エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)

エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)
あらすじ・内容
南の島で執筆合宿! 人気シリーズ第3弾は、待望の“水着回”でお届け!!

「『夏の取材&執筆合宿』! あんたたちの夢を叶えるためには、必須のイベントよ!」
無事に『妹小説』を書き上げた和泉マサムネは、売れっ子作家・山田エルフの誘いで彼女の所有する南の島にやってきていた。
引きこもりの妹・紗霧の件もあり、合宿に乗り気ではなかったマサムネだが、他ならぬ紗霧からの“後押し”や、ムラマサ先輩の参加もあって、この合宿を有意義なものにしようと意気込むが……。
「二人で遊んでましょう!」仕事そっちのけで遊び始めるエルフ。
「こ、こんな水着で……外に出るなど」
エルフにハメられえっちな水着を披露することになってしまったムラマサ先輩。他にも新しく出来た執筆仲間やエルフの兄の登場など、マサムネはじめての執筆合宿はどうなってしまうのか――?

あらすじ・内容をもっと見る
328ページ
924登録

エロマンガ先生 妹と妖精の島 3巻はこんな本です

エロマンガ先生 妹と妖精の島 3巻の感想・レビュー(789)

今回は水着回という事でアニメで言うならテコ入れ回でした。内容もラブコメ要素があって、読んでいる方が恥ずかしくなるような展開もありますが楽しめました。最後に、次回への伏線張られていたので次巻も楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2月22日

またまた遅めのラノベです。いやあ、今回はすんごく面白かったです。あとがきにも書いてあった通りラブコメ要素が多くなってましたね。まあそれもなんですが、紗霧ちゃんが部屋から出たのにビックリですね。あと紗霧ちゃんの水着姿が描かれてましたね。もうほんとに嬉しい、あと表紙の裏にちょこっと絵が載ってあるところで、ムラマサ先輩とエルフの水着姿ありましたね。結構可愛かったです。エルフの本当の名前も明らかになって今回は神回でしたね。最後のプロローグに載っていた、偽物エロマンガ先生あれは誰なのか、4巻楽しみにして読みます!!
★1 - コメント(0) - 2月17日

春にアニメ化なので、読み直し中。お馴染みの水着回。エルフはいい性格してますね〜。
★1 - コメント(0) - 2月13日

今回のテーマは、物を作るというのは自分の為だけじゃなく、他の受け入れる人がいるこそ作る甲斐がある。趣味で小説を書いている者としては納得できることだ。読者がなければ”話”は成立しない。ま、その哲学的な感想を置いといて、水着回は面白かった。でも、前巻で好きになったムラマサ先輩はちょっとヤバいかもしれないな・・・いくらなんでも爪を剥ぐって・・・ないわー
★1 - コメント(0) - 1月5日

自分好みの作品を誰よりも早く、そして自分だけのために書かれたのを読めるなんて…いいなぁ〜憧れても実現しそうにないだろうけど、羨ましすぎるわ。ついでに南の島でバカンスなんだもん。
★3 - コメント(0) - 2016年12月8日

ムラマサさん言葉責めしてもふもふしたい・・・
★2 - コメント(0) - 2016年12月5日

フラグはいっぱい……しかし鈍感主人公を貫く
★2 - コメント(0) - 2016年11月17日

ラノベ作家のみなさんが夏休みっぽいことをやる話。今回は初登場(でもないけど)が獅童国光(同業者)と山田クリス(編集者)という男性陣ですが、作者の「この巻は浴衣・水着回にしてやる!」、という意気込みが感じられて、まあそれはそれでいいかな、みたいに緩く読んだ。最後に謎の敵みたいなのが出てくるけど。あとやっぱ、世界最強のラノベは「アレ」としか言えないんだな。「も、もしかして、エルフちゃんのくつしたっ?」というのは私的ライトノベル名言集に入れておきたい。9月刊行って、締め切り的には、絵の人かなりきつい進行のはず。
★7 - コメント(0) - 2016年11月15日

3.0 今さらながらこの主人公、ラノベ書いてる割には典型的な察しの悪いラノベ主人公そのままですな。
★2 - コメント(0) - 2016年10月30日

いや〜今回は浴衣に水着にといいサービス回でしたわ。ほんとみんなそれぞれ可愛かったけど、それだけじゃなくラブコメ方面でかなり動きがあったな。エルフとムラマサ先輩の好意的な発言されたり、紗霧との信頼関係も今回すごい見れて良かった。ムラマサ先輩が完全に弄られキャラになりつつあるなw ついに世界で一番可愛い妹の発売日がやってきて、やっぱ作者になると様子見に行っちゃうんだな。最後の紗霧が階段を降りきってきたシーンはクララが立ったばりの感動がありました(涙)。
★70 - コメント(0) - 2016年10月29日

面白かった!またテスト勉強そっちのけで読んじまったよクソ!← さて、3巻ではお馴染みの水着回で、特に事件など起こらない平和な話だったね。エルフもムラマサも可愛かった。真名で呼ばれた時や恥ずかしがっている時とか。新キャラのシドー君は普通な感じで、逆に新鮮だったw今回で第一部完ということで、次巻からはどうなっていくのだろう。楽しみ。
★46 - コメント(0) - 2016年10月22日

平和だ。最後にエロマンガ先生の偽物という波乱があったが。今回は水着回でヒロインもイラストも可愛くて最高だったな。エルフとムラマサ先輩から告白されたけど、この作品でハーレムエンドはない気がするなぁ、魅力的なだけに残念というか可哀想というか。まぁ妹エンド以外だったら絶対ケチ付けるけど。しかし今回の新キャラは男だけでこれはヒロインの追加はもう終わりということかな?しかし今回は楽しい場面が多くてもっとイラスト見たかったな王様ゲームとかツイスターとか。これは漫画とアニメに期待だな。
★3 - コメント(0) - 2016年10月19日

3冊目、主人公が登場する女の子に好かれる展開ふたたび…。にしてもエルフもムラマサもかわいいな。エロマンガ先生まで入って羨ましい限り。
★18 - コメント(0) - 2016年10月1日

エルフちゃん、可愛いなぁ~。次も楽しみ!
★4 - コメント(0) - 2016年9月2日

読了です。出てくるヒロイン全員が可愛いですよね(エルフを推したい)。今巻では、作家シーンは全巻よりも少なく南の島でバカンスなど恋愛模様中心の巻でした。恋愛シーンと言い偽物の登場と言い次巻を早読みたい展開ですので、すぐに買ってきます(笑)。
★7 - コメント(0) - 2016年7月24日

今回は合宿会でしたねエルフとムラマサの水着が可愛いかったですやはりムラマサは脱ぐと凄いんですね、エルフの兄のクリスも合宿に参加しエルフを監視して仕事させようとするのはまさに外道でした
★19 - コメント(0) - 2016年7月19日

ほかの巻よりホームコメディ感薄め。水着回となると、どうもハーレム感強くなっちゃうよな。今回ばかりは仕方ない。でもハーレムよりホームコメディな雰囲気を求めてるから、今回はちょっと違ったかな。第2部はどんな感じになるんだろう。そこそこ期待。
★3 - コメント(0) - 2016年7月17日

南の島で合宿回。エルフもムラマサ先輩も可愛いけど、やっぱり紗霧のヒロイン力は半端なかった。マサムネも妹大好き養いたいっていうのは分かっていたけれど、結構共依存な感じでびっくり。過去の詳細が気になるなぁ。初登場のシドー君は何かありそうかと思ったの特に目立つこともなく・・・顔見せだけなのかな。これから掘り下げられるのだろうか。そして最後は気になる引き。ようやく紗霧の決めぜりふ(?)の意味が分かるのかな?楽しみ!
★24 - コメント(0) - 2016年6月12日

無事に『妹小説』を書き上げた和泉マサムネは山田エルフの誘いで彼女の所有する南の島にやってきていた。引きこもりの紗霧の件もあり、合宿に乗り気ではなかったマサムネだが、他ならぬ紗霧からの後押しやムラマサ先輩の参加もあってこの合宿を有意義なものにしようと意気込むが…仕事そっちのけで遊び始めるエルフ。エルフにハメられえっちな水着を披露することになってしまったムラマサ先輩。他にも新しく出来た執筆仲間やエルフの兄の登場など、マサムネはじめての執筆合宿はどうなってしまうのか?
★2 - コメント(0) - 2016年6月1日

「ノーパンなの?」
★2 - コメント(0) - 2016年5月22日

アニメ化前に再読。執筆合宿編にて、ラブコメお約束回。獅童君初登場。エルフの宣言もといプロポーズが出色。ムラマサ先輩は一つ答えを得ましたね。紗霧は一体どこまで可愛くなるのか。
★7 - コメント(0) - 2016年4月24日

ライトノベルのお約束、3巻は水着回。 小説強化合宿(という名の現実逃避が約1名)のため南の島に。マサムネモテモテじゃねえか…。エルフもムラマサ先輩も可愛いな。エルフは思ってたよりロマンティックだった。ムラマサ先輩は作家の理想みたいな存在だな。自分が面白いと思って書いた作品を心の底から面白いって肯定してくれるのは嬉しい。 でも最後の紗霧に持っていかれた。あれは反則でしょ。
★12 - コメント(0) - 2016年4月13日

エルフ株が引き続き上昇中。最後に妹がもっていくのはお約束なのでよいのだけれど、(恐らく)勝ち目がない彼女も何らかの形で報われるといいなー。なぜかムラマサ先輩だけ、何となく好感度が上がりません・・・。
★25 - コメント(0) - 2016年3月25日

大会打ち上げ&合宿回。ムラマサ先輩もエルフも可愛いがやはり最後には妹が可愛く締めます。 この作者に妹要素を与えるとやはりすごい作品になってしまうようだ・・・。
★5 - コメント(0) - 2016年3月14日

前回の大会の打ち上げの後、エルフの提案で南の島に合宿(という名の旅行)をすることになり、シスコン一直線だけど参加する。いつも通りワイワイやったり自分への愛の告白を何回か聞いたりする主人公。エルフやムラマサが本領を発揮してきたぞ(色んな意味で)。アニメ・ゲームの原作者監修って実体験を少々ネタにしてるんだろうか。
★7 - コメント(0) - 2016年3月1日

水着回に妹無し
★3 - コメント(0) - 2016年2月27日

安定した面白さです。それにしてもムラマサはいいキャラだな〜。イラストもかわいい。そして紗霧の"殺し文句"はグサっときた!この作品はグサっと来る一言が毎回ある気がする。それでいながら紗霧の煮え切らなさがホントうまい!なんでこうイライラウキウキさせる展開がうまいんだろう。終盤の展開はウルっとなった。なにか「青春ブタ野郎」のかえでを思い出させるような展開。深いトラウマがあるだろうと予測される。そして最後に敵?の存在が。20世紀少年みたいな展開は何?笑。
★11 - コメント(0) - 2016年2月15日

生爪にアホほどドン引き笑いした。頭からっぽにして読めるラノベはいいラノベ。
★5 - コメント(0) - 2016年1月27日

『合宿』と称して、エルフ先生の別荘へ。長編ではありますが、章ごとに一区切りとなっているため、特殊な舞台での連作短編集っぽさもあるかもしれません。劇的な事件は起こらず、その分、気軽に読みやすい。とりあえず中盤まではエルフ先生のターンでした。特に二章ラストで『真名』を明かすシーンはグッとくるものがありますなぁ。ここまでフラグを用意されておきながら、あっさりスルーしてしまうマサムネときたら…。そしてムラマサ先生は相当に深い闇をお持ちで…。二巻を読んだ時点でミザリーっぽいとは思いましたが、ここまでヤバいとは…。
★16 - コメント(0) - 2016年1月20日

☆7 時雨沢恵一が某作品で「漫画家の漫画とかが増えてきているから、今後はラノベ作家のラノベを書けばいんじゃないかな?」と言っていたように、にわかに増えているラノベ作家主人公のラノベ。アニメ制作が主人公のアニメも昨年流行ったし(名アニメだった)、業界ものはその時代なりの需要があると思った。この作品は、安定のハーレムもの的楽しみ方が正しいのだろうし、実際そういう意味で面白かったけど。
★16 - コメント(0) - 2016年1月17日

エルフはやっぱりメインヒロインをやっているなぁ。対抗馬としてのムラマサもいい。本命のはずの紗霧は引きこもり設定のせいで出番があまり多くなく、主人公が紗霧を好きという設定に救われている印象がある。エミリーって呼んだときのエルフは可愛かったし、ムラマサも可愛いシーンが多かったので、ラブコメとして面白かった。
★5 - コメント(0) - 2016年1月16日

合宿回にして水着回にしてエルフ回だった。今回エロマンガ先生は蚊帳の外?と思いきや、ちゃんと押さえるべきとこは押さえてるあたりさすが。
★5 - コメント(0) - 2016年1月9日

メインヒロインを生かしつつも、サブヒロインの魅力の引き出し方がやっぱり上手い。小説キチなムラマサ先輩もそうだし、性格に見合わず女子力が高いエルフも思わずドキっとするくらいに良い味出してる。やっぱり俺芋なんかとは違う
★6 - コメント(0) - 2015年12月23日

1~3巻まで読んだ。いや、面白いな。正直言ってラノベは読むがハーレムっぽいだけのやつは苦手な俺ですが、これぐらい質部分が上がってくれば、ハーレムかどうか関係なく面白いということが分かる。キャラがもれなく全員好感もてて、かついい感じの欠点を持っている。中々できることじゃないんだよね、これ。でもそれでいてハーレム。まぎれもなくハーレムだし、つまりポルノ。安くて痛いラノベの代表演出である倍角フォントまで出てくる。それが違和感なく小説として面白いんだから恐れ入る。「妹もの小説の金字塔」のキャッチコピー伊達じゃない
★11 - コメント(0) - 2015年12月22日

満足度:★★★★☆/満腹度:□□□/エルフもムラマサ先輩も可愛いのに紗霧がすさまじく可愛くて応援せざるを得ない……!ぐおお~!健気で一途で素直になれない(ときどき変態な)妹……マサムネ、はやく結婚してあげて……/気に入った飲食物:わたあめ
★5 - コメント(0) - 2015年11月24日

合宿回。ラブコメ全開で随所で笑えました。三章の終わり、ムラマサ先輩が小説はもう書かないといったところ〜ファンレターの話は少しジーンときました><自分も好きな作家さんへファンレターを書こうかな。。あと、新キャラのシドーくん、残念なイケメンキャラで笑えましたw 第一部終了ということで、次の『エロマンガ先生VSエロマンガ先生G』が気になります!4巻読もう!
★10 - コメント(0) - 2015年11月23日

すごく読みやすい。あっという間に読み終わってる感じです。ムラマサ可愛かったですね~。
★19 - コメント(0) - 2015年11月23日

箸休めかな。でも相変わらず、登場人物達が誰も彼もがぶっ壊れているんだけど。それよりも次への引きが全部持ってったかも。
★3 - コメント(0) - 2015年10月26日

KTR
過去回だし、サブヒロイン掘り下げだし、海回だし、でもサブヒロインなんだよなぁ。メインヒロインには昇格難しい。突飛じゃないラノベの普通。ライトノベルだなぁと気を抜いて読めてる。意外と楽しんでる。
★7 - コメント(0) - 2015年10月25日

いろいろと盛りだくさんな一冊だった。ムラマサ先輩のピュアさ笑 読みやすく、キャラ同士の会話もテンポがよく面白かった。しかし国光君の酔いっぷりはすごかったー! そしてエルフ兄登場でますます盛り上がる。小説とは少し離れて、番外編のような話だった。女子キャラの水着姿がかわいい! もう一人のエロ漫画先生にも気になる~
★33 - コメント(0) - 2015年10月2日

エロマンガ先生 妹と妖精の島 3巻の 評価:56 感想・レビュー:269
ログイン新規登録(無料)