キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)
あらすじ・内容
私は、人間など信じない人間だ。
―I Wish I Were a Bird.―

最後の峠を超えたのは、昼過ぎだった。絶好の見晴台からは、巨大な盆地が一望できる。そこには、5つの国があった。キノとエルメスはゆっくりと近づいて、三日間の滞在許可を求める。
「ほう、旅人さんは盆地の国々を回りたい? ならば、とてもいい時に来ましたね」
「この盆地の国々の、四年に一度の大戦争がもうすぐ勃発するんですよ! 熱い、戦いの火蓋が切って落とされるんです」
「奇跡だよ!」
「大戦争、楽しんでいってね!」
(「スポーツの国」)他全13話収録の第18巻が登場!

あらすじ・内容をもっと見る
270ページ
1758登録

キノの旅 the Beautiful World 18巻はこんな本です

キノの旅 the Beautiful World 18巻の感想・レビュー(1398)

「キノの旅の国」エルメスミサイルが最高に笑えた。「税金の国」税金はきちんと払っておきなさいよという戒めがこめられた話。「復讐の国」女が国外追放され復讐に至った経緯を描写して欲しかった。
★1 - コメント(0) - 3月19日

キノの旅の国が面白かった。
- コメント(0) - 2月15日

スポーツの国も遺産の国も示唆に富んでいていいですね。税金の国もめっちゃ好きです。復讐の国も完全に期待通り。キノっぽさというか皮肉な感じ。特に師匠の話が入ると同じ国に時系列が出来て深みが出ますね。止まった国=牛の国ですね、なるほどおもしろい。
★3 - コメント(0) - 1月4日

ある国の末路『牛の国』鎮魂の鐘『草原の話』誰?『キノの旅の国・b』軍隊いらず『スポーツの国』そのままでいたい『止まった国』ケチっちゃダメ『税金の国』おいしくても、食べ過ぎはよろしくない『主食の国』相乗効果『チョコレートの話』夢叶わず『遺産の国』いろんな視点から見た復讐劇『復讐の国』何があったんだろう…?『お金の国』疲れてるのね『私の戦争』盛りすぎ『キノの旅の国・a』
★24 - コメント(0) - 2016年12月12日

最近薄れ気味だった初期に感じた“キノの旅”らしい雰囲気が感じられてとても良かった。
★3 - コメント(0) - 2016年11月21日

スポーツの国と税金の国などどれも面白かった。あとがきが斬新すぎて笑えました。表紙の裏にあとがきがきちんと書かれていて安心しました。
★3 - コメント(0) - 2016年11月13日

「キノの旅」の18巻。「税金の国」が良かった。自分で選べるなんていいね。「主食の国」に生まれなくて良かったとしみじみ。嫌いじゃないけど毎日三食、食べたくはない。
★5 - コメント(0) - 2016年11月12日

久しぶりに読むキノ。安定の面白さ。
★2 - コメント(0) - 2016年11月12日

20巻が出たと聞いて慌てて読んだ。小・中学生の頃から読んでるシリーズだから久々に読むと懐かしくなった。あの頃と変わらずキノとエルメスが旅を続けていて嬉しくなった。このまま続きの巻も読もうと思う。
★3 - コメント(0) - 2016年10月12日

『税金の国』が好きだった。『止まった国』の“私”は『牛の国』を選択したのか、と沁み沁み。 2016-3
★2 - コメント(0) - 2016年9月26日

スポーツの国と税金の国はいかにもこのシリーズらしくて好き。
★2 - コメント(0) - 2016年9月23日

「税金の国」ブラックさが効いてて良かった。自分が受けたいサービスの税金だけ払うって仕組みはすごく良いと思うけど現実は目の前に死にそうな人が居たらこんなにバッサリ見捨てられないよなぁ。/牛の国と止まった国は繋がってるのかな。広い草原と青空のイラストが素敵で魅入ってしまった。/キノの旅の国はキノのキャラクターが違いすぎて笑っちゃった。共通点はもはや性別だけ?笑/お金の国 実際に人を幸せにするのはお金ではなくお金を自由に使うこと。本当にその通りだよな。/今回も面白いあとがきでした(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年9月10日

SSD
私は人間など信じない人間だ。口絵牛の-もーもー、抗生物質とか食わされてなさそうな牛。草原の話、慰霊碑。PRERキノの旅THE MOVIEかっこいい!!エルメス大興奮。スポーツの-ゴリンピック。止まった-マトリックス、ではなかった。税金の-契約国家。特約は自己責任。主食の-チョコ三昧。おえっぷ。チョコレートの話、怨念、かも。遺産の-ティー天才。かわいい。もうティーだけの話(あとフォト)が欲しい。復讐の-なんというかドラマだ。お金の-蒐集こそが資本主義の原点。GOLDじゃなくて通貨だったけど。私の戦争、→
★10 - コメント(1) - 2016年8月25日

このくらいのボリューム、話数がまさに「キノの旅」って感じ。
★2 - コメント(0) - 2016年7月11日

【復讐の国】 彼女はなぜ、祖国に復讐しなければならなかったのか。 顔を変えたのも、美しくなるためではなく、正攻法で入国するためだったのか。 やるせないバッドエンドストーリー。 このストーリーで、印象的なセリフは「人を助けるときは、相応の覚悟が必要。」
★3 - コメント(0) - 2016年6月12日

「税金の国」が面白かった。すごく極端でブラックな内容だけど、なんか読み返しちゃう。
★3 - コメント(0) - 2016年6月9日

可もなく不可もなくだった。短編だけど物語に繋がりがあったのは良かった。「キノの旅の国」の話が一番お気に入り。
★4 - コメント(0) - 2016年5月26日

割とあっさりめのお話ばかり。楽しかったのはプロローグ、エピローグのキノの旅の国だな。ちなみに読書メーターを利用して300冊目
★5 - コメント(0) - 2016年5月26日

読んでなかったからようやく読んだ、つもりなのに、チョコレート食べる国って前も読んだことあるような気がした。キノの旅の国には笑ってしまった。
★4 - コメント(0) - 2016年5月19日

草原の話が綺麗で好き。主食の国には笑いました。一番好きなのは税金の国です。スポーツの国は…なんというかオリンピックが元ネタなんでしょうね(笑)
★6 - コメント(0) - 2016年5月9日

久しぶりのキノ。作者に失礼かもしれないが、よくネタが尽きないと思う。図書館本でカバー裏が読めなくて残念
★4 - コメント(0) - 2016年5月8日

再読。どの国もそれぞれの良さ、不思議さがあっていつものようにあっという間に読めた。自分の価値観だけで生きていくのが幸せか不幸せか悩むきっかけになった…
★3 - コメント(0) - 2016年5月5日

シリーズ18巻。牛の国と本編の話の繋がりや、チョコレートに関する国の話が2話連続であるなど、関連してるところがよかったです。ティーちゃんの頭のよさや能力のすごさが巻を追うごとに出てきていて楽しいです《2016年143冊目》
★29 - コメント(0) - 2016年4月19日

プロローグ・bの”キノ”のイラストに驚いて始まった18巻。面白かったのは「スポーツの国」かな。師匠、キノ、シズ、フォトという4組のメインキャラクターがいるおかげで、ある国の過去(もしくは少し前の出来事)と現在を描くという形式が増えてきている気がする。今やったことが後でどのような結果をもたらすのか、うまく行く時もあるし、期待通りには行かないことも多いということだろう。あとは今回のあとがき。笑。やっぱキノは図書館本じゃダメだなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年4月12日

★★★★☆
★1 - コメント(0) - 2016年4月2日

後書きェ・・・
★1 - コメント(0) - 2016年3月16日

自分は、時雨沢恵一先生の、あとがきが、割と本気で好きです。半分近くあとがきを、読みたい為に買ってます。
- コメント(0) - 2016年3月14日

話としては、面白いんだけど少し失速したかな?という程度。印象に残る国が少なかったなと。あとがき、「各自お好きなあとがきを想像してください」みたいなやつかと思ったけど、ちゃんとあってなんか安心した!通常は見えないところに工夫をこなすって粋だよなと思ったり。
★2 - コメント(0) - 2016年2月27日

ん?越冬?一つの国に3日間の自分ルールは破って良いことになったの?
★2 - コメント(0) - 2016年2月25日

勉強しないといけないからちょっとだけちょっとだけってのを繰り返してたら読み終わってた∑(OωO; )ビターな話、はあまりなかったかな?どちらかというとおもしろい話が多かった。ちなみに私には、あのあとがきは読めましたあー残念←
★8 - コメント(0) - 2016年2月21日

★★★★★ 16-18巻読了。基本短編完結だから移動時間に読めて良い。そしておもしろい。
★2 - コメント(0) - 2016年2月20日

満足度:★★★☆☆/面白い系の話が多かった
★1 - コメント(0) - 2016年2月6日

あとがきのネタが切れないか毎回ドキドキして読んでる。
★3 - コメント(0) - 2016年1月29日

「キノの旅の国」の遊び心。こういうの、大好きです。
★2 - コメント(0) - 2016年1月17日

エピローグ読むころにはプロローグを忘れてるので、ちょうどいいのかもこの構成。まぁ頭と最後つづけて読んでから本編に入るんですけどね、いつも。「税金の国」は正しいけど、ここまで徹底できるかと言われると私には無理。「復讐の国」がこわい。理由がナゾなのがこわい。あとがき、またまたぁ…と思ってたら…。隠すならここっていうよくある場所にありました。
★4 - コメント(0) - 2016年1月10日

今回、特に面白かったのは【復讐の国】。 キノ、フォト、シズの三人の視点から、一組の男女を追っていくストーリーで、それぞれの人物がそれぞれの時間から他者を観測する描写が非常に巧みで、気付けば引き込まれる非常に高度なシナリオ展開が素晴らしい。 各キャラクター毎の視点では意味のない伏線が、他のキャラクターに引き継がれ、最終的に全部拾われる構成力は見事の一言。 時点で【私の戦争】が面白かった。事象というのは見る者の視点によって如何ようにも変化するというのが鮮やかに描かれている。戦闘描写もかっこ良くてグッド。
★2 - コメント(0) - 2016年1月10日

「キノの旅の国」の、キノとエルメスの温度差が面白い。毎回読んでて思うんだけど、キノとシズはどこかでまた出会う事はあるんだろうか?…ないだろうなあ。今回は特にキノ、シズ、お師匠、フォトの話のバランスが良くって、流石時雨沢さんだなあと思った。大満足!
★3 - コメント(0) - 2015年12月12日

口絵「牛の国」「草原の話」、「スポーツの国」「止まった国(師匠)」「税金の国」「主食の国」「チョコレートの国」「遺産の国(シズ・キノ)」「復讐の国(キノ・フォト・シズ」「お金の国(師匠・キノ)」「私の戦争」「キノの旅の国(a・b)」。とうとうキノの旅が実写映画化!?その出来上がりは・・・。号泣上達値って何!?「遺産の国」ではシズたちが春に、キノたちが秋に訪れてるってことは、再会したりとかあるのかな?フォトも加えて長編とか。そういえば、18巻をとばして19巻を読んだけど、17巻も読んでなかった(笑)
★7 - コメント(0) - 2015年12月2日

表紙イラストの中の数字表記を探したけど見つからない~!と思ったら、タイトルロゴで隠れてしまったとのこと。残念(笑)2話と6話と8話がとくに好きでした。もちろんプロローグとエピローグも秀逸!面白かったです!
★1 - コメント(0) - 2015年11月30日

間が空いての感想なので細かいところは忘れてしまったけど、登場人物に偏りなく、バランス良く面白かった。『止まった国』では、不老不死について考えさせられるなぁ。もし可能になってもなんだか喜べない。むしろ怖い。
★3 - コメント(0) - 2015年11月25日

キノの旅 the Beautiful World 18巻の 評価:50 感想・レビュー:474
ログイン新規登録(無料)