245登録

ダンジョン飯 2巻の感想・レビュー(3957)

ミミックは意外といけそうな気がした。ほっこり要素もあり。交感神経のスイッチをオフするためのお供。
★2 - コメント(0) - 2月22日

ycm
この世界観に慣れてきたのか、一巻よりさらに楽しめました。衛生面的問題はファンタジーでは言いっこなしが定石ですが、この作品にはリアリティがよく合うのでむしろ好印象。ミミックは僕もロープレ的観点から大嫌いです。
★7 - コメント(0) - 2月21日

#ザ・バリューシェアードホテル 入庫希望ww 新刊出たので再読。生き延びる! って目的には料理は最強なのだろうと思うとセンシが強いのもわかる気がする。執念かねぇ、
★19 - コメント(1) - 2月19日

救出劇よりも、食料確保のモンスター狩りがメインの目的の道中です。魔物を食材に如何に美味しく頂くかというこだわりがメンバー間にも温度差があって、まったりと面白い。ただ、この調子が続くと飽きるので、どんな新展開を見せるのか、期待します。
★6 - コメント(0) - 2月19日

絵画まで(笑)宝虫おいしそうだなー。
★4 - コメント(0) - 2月18日

最新4巻と一緒に再読。この巻はチルチャックとセンシのちょっと違う面が見られた。「生ける絵画」のライオスが緊張感ゼロで可笑しい。
★12 - コメント(0) - 2月17日

魔物を食べるという極限のサバイバルでありながら、めっちゃ贅沢じゃないか!
★6 - コメント(0) - 2月11日

2巻ですでに、ファリンを救うより、食べることのほうに興味をひかれているような気がするぞ、ライオス。しっかりしてくれ。かくいう私も2巻までは図書館で順番待ちして読んだが、3巻からは購入することに。
★4 - コメント(0) - 2月5日

脚のついたものなら机や椅子以外なら何でも食べると揶揄される中国人を彷彿させるダンジョン飯御一行様。丁度最近テレビで中国の昆虫料理の有名店が紹介されていて、ゲンゴロウやムカデなどをレポーターのお姉さん食していた。その勇気に拍手。美味しいらしい。作中の宝虫のくだりでコイン虫の形がゲンゴロウ、真珠ムカデはにムカデの足を鋏で切って食べる調理法と同じだなー、と思って読みました。リアル。美味しくても私は虫は駄目だな。でも昆虫に秘めている栄養価の高さは結構未来の食料資源として有力視されているとか。
★5 - コメント(0) - 2月3日

伏線から調理までの流れが素晴らしい。まさか土で出来たゴーレムの身体を利用して野菜畑にしているとは思わなかったです。 今回はちょっとしんみりとした内容のお話が多かったような印象があります。
★9 - コメント(0) - 1月21日

ダンジョンの中なんだよね。時々、どこの世界の話だったか忘れるぐらいに魔物料理ネタに話が逸れるけど、愉しい漫画だね。
★8 - コメント(0) - 1月13日

2巻ヤバ過ぎる。漫画でお腹抱えて笑ったの久々。ゴーレム畑で野菜栽培等…、引き続きまだまだあるよ〜と言わんばかりの幅を見せておきつつ、ギャグ要素多め+伏線の2巻。登場人物に愛着が湧き出したからこそのギャグ。センシ可愛いな…って思っていた矢先のアレ!!髭!!もうだめ。センシらぶになった。「生物というのは必要あってその形をしている」「なぜみんなほ乳類に甘いんだ」ってゆう不意にかます鋭い一言にビリリ。生態系の考察も興味深くて、実際出会うことは無いのに、ほほー!ってなる。もう何にも言えない。面白いとしか。
★23 - コメント(0) - 1月13日

カルチャーショックを味わったような気分です。ゴーレム畑に迷宮のお手洗い、そしてミミックと宝虫のような食物連鎖…これはゲーム化してほしい。料理もしたくなってくる
★8 - コメント(0) - 1月10日

ドワーフのセンシさんがパーティに入ってくれて本当に良かったなぁと実感した2巻。いや、1巻からセンシさんは凄かったけれどね。しかし、当初はマルシルの感覚でモンスターを食べるのは・・・と思っていたこちらも、だんだん忌避感がなくなってくる。センシさんの料理技術なのか慣れてきたのか。
★10 - コメント(0) - 1月9日

センシ最強説。主人公もだけど、色々と発想が狂ってる。そして、チャルオチャックの年齢って実はそこそこな年だったんだな、主人公の方が若いのか・・・ オークの話ではほっこりした。このまま先へ進んでいけるかな?
★11 - コメント(0) - 1月9日

主人公の影が薄くなるくらい、ダンジョンでは戦士が活躍。生活力があるって頼もしい!!
★10 - コメント(0) - 1月6日

センシ最強だな!どこでも生きていけそう
★9 - コメント(0) - 1月4日

センシさんの自活能力、逞しい。。
★6 - コメント(0) - 2016年12月31日

なんか一気に面白くなった感ww相変わらず人間離れしちゃってくライオスに笑うwそれにしても、あの絵の中の話はなんやったんやwww
★126 - コメント(1) - 2016年12月30日

チャルチャックに注目した巻でした・・。そうか、そんな歳なのか!なるほど・・・。パンや野菜、オークの出演にもほっこり。宝虫が衝撃。そう考えると、RPGの世界って腹ペコだよね。堪能しました。
★12 - コメント(0) - 2016年12月28日

ゴーレムで野菜栽培w普通の野菜が食べれてよかったね、マルシル!オークの集落でパン作り。言い争っている最中に入る発酵時間の"間"が面白かった。宝虫食べるのは勇気いる〜。チルチャックがミミックに襲われる話はハラハラできておもしろかった。センシの髭の件に爆笑。
★17 - コメント(1) - 2016年12月28日

いやあ〜凄い!まさかのゴーレム活用術!ずっと迷宮で自給自足の生活をして来たドワーフ・センシのボランティア精神に感銘を受け価値観の違いに笑う。ライオスと彼がこっそり連れてる奴との連帯感、パン作り発酵タイム等々クスクス笑うシーンも多いけど、オークとの会話…ダンジョンを目指す真の目的等考えさせられる所もあって興味深い。相容れない者同士でも食事を共にする事でちょっぴり分かり合えるようになるっていいな。ケルピーも出てきてワーイ♪と思ったら哀しい結末に…けど、センシの髭に持ってかれて大爆笑に終わった第2巻でした。
★44 - コメント(3) - 2016年12月9日

1巻に引き続き、冒険者一行はモンスターを倒して食べつつ、ダンジョンを地下へと進んでいく。今回は1巻では見られなかったタイプの調理方法も紹介されており、冒険者達の知恵が光っている。
★10 - コメント(0) - 2016年12月6日

FF15のメシも、ダンジョン飯を見習えばいいのに。てか、もうFFに、ダンジョンとか、そういうのは無理かな。ドラクエもアレかな。
★7 - コメント(0) - 2016年12月6日

異常な細部だ
★7 - コメント(0) - 2016年12月4日

普通の野菜とか出てきて美味しそうです。なけなしの頭を振り絞って変わった食べ物の想像しております。キャラも個性的でいい。
★22 - コメント(0) - 2016年12月4日

「人魚禁漁区」や「子がかわいいと竜は鳴く」(竜のかわいい七つの子収録)のような、淡々とひとと生き物(……?)の距離感を巧みに描いていると思った2巻目。特に最後の水棲獣のお話などはそういうつもりで描かれた訳ではないはずなのに、勝手に色々考えてしまいました。最後まで感慨深く読んでいたのに最後のよもやま話でのゴーレム悲劇秘話でお腹がよじれるぐらい笑ってしまってつらいです!似たような字のせいで納品までに書き直しって相当しんどいのでは……(あと触れるまいと思ってましたが虫の足がリアルで直視できません)
★11 - コメント(0) - 2016年12月1日

センシのヒゲがまるで冬毛に生え変わったようにもっさもさに…。さすがに虫食いはムリ
★12 - コメント(0) - 2016年11月30日

チルチャックさんの年齢が判明。
★10 - コメント(0) - 2016年11月29日

ゴーレムの野菜はいいけど、コイン虫は嫌だな。虫だしね。まぁ食べたいとは思わないけど、毎回いろんな食べ物が登場するのは楽しい。水棲馬の裏切り(?)は切ないが、獣だし仕方ないよね。
★19 - コメント(0) - 2016年11月25日

2巻は1巻よりも「この発想はなかった!」ってネタが個人的に多かった。畑とかダンジョンの管理とかミミックがヤドカリとか…。絵画の中で出会ったヤツは何者なんだろう?あと、マルシルとセンシの年齢が気になるところ。
★8 - コメント(0) - 2016年11月16日

ダンジョンで自給自足!2冊目。ゴーレム畑の採れたて野菜…美味しそう。妹…大丈夫かなぁ…もう消化されてない?
★31 - コメント(0) - 2016年11月13日

レンタル本。キャラがそれぞれに味があって良いです。ドキドキハラハラしつつも、笑えます。
★12 - コメント(0) - 2016年11月12日

センシのゴーレムを畑にして、野菜を育てるという、考え方がスゴい。この作品の絵柄も、可愛さが料理のアクセントになっていると思う。
★4 - コメント(0) - 2016年11月1日

キャラそれぞれのエピソードがあってキャラが立ってきた。ケン助は仲間で、アンナは敵。ゴーレムは・・・?愛嬌がない方が安全ならケン助は大丈夫か。とりあえず早くファリンを助けてあげて、みんなで美味しいレッドドラゴンを食して欲しい。
★8 - コメント(0) - 2016年10月31日

ゴーレムの使い方、新しい…!キャベツっぽいのとかにんじんっぽいの、やたら美味しそう。今日はポトフにしようかなぁ…→借り本
★7 - コメント(0) - 2016年10月30日

絵画の中のストーリーが気になるんだよなぁ。絵の中まで食う物を探しに行くとは・・・ライオスも立派なオタクだね。仲間想いのマルシル、意外と純真な心をお持ちのセンシ、微妙な年齢のチルチャックさん。それぞれの個性がうまくかみ合って物語は良い方向に進んでるんじゃないかな。次巻でどんなモンスターがどんなキャラ設定で出て来るのか楽しみの一つ!
★26 - コメント(1) - 2016年10月27日

いい!一巻よりも益々おもしろくなってきた(*≧∀≦*)
★12 - コメント(0) - 2016年10月27日

相変わらず面白い・・・・!まさかのゴーレムを耕すという発想は凄いと思った。最後の話好きです。チームワークが深まってきた・・!
★17 - コメント(0) - 2016年10月24日

そう言えば、妹を助ける為に旅をしてるんだったよね…。妹の生死がかかってるって緊張感が全くないから忘れてしまいそうになる。
★25 - コメント(0) - 2016年10月23日

ダンジョン飯 2巻の 評価:44 感想・レビュー:1322
ログイン新規登録(無料)