暗闇ダンス 壱 (ビームコミックス)

暗闇ダンス 壱 (ビームコミックス)
198ページ
105登録

暗闇ダンス 壱はこんな本です

暗闇ダンス 壱の感想・レビュー(69)

葬儀屋。300を越えた男。死んだ町。俺たちに明日はない。さまざまなモチーフが、死を飾る。まあ雰囲気漫画なんだけど、シュールさのバランスがわりとうまく取れてて嫌いじゃないな。この原作の人の作ったゲームって名前は知ってるのにやったことなかった。killer7とかシルバー事件ってこんな雰囲気なのかな。
★1 - コメント(0) - 2016年11月25日

原作者のゲームそのままのナンセンスとエッジな魅力。絵も端正で演出力があり、初めてタイトルが反復される場面は驚いた。ゲーム性という〈物語の推進器〉が無いので漫然とページを辿っている読書感はある。
- コメント(0) - 2016年11月22日

ずっと頭が????ってなってたんですけど…。一巻だから全然わからないのか?
★2 - コメント(0) - 2016年9月11日

表紙が素晴らしいので期待してしまった。個性的な絵や構図の美しさ、でも内容がよくわからない。まだよくわからない。
★10 - コメント(0) - 2016年8月28日

生き急いだ葬儀屋が死の軽い町に赴く、という言葉で説明するとなんだか訳の分からない話。夢みたいな世界。ただ完全に感覚的な作品というわけでもなく、もうちょっと話が進むと大きな流れが見えてきそうな気はする。
★1 - コメント(0) - 2016年7月5日

ほぼ自殺的行為を行った主人公が3年間寝たきり→目覚めて葬儀屋の仕事で妙な王国に向かうという話。正直わけわからん・・・でも雰囲気と絵柄がすんごい好みで引き込まれる。好きな人はとことん好きな漫画。
★3 - コメント(0) - 2016年7月2日

めちゃクールだ
- コメント(0) - 2016年6月25日

翻訳ものの幻想小説みたいな地に足のつかなさ。笑わせようとしてるのかなんなのかわからないところがいい。すごくいい。
- コメント(0) - 2016年6月21日

すごく…須田51です…。そうとしか言えない読後感。『killer7』まわりが好きな人は読んだほうがいいと思うよ。
- コメント(0) - 2016年6月12日

久米田康治のような絵柄に惹かれ購入。暗い雰囲気の漫画ですが、主人公がわりとハードボイルドですので、ジメジメは多少緩和されます。まだまだ伏線、謎ばかりなのでこれからに期待したいです。
- コメント(0) - 2016年6月11日

過去最高に好みな黒服葬式屋男子が九死に一生を得たかと思えば世界が一変。幻覚に悩まされながら進む様はそのまま我々読者と同じ。相変わらずの「考えるな感じろ」節前回の須田ワールド健在です。漫画になっても変わらないなあ。寧ろ静止画で何度も見直せるからゲームよりいいかも?何となく主人公が目的達成出来れば、セリフ回しが粋ならそれでいいんですそれでいいんです。
- コメント(0) - 2016年4月16日

訳わからんで先が見えなくて得体の知れない怖さ。 現代アートが動き出した感じ。
- コメント(0) - 2016年3月29日

表紙に一目惚れして買ったのですが大当たりでした。ドンピシャで好みの世界観。画面構成も斬新で読んでいて飽きがこない。続きが待ち遠しいです。
★1 - コメント(0) - 2016年3月7日

よく分からない作品。ただ絵はとても良いし、とにかく続きが気になるので、新刊が出たら買ってしまうだろうなあ。須田氏原作の作品なので、どうしてもフルカラーで且つ音が伴っていたら.....(ゲームだったらなあ)と考えてしまうんですけど、こんな感じのゲーム出たら是非したいですね。
★1 - コメント(0) - 2016年3月2日

事故で三年寝ていた主人公が、葬儀屋の仕事で王国に行く話。正直意味はよく分からないんだけど、絵と雰囲気に引き込まれる。個人的には大好き。
★9 - コメント(0) - 2016年2月28日

視覚的にはスゴく楽しいけれど、内容的には面白くもつまらなくもなかった。残念。
- コメント(0) - 2016年2月27日

ジャケ買いしたんだけど絵が好き。松本大洋的な世界観。続きが気になる(∩´∀`)∩
★1 - コメント(0) - 2016年2月18日

やっと読んだ。ダメだわけわからん、わけわからんのだけどでも面白いから謎。1つ1つは分かるが全体が分からないこの感じ、須田作品はノーモアしかやったことないけれど、テイストは似てるかもしれ……いや、わからん。なお表紙で惹かれて、須田氏が原作だと気づいたのはその後。キャラのデザインすごくいいなあ……
★1 - コメント(0) - 2016年2月7日

まだよくわからない
★1 - コメント(0) - 2016年2月2日

何が何やらよくわからないけど、惹かれる作品。しかしこれだけは言いたい。「くろがねのしろ」といったらマジンガーZである。そーらにーそびえるーくろがねのしろ〜♪
★5 - コメント(0) - 2016年1月29日

須田51原作と知ってどうして素通りできようか(でもって絵も端正で好み)。そしてやっぱり51だ、訳ワカンネェ!(大好き!)  生き急ぐと死に急ぐの違いについてとかもこれから描かれていくのかな。やはり51節はいい。
★2 - コメント(0) - 2016年1月27日

コミックビームと須田51が両方そなわり最強に見える
★4 - コメント(0) - 2016年1月27日

「原作の須田剛一さんはゲームクリエイターとしては大好きだけど漫画原作者としてはどうなんだ?」と読む前は思ってたけど面白かった!死の扱いとか人を食ったユーモアとか色んなメディアからのネタの引用とか須田さんっぽい感じが堪らない。竹谷州史さんの絵もダークでポップな感じの匙加減が絶妙で素晴らしい。話が大きく動き出しそうなところで終わってるんで次巻も早く読みたい。
★4 - コメント(0) - 2016年1月26日

今読んでいるみんな最新5件(2)

01/12:パン
01/28:poco

積読中のみんな最新5件(6)

01/12:オクサイ
03/11:ひかり
03/11:ハルチカ
01/31:

読みたいと思ったみんな最新5件(28)

12/31:inugami37564
12/03:cyacyai
暗闇ダンス 壱の 評価:67 感想・レビュー:23
ログイン新規登録(無料)