アクセル・ワールド (17) ―星の揺りかご― (電撃文庫)

アクセル・ワールド (17) ―星の揺りかご― (電撃文庫)
あらすじ・内容
≪加速研究会≫との戦いを終えた黒雪姫ら≪ネガ・ネビュラス≫は、ついに白のレギオン≪オシラトリ・ユニヴァース≫との決戦を決意する。≪ホワイト・コスモス≫に挑むためには、緑のレギオン≪グレート・ウォール≫との休戦協定が絶対条件だった。
緑の王≪グリーン・グランデ≫と交渉のため、ハルユキは緑の本拠地・渋谷へ向かう。
そんな重大な局面で待っていたのは、高級ホテルのプールで水着姿になる黒雪姫で!?
これは新たな特訓なのか。それともただのレクリエーションなのか!?

あらすじ・内容をもっと見る
328ページ
1049登録

アクセル・ワールド ―星の揺りかご― 17巻はこんな本です

アクセル・ワールド ―星の揺りかご― 17巻の感想・レビュー(863)

久々に続き読む。思ったより内容覚えていて一安心
- コメント(0) - 3月20日

七王会議によって加速研究会の拠点を発見次第、七レギオンでの集中攻撃を行う事が決定し、<ネガ・ネビュラス>は加速研究会の本拠地を領土戦で攻め落とすため、白のレギオン<オシラトリ・ユニヴァース>との対決を決める。加速研究会の本拠地が分かっているのに、それを示す証拠がないため他のレギオンの協力を得られない春雪たちが辛かった。また、終盤の春雪がレベル2の頃の話と、黒雪姫と<四元素>のグラファイト・エッジとの過去篇も良かった。新メンバーを加えた<ネガ・ネビュラス>が<オシラトリ・ユニヴァース>と激突する日が楽しみ。
★68 - コメント(0) - 2016年9月21日

ショコラ・パペッター含むプチ・パケ面子が移籍しますか!!!仲良くはするんだろうな~っとは思っていたけど・・・。これでさらにリアル割れとかもあるのかな?(70点)
★2 - コメント(0) - 2016年8月19日

映画を見てアクセルワールド熱が再燃したため久方ぶりに積んでいた17巻を読みました。案外内容は覚えているものです。/内容としては、16巻でのISSキットを倒してからの話です。特に大きな戦いもなく前巻で発覚した真実を受けどう行動したものかを決める箸休め巻でした。/ショコラ・パペッター含むプチ・パケ面子が移籍してくるのには驚きました。/楽しかったので残りの巻も一気に読んでいきたいです。
★4 - コメント(0) - 2016年7月25日

メタトロンがレギオンの皆に紹介された反応は面白かったです。 あと、メタトロンの泣きわめくシーンは可愛くて好きになりました。 黒雪姫の師もなかなか面白かったです。 次巻に登場するようですが。
★2 - コメント(0) - 2016年6月13日

おまけが本編!?
★1 - コメント(0) - 2016年5月24日

今巻は前巻までとはうって変わってあまり戦闘シーンがなく現実世界の話が多かったように思う。なんだか疲れている時に読んだから日常パートが多く癒された。しかしハルユキ君がとうとう生徒会選挙に出るまで成長するのは16冊積み重ねた結果だなと思う。短編が収録されていたからか本編を割と短く感じた。相変わらず有田家は赤と黒の王で領土を取ったり取られたりしている風景は殺伐として加速世界とはかけ離れた微笑ましい戦いだなと思った。グラファイトエッジが登場する短編があり本編の登場も近いかなと感じた。
★2 - コメント(0) - 2016年5月20日

超長期にわたって積みっぱなしにしてたけどやっと読んだ。こんな感じだったっけ……ニコの全損フラグがやばいなと思った。このまま最新刊まで読み進めるつもり。
★2 - コメント(0) - 2016年5月14日

★★★☆☆ インターバル回、ハルユキのリア充度が増してきた事、プチバケのネビュラ加入、黒雪姫の師匠とも言えるプレイヤー、グラファイトエッジが登場、黒の双剣士…一体何者なんだ…。あからさまなキリトさん臭がする人は多分本人では無いんだろうけど、そうなるとどういった存在かというのが気になる所。キリトアスナ夫妻の子供が黒雪説ってのが割りと有る話だと個人的に思ってるので、そう考えるとキリトさん本人の仕込みなのかなー
★1 - コメント(0) - 2016年5月11日

また一人、今度はリアルでハルユキに接触する女子一人。どんどん増えていきますよ。さて最後に双剣の人が姿を表しておしまいですが、これでそろいましたか?
★3 - コメント(0) - 2016年5月2日

普通
- コメント(0) - 2016年4月19日

幕間。現状の把握と今後の布石をばら撒いて次へ。同時進行が多くて年一冊になって進行速度が遅れているので完結いつになるのか・・・ 最初にSAO本編が終わりそうなので、終わらせてからかな?
★2 - コメント(0) - 2016年3月29日

3.0 えーと、あからさまにあの人っぽいキャラが出てくるんだけど別人?
★2 - コメント(0) - 2016年1月28日

登録以前に読了。
- コメント(0) - 2016年1月8日

うっわ……ものすごく中途半端なところで終わった……。
- コメント(0) - 2016年1月7日

加速世界に生きる少年少女の物語の第17弾。加速研究会との戦い後からの次のステップ+短編1話★次への下地作りといった内容です。それ以外特に語ることはないかな?あ、でもプチパケが加入したのは意外な展開だったな。短編の方も完全に今後の布石でしょうね。また、長い展開になりそうだけど、次に期待。
★4 - コメント(0) - 2015年12月30日

布石をばら撒いた。そんな感じで。漆黒の双剣士って響きだけだとあっちのほうが思い出されるが……
★6 - コメント(0) - 2015年12月27日

幕間なお話でした。大筋よりもオマケ収録のグラファイト話が好き。次で出てくる…のかな?今までの話も好きですが、この話のころのように黒雪姫との関係をおちついてみたいです。ハルユキ君最近浮気者だからー。
★2 - コメント(0) - 2015年12月15日

目だった話の進展こそありませんでしたが、先の事件で得たもの得た情報をそれぞれに突き合わせていきつつ、リアルでもハルユキにとっての転換点が出てきました。星のゆりかごがネガ・ネビュラスを意味していたというのは後から気が付きました。今までバトルが多かったので休息となりましたが、最後グリーン・グランデとの交渉の席に現れたのはかつての黒雪姫の師匠である双剣使いというところで幕引きです。どうしても黒の双剣使いというとキリトがでてきてしまいますが、果たして彼はどんな性格なのやら?
★7 - コメント(0) - 2015年12月2日

大きく話は進まなかったけどこういうのもいいですね。童心に帰って読む本ですから。
★2 - コメント(0) - 2015年11月27日

一段落ついた本編の幕間的な感覚かな。久しぶりの日常回だったので面白かったです。たまには必要ですよね。バトルも楽しくていいんですが。 さて……次回以降、また荒れそうですが、ネガビュのあと一人の彼。あの人はあの人なのでしょうか……? いや……ねぇ? 
★3 - コメント(0) - 2015年10月28日

白のレギオンとの決戦のため準備をすすめるハルユキたち。ネガ・ネビュラスも賑やかになってきたな。なんとなく大きなストーリーの下で生徒会選挙とか小さなストーリーが入ってくるのが好き。むしろソッチのほうが気になるレベル。メタトロン大好き。
★16 - コメント(0) - 2015年10月23日

バトルとバトルの間の休息という感じのお話だった 
★4 - コメント(0) - 2015年10月21日

水着回。という幕間回。ただそれだけ。
★8 - コメント(0) - 2015年10月16日

結果の出ない努力に何の意味があるのかと、今のキミは思っているんだろう?同じくらい、結果のためではなく努力している友人たちを眩しくも思っているんだろう。思うことはいいんだよ、それも素直なキミの気持ちなんだからね。わたし自身も辿った道だ。キミの壁をわたしが変わりにこえてやることはできないが、キミが乗り越えるのを手伝うことはできる。でも、キミならば自分の力で決められるだろう。わたしはみているからな、楽しみにしているぞ。
★3 - コメント(0) - 2015年8月29日

証拠がなければ例え事実であったとしてもそれを他人に信じさせることはできない。特に、自分のほうが信頼を勝ち得ていない場合には、確固たる証拠をつきつけなければ印象を変えることはできない。それができないとすれば、後他に取りうる方法はその事実を白日のもとに晒すために行動するのみである。
★1 - コメント(0) - 2015年8月21日

久しぶりにAWを読みました。前巻の内容をちょっと忘れてしまいましたが、一応長いISSキットとの戦いを終え次の戦いへの準備、というような巻でした。面白かったです。新しいメンバーが今回増えたので、今後も旧ネガビュ以外で増えるのか楽しみです。まあ増えすぎると書くのが大変そうですけどねw他のレギオンとの話し合いなど加速世界全体で加速研究会との戦いが始まりそうで、次の巻が早く読みたいです。別の方の主人公みたいな黒の二刀流剣士も気になりますね、まあ多分あの人だと思いますけどねw
★3 - コメント(0) - 2015年8月5日

日常的じゃれあいではあるけど これをラブコメの範疇に入れるかは いくぶん,疑問が大きすぎる気もする. 著者の描く食べものは,なんとなく抽象的で 具体的にどうなのか希薄なのが多いけど さくらんぼの描写は結構現実感があった.ただ…….
★1 - コメント(1) - 2015年7月20日

ニューロリンカーってすごく便利なんですね。スクショとか、スクショとか…今回は現実世界が多めで、生徒会役員の残りのメンバーが気になるところです。
★1 - コメント(0) - 2015年7月18日

星の揺りかご。ISSキット編が終了して幕間回かと思われたが、意外と進行しました。ネガビュには星の揺りかごという裏の意味もあったんだね。ショコたちの再登場とまさかのレギオン加入は晴天の霹靂。ハルユキではないが、いつものメンバーだけで行動することは少なくなるのかなと思うと寂しい。そんな中、メタトロン様は今回も絶好調(笑)絶対そのうちハルって呼ぶようになるよね(笑)そして、四元素最後の一人、グラフ登場。黒くて剣二本。それなんてキリトさん(笑)そういえば、生沢さんと井関さんのどっちがハルユキの子になるのかな。
★21 - コメント(0) - 2015年6月25日

ハルが成長しています。しかし、宇宙ステージってほんとにやるの?
★1 - コメント(0) - 2015年6月23日

グラファイト・エッジがキリトすぎる……。
★1 - コメント(0) - 2015年6月17日

双剣士さんキリトっぽい
★1 - コメント(0) - 2015年6月11日

SSD
新刊が届く前におさらいで再読
★3 - コメント(0) - 2015年6月10日

後半いらなかったのでは? もうちょっとストーリー進んでほしかったです。ところで物語の季節的にそろそろ夏になるので、みんなで阿佐ヶ谷七夕祭りか高円寺阿波踊りを見に行く展開が見たいです!
- コメント(0) - 2015年6月9日

双剣士の突然の登場、そして先輩の剣の師のお話でぶった切って終わってくれました。続き気になる!!
★4 - コメント(0) - 2015年6月8日

『アクセル・ワールド』は面白いんだけど、同じ事件をこれだけ長く続くと読むのが辛くなってくる。流し読みしてしまう。 さて、表紙が水着姿の黒雪姫と楓子さんなので、舞台がビーチかとおもいきや、プールでした(完全なネタバレですね、すみません)。主人公ハルユキのバーストリンカーとしての日常を描いているので、生徒会勧誘のくだりはあったものの、これ必要なのだろうか。今後の展開が楽しみ。
★17 - コメント(2) - 2015年5月22日

読むのが苦痛になってきた。SAOのほうはもう読んでない。思いついたエピソード全部詰め込むつもりなの? ちゃんと編集がコントロールしてすっきり進めていけば神作家のままでいられたのに。
★6 - コメント(0) - 2015年4月12日

あらすじの書き方だと、休憩&お色気回かと思いきや、結構普通に真面目な話をしていましたね。 遂に最後の敵と思わしき存在に対しての攻略開始と、このアクセル・ワールドという世界が出来た理由。 そしてSAOとの絡みとか色々出てきそうな感じがしてきました。 しかし、SAOも読んでいると、この加速世界って例のアレの応用としか思えず…… 後、黒くて剣を二本っていうとどうしてもあの方が思い出されますね。 さぁ最後はどう着地するのかな?
★3 - コメント(0) - 2015年3月30日

アクセル・ワールド ―星の揺りかご― 17巻の 評価:42 感想・レビュー:259
ログイン新規登録(無料)