ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件8 (ファミ通文庫)

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件8 (ファミ通文庫)
あらすじ・内容
「この気持ちは、恋です。わたしは、ずっとシャール先生に恋をしています」

子供たちに胸を張れるような立派な大人になるため、グリンダを残し、エーレンを去ったシャール。だが何とか大学に合格し、外交官になるべく勉強をはじめたものの、ことあるごとに押しかけてくる聖羅に、振り回される日々を送ることになり――!? 十二歳、十四歳、十六歳と成長していく聖羅と、変わってゆく二人の関係。そして二千年前に飛んだ時に見た、十七歳の聖羅との“約束の未来”が訪れて……。大人気ファンタジー家庭教師コメディ、堂々フィナーレ!!

あらすじ・内容をもっと見る
316ページ
327登録

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件8はこんな本です

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件8の感想・レビュー(245)

7巻からさらにその後。みんながそれぞれ成長している様は親のような心境で優しい気持ちになれる。聖羅との恋愛双六の場面でかつて同じことをしたと思い出しながら17歳の彼女にドキドキするシャールは微笑ましかった。
★2 - コメント(0) - 2016年11月22日

最終巻。シャールと聖羅はもちろん、他の子達の成長や周りの人物達のその後などが見られてよかった。このシリーズ、始まる前はどうかなと思ったけど、魅力的なキャラがたくさんで面白かった。
★26 - コメント(0) - 2016年10月29日

★★★☆☆ 落ち着くところに落ち着いた感じです。本当にまとめの1冊だと思いました。盛り上がりという点では前巻の方があったかなと思います。しかしまとめ巻ということだけあって安心して読めました。聖羅が大きくなるにつれて余裕がでてきましたがまだ子どもっぽい一面もあったりして16歳らしさがよく出ていました。野村さま最後までお疲れ様でした。面白かったです
★4 - コメント(0) - 2016年9月11日

大団円。みんな丸く納まりました。ラブコメはこうでなくちゃ。途中から聖羅余裕すぎ……みんな幸せに暮らしましたとさ、です。
★3 - コメント(0) - 2016年8月20日

やっと読めた最終巻!みんな幸せで大団円エンドでした。
★2 - コメント(0) - 2016年7月15日

fap
丁寧なエピローグ。 本編が終わった後も、登場人物たちの人生は続くのである。 出会いと別れがあるものの、辛い別れはないので安心。 言葉にしないと伝わらないものもあるというわけで、 ハローグッバイハローという言葉を贈ろう。 というかとっとと風呂に入れや。
★1 - コメント(0) - 2016年6月29日

最終巻。ストーリーとしては前巻で終わっているので後日談的内容。 ここまで含めてハッピーエンドって感じなので8巻のナンバリングで会ってるとは思う。 しばらく間が空いてしまったので野村美月の未読作品がたまってしまった。次はどれに手を出すか・・・。
★1 - コメント(0) - 2016年6月17日

Mu
最終巻。言ってみれば聖羅が大人の魅力でついにシャールを陥落させる話(笑)ていうかシャールがいつまでたっても堅すぎるよ。むしろ7年間も変わらずシャールを想い続けた聖羅がいじらしい。ほんとによかったねと言ってあげたい。最終巻らしく、シリーズを彩ったヒロインたちの総出演で楽しかった。個人的にはアニスの出番がもっとあったらよかったな。いい奥さんになっちゃって。あと同人誌とか売ってないのかな?(笑)それにしてもラストの「一緒にお風呂」は引っ張りすぎ(笑)想像したらドキドキしてくるよ(爆)うん、最後まで愉しかった。
★5 - コメント(0) - 2016年6月14日

いつも通りだけどいつも以上に胸を打つものがあった終わりの巻。メインの2人はもちろん周辺人物も。積み重ねてきたものがあったからこの話ができたんだな・・・
★2 - コメント(0) - 2016年5月29日

時間をかけてゆっくり「その後」を描いた長い長い後日談のようなもの。シャールは外交官になるのかーそうかーと思ってたけど、お姫様と結婚すると立場がややこしそうだなと思った。例えばウィストリアとは良好な関係でエーレンとは微妙な国とか、シャールは担当させられないよねーとか。グリンダはどうするんだろう。うーん。気になる点が増えた。
★2 - コメント(0) - 2016年5月13日

はぁ…聖羅かわいい。 いや、ほんと、これは終始ニヤニヤしっ放しやで! シャールに関わったみんなの幸せなその後と共に成長していく聖羅との微笑ましいやりとり! はぁ…聖羅かわいい。 ここまで引っ張って生徒としてしか見れない??笑わせてくれる(笑) 表紙がドレスな聖羅なのだからそらね!結果は見えてますよ! はぁ…聖羅かわいい。
★1 - コメント(0) - 2016年5月12日

おうふ、エピローグと言うには贅沢な尺を取って描かれた、スプーンが立ちそうなほど砂糖がたっぷりと入った紅茶と言った風情の甘い甘いお話。グリンダもエーレン王家の柔らかい部分に大分絆された感じで幸せになりそうだけど、腹黒外交官と結婚はしない方が良いんじゃないかなー…。しないと思いたい。シャールと聖羅は末永く幸せにらぶいちゃするだろうから、ここで心配する必要が全く無いという。
★2 - コメント(0) - 2016年5月8日

7巻の2年後から始まる、各々の成長や気持ちの変化を描き切った堂々のフィナーレ。幸せいっぱい、甘さいっぱいの素晴らしい大団円だった。次々とみんなが幸せになってくのにシャールは……。周りの人のほうが良くわかってるじゃないか。とてももどかしかったが、その分も今までの分も含めて、最高のラストであったと言い切れる。1巻を読んだ際にはちょっと微妙かなーと思ったりもしたが、聖羅の可愛さにつられて次も読もうと思ったこのシリーズに、こんなに感動させられるとは最初は思いもしなかった。本当にありがとうございました。
★5 - コメント(0) - 2016年4月30日

ラストは凄く素敵に終わり、すっきりとした気分になれました。シャールの鈍感さは、ある意味、かつてのギルマーを思い出しましたが。似た者同士なのだろうと思うことにしました。聖羅は、とても美人になってましたね。お幸せに!こういう話も良いですね、たまには。
★8 - コメント(0) - 2016年4月30日

一冊まるまるエピローグな最終巻。エーレンを去って、外交官になるため勉強するシャール。成長していく聖羅への想いと向き合っていくことになり、そして迎えるハッピーエンド。他のキャラたちのその後も描かれまさに大団円。楽しいシリーズでした。
- コメント(0) - 2016年4月7日

完結。主な話は前巻で終了していたので、その後の話。これまで登場したキャラクターのその後を描きつつ、シャールがフられながら結婚するまでの、1巻から続く長い戦いの終わりまで。最後の最後までお風呂ネタなのがかわいい。
★3 - コメント(0) - 2016年4月1日

素晴らしい終わり方でした……。シャール、竜樹、ギルマーがそれぞれが理想的な結婚を決めてこれ以上ないくらいのハッピーエンドでした。そして聖羅は最初から最後まで可愛かったですよ。もうこの可愛さを見られないと思うととても残念です。完結お疲れ様でした。
★33 - コメント(0) - 2016年3月5日

ついに完結。1巻を読み始めたころはどんな終わりかたになるのか想像できなかったけど、まさかの王子騎士BLルートかいやこれは実姉グリンダルートか、はたまたロリ聖羅ルートかと、この最終8巻までの間に楽しく妄想されてもらいました(笑) いやー、いいっすねこうゆう平和な作品は。絵もかわいくて癒されました。今度「楽園への~」も読みたいと思います。積み本が溜まってるので少しあとになりますが(汗)
★4 - コメント(0) - 2016年2月28日

最終巻。竜樹がなかなか男でした。シャール、見習え。
★1 - コメント(0) - 2016年2月19日

とても心が温かくなるストーリーだった。姉があそこまで頑なに探していた理由を最初は冗談でブラコンだからだろうなーと思い、様々な場面をいろいろ想像しながら読んでいたらそれが当たってしまいお腹抱えて笑ったのはいい思い出。
★3 - コメント(0) - 2016年2月12日

どこを向いても幸せになった人ばかりで、物語の終わりとして素晴らしい1冊でした。ひたすら一緒のお風呂にこだわり続ける聖羅が可愛かったです。
★2 - コメント(0) - 2016年2月7日

8巻はひたすらシャールと聖羅のノロケ話を聞かされている気分になりました。他の作品にあった苦味みたいなものが無く(もちろんそれも良いのですが)ひたすら甘々な物語でしたね。全巻を通して、野村美月先生らしくない展開だと思う部分があったのは意図してのことだったのかな?
★7 - コメント(0) - 2016年1月25日

最終巻やっと読みました。幸せいっぱいの最終巻でした。本当に聖羅頑張ったなぁー。竜樹王子が、男らしいというか、お人好しというか、あまりにもまっすぐで惚れ惚れしてしまいますね。傍にいるのがギルマーのような人でちょうどよいのかもしれません。リリエンも幸せいっぱいそうで、可愛らしい奥さんになっててよかったです。ヘルムートはどうなんだろう?なんだか百回超えて振られたとしても、言い続けてそうな気がするなぁー(笑)。
★6 - コメント(0) - 2016年1月13日

成長していく幼女の変化はロリコンの醍醐味。じゃなくて、17歳の聖羅が素敵だけど、大人しいより拗ねやすいのほうがかわいいなぁって。野村先生の長編の中に、一番気に入るヒロインは聖羅だ。この前の腹立たしい天野遠子と地味でたまらない式部帆夏がいいだけど、やはり物足りない。最後に、聖羅最高( ̄▽ ̄)
★1 - コメント(0) - 2016年1月1日

シャール君には若干いらいらしましたがやっぱりハッピーエンドはいいものです。
★2 - コメント(0) - 2015年12月30日

まとまったんだあ。みんな幸せになりました。ヘルムートまだですね。グリンダは今のままでも良いかもですが。つるつると読み込めて。一途な聖羅を応援。それととっとと認めろシャール君、まー腹が立つ。。
★7 - コメント(0) - 2015年12月26日

一冊丸ごとエピローグな最終巻! 成長していく聖羅と、そんな彼女を生徒としてではなく、一人の女の子として見るようになるシャール。他の面々もそれぞれ収まるところに収まって幸せな家庭を築き、過去との約束も無事果たして、文句なしの大団円!! 作者様、登場人物の皆さま、お疲れ様でした!!一巻を読む前は「野村先生もこんな長文タイトルの作品を書いてしまうのか。。。」と思ったりしましたが、いざ読んでみると、さすが野村先生! 登場人物への愛にあふれた物語に、あれよあれよという間に惹き込まれました。素敵なシリーズでした!!
★6 - コメント(0) - 2015年12月21日

予定調和の大団円。皆が幸せになると分かってたけど、『文学少女』『ヒカル』『吸血鬼』が好きな私としては、あまり真剣に読めなかったのが本音。いや面白かったですよ、でも野村さんじゃなければ読まなかったかも(苦笑)野村さんが「今までの作品の中で一番お気に入りで、肩の力を抜いて自分らしく書けた」というように、『吸血鬼』のこともあってか、最後まで書けて良かったと思う。前巻から七年間の後日譚ですが、聖羅の少女から女性への成長や周囲の人々の幸せになる過程が描けており、優しい世界に浸れました。完結おめでとうございます。
★4 - コメント(0) - 2015年12月20日

エピローグにして堂々たる本編。とても良かった。
★6 - コメント(0) - 2015年12月20日

最後は短編でその後の話を少しやる程度かと思っていたら一冊まるごと使ってエピローグとは恐れいりました。微妙に時間を飛ばす、この語りすぎないが押さえるところはきっちり押さえているバランスも絶妙だったかと。なんにせよちゃんとルート完走して完結するラノベってのも良いものです。
★4 - コメント(0) - 2015年12月19日

甘っ!素敵な最終巻だったけど、なんだこれは!…と言いたくなるくらい、ひたすら、あまあまラブストーリーを読まされる一冊でした(笑) 物語としては前巻できちんと終わっているため、丸々一冊がエピローグ。聖羅の成長していく姿と、これまで登場したキャラのその後(みんな幸せで良かった)が描かれています。 一冊の作品にするほどだったかは微妙なとこですが、聖羅が幸せになれてよかったし、成長する聖羅のイラストがやたら可愛いので、なんか満足です(笑)
★12 - コメント(0) - 2015年12月19日

ついに完結。中盤のシャールの言い訳に、今更?と思ったのは僕だけではないはず。結局最後まで主人公を好きになれなかった。でも聖羅が幸せになれたので満足。
★3 - コメント(0) - 2015年12月8日

完結。結論は、アニスが不憫過ぎる・・・。開始時点から聖羅とシャールのハッピーエンドと決まっていたので、そこに向けて良くも悪くも勢いで突っ走った感じがする。最後まで、基本的にハイテンションな主人公の語りにも馴染めず。結局あまりのめり込めなかった。ただ随所に「らしさ」は感じられて、好きな著者の作品の中では、という但し書きがつきます。 あと、ショートの聖羅は、かわいかった。絵師さん、ありがとう←
★23 - コメント(0) - 2015年12月1日

各々の成長した姿を見て、大団円へ。最後まで読むことができて僕も幸せです。
★14 - コメント(0) - 2015年11月30日

一冊まるごとエピローグ。最後まで聖羅可愛いよ聖羅といった物語で多幸感に包まれました。あとシャール君がリア充になっててびっくりだよ。
★5 - コメント(0) - 2015年11月29日

1冊丸々かけての甘い甘いエピローグ。表紙と目次を見れば、どんな結末を迎えるかは分かっているとはいえ、糖分高めで、やや閉口した面も。8年の歳月の出来事を描くとはいえ、300頁も必要だったのか? やや疑問。軽快な筆致なので、1日もかからずに読めましたけど。まぁシャールに、聖羅を一人の女性と意識する切掛を与えるのが、彼がかつて恋した女性アニスだった……というのは、アニス推しだった身としては嬉しかったですが。途中まで「年下の男と結婚したそうだ」という伝聞だけで済まされて、彼女自身は登場しないかと思っただけに余計。
★34 - コメント(2) - 2015年11月29日

著者はキャラ作りが上手いけど、このシリーズは特に魅力的キャラばかり(魅力はキャラだけじゃないので為念)
★8 - コメント(0) - 2015年11月24日

シリーズ最終巻。二人の関係は予想通り・・・って感じですが聖羅王女が子供から徐々に少女になり、成長し二人の関係が縮まっていく過程は甘々でむず痒くなったけど、楽しく読ませていただきました。
★13 - コメント(0) - 2015年11月23日

ドレ僕にセカイ系は求めてなかったけど この巻はハッピーエンドで非常にかわいく癒されました。過去にでてきたヒロインたちがいっぱいでてきて懐かしく堪能しました! よかった 恋心に気付けてほんとうによかった!
★3 - コメント(0) - 2015年11月20日

成長していく聖羅が、一途にシャールを想っている姿は可愛かった。シャールが好きすぎて、暴走するところとかは相変わらずでしたが。8巻全体を通してシャールがこれまで以上にヘタレてましたが。まぁ、最後にはしっかり思いが通じ合ったようで良かった。周囲は結構やきもきしていたんじゃないかなぁ、コレ。あちこちで発破かけられてましたしね、シャール。いい最終巻だったと思います。
★8 - コメント(0) - 2015年11月18日

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件8の 評価:86 感想・レビュー:112
ログイン新規登録(無料)