ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!

ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!の感想・レビュー(42)

ドワンゴの様々な裏話と、川上会長の独特な考え方を知ることができる一冊。対談形式なのでまったりと読める。
★13 - コメント(0) - 2016年11月16日

★★★★ニコニコ動画やニコニコ超会議を手掛けるドワンゴの社長川上量生へのインタビュー。ゲーマーは実は頭がよいのでリアルで経営者を目指すべき、というところからスタートし、ゲーム好きな著名人(角川書店社長、棋士谷川浩司氏など)や、ドワンゴのニコニコ超会議スタッフなどを交え、話題は多岐に渡る。川上氏の豪快な人柄が面白く、ネット業界の熱さと勢いが伝わってきた。
★40 - コメント(0) - 2016年9月12日

川上会長の考え方を少しでも理解したくて読んだ。ゲームの話を交えながら各回様々なテーマについて話す。特にルールを疑ってみること、自分たちがサービスを作る上で触媒になるもの、コンテンツの定義…わかりそうでわからないものについては、読んでいて目を見開く感じがあった。岩田社長との対談も含めて、たいへん良い対談。何度も読み返したい。
★1 - コメント(0) - 2016年2月3日

川上とその仲間たちによる雑談集。
★3 - コメント(0) - 2016年1月8日

ゲームバランスも何も無い経営というゲームにゲーマーが耐えられるのかどうか…。自分の現況を考えつつ読了
★1 - コメント(0) - 2016年1月5日

なぜか最後の2章を残してずっと積んでいたんだけれど、ふと思いついて一気に読破。川上さんは(と言うより現代の著名な経営者全員に通じるのかもしれないけれど)やっぱり思考がユニークだ。会社を経営するつもりなんて全くないのだけれど、時々こういったビジネス書が読みたくなるし、読むと自分の中にはない考えに触れることが出来て面白い。web版にだけ任天堂の岩田社長(出版当時)との対談も載っているようなので、それも読もう。
★1 - コメント(0) - 2015年10月22日

【再読する】川上量生氏の問いの立て方とか、思考の粘りとか、常に考え続けている感じとか、「コンテンツとは」みたいな漠然としたテーマを自分の会社の方向に活かすことなど、すべてに「すごいなぁ」と。川上氏の「わかりやすい回答を徹底的に避ける」という姿勢は、すごく見習う必要あるなぁと。川上氏の言うとおり「わかりやすいものはマネされる」のだ。Googleの思想をこき下ろす感じも心地よい。かなり分厚い一冊だが、ものすごく考えさせる。絶対また読もう。(Kindle)
★2 - コメント(0) - 2015年10月21日

川上さんの人選が抜群に良いことと、テーマから外れてもそのまま進行をさせる4gamerの方針によって素晴らしい内容の対談集に仕上がりました。ドワンゴ初期のカオスな社内がよくわかって面白いです。岩田社長を迎えた最終回が収録されておらず残念ですが、未掲載の理由がきちんと説明されており好感をもてます。(Webでは読むことができます)
★2 - コメント(0) - 2015年10月4日

今やKADOKAWAを率いる川上量生さんが自身と様々な経営者などとゲーム遍歴を中心に話をするという変わったコンセプトの本。川上さんが経営者とは思えないぶっちゃけっぷりで、でも彼なりのポリシーも感じられて面白い。最後の方は将棋の谷川さんやSF作家など経営者以外の人との話も始まってもっと続いてもらっても良かったのになと思う。ファミコンを買ってもらえなかった子供がパソコンにのめり込んでよりマニアックな道に進むという法則は覚えておいた方がいいですね(笑)
★1 - コメント(0) - 2015年9月30日

このラインナップに、なぜか谷川先生・・ でもあえて真面目に、なぜそう思うのか?と考えてみたら、一人だけ圧倒的にリアル側の人間だからじゃないかな?と思い至った。 同時に、川上会長はやっぱり、ネット側の人なんだなあと、まあそれは当たり前だけど。 連載はだいたいwebで読んでいたはずだけど、改めて読むといろいろと発見があって、面白かった。
★2 - コメント(0) - 2015年9月20日

経営者が主にゲームについて話をする本。雑誌の特集をまとめてるので凄いボリュームでゲストも豪華で話題が幅広くて(池袋西武百貨店のゲームコーナー〜沖縄の政治的な話まで)面白い。「仕事の時間は仕事として割り切る」=「自分の魂と体を売る」ってのは一理あるなぁと思った。「若い子の人生で輝いた瞬間がゲームをクリアした時ぐらい」→「ゲームの中で成功体験するという話がウケる」てのもなるほど。
★2 - コメント(0) - 2015年9月13日

いわっちは載らないのか。地味に最後に少しだけでてくる嫁話が面白すぎるので今後期待したい
★2 - コメント(0) - 2015年8月15日

ゲームを通して身につく力もあると納得しました。川上さんの、よく分からないけど大局的には合ってる考えも面白い。
★2 - コメント(0) - 2015年8月2日

Kindleで180円だったので買ってみたらすごくボリュームがあって驚きました。ネットで見たり既に知ってる話もありましたが、電王戦や知財に関するテーマが特に興味深く面白かったです。
★2 - コメント(0) - 2015年5月30日

とにかく川上量生という人の考え方がおもしろい。また初期ドワンゴの話には嘘みたいな凄みがある。(廃人ゲーマー採用とか)その他印象にのこったこと(大意)・コンテンツとは「わかりそうで、わからないこと」・Googleなどが進める合理化、非人間化に対抗する・議論は無駄
★2 - コメント(0) - 2015年5月29日

2015年53冊目、85点。今年読んだ中でもトップ5に入る面白さ。本文2段組で500ページを超える大作。ゲームを中心にニコニコ動画、コンテンツの未来。この本を読むと、本当にこの人の底知れぬ頭の良さを感じる。長いけど、変な自家啓発本を買うなら絶対こっち。
★2 - コメント(0) - 2015年5月22日

今読んでいるみんな最新5件(9)

01/25:えみぃ
07/23:tomok
05/26:紗々

積読中のみんな最新5件(7)

01/09:OrdinaryGuy
12/20:さるロゴ
11/16:Tenouji
10/20:yosida95
09/16:今川哲矢

読みたいと思ったみんな最新5件(25)

11/29:f
09/15:Pontmercy
05/07:ロッキー
ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!の 評価:76 感想・レビュー:16
ログイン新規登録(無料)