GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)上 (電撃文庫)

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)上 (電撃文庫)
あらすじ・内容
関東解放戦を終えた武蔵は、休息兼補給のため立ち寄った四国の上空で、今後を見据えた作戦会議を行っていた。
武蔵の是非を問うヴェストファーレン会議にて欧州各国の支持を取り付けるためには、P.A.Odaの弱体化が必須。そこで生徒会副会長の本多・正純は、“本能寺の変”への介入と羽柴勢への本格的な嫌がらせを行う事を決定する!? 
その一方で、再考査になった期末試験もこなさねばならず、大忙しの武蔵勢。3年梅組の試験内容として担任オリオトライが提示したのはさて一体──!

あらすじ・内容をもっと見る
744ページ
429登録

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 上 8巻はこんな本です

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 上 8巻の感想・レビュー(308)

巨加藤先輩の表紙見てメアリ違う格好がまた表紙化と思ってた過去がある。金髪巨乳だがあの忍者はすっかり傷有り殿に夢中だな、ジュース買ってこい。メアリは恋する乙女だなぁ、あの忍者はもげねぇかなぁ。ノリキすげぇ丸くなったわ。結構言われてるように一巻の成長したバージョン、石川ティーチャー割りと好み。しかしミトカーチャンはすげぇはっちゃけ過ぎ、後雑。さぁ、さっさと中巻にゴーですよ(817P)
- コメント(0) - 2月16日

流しうどんと期末テスト。あと清正の告白とか。かーちゃんが無邪気にヤバい。武蔵野さんご愁傷様です。あとAKとの交渉もあった。森蘭丸の個人的お願いで次回に続く。
- コメント(0) - 1月29日

久しぶりのオリオトライの実技試験がすんごい…(笑)
- コメント(0) - 1月8日

関東解放、ネルトリンゲンでの戦いも終え、いよいよ夏休み!かと思いきや「追試」と言う名の戦闘訓練!(笑)1巻であった艦尾から艦首へ向けた追いかけっこを遙かに上回る武蔵最大の危機!?主要メンバーの戦闘能力、メチャメチャ上がってる。そんな中で浅間とお父さんの場面はちょっとぐっと来ましたね。福島と清正の恋の行方も楽しみ(笑)
- コメント(0) - 2016年11月28日

続きが気になるけれど、一気に読むだけの時間がない。もっと時間が欲しいと思わせるシリーズ。今回も楽しんでます。
★3 - コメント(0) - 2016年10月29日

追試しましたけど、おぱーいの出番が少なかったかな?次刊が楽しみ♪
- コメント(0) - 2016年10月25日

追試の名を語る何かが起きてます。あれは本当に試験だったのだろうか・・・
- コメント(0) - 2016年10月18日

印象的にはⅠ巻に立ち戻った巻でした。正純の交渉やオリオトライとの試験はまさにそれ。境ホラ本来の持ち味を振り返ったという感じか、または第3部の序章といったところでしょうか。前半のハイライトはやはり浅間ですね。皆の前でもトーリに甘えたり、親の前で泣いたりと感情を表すようになったのはいいことです。後半は折り込みイラストで登場するのはわかっていましたが、リアルアマゾネスに+人狼女王と九尾の狐って超々々最強じゃね?それにしても本当、オリオトライって何者?Ⅷは立ち位置の不明だったミリアムが主役ですかね?楽しみです。
★4 - コメント(0) - 2016年9月24日

☆×5 上巻からしっかり面白い! これまでを振り返る1巻と同じ追いかけっこも面白かったし、キヨ殿と福島様のすれ違いも最高だった。キヨ殿、可愛すぎか?
- コメント(0) - 2016年8月10日

関東解放を終え、夏休みを迎えた武蔵勢はうどん王国に滞在することに。 歴史再現が行えない中、期末テストの再考査や夏休み明けの本能寺の変等の大きな歴史再現へ向けての準備期間になったわけだが・・・・・・。 1巻を髣髴とさせる先生との追いかけっこが熱い。 皆の確かな成長が感じられつつもまだまだ上には上がいる。ってか人狼女王とか義光とかが援軍って反則っすよ。 武蔵勢の嫌がらせは世界一ィィィィ! 武蔵野さん&奥多摩さんマジ悲劇w そしてやっぱり賢姉最強!
- コメント(0) - 2016年4月13日

学園戦国ファンタジー第8話の上巻。ネルトリンゲンの戦いを無事終える事が出来た武蔵勢も夏休みに突入する事となり、本能寺の変に介入する為に色々と画策する話。武蔵野さんと奥多摩さんが可哀そうすぎる(笑)。1巻を彷彿とさせる追いかけっこ方式の期末テストでしたが、何か色々とスゴイことになってましたね。義光とオリオトライも十分ぶっ飛んでたけど、やっぱ人狼女王は頭一つ飛び抜けてるな。輸送艦を「えいっ、えいっ」しちゃうとか、次元が違いすぎるやろwこの戦いを通して梅組の成長度合いはよく分かったし、次巻も楽しみです。
★44 - コメント(0) - 2016年2月22日

買ったのはいつだったか忘れた。長期休暇に読もうと思って放置してたのごめんなさい。関東解放を成し遂げ、うどん王国に来た武蔵の面々は書類不備のために期末テストの再考査を受ける。迫る本能寺の変への箸休めといった緩めでいつもの内ゲバ多め。既にⅧの下まで出ているから春休み中になんとか読んでしまいたい
★1 - コメント(0) - 2016年2月21日

武蔵野さんと奥多摩さんが災厄に見舞われる今巻…w ネルトリンゲンの戦いを終えた武蔵の面々はうどん国に留まりつつ本能寺の変までの行動について考えていたが、打ち上げの席で安国寺・恵瓊と会ってから状況は一変し…と言うお話。今巻は人狼女王とコノハナサクヤヒメがやんちゃしてたなぁって言う印象がとても強いです…w 特に人狼女王の「えいっ、えぃっ」ってしてるシーンは爆笑してしまいましたw 他にも色々あったんですが、期末テストの件とサクヤが荒ぶっていて強い…と言う印象がやはり…w そして羽柴との会談前に…次巻も期待です。
★14 - コメント(0) - 2016年2月17日

夏休みだけど、期末テスト。期末テストは追いかけっこ。輸送船を持って走る人(?)と戦わせるとか酷い。森・蘭丸出てきたねー。ゆっくり次巻を読もうかな。
★2 - コメント(0) - 2016年2月7日

関東解放などのおおごとを乗り越えて夏休みとなった武蔵勢。うどん大国で本能寺の変にむけての準備巻。行動理念が嫌がらせというのがなんとも武蔵勢らしい。まあ上巻なので交渉や現状確認などおとなしめ。後半の期末テストは1巻との対比ができておもしろかった。あの頃より人数も増えみんなの成長具合がみれていい。賢姉さすがだわ、いいとこ取りだわww
★4 - コメント(0) - 2015年10月5日

同性婚可・子作り技術もあるとの記述に「ほほう…」と思い、基本的にヘテロカプ、たまに百合なので男同士も当たり前にいますよーみたいに書いてほしさある(強いて読みたいわけじゃなくて男同士であっても排除されてないと示して欲しいというか) まあ正直川上作品だとヘテロカプ可愛いサイコーってなるんでいいんだけども。立花夫妻と点蔵・メアリが今回も可愛い。メアリ本当に可愛い。妹に頼みましょうか可愛い。オリオトライとの追いかけっこは1巻と見比べたいなあと思うし賢姉さすがです。挿絵もよかったなー。笑
★3 - コメント(0) - 2015年9月27日

今更放り出せない本作、あと少しだよね? 内容は上巻ですから・・・砲撃並み流しうどんは壺。 輸送艦を持って走る方は底が知れません。
★7 - コメント(0) - 2015年8月13日

武蔵野さん大悲劇(笑)賢姉様の発言が一番すごいとおもった。
★3 - コメント(0) - 2015年7月26日

上越露西亜やら関東解放やら乗り越えて、ここでまさかの期末テスト。第1巻の追いかけっこ再来かと思いきや、まさかのチート級増援×2で艦上が阿鼻叫喚…ジョーカーキャラ気安く出過ぎだろ!と。石川・数正教諭は苦労性ぽい。味方だとヘナチョコだが敵に回ると恐ろしいタイプの人かも。森・蘭丸(やっと)登場で、本能寺の変への流れも加速か?
★4 - コメント(0) - 2015年7月18日

ついにカレーは聖剣を超える扱いになったか。いくつか一巻を思い出させる要素があって燃える。最たるものがオリオトライとの模擬戦。カレー怪人と化したアデーレに合掌。最近忘れてたが先生の化け物っぷりがすごい。これだけの面子相手にほぼ余裕+人狼女王と義光まで参戦。その絶望感といったらゴジラと同時にビオランテとデストロイアが来るとか、ガメラと同時にレギオンとイリスが来るみたいなものか。「期末テスト」が武蔵最大の危機ってのも納得だ。石川・数正が初登場。真面目そうだからこの人が梅組担当だったらストレスですぐに死にそう。
★6 - コメント(2) - 2015年6月27日

安心安定の序章(上巻)。いつもどおり武蔵の面々の他、羽柴勢の準備にもページが多く割かれてた感じで、福島・清正のギクシャクっぷりがなんとも。でもやってることは似通ってるからやっぱりコンビなんですな。武蔵の方は1巻の先生追いかけっこ再び。外道たちの強化に加え途中参加メンバーも一緒なので、より大規模に。…まぁ規模(被害)を拡大させたのは以前の相対で怪獣大決戦(卓球)してた二人なんですが(笑)というかどの戦場よりも期末テストが一番ヤバいってどういうことなんですかねぇ(笑)最後に重要人物も登場し、さて続き続き。
★5 - コメント(0) - 2015年6月19日

読書メモ/「――ナイアルヨ?」『一週間あれば世界は回るよ』「それで良い場所に、いるんですよう、多分」「泣かした――!!」「暫定支配やむなしだろ」「やむなしです」「――あっ、言われてみれば水流調整ありました!今″砲弾並み″ですんで、…」『そうね書記の彼女が暗号解読得意だものね』「じゃ、関東行くか。武蔵で」「えーと、どうやって運びますか……!」「フフ、とったわよ?先生」「うちの副会長は戦争がしたい。それだけなんだ。」「――本能寺の変が終了するまで、あの場所には、近づかないで頂きたい。私の要望はそれだけです」
★5 - コメント(0) - 2015年6月16日

★★★☆☆
★2 - コメント(0) - 2015年6月14日

675ページの先生にすべて持って行かれた。 少なくとも梅組の面々に対しては余裕のある表情しか見せないと思っていたから、こういう表情はすごく新鮮。
★4 - コメント(0) - 2015年6月6日

1巻の意趣返し。皆の成長を感じられます。でも、ミトカーチャンが武蔵壊し過ぎ。ああ、哀れ。流石最強。
★5 - コメント(0) - 2015年6月5日

夏休みに入ったのと、これからの方向を確認する展開なので、交渉とかが中心になって割と派手さはないかなぁ……と途中までは思ってました。なんで、このタイミングで、武蔵建造以来の危機を迎えているんだ。しかもそれを引き起こしているのが、総長連合・生徒会含む梅組とその担任教師+αだっていうんだからこれはひどい。補修でテストを行う必要が出てきたために、実施されたいつかの再来。逃げるオリオトライに一撃いれろ。これは中々熱い展開でしたね。
★8 - コメント(1) - 2015年5月18日

追いかけっこふたたび! 作中だとようやく夏休みってところですが、みんな成長した~。ほとんど期末テスト巻。哀れ武蔵野、奥多摩。
★2 - コメント(0) - 2015年4月26日

また一つ大きなイベントを終えた武蔵一行は、いよいよ本能寺の変へ向けた準備へ。如何にしてP.A.Odaへ嫌がらせを行うか、ウォーモンガー正純の頭にはそれしかなかった。そんな武蔵の動向を探りつつ、P.A.Oda側も動き始めていた。主に青春に向かって。十本槍の福島と加藤は、微妙な距離を続けていた。両想いなのに、プライドが今までがそれを邪魔する。そして言い渡される強化合宿の遠征。出立の間際、加藤が告げた想いと流した涙は福島をどう変えるのか。そして武蔵へやってきた森・蘭丸。明智・光秀の重臣が語る言葉とは。
★2 - コメント(0) - 2015年4月25日

のんびり始まって、先生追いかけっこ再び! っと思ったら輸送艦が~。今回、やたら読むのが遅かった犯人は密室のぐるぐるさん。やっとだよ
★2 - コメント(0) - 2015年4月20日

先生との追っかけっこが1巻に比べて格段に進化しているのが、全員の成長を感じさせました。と同時に被害も拡大していたような気もしますが…。物語の続きもですが、福島×清正がどうなるのか気になる。
★6 - コメント(0) - 2015年4月18日

期末テストの追いかけっこがいつの間にやら怪獣大決戦に…。特にミトカーチャンの輸送艦振り回しは流石(笑) それに対して、被害を受ける武蔵野さん達の阿鼻叫喚っぷりが楽しかった。ストーリーとしては関東帰還や蘭丸の登場と、まだまだ本能寺の変に向けた仕込みの段階という感じ。
★4 - コメント(0) - 2015年4月16日

今回は夏休みの間にひたすら、嫌がらせをするための策謀準備回。最後にあった期末テストにビビった。武蔵最大の危機が他国との戦闘ではなく、期末テストだったなんて………期末テストでは1巻のオリオトライとの授業から比較すると皆成長してるってのがわかりました。むしろ、それでも落とせない先生ってどんな化物なんだよ!!そして、追加参戦に最強クラスばかり!!お前らが参戦したら壊滅確定だろ!!もう、こいつらにまともに勝てるのいないんじゃね?最後に森蘭丸というビッグネームが現れて!?
★1 - コメント(0) - 2015年4月13日

発売日に買ったのに読み終えるまで随分時間をかけてしまった……。 福島・正則と加藤・清正のすれ違いとかも有ったけど、今回の目玉はやっぱり「追加テスト」だなぁ。艦橋破壊の危機は酷かった……。 石川・数正は『戦国無双』で名前に見覚えがある気がする。
★3 - コメント(0) - 2015年4月12日

期末テストが最大の危機って何なの武蔵。テュレやんTUEEE伝説がまた一つ……真喜子先生も 相変わらずチートでOTONA強い。ブラック先輩に振り回される大久保のストレスは如何程なのか。ともあれ本能寺の変介入にはまだまだ壁が多そう。長太嫁のメモとか関東行った後の事とかどうなるのやら。ラストであんな事言われちゃ続き気になっちゃうわよ。
★4 - コメント(0) - 2015年4月9日

読了。開幕うどんですかそうですか。箸が折れるうどんで食事がヤバい。んで二代に担がれたまま戦われても冷静すぎやしませんかねあれ。カレーって速攻系だったのか。番屋で騒いでるオゲちゃん可愛い。ノリキは今まで抑えてただけなのか変わったのか。おう年齢差系犯罪臭カップルもっとイチャついてくださいやがれ。先生の震脚どこぞのヤンキーと良い勝負なんじゃね……? どーなってんだ。なんだかんだで覚醒系作家の指示には従ってるんだよな。期末テストで都市がヤバい。男桐がウザかったり修羅場とか色々ですがどうなる次回。
★3 - コメント(0) - 2015年4月7日

オリオトライ、最上、ママン。余裕をもって受け止めてくれる大人達と越えようとする学生達と。ママン、ダメよ。戦艦で戦艦殴っちゃ。そんで、一番槍と二番槍に進展。コンビネーション補正強い二人です。そして、森蘭丸、登場。さて、武蔵勢はどの様に本能寺に介入していくのか。
★5 - コメント(1) - 2015年4月6日

「暗黒G-!A-!K-!」いやあ新しいっすね。安国寺恵瓊がこんな厨二っぽくなるとは思ってませんでした。ともあれ夏休みで本能寺の変を前にした各国の策謀やら根回しやらと夏休みなわけですが。福島と清正が百合純愛一直線だったりネイトママと義光とオリオトライの強さが異常だったりしつつ関東で安土と会議へ。
★2 - コメント(0) - 2015年4月5日

Ⅷ(上)は表紙イラストが加藤清正。もうこれだけでお腹いっぱいです。ほんとうにありがとうございました。
★2 - コメント(0) - 2015年4月3日

1巻の再現部分は、強力な仲間が増えて、元々のメンバーもより強くなった、という描写が良かったです。でもチートキャラはやっぱりどうしようもありませんでした。輸送艦ハンマーとは……。
★2 - コメント(0) - 2015年4月2日

義光最高や! っとまぁそんな後半の先生追いかけっこでのカーチャンズつえーはさておき、フクシマンとキヨはどーなるのかなー。キヨ殿は好きなんでうまくまとまって欲しいけど、まとまっても百合なのかぁと思うとどこか残念。不破とナルナルくらいになって欲しいもんだけど士気にも関わるしどうなりますやら。 あとは引っ張りに引っ張ってた(?)うどん商人の顛末がなかなかに微妙。驚くほどにジロジロの出番なかったがええのんかの…? 今回は武蔵勢以外の出番薄。次回に期待だなー。
★3 - コメント(0) - 2015年3月28日

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 上 8巻の 評価:46 感想・レビュー:98
ログイン新規登録(無料)