龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10 (ファミ通文庫)

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10 (ファミ通文庫)
347ページ
132登録

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10はこんな本です

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10の感想・レビュー(99)

今回は夏休みでのそれぞれの思惑が交錯する10巻と言ったところでしょうか?いよいよ一心さんは悪人面してきましたね…。次回はより物語が進みそうな予感!
- コメント(0) - 2月6日

奇想天外トレジャーハント・ロワイヤルの第10弾。第2部が本格的に開始し、重護が会社設立!?◆思惑の交錯だけでお腹一杯(笑)中心人物は1部と同じですが、そこにGREAT7が加わって策を張り巡らすっていう構図。読者を置いてけぼりにする手前で止めてくれているのでありがたいです。伏線バラマキという感じなので次に大きく展開してくれることを期待!
★3 - コメント(0) - 2016年11月9日

今回は溜め回でした。多分、次の巻で色々動きそうですね。夏休みの各々の動き、重護の大きな思惑?唯我部長も謎の深いところに入ってきて何か不気味です。それと学園祭が気になりますね。学園祭が各校が競う催しなのは、最早ラノベの定番ですが、どうなるんですかね。
- コメント(1) - 2016年8月16日

重護かっけえな。状況が大きく動いて面白い。
★5 - コメント(0) - 2016年5月26日

夏休みの裏舞台から、その後半戦へ。八真くんの発想のすばらしさと、一心くんの腹黒さがなんとも。てか、女たらしってだけでここまでやりきれるのもどうなんだ。青少年をとにかく敵に回す部長だこと。
★1 - コメント(0) - 2016年3月28日

HK
面白い。各キャラクターが意外な動きをしながらもいきいきと描きだされる美点はそのままに、今回はアクションが封印され「交渉」がメインとなる異色の展開。
★1 - コメント(0) - 2016年3月27日

物語の転換もそうだけど、それより伏線がいっぱい張られてる感じ。天災ちゃん可愛い。嫁にしたい。部長さらに小者感が
- コメント(0) - 2016年3月16日

ヤンデレは取って付けた感がないか?あと記憶云々で冒険部参加も。第二幕開始!って言うけど今までの一幕!?ゲーム編長かったなチクショウ。会社設立で雪姫と参差の代理人とのやり取りも記号に頼り過ぎて迫力も緊迫感も萎える。このシリーズはグレート7を筆頭に「最強」「天才」の記号的キャラクター・特徴で押し切ろうとするきらいがあって、せっかくの緻密なロジックや心理戦を白けさせてしまうのがいただけない。今回はバトルアクションもなく「衝撃の事実で読ませる」感。まあでも夏休み独特の倦怠感が滲み出た感じがすごく良かった。
- コメント(0) - 2016年3月6日

結婚編をはさんで新章。ついに第二部として動き出した感じがします。主人公の動きが読めないのが本当におもしろいし裏切らないです!
★1 - コメント(0) - 2016年2月20日

宣戦布告
★1 - コメント(0) - 2016年2月18日

会社興すとはすごい。小説のなかでそのキャラクターの成長する様を表すのってなかなか難しい。あと部長さんがダークだ。
★2 - コメント(0) - 2016年1月19日

辛口の戦場さんも絶賛の、重護くん会心の一手。だけど、コレクションを使って犯人を見つけるという発想がNGっぽい。読者の視点からは名探偵の方が有利な気もする。完全にトリックスターの動きになってきたジゴロさんもいい味を出している
★2 - コメント(0) - 2016年1月17日

ゲームも終わって、主人公も復活していよいよ第二幕が本格的に始動。序盤はゲーム終了からの他陣営の動き。ゲームにより変化した埋蔵金探しの構図を巡って各々が暗躍する。復活した上に目標の定まった重護の行動力に感心するばかり。それでもラスボスを考えると前途多難。天災の活躍が鍵になりそう。ラブコメ方面もにぎやかになってきて楽しい。特にユリシーズのリアクションと重護の焦った突っ込みが面白い。
★3 - コメント(0) - 2016年1月17日

読んでいたらいつの間にか10巻まで来てました。 読者の自分もびっくりです。 番外編なしでここまで続く作品を読むのは久々なのでちょっと新鮮な気持ちです。 この本を読んで学んだのは嫉妬は別に悪い事ではないと言うこと、どうしても悪い言葉に捉えてしまう嫉妬という言葉 でもそれは悪い嫉妬のパターンを見すぎてただけで良い事にも使えるということがよくわかりました。 自分も最近周りに感じているこの黒い感情は嫉妬だと言う事に気付き、それを良い方向に進めれるように頑張ってます! 最後に一つ、ユリシーズちゃんヤンデレ可愛い
- コメント(0) - 2016年1月14日

今回の重護の悪巧みは良かったなぁ。今回の悪な感じは一心でしたけどね。彼はこのままダークサイドに行ってしまうのか…。天災ちゃん、重護、一鶴、良いシーンでした。犯人探しの行方は如何に!最初の頃に比べると格段に面白い作品になったなと思います。まだ、新しいイラストになれないけれどねww
★8 - コメント(0) - 2015年12月26日

天災ちゃんがかわいいという絶対的事実の前に重護の策略が霞んでみえてしまう。
★3 - コメント(0) - 2015年12月21日

新章突入という感じ。ゲーム後の七重島で、いろいろ動き始めましたね。一鶴春秋に啖呵を切る重護が格好良く見える。かたや、いろいろ仕掛けた一心の屈託は重護という才能ある後輩に対する嫉妬…ということか。最後はついに天災とのライバル対決?と思いきや、重護は天災とやり合う気はさらさら無さそうで、結局これまでどおり重護がかわす展開に思えてきて仕方が無い。
★2 - コメント(0) - 2015年12月15日

夏休みの間に色々動き出しましたね。重護vs天災はいいのですが一心は少しめんどくさいなぁ。せっかく頭使っても結局顔で落とすだけなのも微妙…つか、レプラコーンのトップがそんなんで変わるのはバカらしいな。
★8 - コメント(0) - 2015年12月3日

唯我一心が順調に裏主人公の道を歩んでいて良い感じ。このキャラ造形いつから考えてたのかしら。
- コメント(0) - 2015年11月25日

タイトルの意味が暴露されました。
★2 - コメント(0) - 2015年11月21日

次巻から新章って感じかな?なななちゃんを殺した犯人を見つける為になななコレクションをもっと把握するべく保険会社を立ち上げる重護、それとは別の観点からなななちゃんの殺人事件を追う事にした天災、なんだか完全に悪役になった一心さん。新しいキャラも増えたので心機一転って感じでまた楽しめそうです!
★6 - コメント(0) - 2015年11月19日

「俺は今日、あんたにケンカを売りに来たんだよ、一鶴春秋」覚悟決め立派に成長した重護は七重島に帰還し誰も想像しえない計画を動かし始める。だが、他の人達もそれぞれの思惑を胸に抱き動き出す…何かが動き出し、何かが壊れ始める転機の第10巻。ゆっくりだけど一気に物語が動き始めたね。唯我一心、レプラコーン、そして、龍ヶ嬢七々々という存在。前から隠されていた伏線なども使って明らかになる真実もあるし本当に素晴らしい。その中で1番なのはやはり重護の宣戦布告!!あれは久しぶりに魅せてもらったね。星5つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】
★85 - コメント(0) - 2015年11月17日

「ゲーム」も夏休みも終わり、重護が七重島帰還して、それまでのいろいろな思惑も含め多くの伏線が撒かれた雌伏の回といったところか。不穏な空気も様々なところで漂いつつ、春秋に一発カマした怪盗とその相手に指名された名探偵がいよいよ激突していく展開かしら。いろんな勢力がありその目的も多岐にわたるので次からも読みごたえありそうです。
★3 - コメント(0) - 2015年11月16日

物語が新しいステージに進んだ第2部?って感じ。意気込みを新たに次なる目標へとそれぞれが足を踏み出していった。雲行きの怪しい人たちもいたけど全体として緩くて読みやすかった。作者さんの新作が今月発売だそうで次巻も含めて期待
★3 - コメント(0) - 2015年11月16日

本筋に入る前の準備段階といった感じ 重護、天災、一心の3人がそれぞれ違った歩み方をしているな 重護に関しては今までに色んな経験が合った結果今回の内容だったけどなんかちょっとうまくいきすぎてる感じがするのでなんか痛い目見て欲しいなあとか思っちゃったり
★2 - コメント(0) - 2015年11月15日

うう、一心が苦手。こういう小賢しくいじけた男って生理的に駄目。なのにモテ男設定。顔だけですよね、Why?自分の見た目に確信犯で口が上手いだけの男がモテると思っているなら女を舐めすぎですよ、鳳乃さん。現実でも顔だけ男って意外とモテませんよ、ちやほやされてるように見えてもモテてる訳じゃないのですよ。華蝶お嬢様とか參差さんとか、全体的に見てこのシリーズは女の方が男前ですね。今回は悪知恵絞って重護が頑張っていたので、一心でおわらなけりゃ気持ちよく次巻が待てたのに~。
★3 - コメント(0) - 2015年11月14日

今巻も超面白かった。このシリーズ、戦いの形がどんどんインフレしていって、それは通常の少年漫画のように「強さ」がインフレするのではなく「規模」がインフレしていくのが熱い。今やこの小説における戦いとは「ルールのハック合戦」と言い換えてもいい。すべてのキャラが生き生きと動くのを見れるのが本当に楽しい。だからここらで箸休めとしてそれぞれのキャラの日常にスポットを当てた短編集とか見たいと何度もですね??????????
★3 - コメント(0) - 2015年11月11日

一巻半使って夏休み前半、新章開幕に丸々二巻という壮大な仕込み。夢と冒険のワンダーランド七重島が、実は大人が与えた檻の中のおもちゃだったという事実に何となく覇気を失いかけた学生たちは、壁をぶち抜いてやることで大きな可能性を示したヒーローに喝采を送る。私利私欲は大義の森に隠す、本当に悪い主人公だなと大笑いさせられる。段々いい話になってきた、早く続きが読みたい!2015-179
★17 - コメント(0) - 2015年11月9日

すごいワクワクした。重護が「ものすごく個人的な事情」のために全体を巻き込み、トップにケンカを売るシーンは一鶴春秋と同様の笑いが出てしまった。壱級天災の名推理、そして唯我一心の野望はどこに行き着くのか、ものすごく楽しみになってきた。
★3 - コメント(0) - 2015年11月7日

sew
新章開幕の巻。 全巻で決意を固めた重護が本格的に動き始める。 手帳を手に入れた一心はどこへ向かうのか。 一鶴春秋、黒須参差、またほかのGREAT7達はどう動くのか。 鉄くんゆんちゃんたちは幸せな未来へ進めるのか。 そして天災との対決はどのような結末を迎えるのか。 ゲーム編が終わってさらに七重島の謎が明かされていくだろう第三章、今まで以上に面白くなりそうですな。
★6 - コメント(0) - 2015年11月5日

長い前置きからの重護の宣戦布告。その辺りは盛り上がったけど、話はほとんど進んでないよね。やっぱりキャラ、勢力が多すぎる。相関関係とか伏線とか、もう理解が追いつかなくなってきてる。
★5 - コメント(0) - 2015年11月3日

相手がどれだけ強大であろうと関係ない。夏休みが終わり、それぞれがそれぞれの目的のために大きく動き出す。重護の動きと策略、天災の視点変換、そして近付く七々々ちゃんの死の真相。この作品登場人物達の目的がぶれないのがいいよなぁ。突き進んでる。埋蔵金って言葉がここに来て活きてくる展開に。レプラコーンだったりGREAT7だったりと、七々々ちゃんの真実に近い部分も見え隠れはしてるんだよなぁ。いやぁ、こっから誰がどう進むのか、勝っていくのか楽しみだ。ほんとこの作品面白いというか、楽しい。
★5 - コメント(0) - 2015年11月3日

今回は夏休みの七重島サイドの状況から始まる、クライマックスに向けてどんどん思惑の糸を絡めに絡めまくっていくお話。そして主人公が主人公らしく主人公になろうと奮闘。ってか七々々をちゃんと巻き込もうとするあたり成長したなぁと感慨深い。一方裏切りメガネ先輩は相変わらず裏切りメガネ先輩でこれはこれで安心しました(こら)。そして・・・「事件の真相」についても、前回の疑問提示をさらに推し進めた形で、「謎」のポイントがわかりやすくまとめられてて、解決に関心が高まる展開。後は着地点に何があるのかと言った所で、次回も期待です
★8 - コメント(0) - 2015年11月1日

NEXTバトルに向けての伏線張りや準備が多いのにこんなに楽しめるとは。各々がどう動くか。
★5 - コメント(0) - 2015年10月31日

GZ
第二部になって、一気に登場人物が増えたなぁ、という感じる。重護も目的のためにビシッといってます。ただ簡単には犯人は見つけられないのでしょうが。あと今回も天災がかわいかったです。終盤の対決券のやりとりはよかったです。はやく次巻を読みたいですが、新作も出すようなので、そちらもチェックですね。
★5 - コメント(0) - 2015年10月30日

重護がかっこ良くなってしまった!いや今回は本当に凄かったです。歯車がパチンとハマって一気に物語が動き出すのを感じました。
★5 - コメント(0) - 2015年10月29日

Mのゲームの顛末でGREAT7等の介入によって、七々々コレクション探しに大人の関与が明らかになり、コレクションの行方を懸念し始めた七重島の冒険者達。それぞれが画策する中、重護が図る計画とは…?2学期に向けた夏休み期間の序章編。ゲームによって大人達の手のひらの中にいることを思い知らされた冒険者達。唯我先輩はMから強奪した赤い手帳を利用し一時の優越感を感じるなど闇落ちし始めてるな…しかしその前に立ち塞がったのはやはり重護。コレクション認定会社を作り、大人と対等の立場にまで持っていくとは…手口も口八丁も見事。→
★24 - コメント(1) - 2015年10月29日

今読んでいるみんな最新5件(2)

11/19:耳の恋人
10/31:涼架

積読中のみんな最新5件(13)

01/29:ああ
09/28:N亭
02/14:カムル
11/19:耳の恋人

読みたいと思ったみんな最新5件(18)

12/18:
02/10:suicdio
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金10の 評価:77 感想・レビュー:38
ログイン新規登録(無料)