ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション (中) (メディアワークス文庫)

ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション (中) (メディアワークス文庫)
あらすじ・内容
「ああ、あのマンションね。──赤い服着た女の子の幽霊、出るんでしょ?」  ホラー小説レーベルの編集者・西任結が子供のために引っ越したマンションでは、子供たちが奇怪な事故に巻き込まれ、二週連続で亡くなった。自分の子が巻き込まれるのでは……と徐々に高まっていく住人たちの不安。そんな中、霊能者にお祓いを依頼するか どうかで住人たちの意見は割れていく。だが事態はさらに悪化し、そしてついに──。  夜中に子供がドアをノックしても決して出てはいけない。マンションでの奇妙な掲示や赤い着物の流し雛の慣習など、謎はさらに深まっていく……。

あらすじ・内容をもっと見る
226ページ
256登録

ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション 中巻はこんな本です

ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション 中巻を読んだ人はこんな本も読んでいます


ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション 中巻の感想・レビュー(169)

子供の連続死具合が予想以上にエグいwww 著者のツイッターと併せて読むと恐怖も倍増だぜwww 最初一番記憶に残った「子供がノックしても・・・」の張り紙、現象としては出てきてるけど貼った人の意図が気になる!夢人介入で次はいよいよ真相解明かー。どんな鬱がもたらされるか楽しみ☆
- コメント(0) - 1月5日

★★★
- コメント(0) - 2016年8月31日

このマンションはおかしい。おかしいと思ってもいざ、お祓いとなると周囲の目もあるし費用の問題もあるし管理組合での騒動も納得のいく展開である。しかし犠牲者が出過ぎで、出来れば早く出て行きたい。 夢人さん、介入が遅すぎやしませんか?
★2 - コメント(0) - 2016年8月28日

ノロワレシリーズ外伝中巻。次々と死んでいく子どもたち。ドアの外の、赤い何か。マンションの管理組合や除霊業者も加わり、徐々に広がっていく怪異。結たちに忍び寄る悪意にハラハラしてしまいます。早く夢人に頼って…!という願いが叶ったところで次巻へ。さて、事件の真相とは??
★11 - コメント(0) - 2016年8月26日

#甲田学人 #ノロワレ #怪奇作家真木夢人と幽霊マンション #読書 #読書倶楽部 #読書記録 #2015年6月25日第1刷発行で読みました #★★★☆☆ * 『もし深夜に子供がドアをノックしても、絶対に開けないで下さい』  #ホラー小説レーベルの編集者・西任結は、 #子供の喘息を憂い地方への引っ越しを決めた。 #だがそのマンションでは奇妙な出来事が多く起こる。 #川に浮かぶ幾つもの紅い流し雛、 #不自然に多い空き部屋、 #「よそ者は出て行け」と怒りを露わにする老人、 #そして掲示板に貼られた謎の掲示――。
★1 - コメント(0) - 2016年8月21日

夢人の「人間が生きるというのは、幸福追求そのものであるべきだ」という言葉が意外だった。この言葉が本心なら、夢人は、死ぬ方法を見つけることが最大の幸福だと感じているのだろうか。本編で、夢人が死ぬ以外で幸せになる結末を望むけど、無理そう…
★1 - コメント(0) - 2016年8月11日

【3.7/5.0】怪異は次々に子供たちを襲っていく それに伴い生駒家や管理会社とのトラブルも激化 住民たちが強行策に出るが…… 結親子の周りにも影が迫る! ゾクゾクとした恐怖を感じながら下巻へ続く
★1 - コメント(0) - 2016年8月8日

あっという間に読了! 話を進める事に事態は深刻になっていきます。そして、原因のわからないねっとり感がとても怖い。でも夏にぴったりな作品だと思います!下巻にも期待!
★1 - コメント(0) - 2016年8月4日

【○】中刊から読みました。ライトノベルチックな表紙ですが内容は違います。本当にどこかの心霊マンションでありそうな怪異と、その怪異の標的が子供という陰惨なストーリーです。行間があるので、さくさく読めます。
★3 - コメント(0) - 2016年7月3日

次々とマンションで犠牲者が出てきます。読んでいて、違う意味でもハラハラしました。さらっと読めます。
★6 - コメント(0) - 2016年6月18日

★★★★★短いのであっさり読みましたが、ホラーとしては不安と恐怖がみっちりです。どうか無事に終わって欲しいと思いながら、下巻へと進みます。
★3 - コメント(0) - 2016年6月12日

aoi
遂に続刊情報出たと思い調べたら中巻だった時の衝撃。甲田さん育児大変なんだなと悟った。さて、上巻で顔面血だらけになったが命を取り留めた竜馬くん。中巻では彼だけでなく大和くんまで……。Twitterで「外伝は本編の″いのちをだいじに″法則は除外」と言ってた通り遠慮なく犠牲者続出でした。もうやだこのマンション。406号室の生駒宅の謎はさらに高まるばかりだし、引っ越ししてからの最初に亡くなった松野幸彦くんの父、淳一が呪いの背景知っていそうな雰囲気。下巻でやっと夢人が動くようなので期待。もう子ども死にませんように。
★11 - コメント(1) - 2016年5月27日

夢人の出番かと思いきや次に持ち越し。こどもが何人も死んでお祓いも失敗。原因もわからないままただ呪いの連鎖は続いていく。布団から腕が…のところが有りがちだけど怖くて仕方なかった。 夢人がこれをどう収拾つけるのかに期待。
★5 - コメント(0) - 2016年5月22日

あああ…108号室のノックの真相がやるせない…
★2 - コメント(0) - 2016年5月21日

次々と不可解な子供の死に方が起こる中、お祓いをすることにしたマンション住人たち。しかし祈祷師が消えてしまう。ようやく夢人が介入する。下巻が楽しみ。
★6 - コメント(0) - 2016年5月17日

どんどんひどいことになって「いのちだいじに」とはなんだったのか……ってつまりこういうことか……となる中巻だった。夢人に調査依頼する踏ん切りがつかないのは分かるけど、実際調査して貰ったところで解決するわけではないというのがね。
★1 - コメント(0) - 2016年5月16日

外伝の中編。物語自体は混迷していくけど解決せず。なんか繕異奇譚を思い出す雰囲気が。読み終わったのは半年近く前だから結まで長かったんだな~。
★3 - コメント(0) - 2016年5月7日

上巻に続いてマンションで起こる怪奇現象と子供の死。ここにさらに新たなキーになるものが現れて...。最終巻で夢人がどう解決(収束?)させるのか、気になります。
★1 - コメント(0) - 2016年5月3日

下巻がでたので再読。
- コメント(0) - 2016年4月28日

どんどん増え続ける怪奇現象と子供達の死。下巻でやっと真木が動き始めるのかな?
★5 - コメント(0) - 2016年4月27日

張り紙の文言からして絶対やるぞと思ったら本当にやったよ。しかしやっぱり「子ども」に焦点が当たってるのがなんとも怖い 星三つ
★2 - コメント(0) - 2016年4月25日

幽霊マンションと呼ばれるマンションに住む唯は若くしてホラー作家になった夢人に今のマンションの実情を話すと甚く彼の興味を引いてしまった。そんな矢先、またしてもあのマンションで不幸な事故が起きてしまう――次々と子どもが謎の死を遂げるいわくつきマンション、中
★1 - コメント(0) - 2016年3月30日

前回の続き。てっきり後編かと思いきやまだ中編でした…。しかも物語は悪い方に進むばかりで解決には向かっていません。ミステリーというよりホラーだと思うので悪いことではないと思いますが。霊媒師?や孫のところが特に怖くて、最後のドアのくだりが悲しかったです。今回も小さい子が沢山死んでしまいました。次こそ後編、ようやく夢人も動いてくれるそうなので楽しみにしています。
★3 - コメント(0) - 2016年1月15日

図書館。ホラー小説レーベルの編集者・西任結が子供のために引っ越したマンションでは、子供たちが奇怪な事故に巻き込まれ、二週連続で亡くなった。次は自分の子が巻き込まれるのでは…と徐々に高まっていく住人たちの不安。そんな中、霊能者にお祓いを依頼するかどうかで意見は割れていく。だが事態はさらに悪化し、そしてついに―。奇怪な掲示や赤い着物の流し雛の慣習など、謎はさらに深みを増していく…。
★8 - コメント(0) - 2016年1月10日

怪異現象なのか、人為的なものなのか、引っ張るなぁ。マンションに住んでいて怖いなとか思っちゃうよ。夜中に読むものじゃない(笑)作者さん的な人の悪意もすごく感じるし、そっちの部分も面白い。結論が、落ちが楽しみです。
★7 - コメント(0) - 2015年12月10日

西任結が息子と入居したマンションで、次々変死する子供達。シングルでの子育てと仕事、息子の健康と環境でギリギリの折り合いをつけて選んだ物件。できれば再転居は避けたい結に対する、真木夢人の助言が意外に現実的。不確かなモノを恐れて逃げ回るために、仕事や生活を棄てて貧困や不自由に陥るのも『呪い』と同じ。だから、知ることが大事だ。……まぁ、夢人は、本当に呪われたら居住地を変えたって無駄、と知ってるから(汗)。マンション住人の家族ごとに、事件へのスタンスが違うので把握が大変。最後の最後に、夢人が事件に介入して下巻へ。
★2 - コメント(0) - 2015年12月6日

non
いやぁ~>_<~怖い……読んでて、ドアの前にいるんじゃないかと思ってしまう…唯ちゃん、早く助けを読んでって思いながら読んでました。それにしても、何が原因で誰がこんな事を?って気になる…
★3 - コメント(0) - 2015年11月22日

んーー、「中巻」にする必要ある?多分下巻も同じくらいのページ数なんだろうから、前後巻でいいんじゃないの?とか思う。 物語的には、だんだと確信に近づいているようなので、早く下巻を読みたい。 サブタイトルに名前が出ているのに主役じゃない話は初めてだな(^^;)
★1 - コメント(0) - 2015年11月22日

ゾワゾワっとした恐怖が良かった。ホラー小説はヒーローが出てこないから、スッカとした結末は無理だろうけど、物語の幕を引くはずの夢人にはそれなりに期待したい。★★★★★
★11 - コメント(0) - 2015年11月21日

子供がどんどん死んでいくのは悲しい。中巻ということなのですっごいモヤモヤする。早く続きを・・・!!
★2 - コメント(0) - 2015年11月13日

偶然でかたづけられないこともあるけど信じられないよな。 ただただ、不条理だな。
★1 - コメント(0) - 2015年11月6日

流し雛をやってないけど流れてくるって…あの孫が流してるの?淳一は何に気付いてる?子煩悩の父親達も他人事ではないというのは何?克己が上巻で見た幻視?と関係あるのか?という感じに謎は深まるばかりだけど…続き待ってます先生。夢人の「何もしないまま、何も知ろうとしないまま、何もかも投げ捨てて逃げだしたら、負けになる。」という言葉、好き。こいつ割と良識吹っ飛んでるなとか麻痺させてるなってキャラが結構真理を突いて来る、この感じが私はとても好きだ。
★19 - コメント(0) - 2015年11月4日

まさかの中巻で愕然としました。結末を先延ばしされてすごいモヤモヤする。ノロワレって本来は人が死なない作品だったはずなのに夢人メインのスピンオフだからばんばんと犠牲になってます。それも幼い子供たちが。夢人はこれを蒐集するのでしょうかね。下巻はたくさん活躍してほしい!電撃文庫のほうも続編待ってます。
★3 - コメント(0) - 2015年10月31日

久々に本を読んだ・・・。 それはともかく、ノロワレでも外伝のせいでどんどん人が死んでいく。 しかも犠牲者が子供ばかりなのがちょっとキツイ。 最後にようやく夢人に依頼とかちょっと遅いけど仕方ないか。 個人的には途中で「あの流域で流し雛はやっていない」ってところでビクッとしてしまいました。 下巻でどういう結末を迎えるのか怖いけど楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2015年10月21日

わかっていたけどそこで! 深化する事態、お祓いが更なる引き金になったのかそれとも。 子供好きといわれる爺さんは、やはりそういう意図でのいやがらせだったのか? あの子があの時あけていたら助かったのか、それとももろともだったのか・・・ もはや転がりだした事態をどう彼はしていくのか
★3 - コメント(0) - 2015年10月19日

なんだかいつにも増して文が荒れている気がしました。ちょっと読みにくい。夢人が動き出したところで終了でしたが、彼が動いて丸く収まるわけがないので、下巻もしんどそうです。
★4 - コメント(0) - 2015年10月17日

まさかの上中下巻しようだった。怪しい人がまた出たり、マンション住民の軋轢っぽいものもわかったりした巻でもあった。大和くんが襲われるシーン、甲田節が炸裂して怖い。ドアを叩かれても開けないようにしないと。とうとう夢人が動き出す次巻。どれだけの理不尽が存在するのか。
★5 - コメント(0) - 2015年10月17日

え?中??上下巻じゃないんかーーーーい!!と。 かーちゃんが早く依頼してたらこの巻なくても良かったんじゃね?と思いつつ…一気に怖い描写がきてビクビク。どうなっちゃうんだろ?
- コメント(0) - 2015年10月15日

まさかの上中下だっただとは(´・ω・`)続きが早く読みたいです。大和くんの逃げ惑う姿がかなり想像できて・・・怖かった、この方のこう云うホラー演出は独特の雰囲気があって毎度ぞわぞわする。
★10 - コメント(0) - 2015年10月15日

三巻構成ってまた随分とページをもらったんだなあ。話はあんまり進んでないし。てっきりすぐさま夢人に依頼の運びになると思ったのにそんなことはなかった。うーん、本来すぐ依頼になって調査と怪異が並行して解決のハズが何らかの理由で伸ばして構成も変わった? うがち過ぎかな。とりあえずこの間の主人公は夢人でも編集者の人でもなくマンション住人全体だな。ホラーの主人公って要するに理不尽な目に合う人って事だけど、どうもなんかマンション住人も無辜の被害者という訳でもないみたいで……。『断章のグリム』みたいな推理要素もあるのかな
★7 - コメント(0) - 2015年10月14日

ノロワレ 怪奇作家真木夢人と幽霊マンション 中巻の 評価:74 感想・レビュー:73
ログイン新規登録(無料)