魔法科高校の劣等生 (18) 師族会議編 (中) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生 (18) 師族会議編 (中) (電撃文庫)
あらすじ・内容
将輝に『婚約』を申し込まれた深雪。
彼女が通う魔法科高校に、意外な人物が現れ……

 世界中の魔法師が注目する師族会議は、何者かによる自爆テロによって幕を下ろした。この残酷な計画は、死体を操る魔法によって引き起こされていた。この魔法を手がかりに、企てた黒幕を追う達也。世論では、この事件によって、魔法師を糾弾する『人間主義』の勢力が日々拡大しつつあった。
 そして、
「四葉家の司波達也殿がお前と同様、十文字殿の下で捜索に加わる。将輝、意地を見せろよ」
 そう一条剛毅に発破をかけられた将輝は、『テロの黒幕』捜査メンバーである達也に対抗するように東京へ向かうのだった。そして、深雪に『婚約』を申し込んでいる将輝は、思い掛けない手を使って深雪にアプローチを試み……。
 一方、絡まり合う人間模様と、日々悪化していく社会情勢の中、ついに『黒幕』の手掛かりを掴んだ達也。しかし彼の前に、思わぬ『第三の勢力』が立ち塞がる……!

あらすじ・内容をもっと見る
328ページ
913登録

魔法科高校の劣等生 師族会議編 (中) 18巻はこんな本です

魔法科高校の劣等生 師族会議編 (中) 18巻の感想・レビュー(779)

表紙の将輝の表情が何とも言えない…深雪の隣に絶対に兄様いるだろ…頑張れ…。魔法師を取り巻く世論とか世間とかは、見る目が違うとこうなる、てのが良く描かれているように感じる。しかしやっぱり読んでて楽しいのは、そういうのと関係なく、学生としての彼ら彼女らなんだよなぁ。
★5 - コメント(0) - 3月6日

3/5従兄妹として婚約したことで逆に深雪が弱気になっているところが意外で面白い展開だなぁと思った。もっと能天気に喜んでますますベタベタするのかと思っていた。でも確かに妹の方が消せないつながりではあるもんね。深雪は詳しいやりとりしらないし。
★1 - コメント(0) - 2月26日

登場した時よりだんだん将輝がヘタレになっていく。
★13 - コメント(0) - 2月26日

深雪は四葉家次期当主に指名され、達也が婚約者となったことで世間的にも達也に対しても言動や行動に制限がかかって考えすぎているように思う。それによって達也との関係もぎこちなくなってて苦しそう。前巻で懸念した通りグ・ジーの策略により魔法師排斥運動が活発化し、魔法科高校の生徒にも被害が。 巻の最後にはついに深雪達にも被害が及び…?これは達也の逆鱗に触れるだろうな。そうなった場合の矛先は人間主義者は当然としてグ・ジーの捕獲の妨害をしたUSNAにも向くかな?更なる関係の悪化とリーナとの関係性にも影響があるかな?
★3 - コメント(0) - 2月25日

まぁいろいろ設定というかプロ市民の登場とか思いつくものだ。今回も面白かったですがもう18巻なのにいまだに達也が魔法力は低くても強いというか「劣等生の理由がいまだ理解できていない自分は連載もまもなくゴールと聞き焦る。
★7 - コメント(0) - 2月10日

寿和の思慮の浅さに違和感がある。いくら急を要するとはいえ、組織の一員として自分の行き先を同僚に知らせるくらいはすべきだろう。この場合は事情を知っており、懸念を伝えてくれていた藤林さんには連絡を取るべきでは。思慮が浅いと言えば、泉美もなんだかなぁ。少女らしい潔癖さはこれまでにも描写されていたが、年齢と性格を考慮しても少し状況判断が甘すぎるような。それにしても達也は過去だけでなく未来まで観られるようになるのだろうか。…なるんだろうなぁ
★5 - コメント(0) - 2月10日

師族会議の九島家退場、対四葉、テロ襲撃の結末より。
★3 - コメント(0) - 2月5日

なんか最後に砂糖吐く展開が待っていたwww みなみちゃんは描写なかったけど無事だっただろうか笑
★2 - コメント(0) - 1月24日

前々から思っていたことだけど、反魔法士運動の雰囲気が、現実の活動家の運動そのもので苦笑い。
- コメント(0) - 1月3日

十師族を狙ったテロの実行犯を見つける(制裁を加える)任を与えられた達也が十文字、七草、一条とも共闘しながら犯人を追いかける。 一方、高校生活ではテロ事件時に魔法師が無傷だった事を言いがかりに人間主義者を中心とした世間の目が、段々と魔法師を非難する方向に向かっていく。 黒幕の顧 傑があまり黒幕ぽくない態度(結構焦っている描写があったりする)なので、結局達也の一人勝ちになってしまうのではと、なんとなく想像してしまう。
★2 - コメント(0) - 1月3日

読了。第18弾という事で、師族会議編中巻です。師族会議を狙われた十師族は顧傑を無力化させる為に達也と将輝そして克人が動き出すことに。これまでにも反魔法主義者の活動については描かれていましたが、前巻の自爆テロに対する十師族の対応により本格化し、その手が深雪達へと及んだ所で終わったので次巻が楽しみです。深雪と達也が四葉直系だと判明し、反魔法主義者の活動に第一高の空気は重いものでしたが、バレンタインイベントは息抜きに丁度いいものでした。エイミィのロリ化が激しいな。
★2 - コメント(0) - 2016年11月6日

去年のバレンタイン(主に七草先輩)の回想で苦笑が。師族会議はテロによって幕を閉じた。その主犯確保の命を受けた達也は、同じ指示を受け取った将輝と追撃に入る。勢力図的には今までで一番ややこしいパターンか。それぞれが独自の思惑を持ちすぎてこれ達也達とUSAの共同戦線は事実上不可能に感じられて厄介だぁ……。あとどこだかで珍しく達也が焦ってるシーンがあったからそれだけ状況がきついんだと痛感した。人間主に関しては……まぁ古風な考えを捨てられない人、って思えばまぁ……?(当たり障りのない認識に抑える)。次も楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2016年10月17日

REV
[BW] 周公瑾の黒幕と、彼が引き起こしたテロの影響が!
★2 - コメント(0) - 2016年10月2日

テロに対するマスコミ対策など、裏でも活躍してる師族たち。 黒羽の双子も大活躍。 テロの首謀者だけでなく、USNAも相手取ることになり、大変。 メンツに拘らなければ犠牲者も少なくすんだんじゃないかと思うけどなぁ。 千葉兄が心配。。。
★21 - コメント(0) - 2016年9月13日

自爆テロの黒幕の陰謀もあり、魔法師たちが日本全国で非難の対象となってしまう。分かりやすい扇動ですが分かりやすいからこその陰謀かなと。そして深雪は自身の婚約者という立場になったからこそ、逆に積極的なアプローチを控えるようになり、それをいいことに、というべきか、七草や一条の思惑も絡み合ってくる。複数の勢力が一挙に動くのでやや目まぐるしいか。そして最後の展開では深雪がピンチに陥る。一般人らの暴行に魔法で耐えることは世論的に難しい、果たしてどうなるのか。
★6 - コメント(0) - 2016年9月6日

前回の続きで爆発テロが起こってから。なんか大変なことになってきてはいるが、とりあえずバレンタインイベントはニヤニヤしました。
★7 - コメント(0) - 2016年8月31日

中巻って感じだった。これからの準備巻ですな。しかし、そろそろ魔法科高校の「劣等生」というタイトルにそろそろ違和感が隠せない。
★1 - コメント(0) - 2016年8月15日

自爆テロの黒幕捜索。そして反魔法主義者に魔法科高校生が襲われる。
★4 - コメント(0) - 2016年8月5日

時間がないので感想はそのうち。
★4 - コメント(0) - 2016年7月24日

ほのかちゃん可愛いので良かった。
★2 - コメント(0) - 2016年7月21日

一般人の定義とは?魔法師への弾圧の流れがどう終結するのか期になります。一条君が加わったはずなのにさほど盛り上がらず、そしてラストのあの展開。お兄様早く来てください。
★12 - コメント(0) - 2016年7月17日

バレンタインのやり取りは面白かった。 なんだか話が重くてしんどい。
- コメント(0) - 2016年6月9日

稲垣さん、大丈夫やろか……… 相変わらず、達也最強物語で安心(´・∀・`)
★5 - コメント(0) - 2016年6月7日

世界中の魔法師が注目する師族会議は、何者かによる自爆テロによって幕を下ろした。この残酷な計画は、死体を操る魔法によって引き起こされていた。使用された魔法を手がかりに、黒幕を追う達也。そして、「四葉家の司波達也殿がお前と同様、十文字殿の下で捜索に加わる。将輝、意地を見せろよ」そう一条剛毅に発破をかけられた将輝は、『テロの黒幕』捜査メンバーである達也に対抗するように東京へ向かう。深雪に『婚約』を申し込んでいる彼は、思い掛けない手を使って深雪にアプローチを試み。
- コメント(0) - 2016年6月1日

話が進まないなあ。 さすおにほしい。
★48 - コメント(0) - 2016年5月28日

深雪ピ~ンチ!Σ( ̄□ ̄;)十師族襲撃を皮切りに強まった反魔法勢力からの弾劾。黒幕顧傑捜索、マスコミ対策、それぞれの思惑絡め奔走する十師族。USNAと七賢人も暗躍するなか十文字家克人の下、探索に達也と一条将輝も。顧傑は四葉復讐に向けとある人材に目をつける。達也の活躍が増えてきました!( ☆∀☆)顧傑争奪戦の決着はいかにして終息するのか。さぁ下巻読むぞ~(*´∇`*)
★11 - コメント(0) - 2016年5月9日

なかなか話が進まない。複数の勢力でてんで違う行動をしてるから捜査進まない。一条が一時的に第一高校で学んでるが深雪が何にも反応しないし事件にも絡まないから可哀想。一方の真由美は達也と少しだけ近づいて少し意識させることに成功してるのに。終盤での千葉刑事と深雪たちが心配。特に千葉刑事の死亡フラグが。人間主義者が暴れてるけど魔法師が多少の偏見とやっかみがあったとしても女子供を大勢の男が囲んで暴行を加えようとしてるのは世間的にも怒りの声が上がりそう。世論が魔法師擁護に逆転しそうな悪手だし暴れたいだけなのだろうか。
★9 - コメント(0) - 2016年5月6日

前巻と同様、魔法バトルの盛り上がりにかける今作。展開も遅いし正直物足りない。一条くん参戦で期待したのに、そもそも戦闘に絡まないとは……捜索チームの意義とは??いわゆる「さすおに」展開も薄く、読み終えてみると終盤数ページの印象が強すぎて、前半は殆ど思い出せない。千葉警部といい深雪ちゃんといい、バッドエンドないし災難の予想がつくので心配だ。次巻はもう少し派手な描写がほしいなあ。
★4 - コメント(0) - 2016年4月27日

お兄様無双魔法学園物語の18冊目。顧傑捕獲の為に、十文字克人指揮の下十師族の捜索隊が動き出す話。まぁ、中巻という事で大きな盛り上がりは無し。ただ一条の期間限定での天候や、真由美急接近など恋愛模様は色々と変化し始めたので結構面白かったです。一条は頑張ってるけど、あまりにも勝ち目なさ過ぎて既に哀れな感じがしますね(苦笑)反魔法主義の人間たちの動きが派手になったところで、今回は終了したけど果たして今後どうなるのか。下巻は爽快感のあるさすおに展開を期待してますよ。
★94 - コメント(0) - 2016年4月23日

このシリーズの結末が非常に気になる。お兄様の望みは叶うに違いないと思っているのだけど。とりあえず七宝くんは俳優になるのか~、いいね!
★18 - コメント(0) - 2016年4月16日

再読。一巻丸々使った、顧傑の逃亡編。十文字克人率いる十師族の捜索隊と四葉家の隠密隊、それと警察による捜索が続いて下巻へ。顧傑の思い通りに反魔法師団体の運動が活発になり始めたのはバレンタインの翌日。そのバレンタイン当日には、1ヶ月の期限付きで転入した一条や思いがけない相手(エイミーとか)から貰った達也の人気に、やはり主役だなという感じがした。深雪一団の安否と、寿和•稲垣コンビの安否はいかに!?
★6 - コメント(0) - 2016年4月8日

死体を操る魔法師との追跡劇とそれに絡んで一条が第一高校へ転校してきて、美雪にまつわる恋愛に変化が?と思ったけど、 一条の空回りで終わりそう(^^; 十師族のしがらみが多すぎて、達也さんTUEEEE!な展開にならないのがもやっとするなあ。
★4 - コメント(0) - 2016年4月4日

★★★ ここまで長い割にあまり面白みが感じられない。 下巻ではすっきりさせてくれるのだろうか。
★3 - コメント(0) - 2016年3月29日

登録はなぜか今ですが18出た当時の15年11月付近読んでいたはずです(登録忘れ?)成長が感じられる場面と動きが制限されている場面と、十師族会議を狙ったテロ。もやっとしながらも次19巻へ
★5 - コメント(0) - 2016年3月25日

七宝くんだいぶ成長したなぁ 話のほうはもやっとする感じですがちょうどいいところで終わりました
★3 - コメント(0) - 2016年3月25日

バレンタインの時の雫の行動が可愛いすぎた
★3 - コメント(0) - 2016年3月24日

なんかすっごいラブコメしてる!!!達也すごく人間ぽくなってきてるし!
★5 - コメント(0) - 2016年3月23日

最初の頃に比べて、登場する魔法の種類が少なくなってきたと思う。 何か話が魔法から遠ざかって完全恋愛物になりつつある。
★4 - コメント(0) - 2016年3月23日

18-19巻一気読み~ ああん、テロなんぞ襲う方が有利なんだし、魔法師側に犠牲がなかったからって見殺しにしたってのはずいぶんな言い草だなオラァとか思いまちた ̄Д ̄) 政治的なアレコレのおかげで達也サマーの動きが鈍いったらあらしない、いっそのこと京都もろともにバースト!!!と思ったのはかなりいるはずと確定間違いなし そのうえ・・・貴重なJKになんて事を・・・達也先生、次回に必ず必殺人をお願いします(19巻に続く
★5 - コメント(0) - 2016年3月19日

一条が一時転入みたいなかたちで一高へ。バレンタインも絡み兄妹を取り巻く人物関係も進展を見せ…たのだろうか。いや、ないか。司波兄弟の絆が強すぎてどう転んでも他者には勝ち目が見いだせなくてなぁ(笑)まあその方が安心して読めるからいいや。しかしバレンタインでようやく学園モノということを思い出した。そう考えるとこういう要素も必要なのかな(笑)本筋は本格的な捜査・追跡開始もさほどの進展はなし。しっかし七宝くんは別人みたいになっててびっくり(笑)
★7 - コメント(0) - 2016年3月16日

魔法科高校の劣等生 師族会議編 (中) 18巻の 評価:42 感想・レビュー:196
ログイン新規登録(無料)