俺ミーツリトルデビル!〈2〉恋と人魚と露天風呂 (電撃文庫 み 12-12)

俺ミーツリトルデビル!〈2〉恋と人魚と露天風呂 (電撃文庫 み 12-12)
307ページ
185登録

俺ミーツリトルデビル!〈2〉恋と人魚と露天風呂はこんな本です

俺ミーツリトルデビル!〈2〉恋と人魚と露天風呂はこんな本です

俺ミーツリトルデビル!〈2〉恋と人魚と露天風呂の感想・レビュー(141)

変態と夢魔のお話第2弾。結構さまざまな要素を取り入れていってるんだけれど、それが破綻せずやれるのは凄いな。まぁ、前作と違う肉食形変態(ってただの変態やないか)な主人公がどう写るかかな。しかも場面によっては草食系変態になるし。新キャラでは湧はいいキャラしてると思う。しかし、この作者が温泉やるとなぜそういう展開ばっかりなのか。個人的にはサニーと湧が好み。
★9 - コメント(0) - 2014年1月21日

最強キャラが能力を封じられて弱気キャラになったので他のキャラクターが奮闘することに。 セイレーンの女の子とか人間以外の仲間が登場。
★3 - コメント(0) - 2013年10月31日

怪獣大戦争~~。(笑) セイレーン来た~。
- コメント(0) - 2013年6月10日

伏線の貼り方が相変わらずうまいなぁー 湧の正体とか、敵の正体とか、普通の会話の中にうまく入れ込んでくる。 芽亜以外にデレデレな巧馬と芽亜の関係はこれまで通りになってるが、3巻でどうなるんだろ
★12 - コメント(0) - 2013年2月24日

前作同様、どうもこの人の文体は、気持ち半周分ほど回りくどくて、一気に読みきれない部分があります。設定やストーリー展開、そして魅力的なキャラクター等、他は完全に及第点以上なのに、もったいないなあという感じです。でもまあアレかな? 芽亜がすごく可愛いからもうそれでいいかなと。主人公には、もうちょっと芽亜ちゃんを大切にしてもらいたい! 変態主人公は好きだけど、節操のないところは、ちょっと気に入りません! 確かに鈴女先輩はじめ、他の女の子もみんな魅力的だけど!
★14 - コメント(0) - 2012年9月9日

湧との出会いをきっかけにまた色々なことに巻き込まれる巧馬。遺産を求めてくる文彦、エオラとバトルになるが初戦、巧馬達は思わぬ苦戦を強いられ、嘘をおりまぜなんとか危機を脱出。結局遺産はあまり良いものではなかったが恐竜の策略の材料にはなるというのは驚き。鈴女さんの思わぬ一面も見ることが出来て満足。
★4 - コメント(0) - 2012年8月14日

主人公のキャラになれたこともあって、前巻以上に、『ほうかご百物語』っぽく感じた。基本、悪人が登場しないっていう展開もそんな感じを与える。その中で驚いたのは、終盤の展開。途中から「いかにも怪しいです」という人物が、一応の理由はあっても、ストレートにいくとは思わなかった。まぁ、相変らずの安定感、というところだろうか。
★8 - コメント(0) - 2012年7月23日

ほうかご百物語よりハイペースでハーレム(?)が構築されていく感。あ、前作はイタチさん一筋だったからハーレムとは言わないか。最後の巨大化は笑ったけど湧が可愛かった、うん。
★8 - コメント(0) - 2012年6月4日

猫ミミ忍者(服がズタズタVer)のSDだけでなく、8頭身の通常版の挿絵が見たかった…
★5 - コメント(0) - 2012年5月27日

Mu
あー、どんどん女の子が増えていく〜(笑)2巻でもう5人だよ!でも一人一人キャラが立ってるのはさすがだな。そして女の子と観るや口説き出す巧馬。相変わらず妄想ダダ漏れな所は『ほうかご』の真一と同じだけど、あっちはイタチさん一筋だったのに比べ、こっちは手当たり次第なもんでさすがに芽亜が不憫に思えてきた。不憫と言えば、まるでセー○ームーンのような、しかも巨人になった彼女の変身姿は個人的にはサイコーだけど本人的には恥ずかしいだろうなあ。お話の展開もテンポ良く気楽に読めた。ただ、ちょっと軽すぎたような気もするけど。
★5 - コメント(0) - 2012年4月11日

安心の安定の変態主人公ですね。前作との世界観の繋がりがあれば、楽しそうですけど。言ってしまえば、白の字の描きたい衝動が、今作の下半身の妄想なわけで。この二人が同時にいたら濃い空間になりそうた(笑)
★4 - コメント(0) - 2012年3月23日

当然のように新キャラ追加。今作は最終的に何ペアになるんだろうかw まあ、巧馬と芽亜はジェラシット含めて鉄板ですね。
★4 - コメント(0) - 2012年2月26日

主人公の暴走具合にいらいらしつつでしたが、後半にはそれなりに慣れてあまり気にならず読めました。でもやっぱ途中途中テンポ悪く感じました。
★3 - コメント(0) - 2012年2月20日

女の子がいっぱい出てきて、みんな魅力的で、みんなわりと主人公に好意を持っているのに、ハーレムものの空気にはならない。この作者の不思議。もっと芽亜ちゃん変身すればいいのになぁ。当然挿絵アリで。
★5 - コメント(0) - 2012年2月12日

ファミリーが増える第2巻。巧馬の芽亜と他の女性陣への感じ方の違いが判り易く面白い。よーするに嫁にするなら芽亜ちゃんって事ぢゃん?(w さて次巻。今回顔見世だけだった芽亜ちゃんの友達の手品っ娘と落語っ娘がもっと出てくるか気になるところ。あと、チア部の美山さんもちゃんと出して欲しいと思っていたりします。
★2 - コメント(0) - 2012年2月8日

相変わらず期待を裏切らない変態主人公。今回は芽亜の嫉妬、力を失って弱々しくなった鈴女先輩、ボーイッシュなライダーガール、新な祓魔師の登場など色々てんこ盛りでした。緊迫のラストバトルでも主人公の賢者タイムにも似たオリオンモードでコミカルになって飾らない感じが好きです(笑)来月発売の3巻も楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2012年2月7日

2011年10月10日初版発行 山田L
★2 - コメント(0) - 2012年1月24日

いい意味で王道。あと忍者猫のイラストを1枚絵で見たかった
★4 - コメント(0) - 2012年1月21日

ほうかご百物語以上にハイペースで仲間が増えてくなあ!ということで。鈴女さんの新たな一面も見れましたが、次はサニーか持郎が一悶着あったりするのかなあ、と期待しつつ次巻を楽しみに。
★3 - コメント(0) - 2012年1月17日

オリシスって、クールキャラのはずなのに地の文が馬鹿っぽいのはなんでだろう。 遺産を隠した理由はなるほど、そういう考え方もあるのかと思いました。 強い力を持った者がそれをなくして弱気になるのはやっぱりいいね。(ただし、ヒロインに限る) 気に入ったキャラ:鈴女。気に入った挿絵:183P、ズーン。お気に入り度:★★☆☆☆
★2 - コメント(0) - 2011年12月11日

相変わらずド安定ですな。こと「エンタテインメントを作る」という方向性の創作姿勢においてはこの作者さんは本当に安定している。次々登場するヒロインも前作同様みんな魅力的で、捨てキャラが殆どいない。で、どうしても前作「ほうかご百物語」と比較することになってしまうのだが、そちらに比べて今作は主人公である巧馬のキャラがちょっといただけない。女好き設定は分かるが、あちこちふらふらし過ぎててちょっと地に足がついてなさすぎる感が。前作の真一はなんだかんだでメイン一筋だったから・・・まぁ、差別化したかったんだろうけど。
★6 - コメント(0) - 2011年12月10日

相変わらずぶっ飛んだノリね。すごくいいと思う! 次巻はいろんな伏線回収されるぽいっから楽しみ
★4 - コメント(0) - 2011年12月10日

マンネリ化するのが見えると言うか、もう既に飽きてきたと言うか、疲れると言うか。
★1 - コメント(0) - 2011年11月7日

相変わらずすがすがしくバカである。その調子でがんばれ。あとがきの恐竜さん栄枯盛衰はしみじみ同意。あれもそれも、今はいないことになっちゃってるんだよねえ……
★2 - コメント(0) - 2011年11月6日

巧馬の万年発情度合いは割と許容できるギリギリのレベルな気がする。一応、芽亜を特別に思ってるのはよくわかるのでまだ許せるが。新キャラの湧の巧馬に対するリアクションは今までにないタイプの初々しさで楽しい。なんか将来が心配になるチョロさだが(笑)。彼女含め新キャラがそっくり加入してさらに次巻でも追加されるあたり、前作みたいな多キャラ展開になりそう。賑やかな展開は好きなので続きに期待。猫忍者のまともなイラストがなかったのが最大のマイナスポイントだよ!
★4 - コメント(0) - 2011年11月6日

KEY
内容は普通としてちょっとイラスト不足だった気が… せっかく物語の設定でいろいろなコスプレ的なものが見れるようになってるんですからそのコスプレがカットされているようではこの作品の魅力が欠けてしまっていると思います。
★4 - コメント(0) - 2011年10月25日

主人公がやりすぎな気が。いちいち脱線するからテンポが悪くて疲れる。
★2 - コメント(0) - 2011年10月22日

初っ端から微妙にデレてる涌が可愛い。しかし相変わらず疲れるテンションだ。
★3 - コメント(0) - 2011年10月20日

6:百物語のときも思いましたけど、ちょっと読んでて疲れるような・・・w
★2 - コメント(0) - 2011年10月16日

構成が百物語に近い感じが。ただ正直この主人公に耐えられなくなってきた…
★2 - コメント(0) - 2011年10月16日

性欲を吸われて賢者タイムになった推理力はすごいぞw割とこういうドタバタは好きかも、、式神を失った鈴女会長が今後も登場するのか少し期待しますw
★3 - コメント(0) - 2011年10月16日

セイレーンちゃんかわいい!結構バンバン人が死ぬ武器が出てきて怖いね。場面場面の結合弱いせいか、つながりの強い短編みたいに感じた。気弱な会長はまた出てくるのか
★3 - コメント(0) - 2011年10月14日

著者後書きでも触れられてるけど、長編ならではの二転三転する展開が楽しかったな。
★2 - コメント(0) - 2011年10月13日

会長はジョーカーキャラっぽいですね。今後出てくる敵に対してどう扱っていくんでしょ。
★2 - コメント(0) - 2011年10月12日

なぜ湧の『先祖返り』中の挿絵がないのか…? 芽亜ちゃんの魔法少女モードや女教師モードの挿絵は良かった。鈴女会長強過ぎでその力はやはり封印せざるを得なかったんだな、と。オドオドしてる会長もかわいかったからよし。2巻にして既に巧馬と芽亜ちゃんコンビのこの安定感。しかし「巧馬が他の女の子を気にかける→芽亜ちゃん嫉妬で不機嫌→巧馬謝る→仲直り…?」は、ワンパターンなきらいがあるな、と思わないでもない。今巻中で2,3回ぐらいそんなシーンあったよな? でもその度にする芽亜ちゃんの反応が可愛いんだけどな、これが!
★5 - コメント(0) - 2011年10月12日

一巻はほうかご百物語の主人公の匂いがしていたのだが、 なんとなく2巻からそんな雰囲気が無くなる  気がする。 普通のほのぼのラノベっぽい雰囲気が漂ってまいりました。 好き嫌いが分かれそうな作品っぽいです。
★3 - コメント(0) - 2011年10月12日

やっぱり、巻を重ねるごとに仲間たちが増えていく展開なんでしょうか…。最初の方は読みにくかったけど、風呂を終えたあたりからいい感じに。しかし何故人魚のイラストがない…!
★3 - コメント(0) - 2011年10月12日

ほかうご百物語よりもヒロインがよく動いてますね。戦闘描写は弱いけど、それ以外で上手に見せていますね。何だかんだと言っても主人公がいい味出してますwww
★3 - コメント(0) - 2011年10月11日

巧馬と芽亜のコンビがとても可愛らしくて「早くくっつけ」と言いたくなります。芽亜のイラストも文句なく可愛い。ただこのまま女性ヒロインばかり増やし続けるのも限界があるだろう。ネタも難しそうだし。次巻で芽亜の母親の秘密が明かされるって話らしいので、3巻で一区切りか…?
★4 - コメント(0) - 2011年10月11日

俺ミーツリトルデビル!〈2〉恋と人魚と露天風呂の 評価:66 感想・レビュー:48
ログイン新規登録(無料)