回る回る運命の輪回る―僕と新米運命工作員 (電撃文庫 な 15-1)

回る回る運命の輪回る―僕と新米運命工作員 (電撃文庫 な 15-1)
285ページ
280登録

回る回る運命の輪回る―僕と新米運命工作員はこんな本です

回る回る運命の輪回る―僕と新米運命工作員の感想・レビュー(209)

能力ものの中ではこうゆう派手じゃない系は好き。ただ、派手じゃない一方で世界全体への関与についての描写がいまいちで、こう、「闇を覗く」的な描写少なくて物足りなかった感がある。派手にドンパチやる作品ならそこを前面に押し出せばいいので、こうゆう作品は難しいですよね。
- コメント(0) - 2015年6月29日

突き抜けたものはないけど、読みやすくまとまっていたかと。ハートウォーミングな展開が多いのは意外だったかな。能力モノより日常系の方が映えそうな作家さんかも。キャラクターは、典型的な幼なじみキャラのちはるが可愛かったです。
★3 - コメント(0) - 2015年6月27日

人の運命なんて、誰かの行動一つで簡単に変わっちゃうんだぜぇぃ!とそんな感じ。面白いは面白いけど、なにかもう一つとも思う。
★1 - コメント(1) - 2014年10月29日

題名の通り、運命が回る回る物語。ちょっと先の未来が見える主人公とそれを監視することになった少女のボーイミーツガールなお話。一人の人間はどこまで運命に関われるかというのはよくあるテーマだからこそ作品によって立ち位置がはっきりわかって面白いなーと。パララバなんかとは真逆な位置かも。ふとした部分で心が温かくなる良作でした。
★1 - コメント(0) - 2013年11月8日

SF、セカイ系もかな…? ラノベらしい描写もあるけど、いい話を書きますね。私は好きですよ。もうちょっと文体を固くして、MWで出してもいいんじゃないかな、って思ったら、次の作品でMWを書いてるみたいですね。
★2 - コメント(0) - 2013年8月6日

運命って、ほんとにちょっとしたことで変わるものなんだね。そう思ったら、今まで出来なかったことが出来るかもしれない。例えば…やっぱりイスをほんの少し動かすことから始めようか(笑)
★2 - コメント(0) - 2013年7月2日

運命ってなんぞ?正しいってなんぞ?そこらへんがあやふやだったので、組織の対立があんまり楽しめなかった。幼馴染3人が仲直りできたことがよかったです。
- コメント(0) - 2013年2月7日

恋愛ものかなと思ったが、どちらかといえば友情もの。 終わり方がさっぱりしていて良かったと思う
- コメント(0) - 2013年1月19日

読了後にほっとするような気持ちになる。運命という不確定なものだからこそ面白いんだなーと感じた。
- コメント(0) - 2012年11月12日

良くあるボーイミーツガール物かと思いきや、意外とそうでも無い。というか、視点が散漫でちょっと色々詰め込み過ぎかなという感じ。読後感は良好なので次巻に期待。
★1 - コメント(0) - 2012年5月26日

突如として黒髪の美少女ノアに命を狙われた少年野島浩平。彼女は運命の歯車を正しく回すための組織「ソサエティ」の一員で、浩平は運命を引っ掻き回す「イレギュラ」だった。新米の運命工作員ノアはイレギュラである浩平をどうするのだろうか。「運命を読めるけど最後はわからないから人生面白いんだよね」というオチが微妙。使い古されたネタだし、構成も盛り上がりに欠ける。個人的な印象だと運命というと決定づけられているものだけど未来というと先が見えない感じ。この作品では運命というより未来をどうするかが焦点になっている気がする。
★1 - コメント(0) - 2012年5月2日

ほんの少しの未来が聞こえることがある主人公浩平と、新米工作員ノアの日常の斜め45℃上なお話。岩田くんと主人公の友情が美味しかったです(え)お互いに相手が怒ってると思い込んで疎遠になってしまった二人が、最後に協力する展開に胸が熱くなりました!女の子が圧倒的に多いラノベの挿絵で、岩田くん単体の挿絵があったのには、心から拍手を送りたいです。岩田くんの話ばかりになってしまった……。定められた運命はあるけれど、それは変えられる。未来は変えられる。前向きになれるお話でした。運命工作員っていうのが面白かった。
- コメント(0) - 2012年4月21日

こんばんわ 本日からの参加です 半年以内に読んだ本まとめて追加中。
- コメント(0) - 2012年4月19日

良い中二でした。 なんの取り柄もない僕のところに押しかけてきたのは謎の組織に所属する美少女工作員! 何の取り柄もないはずの僕は一分かそこらの未来を観測することができて。
- コメント(0) - 2012年4月6日

なかなか面白かった。幼馴染みっていいですよね、男女問わず。戦闘シーンも面白かったし…おい誰だキングクリムゾンエピタフじゃねぇかって言った奴。世間知らずなヒロインもかわいかったです。しかしこれ二巻出てるけど続けんの…?綺麗に終わってていいとおもうのだけど…
- コメント(0) - 2012年4月3日

佳作。そこそこ面白かった。しかし、今ひとつパンチ不足な気もする。どうしても火浦功さんのショートショートと比べちゃうから辛口の点数になるね。あれは綺麗にまとまってブラックかつ上手なオチをつけてきたからなぁ。あれと比べるとちょっとかわいそうか。
- コメント(0) - 2012年3月23日

7:「憎むっていう言葉、退屈の反対語みたいですよね」っていう返しが好きでした。大体王道のちょっといい話。幼なじみとの仲直りはけっこう好きでした。
- コメント(0) - 2012年2月10日

運命工作員の話だけど、主人公たち幼なじみ3人の関係再構築に比重が置かれている感じ。《ソサエティ》がすごそうなのは感じたので、これからもっと話が広がるのかな。三谷の話が実は一番グッときたかも。ww
- コメント(0) - 2012年1月22日

「退屈だけが、秩序で、価値だ」。敵キャラの方がキャラ立ってたんじゃないかなぁ。まぁ、全体的に平坦なんでさらっと読める。追いつめられた時の未来視っていうのは、まぁ、割と有るけど。物足りない部分なるけど、デビュー作品だし、それを加味して今後に期待、ってところかと。
- コメント(0) - 2012年1月20日

よくある先読み能力系です。設定は良かったのですが、可もなく不可もなくといったところです。デビュー作らしいので作者の今後に期待。
- コメント(0) - 2012年1月18日

何と言うか、起承転結ではなく起承承結なストーリー。全体を通してここが1番の見せ場!といった箇所が無かったように思える。キャラはなかなか親しみやすく、もう少し綿密にストーリーを練ればかなり面白いものになったのではないか。勿体無い作品である。
- コメント(0) - 2012年1月17日

とりあえずお菓子がそれなりに美味しそうだったので次も読んでみようと思う。
- コメント(0) - 2012年1月12日

終章が全てだった気がした。
- コメント(0) - 2012年1月11日

普通か良作。SAOや禁書、ココロコ読んでて辛口なだけかもしらんがwただ、三人が仲良しに戻るときはうるっときた。序章は一瞬ピンドラかとも思ったが、まあ不思議世界て点だけ
- コメント(0) - 2012年1月10日

タイトル微妙。恋愛なのか、友情なのか、組織に巻き込まれた話なのか、何の話にしたいのかわからなかった。友情の話にして、前半から岩田くんとの絡み出すのはありだったかな?
- コメント(0) - 2012年1月3日

面白くない。売りがわからないとか以前に話の筋が雑。キャラが多すぎて活かしきれていないというか、殆どのキャラに、登場時くらいしか見せ場がない。いろんな設定がばらばらすぎてまとまりがない。各キャラの行動もどこかで見たようなものばかり。特殊能力も数秒先の未来予知(危機限定)って、どっかで見た、というか付喪堂で読んだ。日常に乱入してきたヒロインがクライマックスでほぼ何もしないというのは少し意外だったけど。
- コメント(0) - 2012年1月3日

「運命は、緻密に作られたプログラム」というような設定は面白いのだが、それがあまり活きておらず、結局、単純な同棲ラブコメ展開に。ノアのズレた発言は面白かったが、それ以上のものは感じられず。全体的に薄味という感想。明らかに、実在人物をネタにしたと思しきプロ野球選手・三谷の印象が一番残ったのは秘密(笑)
★3 - コメント(0) - 2011年10月1日

ノアの可愛さに癒された。なかなか楽しめたので次回作にも期待。
★1 - コメント(0) - 2011年9月18日

なんだろう。文章とか、話の進め方運び方はうまいんだけど、魅力がない。
- コメント(0) - 2011年9月16日

ちょい微妙かな。風呂敷を広げ過ぎて全てが中途半端に終わってる感じ。保健室の先生とか、幼馴染2人とかノアの組織とか全てが導入部分で終わってしまった印象しかない。
★2 - コメント(0) - 2011年8月27日

そんなに、物語を進め急がなくても、いいんだよ・・・?なんとなーく、学校に出てくる子達が、とっちらかりすぎてて記憶に残りづらい・・・。
★1 - コメント(0) - 2011年8月26日

設定は面白いと思いましたが、展開が雑だった印象
- コメント(0) - 2011年8月24日

運命が題材の物語。未来予知ができるという設定は多々あるものの、ここではもう少し踏み込んだ設定になっており他と違うものになっていたと思う。ただ、キャラ付けが曖昧だったと思う。どの登場人物も見せ場はあったもののなぜか印象が薄かった、特に男の。
- コメント(0) - 2011年8月24日

なんというか全体的に惜しい
- コメント(0) - 2011年8月24日

ノアかわいいよノア。ラストの笑顔で思わずにやけてしまうw これは一巻完結なのかな。次の作品も楽しみ。
- コメント(0) - 2011年8月13日

設定はなかなか面白いと思ったが、話が表面だけで終わってしまっている。 が、嫌いではない。とりあえず次作に期待か。
- コメント(0) - 2011年8月11日

★★★★☆
- コメント(0) - 2011年8月11日

回る回る運命の輪回る―僕と新米運命工作員の 評価:66 感想・レビュー:76
ログイン新規登録(無料)