ただ、それだけでよかったんです (電撃文庫)

ただ、それだけでよかったんです (電撃文庫)
280ページ
2285登録

ただ、それだけでよかったんですはこんな本です

ただ、それだけでよかったんですの感想・レビュー(1064)

スクールカーストを題材に一人の少年の死から辿られてゆく真実とラストの哀しさには涙が止まらなくなってしまった。 自分も友達もなく教室で一人だった経験があるが故に菅原拓についつい肩入れして読んでしまった。 最後に校長が他人を頼らなかった君が悪いと拓を攻めたけれど、教育者が全責任を子供に負わせる姿に吐き気を覚えた。 『ただ、それだけでよかったんです』最後に拓から吐き出されるこの言葉は本当に辛いものがあった。
★3 - コメント(0) - 3月26日

タイトル通りに主人公が最後のシーンで気持ちを吐き出した所で心を動かされました。
★2 - コメント(0) - 3月25日

電撃文庫の新人賞で大賞を取った実力は本物で、読んでいて感情を揺さぶられることが多かった。あらすじも含めて、序盤で与えるインパクトが大きいが、その導入に見合う結末を書けている。文章もうまかった。ただ、どうしても最後のオチは納得できなかった。構造的に凄く綺麗になることは分かるし、驚かせるけど……。でも、書かない方が良かったのではと個人的に思う。
★4 - コメント(0) - 3月16日

読了。構成がすごいよかった。情報の広げ方が、秀逸で見事に誘導されていた。キャラの掛け合いとか、地の文はあまり好みではなかった。内容(テーマ)自体も、あまり好みではなかった。駄目というわけではなく、好みの問題だと思う。
★4 - コメント(0) - 3月14日

第一に感じたのが、姉が原因究明に乗り出す割りに淡白だなぁと思っていたら、そうゆうこと。あとは、まぁ学生の頃にこれを読んでいたら、もうちょい思うところもあったかもしれない。
★4 - コメント(0) - 3月12日

誰からも好かれていた少年の自殺の真相ということがこの物語のテーマですが、その学校で採用されていた「人間力テスト」が一番印象に残った。就職活動などでもコミュニケーション能力が最重要視されたりと人と円満に関わることが求められている。でも、だれからも好かれるということは、癖とか特徴がないこと。ある意味上辺でのお付き合いが上手なこと。高校生同士で点数をつけ合って、数値化して順位を付けるこのテストは受けたくないと思ってしまった。
★11 - コメント(0) - 3月11日

献本で当たった本がやっと読めました。よく広告を見かけてたので読みたいと思ってました。あらすじからして重々しい話だと思ってましたが読み終えた今、複雑な心境です。人間の内面を見させられて少し疲れました。何が正義で何が悪なのか正直よく分かりません…。登場人物の環境が原因で起きてしまったのはしょうがないと思ってしまう自分がいます。話には引き込まれました。正直、ラノベってよりMWのような文庫本って感じがしました。挿絵入らないと思いましたが最後の見開きは必要だと思いました。いろんな意味で衝撃を受けた作品でした。
★8 - コメント(0) - 3月9日

冒頭からグッと引き込まれた。最初から最後まで引き込まれ続け、ほぼほぼ一気に読み切った。いろんな展開や結末を予想し、また新たな展開や結末が浮かんでは消え、この物語の終幕はどこに到達するのか、猛烈に興味を惹かれました。反面、読後感は苦々しい、釈然としないものを感じてます。今後、一段と自分の中でこの物語を噛み砕き、浸透させていく必要がありそうですが、そこに残るものはやはり苦々しくなりそうです。
★52 - コメント(0) - 3月9日

早く真相を知りたくて一気読み。起こった出来事は大体想像した通りでしたが、なぜそれが革命になるのかが分からず、最後まで読んで、なるほどね、と思いました。面白かったのですが、男子生徒K側の心理的葛藤や、自殺を選ぶまでの内面がSの一人語りで語られるだけでブラックボックスなので、なんとなく釈然としないものが残ります。面白かっただけにちょっと惜しい。追い詰められて狂っていく人間の内面を描写するのは「乃南アサ」が秀逸。ラノベが物足りない方はぜひ乃南アサの「しゃぼん玉」を読んでみてください^^
★12 - コメント(0) - 3月9日

3/5点。 青春小説として見れば文体が非常に軽く中学生の心情を捉え切れておらず、同時代性でいえばLINEとチャットを同時に登場させて区別をつけられない点で既存の作家に著しく劣る。ミステリー要素は謎が謎を呼んでいる(悪い意味で)。 ラノベでも一般文芸でもないこの作品は何なのだろうか……。 しかし、少なくとも読了できるほどの求心力はあったし、粗さも作風として許容できるのが青春小説の良さなのでこれはこれで良いのかもしれない。
★2 - コメント(0) - 3月3日

電撃文庫よりも角川文庫とかで出せばよかったんじゃないかと思う。電撃だから大賞とって出版されたのかとも。
★2 - コメント(0) - 2月28日

ラノベは嫌いではないが、やはりラノベはラノベなのかな。現代において問題となっているイジメ問題と、他人の顔色を窺う若者とを主題とするのは良い試みに思えるが、いかんせん登場人物のラノベ風の語り口や思考と、途中に挟まれるイラストが絶妙な違和感を醸し出しており物語に感情移入できない。主人公の革命の〆の手段も短絡的であり、何故そこだけ等身大の中学生にしてしまったのだろうか。イジメという問題を扱う割には奇妙なポップさが窺え、そこがラノベの弊害なのだと感じた。
★6 - コメント(0) - 2月28日

面白いとか楽しいという枠からはみ出しすぎでしょ!だけど読ませる内容でページを捲るのを止められなかった、てかよくぞこれを電撃で出したね最近の電撃は冒険心が強いっす。イジメがテーマなんだろうが後読感は災厄ですね(褒め言葉)イジメの被害者と加害者の足掻きですよ中学生という身分では止められず他の大人達も止められないだから突き進んだ結果がコレ、親友と潰し合い死なせ最後まで足掻いたけど最後の最後で止められてしまうとかね…止めるならもっと初めで止めろよ!と言いたくなるんだぜ。とりあえず歪んだ家族と真犯人は死んでどうぞ。
★9 - コメント(0) - 2月20日

 大きなことから見れば小さなことでも、小さなことが大きな事になっていく。そして小さな事は一つの《種》がどのように成長していくのか?ではなく、成長させていくのか。ということなのでしょう。物語の中のいじめの真相や、ネットでの誹謗中傷、家族からの虐待など時世ネタを盛り込みつつも、小さな《種》は初めて知る温かな愛情を糧に育っていくことでしょう。
★6 - コメント(0) - 2月18日

ラノベ棚からさらって借りた。同じ日に借りた大塚英志「感情化する社会」に取り上げられてた。
★2 - コメント(0) - 2月15日

電撃小説大賞作品。面白かったです。適度に読者を引っ張るために謎を小出しにしていくので読んでいて飽きなかったです。この辺はさすがだなと思いました。人間力テストが非現実的だという指摘もありますが、道徳が点数化されることが検討されている昨今、そこまで的はずれというわけでもないではないかと思いました。
★4 - コメント(0) - 2月9日

いつぞやの電撃文庫大賞。なんか話題になってたので気になって購入。ミステリー系に近い感じ?伏線張って進みながら解決していく感じです。伏線はしっかり回収できてましたし、とても面白かったです。1巻完結で綺麗に纏まってて良かったです。
★2 - コメント(0) - 2月5日

青崎有吾氏のツイートきっかけで読んでみた。文武両道のエリート中学生が自殺。彼に「悪魔」と名指しされた菅原拓は、クラスでも存在感の薄い生徒だった。この学校では何が起きていたのか? 自殺した生徒の姉が真相究明に挑む。ミステリ的な構成や展開もあり、興味深く読めるけれど、学校という名の閉鎖社会、家庭という名の逃げ場のない閉鎖空間で悶える少年少女の悲痛な叫びが心に沁みた。
★22 - コメント(0) - 2月5日

クズばかりが面白いように出てくる中でも、岸谷家の狂っている感は異常。 それがああも簡単に改心(?)するのがなあ。。。 
★6 - コメント(0) - 2月2日

人気者で天才児の4人が人間力テスト下位の1人にイジメられ、その内の1人の自殺から物語は始まる。世間は主人公を悪魔と罵り、自殺者の姉は事件の真相を探り回る。 主人公を嘲りながら1割程度は愛しながら読んで欲しいとの事だったけど、自然と期待してた。
★6 - コメント(0) - 2月1日

正義と悪、加害者と被害者、傍観者と当事者。それらの境界を曖昧にしてしまうような物語だった。誰もが他者に縛られていて、それに気付いていようがいまいが逃れられない。そこに一石を投じたのが菅原で、やり方を間違えてしまったものの、やはり彼は革命家だったのだと思う。裏返りのトリックは登場人物の心理とリンクしたナイスな設定。これから更に展開出来そうなところで締めてしまったところや、所々の荒さが気になるが、全体としては楽しめた。
★8 - コメント(0) - 1月31日

心の中にぐっと入る人には入る話だと思いました。いじめ、がテーマなのですが、謎に満ち溢れていてストーリー的にはよく出来ていると思います(想像できるにしろ)。特に革命が何だったのか、という謎はなかなかのものでした。あと人間力テストの設定も。ただ・・・キャラクターが深みがないのと、文章が抵抗があるところが多かったかなあ、私には。でも興味持ちましたよ、この人の作品。
★11 - コメント(0) - 1月31日

正直あまり好みではない。電撃で出ているから当然と言えば当然なんだろうけど、キャラ造形がラノベで、現代的なテーマを扱っていることとのちぐはぐさが気になってしょうがない。校長を刺そうとするシーンも「たっきゅん!!」の一言でもう売り払いたくなるレベルで萎えた。ストーリーは面白い。それは確かだ。個人的に文句を言いたいことがある。イラストである。菅原は普通にイケメンだし琴美は言うほど可愛くないし昌也はさほどかっこよくないし。電撃で出す理由がわからない。
★1 - コメント(0) - 1月26日

rei
ほとんど読まないのでこれがライトノベルになるのか分かりませんが、物語としてはとても優れている作品だと思いました。文体が軽くて挿し絵があって主人公が中二病。と思っていたけれど、読み終えた時には胸が抉られるような思いがしました。学生時代に誰でも一度は押しつぶされそうになる人間関係に共感できる部分があるのではないでしょうか。人物設定の甘さは否めないけど、それ以上に思春期ならではの叫びを感じさせます。ぜひ、中高生に読んで欲しい一冊。
★2 - コメント(0) - 1月24日

うーん、 あらすじを見たら面白そうだと思ったんだけど… 正直期待外れ、残念。
★2 - コメント(0) - 1月20日

何となく存在する他者評価を実際に数値化したら、そりゃ歪が出てくるわな。拓へタレ。昌也プライド高すぎ。計画どうりには行かなかったということか。周囲の大人が頼れなさすぎる。フィクションにしてもあり得ないと思って感情移入ができなかった。絶対的な優等生と劣等生のケンカというオチはテンプレ過ぎる気がするのだが。後、多少腐ってるような気がしなくもない。余談だが自分の学校でも年に何回か人間力テストみたいなものはある。中国の国会みたいな名前のやつ。でもクラスメイトを覚えていなから辛い。さすがに数値化して公表はないが。
★2 - コメント(0) - 1月16日

一人の男子中学生の自殺から物語は始まる。男子生徒Kは遺書を残しており、首謀者が浮上するが…彼は周囲から見て加害者だとは到底思えない存在だった。人間力を測るテストのせいで起こった歪みと悲劇。中学生なんて多感な時期に、プライドより命を優先することは難しいものか。十年ほど前に読んでいたらイエスと答えていただろうが、今はそう言えない自分がいる。あの頃の鬱屈した気持から遠ざかってしまったようだ。ラノベだけど内容は重くて、考えさせられる。作者のほかの作品も読んでみたい。
★6 - コメント(0) - 1月12日

スラスラ読めたし、終盤何回も新事実が出てきたけど、あまり感情移入できんかった
★5 - コメント(0) - 1月12日

( ^ω^)いじめ、スクールカースト・・・全くくだらない。でもまあ思春期っていうのは自己というのがまだまだ確立していないからね、やはり誰かに他人に認めてもらいたい、それによって不安から遠ざかりたいって気持ちからなかなか自由にはなれないおね。経験が足りないからね・・・馬鹿だから。一人の少年の自殺から物語は始まる。自殺した少年の姉と加害者と云われる少年、交互に代わる二人の視点から事件の真相に迫るワイダニット小説。この手の小説のキモは如何に『意外性』をつなげて『納得』に導くかにあると思うのだが・・・う~ん。
★15 - コメント(2) - 1月9日

Kom
傑作だった。イジメの加害者と被害者が逆転するのはなんとなく察しがつくが、それに至るまでの過程を丁寧に描いているのと不自然に感じさせない設定が巧い。ブラックな切れ味も良いのだが、ラストだけはちょっといただけない。
★4 - コメント(0) - 1月6日

校長と担任が責任を取るべき人間なんだから、しっかりしろ。子供たちに頑張らせてるんじゃねえという気持ちになりました。終わり方は最後にまとめすぎてしまった感じがある。しかし「いじめの被害者である」ということは子供たちの中での順位を落とすという所がリアルだなあと感じました。たしかに、あんなに普段結構つけてるくせにいじめらっ子?プッみたいな声が起こるのは、本当にありそう。
★3 - コメント(0) - 1月6日

表紙はこれでいいの?ネタバレになるからこうするしかなかったのかな。いじめがテーマということでラノベとしてはかなりブラックな内容。視点キャラ二人の邂逅から始まる、全てを文字通りひっくり返す展開はとてもよかった。キャラがラノベ的な極端さ(萌えとかではなく記号化?っていうのだろうか)なのはテーマからすると悪手だと思っていたけど、それがかえって各々の歪みをわかりやすく伝えているのかもしれない。
★4 - コメント(0) - 1月6日

今年の電撃大賞作そろそろ出るし読んでおこうと思い積みから読む。読後はほんとに胸糞悪くなった。これ以上も以下もない。どんどん読み進めるほど続きが気になるんだけど、どんどん胸糞悪くなる。一応この一冊に関しては個人的に褒めています。かつてこれほどむかむかする電撃大賞受賞作を読んだことがないもので。現代のリアルな思春期世代が読むとはっとすることが多いんじゃないかなあこれ。学校という空間の中で平穏に立ち回るための見えないシステムを人間力テストという形で数値化したこの設定がすごいと思う。電撃大賞で出てきたのがすごい。
★8 - コメント(0) - 1月6日

逆転の発想が見事だと思う。
★1 - コメント(0) - 1月4日

文章には色々とツッコミどころがあるものの、ストーリー自体は良かった。地味な少年が人気者4人をまとめていじめた上、そのうち1人を自殺に追い込む。しかも自殺前の1ヶ月は監視されていて近づくことが出来なかった。という、いわゆる不可能犯罪ものかと思いきや、まさかの真相。「人間力テスト」という舞台装置をとても上手く活かした解決編は、ミステリ好きなら一読の価値あり。
★3 - コメント(0) - 1月3日

引き込まれるあらすじから手に取ってみて、まあ、学校こわあ。学校だけでなく家庭環境もだけど。
★2 - コメント(0) - 1月3日

読む気は無かったものの鎌池先生の推薦文付きにそそられ購入。 ですが内容はとても面白く、読後感もこの上ない作品。
★1 - コメント(0) - 1月2日

何となく文章が頭に入ってきにくく読みにくかったがイジメの話は心が痛かった。それにしても人間力テストとは怖い。
★5 - コメント(0) - 2016年12月28日

★★「人間力テスト」という制度が導入された中学校で、優秀な成績の男子生徒・昌也が自殺をした。「菅原拓は悪魔だ」という遺書を残して。しかし拓は目立たない上に人間力テストも最下位に近い。拓が一人で昌也やその友人四人をいじめていたとされるが真実なのか?弟の自殺に不審を感じた姉は事件の真相を追う。拓が仕掛けた「革命」とは。 *ラノベ扱いになるのでしょうか?読みやすいけど、心が苦しくなる。大人の作った人間力テストに振り回された被害者たちのお話。
★16 - コメント(0) - 2016年12月27日

ん~。難しいところだが、菅原拓が一番賢く、一番愚かなのかな。「革命前夜」の公園で拓が語る部分。最初は嘘を語っているのかなと思って読んでいたが、だんだんそれが事実なんだとわかり始めると、少しゾッとした。人間力テストねぇ。実際にありそうでちょっと怖い。
★3 - コメント(0) - 2016年12月26日

ただ、それだけでよかったんですの 評価:98 感想・レビュー:513
ログイン新規登録(無料)