タロットの御主人様。〈10〉 (電撃文庫)

タロットの御主人様。〈10〉 (電撃文庫)
317ページ
114登録

タロットの御主人様。〈10〉はこんな本です

タロットの御主人様。〈10〉の感想・レビュー(89)

うーん、ありふれたエンドでした。かつ、伏線を伏せて伏せて結局空振りでしたね〜。折々にヒントを散りばめてから種明かししないと唐突すぎて何も感じません。ダメダメでしたね〜。
★4 - コメント(0) - 2016年2月20日

最後はあまりに予定調和な纏め方。最初の設定からすると物足りないストーリーだった。そもそも22人も扱いきれるわけがなく、台詞与えるだけで紙面が埋まるのは当然である。途中からずっとだけど、このあざとい表紙何とかしてくれ。
★2 - コメント(0) - 2016年2月5日

最終巻。いろいろと纏めきったという感じかなぁ。タロットの22枚。つまるところ22人全員出し切ったという部分はいいけれど、逆に言うと一人一人に出番を与えすぎて冗長な感じがしないでもないというか。結局最後のカードの方は名前すら明らかになってないし。伏線回収とラストの部分に割くために、ジョーカーとのバトルが思いの外あっさりしているし。でも、きちんと話を纏め終わったところは評価できるかな。古き良き(?)ドタバタ系ラブコメを楽しみたいなら。途中までは香澄ちゃんだったけど、最後の最後で真冬派になったりしたし
★10 - コメント(0) - 2014年12月2日

まあまあのハッピーエンド、ハーレムの感じ。春人は一人で悲しい、結夏の感情は本来彼のためが。
- コメント(0) - 2014年6月29日

鍵は4人目、だったのかなあ。
- コメント(0) - 2011年11月10日

前半はいつもどおり、後半はずっとシリアスです。本編が終わったにも関わらず回収されない伏線が。続編アリの証拠ですか? 結果論から言えばハッピーエンドです気合ですみたいな展開で微妙に消化不良な面がありますね。ご都合主義が嫌いな訳じゃないですがw
- コメント(0) - 2011年8月5日

Mu
長かったシリーズも最終巻。ようやくすべての伏線も回収された、のか?よくわからん(笑)まあ、最後はジョーカーとの派手な対決あり、ラスボスとの”想い”の対決ありで、ラストらしくよかったんではないだろうか。ただ、結局なんで『タロットの真実』の運命からみんなを救えたのかよく分からなかったけど。まあ、まさに、『終わりよければすべて良し』だったな。お疲れさま。
★1 - コメント(0) - 2011年7月22日

伏線が全然回収できてない…。あの男って結局タロットの製作者の執念だったのか? デュースもどっか行っちゃうし、廃人寸前の審判と皇帝にも触れてないし。その時が来るまで占っちゃいけないと言われた結夏がなんでタロット開放できたんだろ。伏線全部回収するために短篇集もう1冊出すべきだろ…
- コメント(0) - 2011年7月20日

一言で言えば、「設定段階から、作者の分不相応に風呂敷を広げすぎた」といったところだろうか。なんとか最低限の体裁だけ整えてまとめてはいるけども、法王ェ・・・悪魔ェ・・・。表紙の人なんか人間名すら出てこない体たらく。まぁでも、ルカや座敷童のような後味悪いエンディングにならなかっただけ有難い、とするべきか。
★1 - コメント(0) - 2011年7月1日

22人大集合。
★1 - コメント(0) - 2011年6月20日

出番が一度も無く終わったり、中途半端に出てきて終わったりする作品がある中、全部のキャラを出してくれたことを評価したい。伏線も回収していたのも良かった。ただ、上位詩篇については全てが出ることなく終わってしまったのが残念。どんな能力か期待してたんですよね。完結という事で、ラストのボリュームもちと物足りない。後日談を一冊まるまるドタバタラブコメで出ないかと期待してみる。
- コメント(0) - 2011年6月18日

ちょっと駆け足だったけど、全員出し切って終わったのは凄かった。確かにメインキャラ+真冬くらいしか区別つかないけど、愛を感じたのでよし、です。もう一本後日談欲しいな。世界たち3人との絡みが見たいみたいみたいー!
- コメント(0) - 2011年5月20日

22人全員を(後半は駆け足とはいえ)出し切ったことに感服。後日談がもうちょっとボリュームがあるとよかったんだけど…
★1 - コメント(0) - 2011年5月15日

このような作品によくありがちな、「全種類分のキャラが出てないけど完結(もしくは、キャラの十分な背景が説明されぬままに終わる)」というようなことが無く、よく完結したと思う。この巻はバトル中心なので、エロ要素は少なめだったが、十分に楽しめた。個人的には、後日談的短編集を出して欲しい。世界可愛いよ世界
- コメント(0) - 2011年5月13日

タロットカードの種類分のヒロインが出るということで終始ドタバタなラブコメで終わると思いきや、綺麗に終わらせましたな、物語も凝って有りましたし、ただ物語に重点を置きすぎたせいでハーレム要素を生かしきれずラブコメとしては少し残念でした。改めてキャラ見るとジブリールが可愛かったな
★1 - コメント(0) - 2011年4月29日

完結ですが、ものすごい駆け足。ここまで続いてきたけれど、打ちきりになってしまったのかな。恋模様のまとめかたも個人的にはあんまり好きじゃない。気がつけば最後まで買っていたけど、ぱっとせずに終わっちゃったなあ。
- コメント(0) - 2011年3月19日

ついに最終巻。さすがにタロットに合わせて22人もいると誰が誰だか口調で判断するには厳しい。終わり方としては予想してたけどああいう形も個人的には好きかな。ただ期待してた上位詩篇が全部でなくて残念だったのとページ数的にはもう少しキャラたちの描写が欲しかったです。
★1 - コメント(0) - 2011年3月3日

確か社会人1年の時に買ったの覚えております・・・。ああいう感じでの終わりは、いいんじゃな~。まぁ1人に絞るのが難しそうだったからあんな感じかな。しかし結夏の伏線の部分もうちょうい欲しかったな
★1 - コメント(0) - 2011年3月1日

終わった事に寂寥感よりも安堵感や解放感を感じてる時点で僕のこの作品への愛着がわかろうというものです。
★3 - コメント(0) - 2011年2月19日

最後のバトルは物足りなかったが、とりあえずハーレムエンドってところですかね。人数が多すぎたのが最後まで物足りなさを感じるところでした。
- コメント(0) - 2011年2月16日

人数が多いせいかツッコミが長いなぁ。 大戦前なのに長々と一体何をやっているのかと…。 まぁ、ラブコメじゃ仕方ないか。 気に入ったキャラ:ジブリール。気に入った挿絵:239P。お気に入り度:★★★☆☆
★1 - コメント(0) - 2011年2月16日

やっと終わった・・・と思ってしまった。最後が物足りないし、予想通りの部分が多すぎたかな。強引に終わらせに行った巻がある。
- コメント(0) - 2011年2月15日

二十二枚のタロット勢ぞろいは、どのキャラが誰だったか把握しきれず。流石にキャラクター多すぎたかなー。まあ主要キャラは活躍してたから良いか。ラストはまあこんなとこだよね。真冬が可愛くなっててちょっと良い。
★1 - コメント(0) - 2011年2月14日

完結。やっぱり人数が多すぎたかな。一人一人の人物描写が物足りない。また、本編の謎明かしに終始したせいで、細かい設定が幾つか不明のまま残った。結局、月の第四詩篇とかは何だったんだ…… まぁ、ちゃんと綺麗に終わってくれたことは凄く嬉しい。
★1 - コメント(0) - 2011年2月13日

完結! 1巻読んだときはタロット22人とかホントに終わるのか……?と思ってたけど綺麗に終わったなー。ずっと変わらないノリで伏線もしっかり回収してくれてよかったんだが、エピローグ分が足りないです。
★1 - コメント(0) - 2011年2月12日

ちょっと駆け足気味に感じてしまいした。もっと最後の余韻を味わいたかったなと。ただ、ハッピーエンドで綺麗に終わって良かったです。
★1 - コメント(0) - 2011年2月12日

INN
何とか終わった。後日談が読みたい。
- コメント(0) - 2011年2月12日

展開早すぎ…城に突入した後のラストバトルなんて一番盛り上がるべきところなのに、明かされる秘密についていくのがメインになって、感情移入できないまま終わってしまいました。ラストも雰囲気はよいけど一番無難な終わり方という気がするし…10巻続いた作品の割にはずいぶんとあっさりと終わりましたね。残念な感じがします。
★1 - コメント(0) - 2011年2月10日

REV
出オチの読み切り、と思ったが、よくまとめたもんだ。後日談が読みたいな。制作は あっぷりみんと あたりで。
★2 - コメント(0) - 2011年2月10日

終わらせたことは評価したいけど、22人のタロットっていう風呂敷を広げすぎて畳めなくなったように思えた。主要キャラとアメジスティアだけ活躍させて、ゲストキャラは1巻限りの登場の方がよかったんじゃないかな。何はともあれ次シリーズに期待!
★2 - コメント(0) - 2011年2月10日

最終巻。いろいろ駆け足だったりしたけど、これだけのキャラを出したんだから作者がんばった!といいたい。最後、ハーレムエンドっぽく終わるのも個人的には好きだなあ
★1 - コメント(0) - 2011年2月9日

折角あそこまでキャラを集めたんだから、もう一冊ぐらい出して、細かめに描写しても良かったんじゃないでしょうか。上位詩篇も折角だし見たかった。設定もそこそこ良かったし。ただ、最終巻にもなって、好意を寄せられてるにもかかわらず、占い失敗した時の反応があんなに変わらないのは、解せないかも。秋人君の成長と右目には感動。 後日談は短すぎる印象。秋人君に関しての描写とかは少なすぎるかと。 まあ、正直終わりまで出せるとは期待してなかった(伏線回収できずとか笑)から、それだけでも嬉しい。 あ、香澄(中の人も)が好きです。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(5)

11/03:朝霧玲一
07/21:Mu
06/18:ひかど
05/08:つゆ
02/26:あきら

積読中のみんな最新5件(12)

01/19:しゃいる
07/06:のぎろ
09/01:む~

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

01/29:suicdio
07/23:ゆー
04/24:シキ
03/13:key
タロットの御主人様。〈10〉の 評価:72 感想・レビュー:32
ログイン新規登録(無料)