ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・バレット (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・バレット (電撃文庫)
あらすじ・内容
≪SAO≫事件から一年。次にキリトを待ち受けるのは、銃と鋼鉄のVRMMO≪ガンゲイル・オンライン≫。突如発生した謎の殺人事件を追うが……! 新章突入!

あらすじ・内容をもっと見る
297ページ
6189登録

ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・バレットはこんな本です

ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・バレットの感想・レビュー(5557)

やはり、シノンがヒーローで、キリコがヒロイン。にしても、やっぱ、デスガンって命名はだせぇな。
★4 - コメント(0) - 3月14日

次なる舞台はFPS。キャラクターコンバート機能にRM還元って、ゲーマーにとっては夢のような世界ですね。恐ろしい。キリトさん用に剣が用意してあるのも笑えました。が、詩乃ちゃんの生い立ちが不憫すぎる。思わず応援したくなります。
★23 - コメント(0) - 3月12日

古本屋。 “SAO”事件から一年が経った。ある日。キリトは、総務省“仮想課”の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。銃と鋼鉄のVRMMO“ガンゲイル・オンライン”で突如発生した“死銃”事件。漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実でも“死”に至る…。その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、“仮想世界”が“現実世界”へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、“GGO”へとログインする。新エピソード突入。
★9 - コメント(0) - 3月8日

ガンアクションもありなんですね。
★3 - コメント(0) - 3月6日

ファントムバレット編が一番好きだな。シノン可愛いですな! キリトとシノンの出会いが何故か笑えてしまう。
★1 - コメント(0) - 3月4日

★★★★★新章に突入したが、今までで一番面白い。あっという間に読める。読み終えるまで片時も離したくありませんでした。半分以上新キャラのシノンの一人語りなのですが、自分勝手だとかウジウジしているなどという暗い感情を抱かず、素直に彼女の心を受け止められました。プロフェショナルを目指すシノン良い。キリトがとても可愛い。アバターとしても可愛く、尚更自分の犯したかもしれない罪に怯えるのも可愛い。シノンと同じ様に目が離せなくなる。キリトとシノンのコンビ大好き。銃の世界でも刀を選ぶのが、キリトらしく一途で良かったです。
★4 - コメント(0) - 2月27日

映画みてきて何となく読み返したくなった。
★3 - コメント(0) - 2月24日

☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2月18日

銃ばっかりの世界っていうのも良いな。でも、キリトは相変わらず剣か。
- コメント(0) - 2月16日

やっぱりかっこいいー!! 戦闘シーン大好きです!!
★5 - コメント(0) - 1月26日

【図書館本2】面白かったから再読。やっぱりキリトとシノン出会って、カジノコーナーでキリトが全ての弾を避けきって賞金を手ねにしたところや、シノンの誤解が解けた後の二人のやり取りが面白くて好きだなぁ そういえば、キリトとシノンって同じ年なのかな?
★10 - コメント(0) - 2016年12月26日

【図書館本】ALOからアスナを助け出したキリトは「死銃」「デス・ガン」と名乗るGGOプレイヤーを調べるため、コンバートした。詩乃のツライ過去やそこで起こる拒絶症状を知ったときは本当に衝撃を受けた。また、キリトとアバターが女の子みたいになったのは、abcのイラストもかわいくてよかったと思った(笑)でも、闘うキリトはかっこいい!!川原さんは、人間の描きかたが本当にうまいと思った!
★6 - コメント(0) - 2016年12月21日

run
再読。この話好き。
★3 - コメント(0) - 2016年12月5日

ガンゲイルオンライン、銃の世界にキリトが入るお話。デスガンを探す名目だったのが、過去のラフィンコフィン討伐時の自分の忘れようとしてる過去と向き合う序章。銃弾を剣で叩き切るとか超絶テクニックじゃないか
★2 - コメント(0) - 2016年11月27日

後書きで最後に「あなたの眉間にも、感謝のヘッドショットを捧げます」って文を添えるセンスに脱帽ですね
★1 - コメント(0) - 2016年11月19日

銃の世界に行ってもやっぱりキリトは剣を使うんだ…
★7 - コメント(0) - 2016年11月14日

表紙かっわいい!これはどっからどう見ても女の子!そしてガンゲームなのにライトセーバー選んじゃうとはさすがのキリトくんはぶれません。先にアニメを観賞済みですが、シノンのトラウマを丁寧に描写してるため原作の方が好みでした。しかし原作のデス・ガンはちょっとダサいかな(笑)続きも楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2016年11月13日

TVアニメ視聴し終えての読了。 まず最初に思ったのが、銃アクションなのに剣を使うんかいΣ 後、性別認証されずに女の子みたくなるのはなんとも... シノンの成長物語も兼ねているみたいなのでその辺りの構成はよく出来ていると思うのだが。
★7 - コメント(0) - 2016年11月10日

読んだあと、続けて次の巻を読んでしまいました。ハーレム行きすぎて、とうとうキリトまでヒロインに!?みたいな表紙です。今回は剣でも魔法でもなく、銃の世界。うわー、私には全く興味ないし、知識もないわー。アニメ見てたから理解できたけど、初見が小説だったら投げ出していたかも。ヒロインの中では、アスナと同じくらい好きなシノンさん。キリトにデレッとしすぎない、けじめのあるとこが好きです(笑)アニメではシノン母はこんなだったっけ?ちょっと観直してみたくなりました。
★3 - コメント(0) - 2016年10月17日

ファントム・バレット編の第1巻。アニメではまだ見てないので完全に初見で読みました。新編の1巻という事もあり、ストーリーの導入部分で終わってしまったので次巻以降に期待です。
★1 - コメント(0) - 2016年10月8日

読了。ファントム・バレット篇開幕。アニメで大体の内容は知っていましたが、詩乃のトラウマによりパニック症状を引き起こしているシーンは、読むだけでも背筋が寒くなることがありますね。
- コメント(0) - 2016年9月30日

ついにきたファントム・バレット編。表紙でまず?!となって読み進めてお前かよとなりました(笑) もう女じゃねえかよ…とキリトに少しだけ妬みを(笑) そしてあらたなヒロインシノン!過去に辛いことがあったが、それでも生きていこうとする姿には惚れました。次回楽しみです。
★5 - コメント(0) - 2016年9月13日

表紙の美少女は主人公だったのか。そして今度の舞台は銃で戦う世界。なのにメイン武器にライトセーバーを選んじゃうのはブレないというべきか空気読めというべきか。でも光剣と拳銃の二刀流は普通に格好良い。新ヒロインのシノンは過去のトラウマが結構重く(GGOにのめり込む理由は理解できるようなできないような・・・)、彼女がどうやってそれを乗り越えるのか期待。死銃の件はSF的にどう説明つけるのか楽しみにしてる
★17 - コメント(0) - 2016年9月8日

★★★★ 4巻読了時点で、読むのやめようかと思ってたけど、この巻は面白い!てっきり表紙はまたキリトにすり寄るニューヒロインかと思ったら・・・!いい設定!キリト可愛すぎる!できれば最後までばれずに女同士で通してほしかったなー!そしたら今回は恋愛感情無しの友情話で、すっきり終われたのに。後編はまたキリトへの恋愛が絡むと思うとちょっとげんなり。キリトの異様なモテっぷりさえなければ、面白いんだけどなー。
★1 - コメント(0) - 2016年8月28日

tak
レスリング調子いいですねー。そんなテレビ中継見ながら読了と。剣と魔法の世界も好きだけれど銃の世界もまたいいですねー。てことで、次行くぞ次。
- コメント(0) - 2016年8月17日

アニメ、ゲームでSAOを知り、夏休みの機会に手に取った。文章のテンポが良くて、サクサク読めた。アニメでは分からなかったシノンの複雑な悩みが細かく描写されていて、全く経験のない話なのに感情移入していた。キャラクターのデザインがあることも一因だろう。結構、キリトって強かなんだなぁと笑ってしまった。おいしいところに出くわす辺りは主人公補正なんでしょうか?
- コメント(0) - 2016年8月9日

嘘をついていないと言っても、相手が誤解していることを利用したことは明白である以上、申し訳ないという気持ちは残る。他者は問題ないと言ってくれるかも知れないが、自分がそれを心から認められない以上はその言葉は大きな意味を持たない。どう償えば良いかはわからなくても、償わなければいけないという気持ちは変わらない。
★1 - コメント(0) - 2016年8月3日

アニメを見終えてから原作を始めました。 詩乃の身の上話とかもっと詳細に書かれて、読んでみると何だか可哀想だと思いました。 唯一の友人も……
- コメント(0) - 2016年7月14日

再読。ラフコフの話に絡めてアインクラッド編の話があるのが楽しい。てか、ラフコフ周りの話好きなんだけど、短編集外すとここと4部ラストしか無いのよね。プログレッシブではその辺をやってくれてて有難い。アリス編終わったらプログレッシブ編をガッツリやって欲しいなぁ。あんま新キャラバンバン出してく方向じゃなくフロアのギミックと既存キャラ多めで
★2 - コメント(0) - 2016年7月14日

ここまでの中で初めてどきっとした伏線かもしれない。 銃撃戦の描写はまだ馴染めない…。
- コメント(0) - 2016年7月12日

コンバートシステムのバランス調整ってどうなってるんでしょう、ステ上げ目的のゲームとか作られそうですけども……
- コメント(0) - 2016年7月3日

アクセルワールドを既刊を読み終えてしまったので川原さんの作品をこっちで補充。アニメ2期をリアルタイムで見ていて記憶にかすかにあるんだけれど細部をすっかり忘れていたので思い出すこともあったし、アニメではここまで細かく描かれていたかなと思いつつ読み終える。オチを知っているからこそああなるほどここの描写はこんな意味があったのかと分かることがある。シノン目線ではずいぶんドライな感じだなと思うのだけれどキリトが出てきたことによりそういう描写がないのがハードボイルド好きとしては悲しいなと思う。
★2 - コメント(0) - 2016年6月23日

今度は銃のある世界観。実を言うと、スチームパンクとかもけっこう好きなのでガンレイル・オンラインの世界は今までの世界よりもわくわくした。このあたりもアニメでちらちら見ていた気がする。
★2 - コメント(0) - 2016年6月23日

キリトは、総務省仮想課の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。銃と鋼鉄のVRMMOガンゲイル・オンラインで突如発生した死銃事件。漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実でも死に至る。その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは仮想世界が現実世界へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつもGGOへとログインする。死銃の手懸かりを掴むべく不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。そんな彼に救いの手をさしのべたのは長大なライフル、ヘカート2を愛用するスナイパーのシノンだった。
- コメント(0) - 2016年6月1日

星★★★ 銃弾を剣で切るのは、ファンタジーの憧れ笑
★2 - コメント(0) - 2016年5月8日

銃メインのゲームなのに相変わらず剣を使った接近戦を選ぶのか。育てたキャラ別ゲームでも引越しして使えるってシステムいいな。今のゲーム費やした時間、そのゲームやめちゃうと終わっちゃうから。
- コメント(0) - 2016年5月1日

SAOからGGOへと、その舞台を変えるキリト。そこで出会う心の闇を抱えるシノンと出会う。キリトの心の闇とシノンの心の闇。アニメ視聴済みのため粗筋はわかっているけれども、文字での表現の奥深さ、ヴィジュアルで見せるストーリーとの対比が楽しい。ここで使いたい語彙がいくつかありますが、この続き006を読了後にとっておきます。シノンの心を救えるのは、キリトなのか銃なのか?と、いっても、キリト君モテすぎ(笑)アスナという恋人がいながら、あんなリア充あったもんじゃない(笑)
★38 - コメント(0) - 2016年4月27日

剣と魔法の世界から銃と鋼鉄の世界へ。世界観は変わっても、キャラクターやストーリーが中心でしっかりしてるから面白い。広大な世界観をしっかりまとめてテンポよく展開していくのは毎回見事だと思う。
★1 - コメント(0) - 2016年4月27日

今回も魅力的なキャラクターと世界観で楽しく読めました。つらい過去と向き合うキリトとシノン、重いトピックをがっつり書いているのに、ラノベらしいエンタメ性もあり、面白かったです。キリトの男の娘アバターやシノンの戦闘服?も素敵。イラストもいい。話のスピード感もよく一気に読了しちゃいました。クールな氷のスナイパー、シノンさん、大好きだあ(^.^)
- コメント(0) - 2016年4月21日

今度のターゲットはシオンだぜ!さすがハーレム王。
★5 - コメント(0) - 2016年4月11日

ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・バレットの 評価:46 感想・レビュー:1061
ログイン新規登録(無料)