花冠の王国の花嫌い姫 (ビーズログ文庫)

花冠の王国の花嫌い姫 (ビーズログ文庫)
256ページ
185登録

花冠の王国の花嫌い姫はこんな本です

花冠の王国の花嫌い姫の感想・レビュー(135)

花粉症姫っていうのと、表紙のかわいさで読み始めたけれど、想像してたのと、主人公たちの性格違ったなぁ。姫さまの方が気が強くて、王子は若干ぼんやり系の天然たらし?(笑)北国育ちなので、後半の遭難?!のあたりは、身につまされました~。鼻水姫(ハナミズキ)って呼ばれたくない、姫の乙女ゴコロ…。花粉の季節ですね…。
★4 - コメント(0) - 2月15日

花溢れる大国の王女なのに、花アレルギー、要は花粉症という致命的な体質を持つフローレンス。そんな彼女が見つけた安らぎの地、北の辺境国ラハ・ラドマに永住するためには結婚しかない!と猛烈にアピールしまくった結果、婚約にはこぎつけたものの、お相手の第一王子イスカには怪しまれてしまう(そりゃそうだ)。このイスカが陰謀を巡らせたりするのが苦手で、才気煥発なタイプでも、腹黒タイプでもないのがちょっと珍しい。最後のアイスクリームの辺り、流し読みをしていたせいか、うまく話が繋がらなかったのでそのうちもう一回読む……。
★1 - コメント(0) - 1月26日

花粉症に悩まされる大国の王女とすごい良い人な弱小国の王子のお互いの下心から始まった婚約話。俺様腹黒が多い少女小説の中でここまで「良い人」が似合う王子も、大国の王族という自覚を持ちながらそれでも理想のために持てるカードを冷静に切っていくお姫様も目新しい。面白かった。シリーズ化も決まったようだし、今後も楽しみな作品。
★2 - コメント(0) - 1月19日

花が咲き誇る大国の姫なのに、重度の花粉症とか不憫・・・最初は大国の姫が何故こんな弱小国に!?という疑心暗鬼な感じだったけど、接していく内にお互いが好ましい存在になっていくのが良かったです。あとイスカ王子が人が良すぎて色々不安なのだけど、そこはフローレンスが良いサポートをしてくれるのではないかな、と!王宮陰謀物も好きだけど、利益よりも自国民の幸せを守るのが第一な路線も悪くない。
★2 - コメント(0) - 1月9日

★★★
★1 - コメント(0) - 1月8日

Kindle版。面白かった!花粉症のせいで引きこもるしかなかった花の国の姫が花の咲かない寒冷地に嫁ぐことになるところから始まる。美貌の持ち主ながらただの純朴な青年だった、嫁入り先の王子イスカwもう相思相愛のようなものだけど、この先どうやって関係を深めるのか、続きも読んでみたい。気になったのは、姫がイスカのお供の人に向かって、かけひきする相手を選別してイスカの純朴さを引き立たせろと怒ってたけど、それだと国が立ち行かないのでは?それにお供にだけ汚れ仕事を押し付けるみたいでちょっとどうかと。
★5 - コメント(0) - 2016年12月31日

読んで良かったです。重度のアレルギーで引きこもりになった王女の結婚話と聞いて何となく予想をつけていた展開から、後半ジリジリと違う方向へ舵が切られていった感じでした。引きこもりでもちゃんと外に関心を持ち、王族の自覚も賢さも備わったヒロインは、読んでいて気持ちの良いものです。 敵対者の海蛇姫が全く手強い交渉相手ではなっかたなど、拍子抜けな部分も有りましたが、ヒーローの人物像も人間味があって魅力的でした。 しかし、自分の婚約者からお人好しの田舎青年と認識されていると知ったら、イスカ本気でへこむだろうなぁ。
★2 - コメント(0) - 2016年12月10日

友人の本。 『花冠の王国』と称される大国エスカ・トロネアの王女フローレンスは、重度の花アレルギー!常にくしゃみ鼻水が止まらず、淑女にあるまじき鼻の下(以下略)。そんな彼女に、人生の転機が!!北の辺境国ラハ・ラドマ、イスカ王子との婚約話だ。アレルギーが出ない不毛の地こそ我が楽園と浮かれるフローレンスだが、イスカにとっては、なぜ大国の姫がと不審でしかなく!?第17回えんため大賞奨励賞受賞作。
★7 - コメント(0) - 2016年12月1日

花が溢れる国の王女なのに、花粉症。引きこもりというか引きこもらざるをえない状況から抜け出す為、極寒の小国に嫁ぎに行くフローレンス。イスカ王子は超絶美形なのに中身は平凡。作品中に起こった問題も、ほぼフローレンスに解決してもらった感じ。だけど変に拗れてるわけでもなく頑張ってると伝わってきます。たくさんの人と出会えるようになったフローレンスと、フローレンスの知恵を借りて成長していくイスカにこれからも期待。
- コメント(0) - 2016年11月22日

花から逃げるため北の大地に嫁いできた花冠の王国の王女。国力の差から結婚を申し込んできたはずの王子にも怪しまれ、腹の探り合いから始まります。今までもイスカは第一王子として、次期国王として頑張ってきて、今後はフローレンスが彼の足らない部分を補っていくのでしょう。というか作中でも突破策と妥協点を見出していましたし。そしてセリスがそうなるように手回ししてる感がありました。続編に期待です。にしても花粉…確かに王女として、淑女として、最早どうにもなりませんわ!
- コメント(0) - 2016年11月18日

1巻。花で有名な国に生まれながら花粉症な姫君と、超絶イケメンなのに中身は平凡な王子というそれぞれのギャップがたまらない。いいカップルになりそうだ。
★6 - コメント(0) - 2016年11月13日

花冠の国の王女なのに花粉症、のっけからつっこみどころ満載。花粉症とはおさらばという下心だけで婚姻に乗り気な王女も面白いけど、それ以上に、執拗に詮索をいれる王子も可笑しい。二人の思惑のすれ違い具合が楽しかった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月8日

1年間ずっと花が咲き誇る大国の姫なのに重度の花粉症って現代のように薬もない中じゃ大変だなぁと思いつつ、本当に設定の段階から真剣に笑いを取りにきてる感じがとても面白かったです。ギャクだけでなく駆け引きっぽいこともしてて良かった。世間知らずな王女でも権謀術数に長けすぎている腹黒兄様セリスが先生なだけあるようで。イスカ殿下は妖魔とか言われてるくせにただの純朴な青年だったりフローレンスに落ちるの早すぎたりで笑った。鍵をかける理由が吹雪の時に子供が外に出ないようにだなんて、お人好しばかりで平和的なこの国が好きです。
★8 - コメント(0) - 2016年10月23日

私も花粉症に苦しんでいるので、フローレンスの気持ちに共感を覚えながら読みました。フローレンスとイスカが信頼しあう過程はもう少しゆっくり書いてもいいのでは、と思いつつも、策略を用いるのではなく、理想を目指して行動する2人がすがすがしかったです! 今後に期待の新人さん。
★4 - コメント(0) - 2016年10月10日

重度の花粉症は大変だ。まして薬とかないのなら。私は軽症者だけれどその季節の辛さを思うと、何が何でも逃げ出したい主人公の気持ちはわかる。そのために結婚というのは凄いな。他に方法がないからとはいえ。でも主人公、ぶっ飛んだ行動とは裏腹にいい子だった。無駄に(?)イケメンの王太子はいい人すぎ。だから、早くカミングアウトした方がいいのに〜とじれったかった。
★6 - コメント(0) - 2016年10月5日

イラスト買い。姫さま打算的で愛が生まれるのかと思いきや、すごく良い子でした。出てきた隣国?姫君も悪役ライバルかと思いきや、やはり良い子でした。ヒーローのスキルすごい。自分知らないうちに発動とか。で、ヒーローの国、幸せだね。卑屈でも無いし。つづきも読まないと。
★4 - コメント(0) - 2016年10月1日

花粉症から逃れるためだけに、花いっぱいの大国の姫が北の辺境国に嫁ぐというギャグ系のあらすじに、少し興味を覚えて購入。イラストのあまりの可愛らしさに、最後まで読み切れるか不安がよぎったものの、思った程子供っぽさもなく、文章も読みやすく話のテンポも良く、ほぼ一気読みしてしまいました。客人にスルーされたり未来の嫁に凡庸と思われる可愛そうで優しいイケメンのイスカ王子の行く末を、最後まで見守りたいと思いました。
★4 - コメント(0) - 2016年9月17日

見た目に反して純朴なイスカ王子に好感が持てました。フローレンスといいカップルになると思うよ!他国の事情なのにクラウディアの母親の件を知ると氷の値を戻そうとしたり、いい人すぎる…!でも国民との距離も近く、穏やかに助け合う姿に魅かれるフローレンスの気持ちがよくわかります。セリスお兄さんも好きだなぁ。もっと登場して欲しかった!敵にならないからという理由で可愛がってるけど、ちゃんと愛情も見えてよかったです。
★23 - コメント(0) - 2016年9月12日

冒頭、姫様の素がテンション高めだった為、全体的にコメディ色強めの話かと思いきや、意外にも腹の探り合いがメインの作品、第1巻。花アレルギーさえなければ、冷静沈着で自分の役割をきっちりとこなすタイプのヒロイン。自身のことを捻くれていると評するものの、生国とは価値観の違う国の良さを認め、素直に褒めることができて、すごく好きなタイプの娘さんでした。ヒーローはいい人でいい人でとにかくいい人で……最近の少女小説では珍しいタイプで、えーと、1巻の時点では頑張れ?としか言いようが無いですね。(2巻では活躍してました)
★10 - コメント(0) - 2016年8月25日

花粉症は現代の病だと言われているけど…昔だったらさらに大変だろうね(^_^;)主役2人は勿論、腹黒そうなお兄様や意外と家族思いのクラウディア姫など、脇のキャラも良かった。
★5 - コメント(0) - 2016年8月3日

北の辺境国に嫁ぐ為、必死にアプローチする大国の姫フローレンス。弱小国の王子イスカは理由がわからず困惑するが...。嫁ぐ理由が花粉症。大国の姫としては、なかなか言えないですよね。でも、本人苦しんでいますが必死に隠そうとするフローレンスはなかなか可愛かった。打算で婚約した二人ですが、理解してもらえないと思っていたことを受け入れてくれる相手を見つけることが出来て本当によかった。しかし、あの見た目で率直に想いを伝えてくるイスカはずるい!どきまぎするフローレンスに思わずニヤニヤしてしまいました。
★5 - コメント(0) - 2016年7月24日

花粉症もちの姫がめずらしく購入。そうか....ついにヒロインが花粉症もちの時代になったのですね。フローレンスほどではありませんが花粉症の自分からしたら、フローレンスのつらさがわかります。マスクとかティッシュとか目薬とかありませんもんね。そして、イスカの見た目と中身のギャップの差が(笑) 見た目が妖魔なみの美貌なのに中身が純朴な青年とか新しい。フローレンスも自分に足りないものをちゃんと理解しながらも賢く動き、精一杯頑張る姿は好感が持てます。ところで国王夫妻がまったく出てこなかった。
★5 - コメント(0) - 2016年6月27日

図書館
- コメント(0) - 2016年6月7日

花粉症の姫に釣られて購入。薬もない時代にこの症状は辛すぎる。花のない国に逃げるしかないわ。ということで、雪と氷以外なにもないような辺境国に輿入れした大国のヒロイン。迎える国は何か思惑があるのではないかと疑心暗鬼で…。魔物レベルに顔がいいのに誠実で素朴なイスカと、人前には出れなかったが権謀術策を知るフローレンス。お互いがお互いの良い所を認め合う二人なので、良い国になりそう。続きも出るみたいだし読みたい。
★9 - コメント(0) - 2016年6月4日

花粉症ってつらいですよね…自分に合う薬に出会うまでの悲惨な日々を思い出して、主人公に心から同情しました。 お話は、とてもかわいらしかったです。このお話の世界が権謀術数と無縁の世界でないことは、主人公の考え方やお兄さんの発言で見てとれるのですが、それでも人に対して誠実であることを是とする展開に心が和みました。
★4 - コメント(0) - 2016年5月27日

イスカもフローレンスもかわいかった…!あの美貌で素直で真面目な好青年(天然たらし)とかほんともうたぶらかされるしかないですね。隣国の姫君たちの気持ちがわかる気がする。花粉症から解放されて、フローレンスもこれから人生楽しく生きていけますね。お兄様も妹を愛する為政者って感じで今後の活躍に期待。
★6 - コメント(0) - 2016年5月24日

おもしろかったです!花粉症なお姫様は今までに見たことない!(笑)箱入りで他人と接触してこなかったフローレンスですが、シビアな考えができて処世術に長けているところがすごく好みです。これも兄の教育の賜物(笑)イスカも見た目に反して中身が純朴な田舎の青年じみたところも良かったです。特殊能力が妖魔っていうのも新しい(笑)クラウディアもタチの悪いお姫様かと思ったら他人を慮ることのできる良心的な人だったので読み終えても後味よくて良かったです。あとはラハ・ラドマの王様が全く話題にすら出なかったのはちょっと気になったかな
★3 - コメント(0) - 2016年5月16日

サクサク進んで、楽しく読了!見た目とのギャップ王子が良いわぁ(笑)真実を教えてもらえず、本当の自分の状況が分かっていないのは、笑いは取れるが、私的には好ましくないけれどね(苦笑)王女は頑張ってるよね(ホロリ)続巻は結婚式までいくかな?
★5 - コメント(0) - 2016年5月9日

レーベルの公式サイトでたまたま目にした鳥海浩輔さんの文字に惹かれて作品のPVを視聴したのがきっかけでしたが、手に取って正解✨めちゃめちゃ面白かった(≧▽≦)ヒロインちゃん、引きこもりだった割には頭の回転が速くて機転もきいて処世術に長けた様子。読者側からは本音だだ漏れだったし好感もてるキャラでした。ヒーローくんは、鳥さんが演じた事により文句なしにステキ♥王太子としての公の面も、いい人を地でゆく素の時も、見た目とのギャップを考えるとかなりイイ!妖魔のシーンなんて鳥さんボイス想像するだけでヤバい(/ω\*)
★3 - コメント(1) - 2016年5月8日

結構面白かったです。セリスさんの最後の一言が何より良かったです。ちゃんと能力を認められていたんだな、と。続きがあったら読んでみたいです。
★5 - コメント(0) - 2016年5月7日

重度の花粉症を何とかするために花にあふれる大国から北方の弱小国に嫁ぐことを熱望するお姫様と、見た目と中身のギャップのある王子様との婚約期間のお話。面白かったです。
★4 - コメント(0) - 2016年5月4日

イラストがすごくきれいだし、ちょっと気になってたから購入。 ヒロインが重度の花粉症で顔面崩壊って、なかなか新しい設定。 男の子は見た目は妖魔ではないかといわれるほどの美貌だけど、中身は心優しい田舎青年。イスカもフローレンスも好感が持てます。 ただ、イスカは自分の美貌を理解してない割に、その見た目を無意識?に利用して話を誤魔化したりするみたいだけど、ちょっと引っ掛かりを覚えた。 でも、話は面白いし、キャラクターも魅力的なので続きも楽しみ。優しくて、綺麗な、素敵なお話でした。
★8 - コメント(0) - 2016年4月29日

フローレンスもイスカもかわいい(笑)。最近は国同士のイザコザが絡むとどんよりドロドロな方向に進む小説も多い中、この話は最後まで安心して読めました。まだ婚約中なので、続編も出ると良いなぁ。
★14 - コメント(0) - 2016年4月17日

あっさりと読了。なんか何かなんの盛り上がりもなく終了と言った感じ。花粉アレルギーな花の国のお姫様。それだけでしたな。ちなみにこの本は表紙買いでした。ヒーローの方にもっと何かあるとよかったのかもとか思います。ただのイケメンじゃ弱すぎる。表紙はかわいい。
★1 - コメント(0) - 2016年4月16日

なんでタイトル花冠の王国の鼻水姫にしなかったし。
- コメント(0) - 2016年4月15日

★★★★☆
- コメント(0) - 2016年4月15日

イスカ「できる人間ができることをすればいい。それだけだ」
- コメント(0) - 2016年4月9日

花粉症つらいのわかる。王子様さすがに外交する立場としてそれじゃイカンでしょ、と思いながらも、それでいいと支える決意をする姫が健気。しかしこれだと、王子は方々で自覚無く数多の女性を落としてるんだろうなあw
★5 - コメント(0) - 2016年4月5日

イスカが大丈夫かなって思うくらい善人だからでしょうか、読んだあとに幸せな気分になりました。綺麗事が通って皆が良い結果になっていく物語も良いなぁと思いました。
★8 - コメント(0) - 2016年4月5日

大国の第二王女が嫁ぎ先に選んだのは辺境の雪国。理由は、天敵の花が咲かないから。…という花粉症ヒロインが新しすぎる!相手のイスカは妖魔と言われる程整った顔を持つ、お人好しな田舎青年。ヒロインがしっかりしてて、政務的な意味でヒーローの支えになるというのは珍しい。殆ど最初から互いに好印象だし、事件という事件も人の悪意がないものなので安心して読めました。結局クラウディアもいい人だったし!個人的にはお兄ちゃんが大変気になる…あの人怖い。婚約スタートでキスまでいかない淡白な関係は珍しい気がします。イスカが紳士で素敵。
★11 - コメント(0) - 2016年4月2日

花冠の王国の花嫌い姫の 評価:86 感想・レビュー:57
ログイン新規登録(無料)