ロウきゅーぶ! (14) (電撃文庫)

ロウきゅーぶ! (14) (電撃文庫)
392ページ
458登録

ロウきゅーぶ! 14巻はこんな本です

ロウきゅーぶ! 14巻の感想・レビュー(351)

本編の空白期間の出来事を描いた短編集の第14巻。それぞれの話が面白くて満足です。メイド服姿のまほまほは実際には違うはずなのになぜ挿絵ではパンツ見えてるのか(褒め言葉)。あとあっち向いてほいのくだりが異様に長い…。大切なものをかけた手に汗握るこの真剣勝負、葵の冷めた視線が目に浮かびます。そしてラストの羽多野冬子先生回では父の説得のために香椎兄弟と長谷川智花でバスケをすることに(2対1とかではない)。やはり締めはバスケですね。酔ってめっちゃ素直になる智花もめっちゃかわいいです。
★2 - コメント(0) - 3月25日

すばるん、小学生スキャンダルの危機回避www 女装でwww 羽田野先生エピソードとかいろいろ組み合わせてきて面白かった
★14 - コメント(0) - 2016年11月12日

本編終了後の物語クローズの為のクールダウン、かな。時は戻って9月のミホ姉誕生会から。トラベリングはミホ姉の企てたクエスト。ほのぼの。体育祭では夏陽が「太陽王子」の二つ名拝命。おでこに『ひなた』可愛い。アリスでは女バスの父親達と昴があっち向いてホイで熱いバトル、其々の特徴があって微笑ましく、文化な祭では女装昴が大活躍。温泉決戦は羽田野先生の婚約者に扮した昴が父親に男を見せる為万里&愛莉ペアと2on2で競う話。「長谷川智花」良いですね、子供の頃やりましたよ。「湊昴」でも良いと思いますが。酔った智花も可愛い。
★15 - コメント(0) - 2016年11月10日

五つの短編集。(愛莉ちゃんの成長が目立たお話し) 前回で謎だった葵ちゃんときらら女子バスケ部長(予定)の出会いがわかってよかったですね。♪  かえで(昴)ちゃんのイラストが見たいような見たくないような。
★10 - コメント(0) - 2016年8月2日

短編集。すべて前巻よりも前の話、かな。一応試合もあるが、基本は昴とキャッキャウフフ。高校の文化祭が面白かったかな。温泉はちょっと中途半端。小学生ズは愛莉が優遇されていた、というか、1巻から通して成長を最も描きやすいのが愛莉なのだろう。基本に立ち返ったような巻でした。
★3 - コメント(0) - 2015年10月27日

★★☆☆☆ 前回の内容が六年生最後の「三月中」で、本書の内容が秋も深まる「九月」から寒さが際立つ「十二月」まで、って。どーゆーこと。…まぁ、短編集であったゆえ、予想済みといえば、予想済みなのだけれどさぁ…。個人的に、あの硯谷との試合の後、もしくは6年生が小学校を卒業する前後においての、ロウきゅーぶ!の登場人物の関係性や行く末が気になっていたので、本作の「小学生とすばるん」の絡みに重きをおいた内容はあまり頭には入ってこなかったかなぁ、と。…んー。本当の意味で「ロウきゅーぶ!」が完結する15巻に期待、だね…。
★9 - コメント(0) - 2015年9月25日

再読。短編集第三弾。ミホ姉の誕生日を祝う『慧心がーるず・とらべりんぐ!』では真帆が紗季に『ブルマぬがしサイクロン』(掃除機)を発動w。『胸騒ぎの体育祭っ』では小学生らしい微笑ましい運動会の様子が^ ^。『こどもの国のアリス』では慧心の学園祭にてメルヘン喫茶で働く智花達とのマンツーマン接客指名権を賭けた父親達の『あっち向いてほい』対決に昴も参戦!P168智花父「これは、ゲームであっても遊びではない」…どこのSAOだよw。対して『小学生と文化な祭り』では逆に七芝の文化祭に智花達を招待することになった昴…。→
★33 - コメント(2) - 2015年7月7日

短編集5話。第1話美星クエスト。誕生日祝いのために5人と昴があちらこちらに。第2話竹中視点で体育祭。最後は騎馬戦。第3話は慧心学園学園祭。バカ親たちの戦いに巻き込まれる昴。第4話七芝高校文化祭。5人とともに過ごすために昴がとった行動は・・・。第5話温泉回。羽多野先生の実家に行くことに。   今回は短編ということでいろいろバカ要素が詰まっています。
★5 - コメント(0) - 2015年6月18日

愛莉強くなったな…。思わず泣きそうになりました。
★6 - コメント(0) - 2015年5月13日

かなりギリギリなラインを攻めてきた短編集でした(笑)羽多野先生の意外な家庭事情が判明したり、妹バカ爆発な万里だったり、葵の巨乳がついに活躍したり、お父さんたちがついに本気を見せたり(大人げなくて爆笑)、小学生以外のメンバーの話があって面白かったです。特に妹バカな万里が好きですね〜!是非とも香椎兄妹、ずっと仲良しでいてほしいです。竹中は本当に良い子ですね。がんばれ、竹中!(笑)
★9 - コメント(0) - 2015年4月18日

こんなに魅力的なロリたちを差し置いて言うことではないかもしれませんが、万里が好きだ!シスコン兄貴はよいものです。ロリを輝かせるのはロリコンの使命、妹を輝かせるのはシスコンの使命だと思います。全裸で肉体を誉め合う野郎共もいますから、腐ったお姉さん方にもおすすめです(錯乱)あと葵ちゃんイイ女。
★5 - コメント(0) - 2015年3月5日

短編集です。本編は完結してもまだ続きが読めるらしいけど、どうなんでしょう。 相変わらずの智花の「アルコール癖」は強烈です。葵っちはもう・・・、勝ち目無いですね。誕生会や運動会など学校生活の日常編ですので、ゆるりと読めます。
★21 - コメント(0) - 2015年2月6日

短編集ということで、熱血分控えめ・ロリロリ分増量なのは予想通りだったからもう驚かない。そして竹中分や羽多野先生分も補給できるという親切(?)設計。さすがサグ様。そして最後は正妻たる智花嬢がいろいろカッ攫っていきましたとさ。葵ちゃん相変わらず不憫だわ。刊行から半年ほど('14 11月現在)経ってもあとがきで刊行が明言された15巻が出てないのは、とうとうサグ神か昴のどっちかが逮捕でもされたのかな?(適当)
★15 - コメント(0) - 2014年11月25日

fap
本編は終わったけど卒業までは追いかけるらしい。 文化祭の賑やかしさは面目躍如である。 魅力的な新キャラも登場するけれど、すでに活躍の場はなさそうで残念。 いつもの様にいいタイミングで鈍感になる主人公はすでに伝統芸能の域に達している。 ところでこれは何度でも言うが、イラストでパンツを見せなくていいです。
★6 - コメント(0) - 2014年11月8日

前巻で本編が終わって補足の話。13巻読んでからすごい間が空いてから読んだので懐かしいなと思ったり、もう終わりかと思ってたり感傷深かったです。もう少し巻が出るみたいなので楽しみ。まったく!小学生は最高だぜ!
★10 - コメント(0) - 2014年11月2日

誕生会、運動会、文化祭×2、温泉と5つの短編集、バスケ色は極めて少なく、キャッキャ・ウフフ・・・の色を全面に打ち出した、ロウきゅーぶらしい一冊だと思う(笑)読者サービスをこれでもかこれでもか・・・と挿むあたりは、たまらない人にはたまらないんだろう・・・多分(笑)
★7 - コメント(0) - 2014年10月27日

本編終了後の短編集。とは言え、終了前の短編がほとんどなので、寂しさみたいなものは薄いです。書き下ろしは、ロウきゅーぶの魅力満載で、特に愛莉の成長を感じられるお話でした(^^)
★4 - コメント(0) - 2014年10月25日

Mu
長谷川智花って、おい!(笑) 短編集。まあ、いつものロウきゅーぶの平常運転だな(笑) すばるの女装はまあいつかあるだろうとは思ってた。むしろ表紙イラストにすればよかったのに(おに) さて、本編は前巻で綺麗に終わっているので、今回の短編集も最後にロウきゅーぶらしくバスケの試合で締めて終わりかなと思ったら、そうか、まだ書く気満々なんだ。いや、いいけど。むしろそれなら、3月まで短編集とかじゃなくて、本格的な本編で書いて欲しいと思う。もう一度熱い試合しようぜ!ぜひ!
★9 - コメント(0) - 2014年10月9日

エピソード的には普通の短編集でしたが、本編が終了してしまった今となってはその普通さが良い、というかいつまでも読んでいたいと思わされる内容でした。どのエピソードもロウきゅーぶ!らしくて面白かったですが、やはり最後のエピソードが白眉と言えるでしょう。ただ単に小学生は最高だぜというネタ的な展開だけでは決してあり得ない緊迫した試合のシーン、これこそが本作の最大の魅力だと思っているので、その意味でも期待に応える素晴らしいエピソードでした。そして最後にサプライズが! おお、まだ短編集が出るのですか……これはうれしい!
★11 - コメント(0) - 2014年9月28日

★★★☆☆ 本編が終了して最後の短編集かと思いきやまだ続くとは…。内容は萌8割燃え2割といった感じです。自分はあまりロリ方面に興味ないので子どものために頑張る両親を見て楽しみました。バスケの話の方は相変わらずの燃えで見ていて面白かったです。所々にあるパロはこんなパロとか使う作品だっけ?と疑問に思いながらも楽しめました。 葵の恋路が成功することを祈りつつ(絶望的だが)次巻も待とうと思います
★6 - コメント(0) - 2014年9月9日

本編が終わってこの巻で最後かと思いきやまだ続きが楽しめるみたいで嬉しい。 小学生とのイチャイチャも面白いけど、バスケの試合も個人的に普通に面白くて一粒で二度美味しい感じ。
★6 - コメント(0) - 2014年9月9日

本編は完結したけど短編集はまだ出るようで。話としては「慧心がーるず・とらべりんぐ!」が小学生らしいスケール感のほっこりエピソードで良かったですね。夏陽が語り手の「胸騒ぎの体育祭っ」、夏陽とひなたが絡むシーンは無条件で良いですね、夏陽の抱く子どもらしい照れくささとかそういうのに懐かしさとか感じます。このところ密かに期待している競馬関連小ネタではモンテプリンスが。1982年天皇賞馬、相当に渋いネタだ……。
★6 - コメント(0) - 2014年8月10日

短篇集。マヨネーズはイラストにしないのね。
★4 - コメント(0) - 2014年8月4日

短編集。体育祭や文化祭などバスケ以外の日常にスポットを当てていて面白かった。でもバスケシーンがおまけ程度しかなかったのはやっぱり寂しい。バスケをやってこそのロウきゅーぶだしね。お気に入りはカイジばりの緊張感をみせたあっち向いてほい大会。「これはゲームだが遊びではない」の台詞に笑った
★13 - コメント(0) - 2014年7月23日

5編の短編集!内1編は書き下ろし!幾つかのイベント補足的なお話が多かった。 各話とても面白かった。個人的には、両文化祭エピソードは面白かった。後書きにもあったけど15巻出るんですね!期待大です!
★10 - コメント(0) - 2014年7月20日

短編集の最初の一本はドラマCDで知っていたのですが、やはりオモロイし、それ以外の収録作も相変わらずの「小学生は最高だぜ」状態。内容はどーでもいーよーなパロネタも多く、まさかSAOの茅場教授のフレーズを使ってくるとは予想もしなかったですが。でも、書き下ろし話の羽多野センセじゃないけど、この時期の輝きを堪能すべく、ぜひともOVA化を切に希望したいところ(笑)。アニメに五人の親御さんが一部しか登場しなかったのは、こんな理由があったのか、と後書きを読んで納得、というか驚愕。全く以て勿体ない。
★16 - コメント(0) - 2014年7月19日

挿絵のヤバさが異常と言いますか攻めすぎてないか心配になるレベルでした。内容はミホ姉の誕生日に起こるイベントの数々、小学生たちメインのスバルが出ない体育祭、小学生たちの親大活躍な慧心学園祭、スバルが女装する文化祭、ロリコン養護教諭羽多野先生のお見合い騒動の4作。最後に申し訳程度のバスケ要素がありますが、本編終わっての短編集ともなるとスポコンモノとしては物足りない感じですね。小学生たちが可愛いので楽しいと言えば楽しいんですが…。表紙帯で隠れていて気付かなかったのですが普通にパンツ見えていたんですね。
★8 - コメント(0) - 2014年7月18日

140717-5
★3 - コメント(0) - 2014年7月17日

積んでたのをようやく読了。最後の最後まで非常にひどいのであった。
★3 - コメント(0) - 2014年7月12日

ksk
昴のモテ王っぷりを見せ付けられると、不憫な葵、竹中あたりにエールを送りたくて仕方ない(笑
★4 - コメント(0) - 2014年6月24日

REV
紙書籍にて。前巻の13巻でキレイに終わったわけだが、しれっと出てくる短篇集その3。タイトルによっては、「12.5」みたいなナンバリングだったり、「外伝 その3」みたいな分岐になったりするのだけど、そのへん誰がどうやって決めているんだろう。さて、あまりバスケットボールが登場しない短編。これはこれでいいのだが、背脂を入れすぎたラーメンのような雰囲気もあり。
★6 - コメント(0) - 2014年6月18日

短編集。全体的にニヤニヤする箇所が多く挿絵が危ない奴多かったけど面白かった。文化祭に関しては夏陽の格好がちょっと挿絵で見てみたかった。チーム名がアレでバスケもしていたがもうちょっと濃く内容やったほうがよかったかな。
★6 - コメント(0) - 2014年6月16日

短編集第3弾!な今作。語られなかった小高学園祭の真実。名言は「本当に申し訳ないが中学生はスルーだ」でした。昴先生は流石です。最後の温泉ではやっとバスケに!やっぱり試合は熱くなりますね!!
★15 - コメント(0) - 2014年6月14日

KTR
バスケしてるシーンが無いとほんとにグダグダで見てられないなぁ、ってことがわかった。時間的に最後に書かれた話になる書き下ろし短編が一番出来がいい。セーフなようで怪しい絡みなんてそんなにネチネチ書く程のことも無いんだからサラッと流して読める合間に入れて欲しかった。短編集で集められるとちょっと食傷気味に……。まだ、短編集でるならバスケネタで頼みます……。
★7 - コメント(0) - 2014年6月13日

あと数ヶ月しか、直接教えてあげられる時間はない。もうあの子達は俺なんかいなくても自分たちの思いでしっかり成長していけるのはわかっている。でも、何か淋しい。この少ない時間になにをしてやれるか?今日のこの時間もその一つになればいいな。
★5 - コメント(0) - 2014年6月7日

バスケをしないとバカばっかりw昴もパパ達も万里もwそりゃ葵も呆れますね。
★5 - コメント(0) - 2014年5月29日

内容がアレなので電子書籍で良かった。周りの目があるのでイラストは速攻スクロールです。冗談はさておき、本編で何度か語られた葵大活躍の学園祭編がやっと読めてスッキリしました。その上面白い組み合わせの真剣勝負もあったし短編集としてなかなか良かった。あれだけ熱い試合を描ける力があるのに何故残念な方にいっちゃうのか不思議ですねえ。いい意味で。
★7 - コメント(0) - 2014年5月20日

ロウきゅーぶ!はアイリーンの成長を見守る作品だから。
★8 - コメント(0) - 2014年5月15日

kam
面白かった。「長谷川智花」の狙い過ぎ感がとてもよいと思います!!
★6 - コメント(0) - 2014年5月14日

描き下ろしのスポ根ロリコンどちらにも振れ過ぎないバランスがこのシリーズの序盤の巻を彷彿とさせてある意味懐かしい感じ。なにげに新キャラ(?)も投入されてますし、中学・高校編に続けて欲しいところ。
★7 - コメント(0) - 2014年5月14日

ロウきゅーぶ! 14巻の 評価:64 感想・レビュー:129
ログイン新規登録(無料)