X(クロス)トーク (電撃文庫)

X(クロス)トーク (電撃文庫)
251ページ
209登録

X(クロス)トークはこんな本です

X(クロス)トークの感想・レビュー(153)

怖かったぁ……。短編ホラー集です。首刈りの話がよく考えられてて好きだけど、なんだかんだ一番身に染みて怖いのは学校のやつでした。読んだ後図書館に行ったけど、窓とか階段とかちょっとした隙間が怖いこと怖いこと……
- コメント(0) - 2016年3月30日

短編連作でホラーめいた作風は好き。全体的に「世にも奇妙な物語」のような日常から非日常に迷い込んだ人の話みたいな感じ。個人的には、「クックロビンの埋葬」が一番好き。壱の歪んだ愛情みたいに見えるのに、最後まで読むとと別に歪んでなくない?みたいに思う。認識次第で日常は非日常に容易に変わるということ?でも一番怖いのは、本の最初と最後の「before talk」と「after talk」の部分。ここを読むと、今までの話が何倍にも怖くなる。
- コメント(0) - 2016年3月14日

途中で挫折。
★1 - コメント(0) - 2015年8月25日

四つの短編と+αからなるライト・ホラー。腐らない死体、生首を集める怪人、ルール違反を許さない町、学校の七不思議などの怪奇現象。それらが、何処にでもいそうな人物の、よくある日常の中に不意に入り込んでくるという構成になっているので、その恐怖をより身近に感じられるのではないでしょうか。状態を想像しやすい文章表現もそれに合っていると思われます。ただその分、破滅的な狂気とか突拍子もない展開とかはありませんので、本格的なものではなく、ちょっと恐くて不思議な話が読みたい時にいいかもしれません。
★6 - コメント(0) - 2015年3月21日

夜中に読むホラーには丁度いい不気味さ。世にも奇妙な物語と言えば一番わかりやすいか。ゾワゾワくるようなものではないが、どれもふとした瞬間に思い出していやな気味の悪さを感じてしまう。定番とはいえいいオチでした。
- コメント(0) - 2014年1月25日

意外と直球ホラー。超怖くて死ぬって感じではないけど、ほどほどにぞわぞわする話を軽く楽しめる。
- コメント(0) - 2014年1月19日

「なんか冬なのに自分ホラー読みすぎじゃない??」と思う今日この頃。でもさなんか分からないけれども、冬なのに深夜とかにも冬なのにホラー番組とか結構やってるんですよね。初めてこの人の本を読んだけれどもなかなか興味深い。他の読メの方の感想にもあるように世にも奇妙な物語を彷彿させるような作りかもしれないです。なんとも言えない後味の短篇集4編。物語が気になりつい時間を忘れて一気読みをしてしまった。感想を書いていて感じた…「久しぶりに世にも奇妙な物語をみたいかも。」---明日、DVDでも借りてこようかなww。
★7 - コメント(0) - 2014年1月12日

世にも奇妙な物語のラノベ版。ただしほのぼの系はない。特に気に入ったのは、「子供たちの町」かな。ぞわっとした。
★5 - コメント(0) - 2013年5月23日

ジャケ買いだねw
- コメント(0) - 2013年5月15日

世にも奇妙な物語@ライトノベル、な雰囲気のホラー短編集です。プロローグの時点で主人公にゲームオーバーなフラグがバリバリに立っております。確かに怖くはあるけど、想像の範囲内。夜中にトイレに行けなくなるレベルではありません。さくっと怪談を楽しむのには丁度良い具合です。
★2 - コメント(0) - 2013年4月9日

怪奇譚。 怖いというよりかは不思議な話かな。 一つ一つの作品は面白いんだけど、プロローグの時点で全体のオチがよめるというある意味驚きな構成はどう評価すればいいものか……。
- コメント(0) - 2013年1月17日

なかなかに怖い。一つ一つの話のアイデアがよく練られていて、背中にひんやりと冷たいものを感じる。どの話も好きだが、桜井と茜の二人が七不思議の不思議に迫る「七不思議の向こうで」が個人的に好み。読み終えたあとに、タモさんのあの某番組のテーマソングが容易に脳内で流れました。恐怖をそこまで追求していない軽いテイストの怪奇集。面白かったです。
★3 - コメント(0) - 2013年1月14日

無難といえば無難。このオチは割と好きだけど、中身が及第点を越えないのでどうしても平凡の強化になってしまう。
- コメント(0) - 2012年9月15日

オフ会に集まった見知らぬ五人が怪談をしていくという設定。怪談集でラノベっぽくない。それぞれのオチもありがちと言えばありがち。いい意味で普通の本。
- コメント(0) - 2012年7月19日

読了。へんにひねりを加えていないだけ、とても読みやすい。まあ、オーソドックスと言われれば、それまでですが。「子供たちの町」は、「世にも奇妙な物語」に出てきてもおかしく無い内容。
★2 - コメント(0) - 2012年6月25日

悪くはないけどなにかがたりない
- コメント(0) - 2012年4月9日

おすすめできん。読書入門書としてはいいかもしれんけど。ラノベがラノベと揶揄されるのは、偏見以上に作家や出版社の趣向志向に問題があるのでは?と思った。読んでから。
- コメント(0) - 2011年3月18日

きゃーこわい
- コメント(0) - 2010年11月9日

すごく怖いものを期待していたこともあって、ちょっと拍子抜けでした。オチもよくあるもので、最初の方でだいたい察してしまいました。それでも怖い話だと構えて読まなければ十分楽しめると思うし、なにより読みやすいです。やっぱり個人的にはもっと涼がほしくはあったけど……。
★1 - コメント(0) - 2010年9月16日

クックロビンの埋葬、ヘッドハンティングは怖かったです。あとはあんまり…。西尾維新の小説の方が怖い
- コメント(0) - 2010年8月12日

オムニバスっぽい感じだったのか.まあオチを含めてオーソドックスというか.
- コメント(0) - 2010年8月10日

入院中に読了
- コメント(0) - 2010年6月11日

これはよいオチ。でもそれだけ。
★1 - コメント(0) - 2010年6月10日

個人的にはいまいち。架空の都市伝説を語るお話。
- コメント(0) - 2010年3月17日

ホラー短編集。基本的に全てどこかで見たことがあるようなお話しだが、基本は抑えており雰囲気は出せている。個人的にクックロビンと子どもの話が好き。最後のオチが弱いのが残念な作品。
- コメント(0) - 2009年12月6日

怖いホラーというより「世にも奇妙な物語」に近い感じ。でも面白かった。七不思議の話がある意味いちばん怖かったかも。首刈りは、怖いというよりもイヤだ~。
★2 - コメント(0) - 2009年11月21日

確かに怖い話だが、ゾクッとするほどではない。軽く怖い話を楽しみたい、という雰囲気。作品としての締めは、どういうオチか読めたが、気に入った。イラストの雰囲気が作品に合っていない。もっと恐ろしげなイラストか、もしくはいっそ挿し絵無しの方が。
★3 - コメント(0) - 2009年8月22日

「百物語」のような形式で語られる、恐怖よりも不気味さを感じる「都市伝説」のような一話完結の物語。 「怪談」ではありえない、現代の都市や文明の利器を生かした不気味さが面白くもあり、癖になりそうな感じです。 続編というか、シェアード・ワールド・ノベルのような形で続刊していただければ、ぜひ読みたいですね。
- コメント(0) - 2009年6月6日

もうひと押し欲しいかな。
- コメント(0) - 2009年3月21日

読み手をひきつける文章の上手さが光る、ちょっぴり怖い話 http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51172742.html
★1 - コメント(0) - 2009年3月4日

ライトなホラーでした。挿絵と文体の所為か、ちらほら筒帽子の人が脳裏を掠めます。
- コメント(0) - 2009年1月5日

どきどき、な感じ。
- コメント(0) - 2008年7月29日

どの話も、自分が巻き込まれたら嫌なシチュエーションながら、物語としては読んでいてさほど怖くないホラー短編集。
★1 - コメント(0) - 2008年7月28日

ホラー苦手だけど好きな作家なので読んでみた。
- コメント(0) - 2008年6月26日

ホラー短編集
- コメント(0) - 2008年6月21日

【読メ登録以前読了作品】 内容(「BOOK」データベースより) 日常の隣に潜む、妖しい物語たち。それらを語るために私たちは集まった。もちろんリアルな話じゃない。それは怪奇小説サイトのオフ会で、ホラー好きの5人が、それぞれ紡いだ物語を披露するという集まりだ。だけど、彼らの話はあまりに生々しく、やがて現実と虚構は交差して…。
★6 - コメント(0) - 2008年6月14日

やっぱり気持ち悪さでは「子供たちの町」が一番かなあ
★1 - コメント(0) - 2008年6月13日

怪現象ってのは理不尽なものが多いよなあ、と思いながら読んでました。久しぶりに読み返しましたが、何故か自分は初めて読んだ時、無償に子供たちの町の不気味さに鳥肌がたったのを覚えています。いつ何処に居ても監視され、その行動がひょんな事から死へ繋がるというのはぞわぞわしますね。ヘッドハンティングは、怖さよりグロさに対する感覚の方が強かったです。ある日頭がばっくり割れてるなんて冗談じゃない…。そして、七不思議の向こうで、は…自分も怪談話に関しては、行動はしなくても聞くのが好きな方なので…ぞわっとしました。
★2 - コメント(0) - --/--

確か読んだのは中学生のころだったかな。 あんま印象に残ってない
- コメント(0) - --/--

X(クロス)トークの 評価:66 感想・レビュー:44
ログイン新規登録(無料)