中学んとき

中学んとき
291ページ
250登録

中学んときはこんな本です

中学んときを読んだ人はこんな本も読んでいます

夜行
5895登録

中学んときの感想・レビュー(182)

表紙と帯の言葉に、お気楽な話かと思って借りてみたら、内容はかなりシビアでした。一般的な15歳男子はもっと単純な心内で生きているような印象だけど、ほんとは大いなる葛藤のなかで生きていたりするのかもしれないな、と。最後のいじめの話は、連日自殺のニュースを見るから、遠い世界のことではないと思ってとても苦しくなった。クラスの中のヒエラルキー。そこに大人は挑むことができるのかなと、無力感をものすごく感じて切ない。けど、子どもには逞しさもあるんだなと感じられたから嬉しかった。
★27 - コメント(1) - 2月15日

初読み作家さんでした。中学生の息子がいるので何となく手にしました。願いましては、が良かったです。
★2 - コメント(0) - 2016年11月29日

中学生のほのぼのした話かと思ったら、予想と違った。「願いましては」以外はつまらない
★2 - コメント(0) - 2016年8月20日

息子ももうすぐ中学生やん。三姉妹で育った私にはわからんなぁとこの本を手に。ん〜。わからんわ。中学男子はこんな下ネタ系もあるんか。対応考えなアカンな。とか。ここまでプチな反抗期しかなかったから戦々恐々です。
★5 - コメント(0) - 2016年6月13日

表紙を見て、爽やかな青春モノのお話かと思って読んでみたけど「願いましては」以外は好きになれませんでした。中学んとき"の男の子は、もう少し子供っぽくない❓と違和感も・・・ イジメの話は読んでて しんどかったです。心の中にモヤモヤが残った感じ…。
★55 - コメント(0) - 2015年12月22日

衝動的な行動を取っちゃう主人公ばかりだなぁという印象で、どっちかというと引っ込み思案だった当時の自分と比べると共感しにくかった。最後のハードボイルドなあいつ、どうしているんだろう。夢を叶えていたらいいんだけど。
★2 - コメント(0) - 2015年10月28日

中学んとき、かぁー…。色んな思いが、日替わりで、訳がわからない事をやっていたかも~。など思い出しながら読んだ。男の子の思いとは、なかなか共感できないのかなぁ。
★9 - コメント(0) - 2015年8月5日

題名に惹かれて手にした初読みの作家。中学生のある時期を切り取った中編四作。ちょっと浮世離れしてるかな?エピローグの意味が分からなかった。★3
★3 - コメント(0) - 2015年8月5日

初著者。 めちゃ面白かった。 世界は全部自分のものになると思ったり、死んでもカッコつけたかったり、女子にはない純真さ、粗暴さ。 不思議なことだけれど、今の自分が最も近いとt思ったのが、「逃げ出した夜」だった。
★13 - コメント(0) - 2015年7月27日

(図書館)中学生を主人公とした4編。予想外に重かった。残念
★5 - コメント(0) - 2015年7月18日

文京区立小石川図書館で借りました。
★3 - コメント(0) - 2015年7月2日

☆☆☆タイトル通り、男子中学生の短編集。恋に友情に苛め、中学生は悩み多い。思春期独特の甘酸っぱい感情、いいなぁ~(笑)女子と違って、男子は単純だと思ってたら、そうでもないのね。男子のほうが繊細なのかも(笑)
★3 - コメント(0) - 2015年4月4日

【図書館本】 ★★★★☆☆☆☆☆☆
★2 - コメント(0) - 2014年3月12日

『ハロワ!』『みなさん、さようなら』が面白かったので、短編にも手を出す。タイトル通り、中学生男子の連作。中学生男子って、ひとくくりに出来ないくらい、それぞれがそれなりの事情を抱えて、自分なりのケリを付けていく、いけるようになっていく。考えは偏ってるし、一方的すぎたりゆがんでるけど、中学生男子がスマートな方法で全て解決したら逆に気持ち悪い。。最後の章で、陰湿なイジメ描写に疲れたけど、現実の世界にも耐えている子がいるかもしれないと思うと怒りに変わる。大人の無力をヒシヒシ感じるな〜。
★9 - コメント(0) - 2013年6月23日

★★★
★1 - コメント(0) - 2013年3月31日

中学生のリアルな一面を切り取っている短編集だったと思う。自分が中学生だったら、ハードにいじめられてただろうなと思った。中学の秩序はなんだかんだ教師次第で、部活が活発な学校は陰湿なイジメも少ない。そういうことまで含めたリアリティがあった。イジメをなくすことは難しい。でも自殺をしてまで警鐘を鳴らした少年がいるのに大人が弱腰になったらいけない。教育現場は戦場だ。
★4 - コメント(0) - 2013年2月24日

こんなにいろんなことを中学の時は考えていなかったとおもう。もっと単純だったなぁ。
★2 - コメント(0) - 2013年2月23日

軽く鷹野くんっぽくなりたいw
★1 - コメント(0) - 2012年10月26日

中学生男子の4つのお話。恋愛や怖いもの知らずのどうしようもない衝動とかいじめとか。衝撃の残る話だった。
★2 - コメント(0) - 2012年9月20日

中学生、微妙なお年頃。鷹野くんのその後が気になる。
★1 - コメント(0) - 2012年8月21日

この本に出てくる女子中学生があまりに自分と違うのでこれが世間の女子中学生のイメージなのかと驚きました。
★1 - コメント(0) - 2012年8月5日

5つの中学校での話し。「純粋恋愛機会」はラストに唖然。瑛次の恋心が本当に純粋だったから一緒に仁万仁万していた分、一緒に取り残されてしまった。「ハードボイルド~」もショックだったなぁ。いじめネタは本当に辛い。エピローグに1月中を持ってきたのはうまいなぁとw
★4 - コメント(0) - 2012年7月8日

あれっ…。映画化も決まった「みなさん、さようなら」は最高だったのに。得意そうなこれはいまいちだった。仕方ないことだけど、女子中学生のリアリティがなさすぎる。こんな奴いないよ、と距離を置いて読んでしまった。「ハードボイルドなあいつ」はなかなかインパクトがあったけど、読み辛い。もっと語り手にユーモアのセンスがあれば、どの作品も違ってくると思う。
★6 - コメント(0) - 2012年6月19日

多感で不安定な時期。さらに人生の最初の岐路を迎えている多忙で大変な時期「中三」を4つのケースで描いた作。急ぎ足な展開や飛躍のしすぎ感はあったが、台詞、行動、思考と中学生を巧く表現し圧倒的なリアリティを感じれた。親、教師、生徒のギャップはいつ縮まるのか。それは大人側の想像力の欠如による所が大きいと感じる。教育者、親必読!秀逸。
- コメント(0) - 2012年5月17日

続き物かと思ったら、多分同じ市の中の別の中学が舞台の4つの話だった。「ねがいましては」だけ面白かった。主人公の男の子のひょうひょうとした感じがいい。 でも他はきつい。中学の女の子って今こんななの?っていう「純情恋愛模様」と「ハードボイルドなあいつ」。特に後者は読後感最悪、先生もそろって頼りなさ過ぎだし、「逃げ出した夜」も大人は頼りにならない。でも友だち関係もすごく希薄。中学の時って確かにいろいろあるけど、こんなにつまらなくて嫌なことだらけなのか?と悲しくなるような話が3つだった。
★4 - コメント(0) - 2011年12月7日

『チア男子!』と同じイラストレーターさんの表紙に惹かれて。中学男子の短編集。 「おじいさんになったら、のぞみの隣でそろばんがしたい」と言う告白の台詞はよかった。その「願いましては」以外は特に印象に残らず。読みやすいけど最後の短編については後味悪すぎる。女は怖い。携帯が当たり前になってる中学なんて戻りたくない。
★8 - コメント(0) - 2011年12月2日

う~ん・・・。結構面白かったけどいまいちすっきりしない結末というか、中学生でこんなことできるのか?と思ったり。一番中学生っぽいなと思ったのは「願いましては」ぐらい。短編集じゃなければもっと面白かった気がする。
★2 - コメント(0) - 2011年10月1日

中三の息子を持つ母としては ちょっと複雑・・・。こんなもんか、と思ったり それはないよ〜ぉと つっこんでみたりしながらも まぁ 一般的にはこんなこともあるのかなぁ・・・と 納得してみたり。難しい 年頃です。
- コメント(0) - 2011年8月14日

☆☆☆うがー微妙だすんごい微妙!まぁ、単純な中学生とか書かせりゃ得意なのは皆さんご承知の通りだが、そんな短編集は何故か(私的にはかなりの)ヒヤヒヤもの。「もうその先行くなよ。行くとS松みたいになっちまうぞ」とか、何度思ったことか。面白いと思えるトコも全然減ったし、意外と先行き不安だ
★2 - コメント(0) - 2011年7月25日

悪い女だな~
★1 - コメント(0) - 2011年6月26日

男子中学生4人の短編集。好きな女の子のことだけで頭が一杯になる話はよく分かる。他の短編も苦い味が残るものが多い。どこか自分に正直であろうとしてもがく男子中学生を描いているため、単なるハッピーな話にはならなかったのだろう。俺だったらこうするのに、と思うことが、感性が大人になっちゃったということなんだろうな。
★2 - コメント(0) - 2011年4月29日

○男子の話
- コメント(0) - 2011年4月1日

表紙とタイトルに惹かれて。一種の青いほの暗さを併せ持っている男子中学生の短編集。中学生って楽なようで物凄い生きづらい、そんな季節だよなぁなんて思った。いじめとか読んでて気分悪いものもあったけど、それもそらしてはいけない一つの季節だ。『願いましては』が一番良かった。個人的には『逃げ出した夜』は好み。『純情恋愛模様』はありそうで何か苦い。『ハードボイルドなあいつ』はハードボイルドな彼が良いキャラしてて良かった。実際に中学時代にいたらこんな感じになっちゃうだろうなというとこもあるけど(><)
★8 - コメント(0) - 2010年9月21日

イマイチでした。中学生男子の短編集。読みやすく話に入りやすく、中学生のハッキリしないモヤモヤした感情はよく出てたけど、内容はどれもあまり印象に残りませんでした。家出少年はどうなったのか、あの話だけ気掛かりです。
★2 - コメント(1) - 2010年7月18日

とくに何も共感できない。
★1 - コメント(0) - 2010年7月15日

「願いましては」はまぁまぁでした。あとは好きじゃなかったです。
★4 - コメント(0) - 2010年6月30日

★☆☆☆☆ あまりに「普通」で、なんだかな~。健全すぎ。こんな中学生いるんかい?!って。いるかもしれないけど、あまりの健全さがベタベタ~。残念。
★2 - コメント(0) - 2010年6月1日

あまり中学男子らしくないな、と思った。 それともこんなもんなのか…
★1 - コメント(0) - 2010年4月6日

★★ 中学生のたわいない感じ、まじめさなどを描きたかったのかもしれないが、今一つ。大人が創った中学生像にしかなっていないように感じた。「そろばん」がほのぼのしていて、かわいかった。
★2 - コメント(0) - 2010年4月4日

中学んときの 評価:88 感想・レビュー:83
ログイン新規登録(無料)