ソードアート・オンライン (17) アリシゼーション・アウェイクニング (電撃文庫)

ソードアート・オンライン (17) アリシゼーション・アウェイクニング (電撃文庫)
あらすじ・内容
劇場アニメ化決定!
ついに現実世界のプレイヤーたちがアンダーワールドに到達し……! 

 ――≪光の巫女≫アリス。
 ――≪闇の軍勢≫すべてを犠牲にしてでも、我が手中に収める。
 ≪最終負荷実験≫二日目。整合騎士による命がけの奮闘により劣勢になった≪ダークテリトリー軍≫は、卑劣な手段で反抗を開始する。
 アンダーワールドを外部から観測していた米軍傭兵・クリッターが、現実世界の人間たちを最終決戦に投入する。
 全米のゲームコミュニティサイトで≪本格派VRMMOゲームのベータテスター募集≫と称し、騙してログインさせたプレイヤー数は、五万人を超えた。
 闇の軍勢の増援に、絶体絶命となる≪人界軍≫。スーパーアカウント・ステイシアでログインしたアスナ一人では到底太刀打ちできなかった。
 そこに、アンダーワールドで言い伝えられてきた創世の神々が舞い降りる。白く輝く太陽神ソルスと、優しく暖かい地母神テラリア。その二柱は、シノンとリーファの姿をしており……。

あらすじ・内容をもっと見る
360ページ
1257登録

ソードアート・オンライン アリシゼーション・アウェイクニング 17巻はこんな本です

ソードアート・オンライン アリシゼーション・アウェイクニング 17巻の感想・レビュー(1006)

アリシ編第7巻。ついに参戦したアスナの前に現れたのは五万の兵。絶望と共に加速する戦争は遂にアンダーワールドを超え、リアルワールドをも巻き込む混沌へ陥る。そして新たに参戦した二人の少女が直面したのは無限の苦痛と因縁だった。そしてキリトは_______ ソードアート・オンラインで最もグロテスクと言えよう。
★1 - コメント(0) - 2月21日

More出番村の面々もアンダーワールドへ降臨し、オールスター揃い踏み。 一方、サトライザー組も、米・中・韓のゲームユーザーを攻めこませ、戦況は混沌としたものに。 そして、いよいよ、かの御大Poh様もアンダーワールドへ降臨。 只今、絶賛動けないキリトさんをいたぶっていらっしゃいます。 もう、覚醒したキリトさんにPoh様がミンチにされる未来しか見えません…。 そして、まさかまさかの我らがヒーロー須郷伸之の名が。 東京高裁で係争中の模様。 流石にオベイロン降臨は…ないな。
★8 - コメント(0) - 2月17日

今までの仲間全部乗せ。リーファの話がちょっと弱いかなー。
★1 - コメント(0) - 2月10日

読んでる途中で何度も本を投げたくなった.ピンチなアスナのもとにシノンやクライン、リズたちが駆けつけたのに、また敵が増員され終わらない戦い.キリトもアスナも何度絶望を感じればいいのか、辛いし苦しいし…すべてはSAOからの因縁.だったらキリトが決着つけなくちゃ!リアルでも苦戦しながらキリト目覚めのために戦っている.早くこの戦いに終結を!と思う反面、話が終わりに近づいていっているのはすこし寂しい.
★2 - コメント(0) - 2月8日

現実サイドの人達も次々と参戦しクライマックスな雰囲気になってきましたねですがまだキリトは目覚めません今巻で目を覚ます事を期待したんですが違いましたねでもラストの方に目覚めた雰囲気を出し始めた事は次巻に期待して良いんでしょうか。
★20 - コメント(0) - 1月31日

tak
【9】布団の中で読了。次巻でアリシゼーション編完結のようですが、まだまだ予断を許さない状況でハラハラします。キリトさんは覚醒したのかしないのか、リアル側もバタバタして早く続きが読みたーい
★1 - コメント(0) - 1月22日

キリト君目覚める直前! という感じでした。 こないだ読んだアクセルワールドと良い、まさに決戦……! という一歩手前で終わりますねぇ相変わらず。 しかし予定調和なストーリーではあるんですが、相変わらず引きが上手くて続きが気になる気になる(;´Д`) 場面が次々と変わっていき、各戦場でのバトルも緊迫していく感じがたまりませんでした。 さー次巻ではキリト君が最後の美味しい所を持っていくのでしょうね!
★1 - コメント(0) - 1月14日

ついに現実世界と合流! キリトさんの復活が
- コメント(0) - 1月7日

元SAO組、ALO組がアンダーワールド対戦についに参戦!整合騎士達との共闘は不思議な感じがしたけど、とても熱かったです。クラインログイン時やリズとシリカがアスナに声をかける場面で泣きそうになったり。にっこりと微笑むシウネーを見て涙が溢れそうになるアスナを見てこちらも泣きそうになったり。とにかく目頭が熱くなりました笑 シェータとイスカーンも好きです。後半はさらなる絶望が襲ってきたので、次巻のキリト復活に期待したいところ。
★5 - コメント(0) - 1月7日

アリシゼーション編第9巻。アリスをかばいベルクーリがベクタと刺し違え戦死。シノン=ソルスやリーファ=テラリア始め、日本人プレイヤーがアンダーワールドにコンバートして人界軍を支援するが、ヴァサゴ=Pohに扇動されたアメリカ・中国・韓国人プレイヤーが第三勢力として数の力で人界軍を蹂躙する。一方、ラース内の裏切り者を排除したことでキリトの回復に一縷の望みが生まれる――。加害者は被害者にどれだけの贖罪意識を持たねばならないのかというPohの問いは考えさせられる。茅場も凛子に夢中だったのが驚きでもあり嬉しくもある。
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

読了。日本、アメリカ、韓国、中国と様々な国を巻き込んでアンダーワールドを巡る戦いが勃発。日本のMMORPGプレイヤーが次々と脱落していく中、キリトは未だ目覚める気配無し。これからどうなるの?と良いところで終わった。SAO時代からの宿敵であるラフコフのボスやガンゲイルオンラインでシノンが戦ったサテライザーがここで出てくるのかと何だか終わりが近いのかなと意識させられた。
★2 - コメント(0) - 2016年12月23日

始まりは日本人プレイヤーたちを説得するリズベット。ヴァサゴの正体。水色のソルスと緑のテラリア。ベルクーリの本気の戦い。久々のフレニーカ。比嘉の奮闘。 物語は佳境で目が離せないし面白いのだが,後半は視点が変わりすぎてめまぐるしかった。あと,ちょっと冗長。
★2 - コメント(0) - 2016年12月22日

最後は中途半端な終わり方をしてますが、あとがきと18巻を読んでいたらこの終わり方でも仕方ないかなと思いました。
★2 - コメント(0) - 2016年12月17日

えー?ここで区切るのー?と。まぁ後書きを読んで納得。直葉ちゃん可愛い
★1 - コメント(0) - 2016年12月10日

お馴染みのキャラが出てくるようになると盛り上がるね(*´ー`*) ベクタ意外とあっさりやられたな、と思ったけど中の人はともかく、ベクタラスボスではないのね、と思った。
★2 - コメント(0) - 2016年12月4日

日本勢対外国勢とか母数が違い過ぎて…。まあ、日本のゲーマー魂を見せるとこ?w
★1 - コメント(0) - 2016年11月27日

やっと光明が見えたと思ったら、の後半の展開。次でひと段落するんだろうか。作者がいろいろ手を広げている分、なかなかでなくなってしまって、前を思い出すのに苦労するんだけど。キリト---------- 再開 -----------。
★4 - コメント(0) - 2016年11月25日

ついに……ついに……ここ数年ずっと文字通りの廃人ライフを満喫してたキリトさんが復活……しないんかーい! それはそれとして、なかなかデリケートな問題を扱ってる巻。いよいよこれまでの登場人物たち総出演状態で同時多発的にあちらこちらで繰り広げられる戦闘はアツい。
★1 - コメント(0) - 2016年11月22日

友人が突然貸してくださいましたww長らく16巻止まりのままだったので…1年ぶりくらいですねwww記憶のほうは大丈夫でしたwwwアスナはすごい頑張ってるなって思いました。皆も。敵(暗黒神ベクタでしたっけ?ww覚えるの下手←)が、狂ってて怖かったです。柳井さんはもう喋り始めた途端から怪しいなーって思いましたwwなんか顔がSAOの時の敵の誰かの顔に似てますしwwwシノンが自分の武器を銃に変えたのはすごいなーって思いました!!色んな人の心情が描かれていたのが面白かったです。そして最後のキリト君のあの教室の話は何w
★3 - コメント(0) - 2016年11月19日

うーーーわーーーー。私こういうの、苦手。憎み合うべきでない人たちが攻めてくる系というか、戦いたくないのに悪意?憎しみ?を全面に押し出して突撃してきて絶望に追いやられる系?読んでて苦しくなる。っていうか、明らかに心神喪失してるキリトをあんな扱いしてるプーに、韓国・中国の人たちはなにも思わないんかな?みんなボロボロすぎて読むのが辛いよ~。現実でも血生臭くなって。シェータとイスカーンだけがなんか温かかったな。っていうか、ガンゲイルの事件の時にラフコフのボスが登場しなかったのはこの時のためか・・・。
★3 - コメント(0) - 2016年11月14日

まーーーーーだ主人公寝てるんかーい。知ってる名前がどんどん出てくるのは楽しい。けどあんまり盛り上がらない。楽しいけど、なーんかなー。楽しいけど!!終わりがまたもやんっとした感じだけど、楽しみにしてます。
- コメント(0) - 2016年11月3日

いよいよ、今までおなじみのキャラたちがアンダーワールドに到着。リーファとリルピリンのやりとりにはぐっと来ちゃったなあ。スリーピングナイツのメンバーも登場したし。もー、ALO組が参戦して、圧倒的蹂躙かと思ってたら、敵にも新しい手があるなんて。面白かったけどさ。
★2 - コメント(0) - 2016年10月25日

【戦争は外国を巻き込んで苛烈さを増す】アリシゼーション編17巻。全体的にボリュームはあったけど、不完全燃焼な印象が否めない。シノン達ALO組が参戦したのは熱かったが、ガブリエル達侵略組が悪巧みが姑息で辟易。アメリカ軍を倒したと一息ついたら韓国と中国から、虚偽の情報で参加させると言う、絶望に次ぐ絶望。アスナ達の傷つく様が痛々しくて見てられない。戦争も混戦の泥試合のような体裁に。異種族の共闘や人界軍の恋愛は戦いの中で希望が見えたようで救い。作者の主張したい社会派の一面も垣間見える。そして、キリト覚醒してくれ!
★3 - コメント(3) - 2016年10月22日

16巻からほぼ予想できた王道展開が続くシナリオだった。ただ戦闘シーンが大雑把になってて描写が微妙な印象。正直第二ステージは惰性感があるので、ちゃんと締まるのか心配。
- コメント(0) - 2016年10月15日

もう少しで復活かな?無双なんだろうね。アスナやられそうだもんね。
★1 - コメント(0) - 2016年10月15日

ついに仲間たちが参戦!もかなりきつい戦いに。次々と襲いかかる悪意と圧倒的な戦力に押し潰されるアスナたち。徐々に仲間たちが倒れていき、かつての因縁とも合間見えて絶望的な状態に立たされても決して諦めない。なぜなら彼女らには希望があるから。だからさっさと目覚めろよ希望。そしてその剣で絶望を断ち切ってくれ、キリト!
★5 - コメント(0) - 2016年10月13日

もうこっからは制圧戦だと思っていたのに最高に絶望的な状況だ。やっぱり敵方の悪意がかなり胸糞悪くてヒリヒリする。最大の見せ場はシェータちゃんだったと思う。キリト嫁軍、キリトの覚醒に間に合わずなのね。。。リーファちゃんも、もう少し活躍してからでも良かったのではないか。ALO勢来てくれたのは最高にアツかったし、特にスリーピングナイツが来てたのは本当によかった。今度こそ、今度こそキリトくん起きるんですよね・・・!?
★1 - コメント(0) - 2016年10月2日

イスカーンとシェータはもう、将来二人子供が出来たらいいと思う。鬼の様に強い騎士の男の子と、鬼の様に強い剣闘士の女の子が出来たら、最高に幸せだ。それはきっとこの世界に平和が訪れる事の象徴になるだろう。ファナティオさんの子供は、男の子でも女の子でも、元気な子が生まれたらいい。それはきっと、この世界に痛みと悲しみと戦争があった事の証左になるから。戦いの中でも誰かが誰かを好きになって、慈しんで絆を結んで。そういう部分があるから、この物語はやめられないのだ。でも、最後の引きがあーってなります。いい加減起きろ青少年!
★40 - コメント(0) - 2016年9月30日

fap
この作者はどうして人の悪意をねっちりと書くのか。 味方の作戦は裏をかかれ敵方の作戦は成功する。 想定外の事態を作り上げて隙を突くやり方は十分合理的である。 谷間展開が続くため、味方の作戦がことごとく失敗しているように見えてしまう。 物語の起伏を考えた上での演出なのだろうが、一冊の中に山場が少なくて 読者としては読み続けることが辛くなってくる。
★1 - コメント(0) - 2016年9月30日

人類VS人類。人工フラクトライトを巡る日本軍と多国籍軍の戦争の体をなしてきましたね。入り乱れる戦線の描写一つ一つが命懸けで行われ、目が離せない展開が続きます。出番ですよ!主人公。
★5 - コメント(0) - 2016年9月25日

シノンやリーファが参戦したとしても絶望的な状況が続く。こんなところで終わってしまったら先が気になって仕方がない。
★29 - コメント(0) - 2016年9月24日

これでもかってくらいどんどん敵が湧いてきますね。ベルクーリ先生はけっこうジョーカーだと思うんだけどここで消化してしまうのか。アリシゼーションはあと何冊続くんだろう。
★1 - コメント(0) - 2016年9月23日

キリトくんいまだ起きず。次巻へ続くといった感じ。
★1 - コメント(0) - 2016年9月22日

くっ、くっそぉぉおおおおおっ!! なんだこれ、相思相愛だと思っていた幼馴染が、実はとっくにチャラい先輩に食われてた感まである。いや、いったいいつから相思だと思っていた? とかはどうでもよくて、確かに、確かにね、口ではそんなこと言いながら先輩のこと、好きなんだろ? ってにやにやゲスい笑みを浮かべてはいましたけどね? いざ肉体関係どころか記入済み婚姻届まで見せられると、なんて滑稽なんだろう俺は……と乾いた笑みすら浮かんでこないわけで。ああ、現実には決して味わうことのできないこの感覚を味わう、これこそが(続
★8 - コメント(2) - 2016年9月19日

[★★★★☆][2016年15冊目]:長かったアリシゼーション編もいよいよ大詰めで、ようやくお前らの出番が・・・って、それでも相変わらず厳しい戦況の連続で読み手側もこれでもかとばかりに精神的に痛めつけられる。相変わらずこの作者は執拗でサディスティックな変態だと再認識。さすがに間延び感も否めなくなってきた本編だが18巻ではサッパリスッキリさせてくれることを祈るばかりです。とかなんとか言いつつ、シノンとアスナが再会するシーンとか思わず涙ぐんでしまったりするので、SAOはやめられないな・・・
★2 - コメント(0) - 2016年9月19日

どんどんきましたねー
- コメント(0) - 2016年9月18日

衝撃の展開にページをめくるスピードが早くなっていきましたが、途中で終わってしまったので気持ちが悪い…。早く18巻を読まなくては…。
★8 - コメント(0) - 2016年9月15日

積読本にしていたので随分と間が空いてしまった。ベルクーリの叔父様は相変わらず格好いい事!そして、スーパーアカウントなる反則ワザのオンパレード。リアルにある国家間の民族的な争いが盛り込まれて重い感じではある。SAOに必要なのか?と思わん事もないかな…そしてPoHやガブリエルの須郷を超えたゲスな悪党っぷり!これぞ、SAOって感じだ。ただ、全体が剣技から随分離れたなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年9月8日

やられた……。読了後に思ってしまった。「キリトがいてくれたら」と。でもたぶん、この話はそうじゃない。掘り下げちゃうとすっごく重いものまで担ってる。誰か一人に頼れば解決する話じゃない。でも。だけど、あの絶望の状況で願ってしまった。彼がいてくれれば、この絶望は打破できるんじゃないか。底抜けに明るい未来が見えるんじゃないか。自分もまだまだです。読み終えた今、もう一度心を新たにするなら、彼を願うのではなく、この中でも流されず、ちゃんと考え立ち向かえる人間に私はなりたい。
★3 - コメント(1) - 2016年9月8日

シノンにリーファ!でも戦況は辛くなるばかりで、全く救いがない。こうした現状はきっと今現実でもおこりえる、おこっていることであって、せっかく光を見出したのに、というところ。キリトくん、キリトくん、覚醒なるか!?次回よみます
★9 - コメント(0) - 2016年9月7日

ソードアート・オンライン アリシゼーション・アウェイクニング 17巻の 評価:52 感想・レビュー:304
ログイン新規登録(無料)