おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)

おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)
256ページ
204登録

おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令はこんな本です

おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令の感想・レビュー(116)

目次に目を通した瞬間から胸が高鳴りました。色んな人が、それぞれの場所で、レティのために精一杯のできることをやっている姿が目に浮かんで見えたので。読み進めると、騎士達が必死に頭を巡らせて状況の打開を試みても、全て先んじて手を打っていたゼノンの用意周到さにゾッとしました…一番印象的だったのは、グイードに授けられた「できること」を、怯える心を叱咤してやりとげた王女コルネリア。グイードの賢さとレティの気高さ、コルネリアの勇気が形成した、ゼノンの予想を上回る貴重な一手に拍手です。最終巻は初夏だそうで…待ち遠しいな。
★7 - コメント(0) - 3月23日

何もかも読んで先手をうっているゼノン、ああもう憎たらしい。ピンチの連続、重苦しいなしんどいなと思いながら結局寝る間を惜しんで読んでしまった。ろくに連絡も取れなくてもすべき事を皆がしてるのは凄い。ここまでのレティの頑張りが結実してる。次が最終巻。クーデターの帰結や兄ズの扱いも気になるけれどやっぱりレティの心境の変化が気になる。次回見られる筈の物理的にも進展した甘々が待ち遠しい。
★14 - コメント(0) - 3月23日

最終決戦へ向けてわくわくが止まらないぜってとこで切ってきた。騎士の残り3席はお兄ちゃん2人で埋められるのだろうかフリートの方は処刑待ったなしだけど…王の部屋に最近行ってなくて寂しい
★3 - コメント(0) - 3月22日

ウィル様とアイリーチェの温度差のあるやり取りがとても好き。ツバメじゃムリかもね(笑)そしてレティとデュークのじれったいやり取りも好き。物理的に進展するには、やっぱり勢いが大事なんじゃないかな(笑)そしてそして!皆が万々歳のハッピーエンドを私はまだ諦めていない!残り3席をあの3人で埋めたらいいじゃない?!と、予想を楽しみつつ初夏を待つ。
★6 - コメント(0) - 3月22日

次巻で最終巻ということで、きっと続きが気になるので、発売直前まで読むのを我慢しようって思ってたけど、誘惑に負けて一気読み。怒涛の展開。まさに反撃開始。レティの周りに味方がどんどん集結。離れていても、みんながそれぞれに考えて行動した結果がピタッと符号して気持ちいい。ラストのデュークとの再会はさすがこの二人っていう感じだったけど、どっと安心感が増した感じ。最終巻が楽しみであり、終わってほしくない寂しさもあり・・・。
★18 - コメント(0) - 3月18日

一気読み。これから怒濤のラストスパート。それぞれがそれぞれの役割を果たしていて、みんな格好よかった。次が最終巻。楽しみです。
★3 - コメント(0) - 3月16日

やっと父王登場、オスカー医師は出ず……あれ?終わりに向かっているドキドキ感であっという間に読了。発売日が待ち遠しいシリーズだったのに次で終わりなんて寂しいです。
★6 - コメント(0) - 3月11日

最終巻前。相変わらずこれでもかというほど伏線が張り巡らされていて、違いの分からないネックレスでは使い方に感嘆。伏線の張り方が見事で思わず、うおっと思ってしまった。今回は地図と相関図とにらめっこ。まじで助かる。一人ひとりが今の状況を変えようと必死に動くさまに感動の一方、誰もミスをしないものだろうか、ともちょっと考えてしまう。けどそこは置いとく(笑) 恋のこととなると初心なレティが可愛いくて年上の余裕があるデュークの姿がみれてにやにや。最終巻が楽しみだけど、最終巻が来てほしくない気持ちもあるなぁ.....
★11 - コメント(0) - 3月10日

根性が悪いのか腹が黒いのか‥じゃぁこの場面で誰かが日和ったら?とか意地の悪い展開を考えてしまう‥。(^_^;)))
★5 - コメント(0) - 3月9日

お風呂で再読。
★4 - コメント(0) - 3月8日

ついに次巻で完結!待ちどうしいです
★3 - コメント(0) - 3月5日

懐かしい人たちが次つぎと登場。あらゆる可能性を考えているゼノンは相変わらず憎いけど、さすがの軍師も女性の行動は想定外!そして、ようやくデュークと再会。ほんと、レティは今までキビキビしていたのが嘘のよう。恋に対しては初心者すぎる!ちゅーするのか?ちゅーしちゃうのか?と思っていたのに、デューク~~!そこまではできなかったのね…。次巻でついに完結。終わってしまうのは寂しいけれど、どう終わるのかが気になる。
★15 - コメント(0) - 2月27日

もうすでにあんまり負ける気がしない布陣だけれど、ここまでそのための布石は確かにしっかりひかれているのがすごい。むしろ恋愛の方どうすんだ…あと一冊でどうにかなるのか…?
★3 - コメント(0) - 2月25日

表紙の破壊力が凄まじい!まさかコルネリアちゃんが活躍してくれるとは思わなかった。本当によく頑張ったね。完結するのは寂しいけど、物語がどういう結末を迎えるのか次巻の発売が待ち遠しい。
★7 - コメント(0) - 2月25日

副題の通り、レティの反撃が始まりました! 今まで築いてきた関係性がレティを助けてくれる~胸が熱くなる展開です。そしてデュークとの再会、進歩です(笑)。次で最終巻、書きたいことを書ききってほしいです。楽しみにしてます♪
★31 - コメント(0) - 2月25日

物理的には何もなかったけど今までの二人から考えたらすごい進歩だよ!と思ったラスト前の1冊でした。濃かった、面白かった!後一冊で終わりなのが辛い。
★7 - コメント(0) - 2月25日

アストリッドに和み、メルディに笑う回でした。……っっってかもう表紙発表の時点で凄いテンション上がってたんですけどねぇっっっ手が指が!!! レティ可愛あああああ!!!!! そこで困惑するデュークもいい!! それがいい!! レティほんともくぁわいああああああ!!!!! にしても怒涛の展開でしたね! どれだけ手を尽くしてもゼノンは先を行ってるし反撃の手を休める暇なんてない。最終局面なことにもテンション上がるんですが、終わりが近づいて寂しくもある……あと一巻で収まる? 値上がり上等! とことん書き尽くしてほしい!
★18 - コメント(3) - 2月24日

「(物理的には)驚くほど何もありませんでした」にたどり着くまでのいろいろあった巻
★5 - コメント(0) - 2月24日

とにかく凄かったです。 いつもの事ですが、手を止めようと思っても、なかなか止まれません。 相変わらず、どんどん好きなキャラが増えていきます…。 そして、副題の示す物については、実は予想が外れました。 話自体がクライマックスなので続きが気になりますが、このシリーズをずっと応援してきたので、もうすぐ終わってしまうのは寂しいです。 次巻の展開としては、やっぱりお兄様の動向が気になります。 そしてデュークとレティの恋の行方も…。 個人的には、1巻を読んだ時に私が予想した様な展開になるのか、という点も楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2月23日

いよいよあと一冊、でもここのところ、敵さん(ゼノ)の姿があまりはっきりとは書かれていないのね。フリートヘルムの後ろばかりでちょっと苛苛
★7 - コメント(0) - 2月23日

シリーズ16作目。レティが各地で行ってきたことが、芽吹いてレティに返ってきたところがとてもよかった。次が最終巻ということで今からとても楽しみ。残る3席も誰になるか気になるところ。とても面白かった。
★15 - コメント(0) - 2月23日

クライマックス直前!どう作戦をたてるか!でも、立ちはだかるゼノン達(>_<) ハラハラドキドキさせられました 次回完結 楽しみです!!
★7 - コメント(0) - 2月23日

これまで築いてきた繋がりが前巻以上にはっきりと見えて、レティが王に就く前のまさしく集大成。こんな展開、胸が熱くなるに決まってます。レティの影響を受けた皆が皆格好良かった。そして表紙から期待していた恋愛面もついに。デュークよくやった! 直球のデュークと照れるレティに転がりました。引き戻してくれる仲良しコンビもかわいい。ゼノン打倒の糸筋も見えて、さあラスト。最後は歴代王の勢揃いも見たいなあ、終わるのは寂しいけど待ち遠しいです。
★15 - コメント(0) - 2月23日

反撃開始の16巻。レティサイドの味方集めにこれまでの道のりを思い出して感慨深くなったり、王都サイドの仲間たちのギリギリのリレーに信頼を感じて胸が熱くなったりした。表紙から期待したラブの気配は一瞬肩透かしを食らったと思わせてからのリテイクに萌え転がった。こちらもようやくここまできた・・・!って感じで最高。ああでも次が最終巻なのか。寂しい。そしてそれ以上に楽しみ!
★20 - コメント(0) - 2月22日

今までコツコツしていた事やレティが甘いと思っていた事が実を結ぶ巻でした。そして、甘くはありませんでしたが、ようやく、ここまで来たよ!ちゃんとお互いの気持ちをはっきりと確認出来ましたね。それだけでも、私は十分ですよ‼︎一緒に側にいる事だけが幸せなわけではないと思うから…デュークたちが想いを秘めて立場を守っても良いかな…と思った。
★7 - コメント(0) - 2月22日

ラスト直前。個人的にはレティは勿論なんだけど、小さな女の子たちが頑張っているかんだなぁと思いました。コルネリアもアイリーチェや、とてもよかった。レティが今までのことを積み重ねてきた結果だと思うと、ここまで長かったな、と思いながらも、はじめの頃からすれば、レティ自身にも変化は大きかったのだなぁと思いました。デュークとも、ラストどうなるのか…。最終巻、早く読みたいけど終わって欲しくないですね
★11 - コメント(0) - 2月21日

★★★★☆
★4 - コメント(0) - 2月21日

今、いちばん期待を裏切らないシリーズでした。おまけのショートストーリーが読みたいために、特典付きの本屋に行き、何周年記念ブックの為に積読覚悟でポイント目当ての本を買ったり。クライマックス直前なので、積んどいた前巻と今巻を一気読み!昂まりますね。紆余曲折のラブはやはり?ようやく?心配なさそうだけど、フリートヘルムお兄様が……不安が拭えません。上手いなあ。
★2 - コメント(0) - 2月19日

あぁ~続きがめちゃめちゃ気になる所で!てか、次で完結とか寂しいです><もっともっとレティちゃん達の物語が読みたかったです。是非とも最終巻の後でも外伝とかで続けて欲しいです!きっと番外編なんかは出してくださると信じてます。ちなみに、今回表紙とラストの甘さも良かったのですが、個人的お気に入りキャラのソレスくんに私は全て持ってかれちゃいました☆レモン受け取ってからのシーンはツボでしたぁ//////
★6 - コメント(0) - 2月19日

特別な力を持っていたとしても、それで困難の全てが解決できるわけでもなく…。それでも、レティの今までの努力と最善を尽くした結果が、じわじわ表れて纏まっていく感じが気持ちいい。すんなり解決するような問題ではないけれど…次巻最終巻、ますます楽しみです。
★8 - コメント(0) - 2月19日

表紙の貴方たち!カメラ目線じゃなくもっとお互いを熱く見つめ合っていいんですよ?気持ちを確かめ合うのもここまでか~。奥ゆかし過ぎw不器用だなぁww。今まで散々「現国王である父は何やってるのか!」と私は言い続けてきたけど、やっとやっと登場。でもレティの進言を受け入れただけの仕事なのね。いい人なんだけどな。そして、フリートヘルム殿下は何やら腹に一物あるような?最終巻での華々しい大逆転劇待ってまーす。
★43 - コメント(0) - 2月19日

今日はここまでにしよう、って何度もこらえようとしたけど、ダメでした。ああ~読み終えちゃいました。姫様とは思えない移動速度で各国と交渉をしていくレティ。離れていても意志疎通出来ちゃう第一席との絆。怒濤の追い上げを見せる物語。そんな中、注目は第五席。なんやかんやと大活躍ではないですか!(多分に妻たちの力かと)「待て!おい、どういう認識だ!?」とか「私が間抜けみたいではないか!」とか騒いでますが、騎士なんだし~仕事してもらわなくちゃね♪
★18 - コメント(0) - 2月19日

読了ーーー(*´罒`*)ニヒヒ♡ついに皆が動き出した。ソレスが合流し、コルネリアがグイードからの助言に従いフリートヘルムを怒らせ、国王陛下と軟禁、クレイグの脱獄など②クレイグも言ってたけど、軟禁されてても発揮されるグイードの頭脳は素晴らしい╭( ・ㅂ・)و グッ !国王陛下とコルネリアの救出が無事に成功、そしてデュークとの再開。ちゃんとしたデュークの告白(*'∀'人)♥*そして、国王陛下の声明発表。反撃の狼煙。 次が最終巻だということだけど、犠牲を出した中でも最善を尽くし て欲しい。
★19 - コメント(0) - 2月18日

何を考えてもゼノンに潰されてきたけど、やっと反撃だね!次回が最終巻かー。早く続きが読みたい!
★4 - コメント(0) - 2月18日

フリートヘルムとゼノンが起こしたクーデターに対抗する算段を整えはじめるレティ、そしてソルヴェールに残る彼女の騎士達も反撃の機を見い出し…! 16巻目でした。危機的状況を脱し反転攻勢の情勢に傾いていく今巻。多数のキャラの別個の行動が一つの道に繋がっていく展開がよいなぁ。ソレスとの再会からの流れが実に印象的であった。ソレスはいいキャラしてると思うんだが、いかんせん本編への登場が遅い席次が後方のキャラで、色々勿体ないと思う所なんだが、遊撃手というか放浪人というか自由人的なキャラ付けもあるし、仕方ない所か。
★6 - コメント(0) - 2月18日

やっとレティのお父様が出てきた。物語はクライマックスに向かって最高潮!!レティの騎士達もそれぞれに作戦を決行。今までレティが出会った人達が皆、レティの味方になって手助けをしてくれるのがとても胸が熱くなった。レティの人柄なんだろうな。まさか商人を騎士の一席にしたのがクーデターを予測してだったのがびっくり。ソレス王子やアナスタシアとの再会が良かった。次巻で最終回のなのが寂しいけど、初夏を楽しみにしています。クーデターの決着、レティのデュークの恋、残り3席の椅子は3王子で決まりでしょ。
★39 - コメント(1) - 2月18日

息つく暇もなく事態が進展していくのでつい一気読み。劇的な好転はなく、一進一退の情勢がずっと続くので、読んでるだけで消耗するという……最終巻はいろいろと仕込んであることが芽吹きそうで、どうなるのかなぁ
★7 - コメント(0) - 2月18日

クライマックス直前、不安のあまり読めずに積んどいた前巻と連続一気読み。ラブはやはり?ようやく?期待通りに進んでくれそうだけど、フリートヘルムお兄様が……不安が拭えません。グイードお兄様も心配してない訳じゃないのですが。残りの騎士の席もどう埋まるのか、名を残す軍師になりたい大バカ者がちゃんと成敗されますように。
★1 - コメント(0) - 2月17日

悪人に、反逆者になりたいわけではなかった。善意によるものなのに、それを悪意によって動かすゼノン。もう戻れない。分かたれた兄弟姉妹の行く先は、気高き王女に託された。どう転んでもこの兄弟は死ぬまで幽閉しかないというのが悪辣。
★3 - コメント(0) - 2月17日

次で最終巻か。ようやく巻き返して、とまではいかないが反撃の兆しが見えてきたかな。フリートヘルムの動きが気になる。やっぱり騎士候補かな?残りは王子三人だと思うのだけれど。レティの初心な反応のあとでどう恋が発展するのやら。キスくらいはするんだよね?しますよね?もちろん短編とかも出てくれますよね?今回レティの独壇場で他の面子はこまごまとした動きばかりだったな。でも最後にはつながって大きな出来事になる。ゼノンは殺されちゃったりするのだろうか。生かしてはおけないし、むしろ自殺くらいしそうだが。
★7 - コメント(0) - 2月17日

おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令の 評価:90 感想・レビュー:49
ログイン新規登録(無料)