新約 とある魔術の禁書目録 (15) (電撃文庫)

新約 とある魔術の禁書目録 (15) (電撃文庫)
あらすじ・内容
転校先にも、右手に『理想送り』を持つ上里は現れた。
『上条の日常』が、音を立てて崩れていく――!

「ぼくの『理想送り(ワールドリジェクター)』ときみの『幻想殺し(イマジンブレイカー)』。ぶつかったらどっちが勝つのかな?」
 神をも凌駕する右手を持つ少年二人の激突から一夜明け。
 上条当麻と上里翔流は、譲れない想いを胸に、学校の食堂で献立片手に睨み合う!? 
 説明しよう。魔神・僧正の暴走により学校を破壊された上条は、留年阻止のため別の学校に通うことに。そこには非常に頼りないミニマム生徒会長女子・ビクビクウサギさんと、因縁の相手である上里がいて……!?
 世界を賭けた戦いよりも留年の脅威を感じ、それどころではない上条。一方の上里も、なぜかフレンドリーに接してくる。これは意外にも熱き友情路線にルート変更か? と感じた刹那。
 街に半裸レインコートの少女が現れた。
 少女は、圧倒的な力で学園都市の超能力者(レベル5)たちを手玉に取っていく……! 
 その半裸少女の正体は、謎の第三勢力……ではなく、あの上里さえも畏怖する妹・去鳴(サロメ)で――!?

あらすじ・内容をもっと見る
440ページ
543登録

新約 とある魔術の禁書目録 15巻はこんな本です

新約 とある魔術の禁書目録 15巻の感想・レビュー(420)

まだまだ続くよ。良。
★1 - コメント(0) - 3月26日

「お前の最大の武器はな、『繋がる力』がお前のとっておきの切り札なんだ。そこでお前が求めるべきは、そういう暴力をも包み込める、人間としての理性の力の方なんだよ」青ピと吹寄の登場は嬉しい、青ピの身体能力高そう。去鳴登場と唯一戦闘へ。魔人編が繋がってきた感あり。なんか文章がゆるくなってきてるよな。もはやインフレどころじゃない。御坂頑張ってるな、第3位でこれなのに、第6位どう出てくんだ。ここから上里さんは真の味方になってくれるのかな?
★3 - コメント(0) - 2月25日

普通の高校生とはいったい・・・うごご。正直、上里はすぐに退場すると思ってたのと、キャラ的にあまり好きになれず何か微妙な感じ。
★2 - コメント(0) - 2月10日

新キャラサロメ好きだな。 とりあえず御坂どうなるのか気になる。
★1 - コメント(0) - 2月3日

学校が壊れたため、上条ちゃんたちは近くの学校に、そこで出会う右手と右手。日常パートは相変わらず退屈なものの、木原との対決、力を求めるため一歩を踏み出した闇落ち気味の美琴が面白い。話の本筋は進んでいるような、全く進んでいないような、どのように物語は執着していくのか読めない。
★1 - コメント(0) - 1月23日

上里の立ち位置がよくわからない。上条さんの対になる存在にしてはやることが狡いし、勝率高くないし。うーん、魅力を感じませんね
- コメント(0) - 1月18日

別に妹が出てきてもねぇ~。
- コメント(0) - 2016年12月31日

上里勢力……というか上里さんに魅力を感じれないのでテンションが上がらない。
- コメント(0) - 2016年12月25日

学園都市という狭い世界の中では最強を誇っていた自分が、魔術という広い世界を前にするとただの「雑魚」になる。それだけで中学生にとっては辛い現実なのに、自分に力がないせいで好きな人の役にも立てない事が更に苦しくてやるせない。美琴の苦しんだ末に出した結果が、自暴的でとても献身的だったのが美琴ファンとしては切なく思えた。ただレールガンのイメージとは全く掛け離れた満身創痍で余裕がまるでない美琴は新鮮に思えた。美琴に幸せな未来が訪れますように。
★1 - コメント(0) - 2016年12月10日

【2016-066】善悪で言えば善で好悪で言えば好だがロマンがない…。浜面は銀行でどうなった?一方通行は放っとかれてない?いろいろな事に挑戦するのは認めますが、新約も15巻。旧約22巻+SS2巻に追いつきそうですよ?最近は文句ばっかり言ってますが、発売すると買ってしまう病。美琴の魔術墜ちは今までになかった展開なので期待。一方通行は反射しただけで魔術を使ってない?(だっけ?)し、土御門はレベル1だから負担が少ない???レベル5だと反動がでかそうですが、超電磁砲とリンクしてんのかな?読み直すか。
- コメント(0) - 2016年11月14日

今回のバトルは特にギミックが面白かった。サロメの戦い方を始めとして、唯一の行動も意外性に富んでいて驚きの連続だった。意表をつくような展開こそバトルの醍醐味だと考えているので、その点では今回のバトルは非常によかったと思う。禁書ならではの派手さと、プラス今回は不穏さも際立っていてよかった。美琴や上里の今後が気になる……。
★5 - コメント(0) - 2016年11月7日

★★★☆☆ 昔は魔術にしてもそれなりに説得力があったのに最近はさっぱり。 インデックスも活躍させようがないのか、いないも同然。 全くタイトルにふさわしくない内容になっています。
- コメント(0) - 2016年10月28日

前巻はわけが分からずな感じで上条と似て非なる男子高校生・上里が乱入してきたわけだけど、今回わけ分かってきた後に読んだおかげもあったのか展開がよかったのかすごく面白く感じた。サロメのツンデレ具合もいい感じに好物。混沌としてはいたけどいい意味の混沌というか、ここ何冊かの流れから思いっきり暴れていただいた印象。そろそろ無印禁書読み直さないと木原さんたちがだいぶ記憶から消えてきていることを実感するんだけど、この実験具合だとあえて忘れたまま読み進めたい気もする。美琴応援派としてはフラグ立ってた分今後が不安しかない
★1 - コメント(0) - 2016年10月1日

禁書はこういう内容が一番好きです。力技じゃなく騙し騙されみたいな。美琴の未来はどっちだ!
- コメント(0) - 2016年9月22日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2016年9月18日

いつも通りのよく分からない敵の来襲からひっくり返してどんでん返しの結局敵は誰だって感じが面白い。サロメが上里のハーレム模様をばっさりと斬り捨てた挙句今の上里を否定している感じがいいですね。そして御坂はまさかの・・・ダークサイドに足を突っ込んだ挙句どっか変な方向に走っていかないか心配。確かに魔神との戦いで足手まといになってたかもしれないけど、規格外に自ら行こうとするのはどうかと…。後々戻ってこれるのか戻って来れないのか心配だ。そしてさりげに出てきた浜面の男前度が上がっている。
★3 - コメント(0) - 2016年9月6日

新約10巻以来に面白かった気がします。旧約ではあったミステリちっくな種明かしが終盤で効いていたからですかね。素直に驚きましたし。上里の上っ面な唐突ハーレムには違和感しかなかったので、去鮫がその現状を言葉で一刀両断してくれたのは良かったです。
★2 - コメント(0) - 2016年8月31日

シリーズものの新刊を読み終わった後に続刊が出るのが待ちどおしく思っていて、それを忘れたころに気付いたら新巻が出ている、なんてことはよくあるが、気が付いたら新刊が続刊が2冊出ていた。相変わらずの筆の早さですね。魔人が大量出現してインフレの極みに至ったと思われた禁書だが、魔人が上里さんによって一掃されたことで多少は落ち着きを見せた模様。
★2 - コメント(0) - 2016年8月26日

去鳴は良いキャラしているな。性格というよりも適当な改造ボディーがいい。私のイメージの中では完全に「鋼鉄ジーグ」なんだけど。それと、御坂美琴のまさかの闇落ち。シスターズでも酷い目にあっているのにまだ災難は続くのか。。
★1 - コメント(0) - 2016年8月25日

今回はサロメのキャラがけっこう立ってて面白かった。木原唯一も木原っぽくていい悪役。最近は複雑でイメージが湧きにくくなっていたので、読みやすくなってよかった。
- コメント(0) - 2016年8月24日

まさかの御坂闇落ち。まぁ、「超電磁砲」の方でもやってるから既定路線なのかな。土御門と一方通行は結局どうなった?
★1 - コメント(0) - 2016年8月23日

サロメが今回の悪役かと思いきやむしろ共闘する間柄になったり、さらに美琴の闇落ちが垣間見えたりと、展開に飽きないですね。
★1 - コメント(0) - 2016年8月20日

いつも通り、新キャラが「突き抜けた能力で、誰かのために、手段を選ばず自己犠牲」になろうとしてカミやんの説教が・・・。右手から魔人が10人生えているビジュアルはもう想像できないっす。ごく平凡な読者を置き去りにして、作者ははるか彼方を走っている気がしてなりません。
★2 - コメント(0) - 2016年8月16日

★★☆☆☆ 新章シリーズ15巻目、上里義妹による来襲と前巻からの辻褄合わせ、そして御坂さん魔術堕ちフラグがメインの上里編後編、もう分かんないなコレ。奇抜なヒロインと、無茶なシナリオにミスリード、説教が足りないけど話の運びはいつもの禁書だなーと。ただ正直いい加減にして欲しいというか、上里編いるか?っていう。結局この話で何がしたかったのか分からないし、色々キャラ出してはほっぽり出すスタイルで、もう巻数も大分なんだから、そろそろ着地点なり、作品のテーマなり方向性をきちんとして欲しい。
- コメント(1) - 2016年8月12日

サロメ、えい子やん。唯一さん、ロマンじゃねえだろ。
- コメント(0) - 2016年8月2日

おのれ上里め、ゲスイ手を使いやがって絶対許さん。と言いつつ、最終的には上里勢力は中心じゃなく、今回は異物である彼らとの接触を通して、上条達が善悪お互いに次のステージへと進んでいく話だったんじゃないかな。前に進むがゆえに決定的にすれ違っていく上条と美琴や、上条達にボロボロにされながらも這い上がって進む黒幕たちの姿が印象的。上里勢力はこのための引き立て役だったんだよ!つか、上里の出番は本当にこれで終わりなのか?次回から本格的に新しい話になるのか、いやでも気になる引きなのでさあはよ次巻。
★2 - コメント(0) - 2016年7月17日

最後のバトルが個人的に刺さって燃えました。上里編第2巻というか、とりあえずまた上里勢力との話。去鳴は面白いキャラだけど好きかどうかは判断の難しい不思議な新キャラでした、再登場してほしいなぁ。再登場といえば円周ちゃんがちょろっと出てきたり、御坂も絡んだり、日常パートは学校ということで上条さんのクラスメイトも出てきたりとキャラ的には盛りだくさん、上里勢力も絡むから科学も魔術もといった感じでした。解決したかはさておき、今回追い込まれたキャラが今後どうなっていくのか楽しみです。一方通行の扱い、雑じゃないです……?
★1 - コメント(0) - 2016年7月16日

うほほーい☆僧正からの逃走の過程で上条さんが通う高校が崩れてしまい、別の高校に転入する事になったが、転入先の高校で上里と鉢合わせする第15巻。今回は色々崩壊した巻でした。上条さんと同じステージに立ちたいと願った結果、闇堕ちした御坂がどうなるのか気になります。次巻が楽しみです。
★24 - コメント(0) - 2016年7月15日

【備忘録】一方通行は去鳴を追ったカンジだったのに。お家に帰ったのか?どこ行っちまったんだよお(前にもあったよなこういうの)。まったく巻き込まれ体質なんだから。右腕になんか宿ってんじゃねえの。御坂ピンチなのに、気になって仕方ない。まったくもう。
★1 - コメント(0) - 2016年7月13日

fap
目的のためには手段を選ばないことがこれほど歪だったとは。 冒頭50ページはいつもの愉快で明るい日常話であり、 そこから中ボスラスボスが登場し、痛い目に会い続ける主人公。 最後の一撃は事件を解決したのか因縁を増やしただけなのか。 ビリビリさんは新たな力を得て ヘビーアームズとかデンデロビウムとかに進化しました。 事態はいまだ収束の気配を感じさせず。 なお、最後の小さな結末に救われたことを記しておく。
- コメント(0) - 2016年7月10日

「何が善で何が悪か?」というフレーズがよく出てきました。登場人物も悪だと思っていたところが善だったりと、これも物語全体の伏線になっていたのかも知れないです。 それ以外に好悪もありますけどね。
★2 - コメント(0) - 2016年7月10日

新キャラの能力の強大化に比例して小物感も強大化している気がする...。
★9 - コメント(0) - 2016年7月1日

最序盤からラスボスっぽい扱いされてたヒキニート「人間」がようやく外に出るという意味では重要な巻。あとがきで上里の立ち位置が「上条に対して、過程を表記してない主人公(=上里)がどう見えるか」という書かれ方をしてたけど、思想ややり口はやっぱり上条さんが今まで倒してきた連中と同じにしか見えん。過程すっ飛ばしてようが上里のベクトルでは主人公足り得ないと思う
★2 - コメント(0) - 2016年6月21日

ちょっと時間かかったけど読了。……禁書ってこんな舞台ぽんぽん変わってたっけ? でも最近の展開は面白いので持ち直してると思う。美琴どうなっちゃうのかなあ……。
★1 - コメント(0) - 2016年6月21日

つまみ食いの多い展開で、時間かけてシリーズ追っている人にやさしくない作り。読んだら細かい設定とか忘れちゃうんで、そのまま当たり前のように使うの勘弁してほしい。サンジェルマンとかいつの話だよ!……最近かw やっぱり覚えてないけど
★1 - コメント(0) - 2016年6月17日

上里の妹、ヤンデレ風味な去鳴の登場。第一印象から上条とのバトル展開か…と思いきや共闘へ。前回から続く上里の葛藤を一番身近な存在が吹っ飛ばすということで、面白い流れではありました。そしてこれまた意外だったのが御坂の闇墜ち。どれだけ先に大きく影響させるかは作者が作者ですし分かりかねますが、期待しておきましょう。
- コメント(0) - 2016年6月14日

上条が上里や去鳴といっしょにいる場面は、妙な緊張感がありました。去鳴がまともと狂気が同居した恐ろしいキャラクター。美琴が唯一を倒して(手を汚して)闇堕ち確定かと思ったら、かろうじて踏みとどまっていたのはうまいです。 2016年 C0193 \650. 2016
★3 - コメント(0) - 2016年6月13日

ここ最近の戦闘インフレがいったききたりしすぎて読むのが大変ですわ、魔神を圧倒した理想送りがあの木原一族ではあるがただの人間に奪われるとかねそして奪われれば劣化して上条さんと同等になるとかもうわけわかんね能力では五分だったが問題は唯一が伝説の木原神拳の使い手だったことだなあれを修めている木原は接近戦が強すぎるんですよ。豆腐メンタル糞上里はこのまま死んで欲しいけど去鳴はいいキャラや絶滅犯という意味わからん業を背負いながらも上里の事を自分の意志を持って助けようとしているのは上里勢力の上位ヒロインの器です!
★6 - コメント(2) - 2016年6月13日

Rim
毎回毎回ぽんぽんと新キャラと能力が登場して、状況が二転三転して、そろそろ脳のキャパオーバーが極まれそうです。でもやめられない面白さ。上里勢力怖すぎか。あんな女子達の愚行(彼女たちにすれば普通なんでしょうけど)繰り広げられ過ぎたら上里さんあんな思想持ちますよ・・・割と好きですけどね。上里さんの潔癖思考。御坂さんにまさかの闇落ちフラグ。かなり巻数が凄いことになってますが、まだまだ展開するようで楽しみです。 一方通行さん久々の登場でファンの私大歓喜。一方通行さんも謎が多いので、解明が楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2016年6月10日

御坂さんの先行きが不安...
★2 - コメント(0) - 2016年6月9日

新約 とある魔術の禁書目録 15巻の 評価:50 感想・レビュー:136
ログイン新規登録(無料)