魔法科高校の劣等生 (12) ダブルセブン編 (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生 (12) ダブルセブン編 (電撃文庫)
あらすじ・内容
二学年の部、開幕! 
生徒会メンバーとなった達也と深雪の前に、ユニークな『新入生』が現れる。

 西暦二〇九六年四月。司波達也と深雪は二年生に進級した。今までの目覚ましい活躍と実績が考慮され、今年度から新設された魔法工学科コースの生徒となった達也は、深雪の意向で彼女と同じく生徒会副会長にも抜擢される。
 今年こそ、深雪と共に平穏な学校生活を……と考えていた達也だったが、『新入生』たちはそれを許さなかった。
 七宝琢磨。入試成績トップとして、今年度の新入生総代を務めた『エリート』で、十師族の脇を固める師補十八家の一つ『七宝家』の長男。
 七草香澄、七草泉美。十師族のひとつ『七草家』の長女・七草真由美の双子の妹たち。
 同じの数字を持つ『ナンバーズ』の三人が、魔法科高校で波乱を巻き起こし――。新展開突入!

あらすじ・内容をもっと見る
456ページ
1647登録

魔法科高校の劣等生 ダブルセブン編 12巻はこんな本です

魔法科高校の劣等生 ダブルセブン編 12巻の感想・レビュー(1438)

ふつう
- コメント(0) - 2月20日

まだ序章といった感じで、新入生の紹介という感じでした。今後どうなっていくのか期待して次巻をよみます。
★1 - コメント(0) - 2月4日

読了。第12弾という事で、2学年編序章ダブルセブン編です。2学年序章という事もあり、内容の殆どが達也の所属紹介や新入生の紹介の様な内容であり、本の暑さの割に盛り上がりには欠けました。他にも裏で十師族が動いていたりと今後が楽しみになる話もあったので楽しみにしてます。最後の挿絵の人物が2人とも絵だけで判断できなかった……
★2 - コメント(0) - 2016年10月21日

LZ2周年進級記念という事で再読、新たに高校生となる新1年達がメインのダブルセブン編。ボリュームがあり新入生もキャラクターが立っていて良い巻ですね、多少の暗躍はあるもののコミカルな展開多めで平和だ…達也と深雪の友人関係も特に良好ですし、南海騒擾編を読んだ後だとあずさ達3年生のやり取りもより微笑ましいです。最近全く出番のない七の3人は動乱の序章でちょっとは出番があるのかな、スミス君だけ後の活躍が全然見えない…。この時点では3年生の部の新キャラ像に四苦八苦しているようですが果たして、来年度も楽しみにしてます。
★5 - コメント(0) - 2016年9月22日

新年度。 キャラの濃い新入生たち。 七草の双子と七宝の長男は困ったものだなぁ。 登場人物が多過ぎて、誰だっけ??ってなりそう。 家の秘密もちょいちょい出てきたし、そのへんも楽しみ。
★18 - コメント(0) - 2016年8月31日

再読。いやあ七宝小物だなあ。ただ彼は反省して周囲の実力を素直に認めたあと、例の蛮行に及ぶからなあ。でもそんなところが人間らしくて好き。七草の双子の方が正論を言ってるんだけどなんかムカつく。どっちか死なないかな・・・。
★10 - コメント(0) - 2016年8月23日

4/5学年変わって新キャラお披露目回といったところでしょうか。一冊でまとまってるしごちゃごちゃし過ぎないでよかった。琢磨に焦点が当たったままぶれずに進行したところがよかったのではないでしょうか。新体制にはまだ違和感があるけれど、この巻でわりとなれたかなぁ。
★2 - コメント(0) - 2016年7月23日

新年度。七宝君がいい感じだった
- コメント(0) - 2016年6月27日

司波達也と深雪は二年生に進級した。今までの目覚ましい活躍と実績が考慮され、今年度から新設された魔法工学科コースの生徒となった達也は深雪の意向で彼女と同じく生徒会副会長にも抜擢される。今年こそ深雪と共に平穏な学校生活を…と考えていた達也だったが新入生たちはそれを許さなかった。七宝琢磨。入試成績トップとして今年度の新入生総代を務めたエリートで十師族の脇を固める師補十八家の一つ七宝家の長男。七草香澄、七草泉美。十師族のひとつ七草家の長女・七草真由美の双子の妹たち。同じ数字を持つナンバーズの三人が波乱を巻き起こす
★1 - コメント(0) - 2016年6月1日

五十里君は強いのですね。そうか司馬は四葉と思われていないという設定だったんだ。忘れていた。 しかし魔法合戦を脳内で映像イメージするスキルを読者は身に付ける必要はあります。この話の終着はどこなのでしょうか。零崎とか今後強敵で出てくる?
★8 - コメント(0) - 2016年5月18日

七草先輩大人になってるキレー!! それぞれ進級した一同と、新しい魔法工学科の生徒となった達也。今年こそは平穏に過ごそうとするが、まさかの新入生達がそれを許してはくれなかった。まさにブーメラン。メンバーが入れ替わっただけで、去年の新入生騒動を見てるかのような懐かしさはあえての構成だろうな。先輩たちの苦労を知った?達也の心境や如何に。そんで十三束が意外な活躍を。アニメで深雪に名前を覚えてもらってるだけのキャラという謎の役割を果たしてたので気になってたのだがなるほど。近接オンリーはやっぱ好きだな、ロマンだ。
★3 - コメント(0) - 2016年5月2日

Webで読んでいない部分にやっと突入!個人的にはレオやエリカとの絡みが減って残念…だったので9校戦に期待かな。
★1 - コメント(0) - 2016年5月2日

2016/04/13 00:08 読了。ついに二年生編。1巻を思い起こさせる構成はきっとわざとなんだろな。お兄様は学校でさすおにやってるくらいが一番読んでて楽しい。外部勢力とどんぱちやりだすとさすおにすぎて白ける。これから、卒業生にどれだけ頼らず盛り上がりを作れるのか楽しみ。
- コメント(0) - 2016年4月13日

二年生になった司波兄妹達と新入生のいざこざが今回のメインかな? 七宝と七草の対決はなかなかに面白いものだった。七草双子のコンビネーションはいいですね。香澄と琢磨はもしかしてこれから進展していくのかな?そこを含めて次巻も楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2016年4月6日

七草真由美の双子の妹が中心となって物語が進む。中でもやっぱり双子と七宝のバトル、十三束と達也のバトルが熱かった。 七宝の動向には注目しておこう。
★5 - コメント(0) - 2016年4月3日

新入生にお兄様の実力を見せつける話。
- コメント(0) - 2016年4月3日

いろいろ新キャラも増えてきて 不穏な動きがでてますがさすおに!
★2 - コメント(0) - 2016年3月20日

え、え!?十三束くん強い!! 驚き!!!まだいたのかこんな奴!!! あと七宝くん………もう始まりから面倒な子だなぁとイライラしてしまいましたが、今はもう、これから彼はこの中でやっていけるか不安と心配しかありません。
★1 - コメント(0) - 2016年3月16日

後半から面白かった。 新キャラも達也のこと褒めていて笑う。
★6 - コメント(0) - 2016年3月12日

ダブルセブンってそういうことか。新キャラ出てきて登場人物が増えていくのに、人物相関がまとまってきた気がして不思議。高校生っぽい雰囲気も多々ありつつ、黒幕の動きも匂わされつつ。でもこの間は七草の真由美と双子の絡みとか、黒羽姉弟とか、十三束の強さとか、服部がさりげなく理解者になってたりとか、新設された工学科とか。また1冊丸ごと伏線なんだろうなぁ。という楽しさ。克人と真由美がどうにかなるのかも、期待しどころなのだろうか。七宝くんが現状捨て駒キャラっぽいけどどうなることか。あと、軍と達也の関係も今回はドライ。
★3 - コメント(0) - 2016年3月8日

あれ、七宝って弱い?w十三束意外と強いのな。達也あんな苦戦するとは思わ無かったー
- コメント(0) - 2016年2月27日

★★★ 年次が上がり新入生がやってきて大騒動。今回は凄い達也くん控えめで新キャラ紹介の趣。裏で行われる権力闘争も以降のお楽しみ。
★19 - コメント(0) - 2016年2月3日

水波が同居することになった、進級して司波兄妹に後輩ができた、魔法工学科が新設されて達也が二科生でなくなった、司波兄妹二人ともが生徒会副会長となり、達也の所属が生徒会になったなどさまざまな変化があった巻。新キャラも登場。とりわけ「七草の双子」は今後も登場頻度が高そう。もしかしたら七草家は今後世代間、あるいは兄たちと真由美以下の姉妹間で対立するかも…?
★14 - コメント(0) - 2015年12月7日

やっと読み切った!ほんまに登場人物多いのにきちんと整理されてて感心する。ますます面白くなってきた!アニメ二期待ってます
★1 - コメント(0) - 2015年11月11日

双子がいっぱい。新キャラいっぱい。数字もいっぱい。七草の姉妹が絡む辺りはほんわかしますわー。七宝くんには今後、全力でかませ犬っぷりをお願いしたい。しかし一年から見ても三年から見ても、どう考えたって「先輩」ゆえの強さじゃねーでしょ…あんぐりだわ…
- コメント(0) - 2015年11月8日

今巻もおもしろくて一気読み♪お兄様が年下の男の子たちにもモテモテで良い!七宝くんも話をかき回してくれる良いキャラ。皆優秀で良い子ではつまらないからね~
★15 - コメント(0) - 2015年11月5日

達也達が2年へ進級し、新入生も続々登場します。正直、達也と深雪の関係性が何よりも気になるので、新キャラに馴染めるのか、読了するまで不安でしたが結果みんな良かったです。特に七宝君は、いいかんじに中二病的なところがあって、後々思い出して自己嫌悪になるんだろうなーと。非常に可愛いですね。ケント君も可愛かったし。女子だけでなく、後輩男子達にも達也さんがモッテモテで腐女子的に気になります。相変わらず達也と深雪はいちゃいちゃしているのであまり心配していませんが。達也さんが深雪をガン見してるシーンがとてもよかったです。
★3 - コメント(0) - 2015年10月6日

SSD
ダブルセブン、二つの七を冠する一族、または七草の双子。 今刊は高校生同志のさわやかな(?)バトルが多かったです。 深雪とほのかのお兄様お誕生日祝いバトル、双子VS七宝、十三束VS達也 などなど。ほかにも策略、謀略っぽいのもいつも通りありますが、達也と十三束の戦いはとてもさわやかに盛り上がりました。一度読んでいるはずなのにこの世界にもっとはまりたいと思ってしまいます。
★4 - コメント(2) - 2015年9月15日

ダブルセブン編おもしろかったです!達也くんたちも二年生になり、新たに真由美さんの妹たちが入学してきて、波乱の幕開けといった感じでした。香澄ちゃんはお姉ちゃんに近づく達也くんに食って掛かったり、泉美ちゃんは深雪さんを女神様だと言ったりと個性的でかわいかったです。そして、達也の誕生日の深雪さんとてもかわいかったです!そして、最後の達也くんと十三束くんの戦いは圧巻でした。そんななかでも黒幕の動きがありこれからどうなるか非常に気になりました。次回も期待です!
★3 - コメント(0) - 2015年8月27日

再読。七草双子も達也と仲良くなってほしいなあ。七草先輩とは仲良し(?)なのに。十三束くんが達也といい勝負してたのが意外だった。
★5 - コメント(0) - 2015年8月2日

魔法工学科的な要素があんまり見えなくてちょっと残念。(あの実験がそうといえばそうなのかなぁ……)大人っぽくなった(笑)七草先輩の今後(の婚約相手等)に期待です。双子の妹が絡むと余計にかわいくなる七草先輩!権謀術数に弱そうな七草先輩!!(*´Д`)ハァハァ
★1 - コメント(0) - 2015年7月26日

新入生を迎えて新体制となった生徒会や各組織、今年の一年生も問題児がいそうだが去年よりはマシなんじゃないのかなw
★1 - コメント(0) - 2015年7月5日

達也は、2年に進級し、新設された魔法工学科コースの生徒となったり、様々なトラブルを巻き起こす新入生が入学してきたり、という巻。まぁ、面倒くさい後輩だこと…。少しは落ち着いてくれるといいけど。今回は、達也より十三束くんが目立ちましたね。格好良かった。次巻からは、もっと新設されたコースの風景も見てみたい。
★1 - コメント(0) - 2015年7月4日

二年生編開始。新キャラも出てきて今後に期待。話的には入学編の前半部分とちょっと近い感もあるね。
★3 - コメント(0) - 2015年6月14日

一気読みにつき、感想不可避。
★10 - コメント(1) - 2015年6月5日

2年生編スタートです。達也のために新しく魔工科が創設されるなんて、どこまでも型破りな主人公なんでしょうね。 新1年生の面々も個性的で、初お目見えのためか、七宝くんと七草姉妹がほぼ中心の作品でした。その分、個性が強すぎる旧3年生が卒業しても、結局旧2年生である新3年生の影はやっぱり薄めに感じてしまいます。 それにしても、七宝くんはこれでもかというくらい嫌なヤツというか、わがまま小僧で書かれていますが、彼がどう成長していくのかが今後の重要になってくるのかもしれません。
★4 - コメント(0) - 2015年5月30日

2年生になりまして。達也は新設された魔法工学科に転科。深雪は大喜びです。そしてガーディアン候補の水波ちゃんが司波家にやってきたことで彼らの生活も変化しそう。新入生も騒がしい子たちが入ってきました。七草の双子ちゃんと七宝くんです。七宝くんは上ばかり見すぎて周りが見えず「あちゃー」な感じ。でも先輩方にきついお叱りを受けたので少しは変わるかな? 今回の見所はやはり達也と十三束くんの模擬戦でしょうか。黒羽の双子、七草当主の思惑、周の暗躍と気になることがまたたくさんでワクワク^m^
★13 - コメント(0) - 2015年5月27日

何気に双子率が高いのかな。今回の新キャラは七草の双子と七宝の長男。七宝の長男、琢磨はダメッ子っぽいけど、話が進めば成長しそうな予感が・・・する?七草の双子は個性的でした。とはいえ悪い子たちでは無さそうだし、真由美も同様だし、それだけに七草家当主の暗躍が気になる。彼女たちに悪いことにならなければいいけど。 それにしても十三束があんなに強いとは思いませんでした。まぁ結局、最後は、『さすがです、お兄様』感が満載でしたけど。
★82 - コメント(1) - 2015年5月15日

議員とマスコミ相手に、わざわざ恒星炉の実験を見せる意味が不明です。普通の授業風景を見せるのではいけなかったのでしょうか?ただ議員の言質を取るだけなら口八丁次第でどちらも同じようなものでしょう。新1年生のキャラが何人か登場しますが、司波兄妹を崇拝するか敵意を向けるかという「いつもの」パターンなのには苦笑。それでも後半、達也と十三束が先輩らしくしてたのはよかったです。あと、七宝はダメすぎてかえって好きなキャラです(笑)。
★4 - コメント(1) - 2015年5月5日

魔法科高校の劣等生 ダブルセブン編 12巻の 評価:38 感想・レビュー:329
ログイン新規登録(無料)