ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー (電撃文庫)

ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー (電撃文庫)
287ページ
560登録

ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネーはこんな本です

ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネーの感想・レビュー(444)

★★★★ 信条も、立場も、心の傷も違う二人が、一つの思いの元に心を通じ合い、共鳴する。ボーイミーツガールの基本形とさえ言える型のまま、真っ直ぐに突き進んだのがこの作品だろう。「奪うこと/奪われること」という二項対立の下、世界観・ストーリー・キャラが構築されており、そこから軸がブレないためストーリーラインが分かりやすく、皿次と陽月の対立・和解・共鳴の在り方への感情移入がストンといきやすい。とにかく「テーマ」から物語を作るのが上手い人という印象受ける作者であり、いい意味で安定感のある書き手であるように思える。
★5 - コメント(0) - 2月26日

「スラム街育ちって割に主人公にそれらしいところがなく、ただのちょっと突っ張ったあんちゃんじゃねえか」とか「敵の正体バレバレすぎ」とか、突っ込みどころはあるんだけど、ストーリーに捻りがないぶん破綻も少なく、そつなくまとまっている。非常に手堅いつくり。バトルに興味はないのだが、ツンデレ同士のボーイ・ミーツ・ガールものとして楽しめた。
★2 - コメント(0) - 2015年4月14日

面白かったです。 あの、もう、このツンデレヒロインとツンデレ主人公のやり取りがドストライク。 「べ、別にお前のためじゃないんだからねッ!」みたいなテンションで髪の毛染めようとする主人公だとか、「私の催眠音楽」とか言い出すヒロインが好きすぎて…。 敵側のキャラ、脇役の最後の結末のつけ方も自分好みで、読後感が悪くなかった。
- コメント(0) - 2015年2月3日

ライトノベルなので、細かい設定などには気にしないことにして・・・ けっこう面白かったです。 主人公が陽月ちゃんから好かれる過程は、早すぎる気がした。
- コメント(0) - 2015年1月12日

導入の強引さとか設定の大味さとかのアラもあるんだけど、娯楽小説としての面白要素をかっちり盛り込んであって退屈せずに読めた。 主人公のハードコアツンデレっぷりにハァハァ
- コメント(0) - 2014年12月29日

第18回電撃小説大賞"銀賞”受賞作/奪う奪われないの話や自由の話など、作中で描かれる主張が俺と全く相容れなくてあんまし乗れなかった。でもそれは作者のせいじゃなく、相性の問題なので
★2 - コメント(0) - 2014年11月10日

面白かった! しかし某作品の影響もあって「幼馴染で親友、境遇をたがえた?怪しい!」と疑ってみたらビンゴでしたか。 皿次も陽月も美紀も可愛かった。やり取りにほのぼのした。 レビンが美紀にした事は腹立たしいけど、レビンや明美にも事情があって、そうなってしまうと本当に当人達の問題になるのだろうな……。綺麗事かもしれないけど、皿次の考え方はいいと思った。 つい吹き出したり、うるっときて思わず泣いたり、萌えたりしましたー。
- コメント(0) - 2014年10月13日

本当に惚れ易いの主人公、口悪いなんでお飾りの生意気。なかなか良かった。
- コメント(0) - 2014年8月4日

【再読】カード課金=強くなる≠勝てる(上へ行ける)だがゲーム性自体はシンプルで、全体としても読みやすい。 WWWMを除いてもこの世界でならいくらか書けそうな話もある世界観設定なのはやはりいい。 主催者側は共鳴で得られるスキルも先に知っていたりするのだろうか?二人共にあることで得られる道が真っ直ぐな『愚者』とはなんともまぁ。 なにはともあれほほえましいツンデレ主人公
★1 - コメント(0) - 2014年6月26日

【共鳴、隠しスキル!】 地下の貧民世界から地上へやってきた少年。 平民を叩き落としてやると意気込んで盗みに入るがあっさりと捕まってしまい、リアルゲームに参加する事に―― 展開が簡単に読めちゃう感じはしますが、スキルカードなどゲーム性のある学園異能バトルモノです!    評価は ★★★★★★★☆☆☆ 7個星です!!
★3 - コメント(1) - 2014年2月2日

フツーに面白い。それぞれのトラウマや価値観の違いから、最初は噛み合わなかった二人が、遠回りに打ち解けてからの会話がとても微笑ましかった。タイトルにもなっている競技は、なんとなくゼノギアスのバトリングを彷彿とさせる(あの首輪とか)。爆発物を首に巻きつけたままバトルとかよくやるな。メタリックヒストリーの語りに突っ込むシーンがあるけど、主人公の説教も大概。主人公とヒロインの名前の語呂が悪いように感じたのは自分だけか?評価:8佳多理と明美のディープキス
- コメント(0) - 2013年12月14日

魔法をカードゲームにしてみましたー的な作品なんだけど、ルール部分があいまいすぎるのとそれほどバトルが面白そううに思えないのはどうなのよ? つまんないわけではないけど予想の範囲内を超えてない。できればもうひとひねりほしかった
★1 - コメント(0) - 2013年9月25日

まあまあ面白かったです。最初は取っ付きにくかったけど、ゲームのルールに慣れてからは良かったです。話の展開がわかりやすいけど、主人公とヒロインの関係の変化が丁寧に書かれていてよかった。
★1 - コメント(0) - 2013年4月21日

WWWMの説明がそこまで複雑ではなく、違和感なく行われているので、純粋にバトル描写を楽しめる。まあもうちょっと上手くなる余地はあるように思えたけれど。王道のストーリー展開だからこそ分かりやすい心情描写なんかは、皿次の直情さも現れていて良かった。
★1 - コメント(0) - 2013年4月4日

まぁまぁ面白かった。バトルの設定も面白いと思う。次にも期待。
- コメント(0) - 2013年1月3日

王道のストーリー展開で、心理描写がなかなか良かったと思う。誰が敵であるのかは読んでいればすぐに分かってしまうが、そのわかりやすい「クズ」がどのようなことを考えているのかと言うのはとても興味深い。加えて、主人公とヒロインのペアが心をひらいていく姿は微笑ましい。そして、最後の最後に発現したスキルがなかなかに微妙で、上手くバランスがとれているなと感じた。
- コメント(0) - 2013年1月3日

こういうゲームも結構おもしろいんだなとおもった。読み始めはそこまで期待していなかったが期待以上に面白かった。このダブルス・マネーは課金すれば大体勝てるんじゃないかと思っていたがそうでもはなかったww 課金者がやられるのはみていて楽しいね← あとヒロインがそうそうにでれたのは・・・まぁでれてないとあとあとめんどうな気がするからこのでいいか。次巻も楽しみ!!
★2 - コメント(0) - 2012年11月15日

イマイチつかみきれないスポンサーさんが〇。下からでも勝てば上に行けるという単純ゲームに見えるが、やはり金と能力次第か。
- コメント(0) - 2012年10月18日

共鳴スキルが、微妙な気がした。全ての攻撃が無効になるわけではなそうなので、どうなんでしょ。続きがあるなら読むけどね!
- コメント(0) - 2012年8月21日

おもしれー。 やっぱ知略ものはおもしろい! 主人公の性格や生い立ちにも魅力を感じる。
★1 - コメント(0) - 2012年8月11日

これは面白い。 キャラも展開もかなり楽しめた。 続きが読みたい。
- コメント(0) - 2012年8月5日

これは課金武器を自慢し合うゲームだ
★1 - コメント(0) - 2012年8月2日

つまらないってこともないけど色んな意味で想定内に収まっちゃってなんかこう、うん。読み易いっちゃ読み易いんだけど。実は男の方がツンデレでヒロインってのは珍し・・・くもないか最近は。続きどうしよう。
★1 - コメント(0) - 2012年7月25日

敵の正体がバレバレで失笑ものだし、そんなにインパクトや新鮮味がある内容じゃ無かったけど、魔法や能力を使ったタッグバトル、というモチーフはやっぱり心躍る物があるよね。
★2 - コメント(0) - 2012年7月16日

☆3~☆4主人公とスポンサーさんのキャラがよかった。
- コメント(0) - 2012年7月15日

あれ……大賞作品よりおもしろかったぞ。手堅い文章でしっかり描写していく。読みやすい。大賞もかなり堅い文章だったのに受賞してるし、最近の電撃は安易な売れ線に走って潰れ気味なイメージがあったが、どうやら全然そんなことなかったみたい。近年の受賞作全部読んだわけじゃないけど、この作品は中でも一番おもしろかった。AW・SAOにいまいちはまれなかった自分でも、似たようなゲーム性を持ったこの作品にはハマる。なんでだろうか。読了後すぐに家を出て二巻を買ってくるほどって言ったら大げさかな。でも本当に買ってきたから近々読む。
★2 - コメント(0) - 2012年7月13日

読みやすかったし、面白かった。読み終わったあと、課金ゲーの話だと思ってしまった僕は、少なくとも皿次と通ずる点があるのかも。
★1 - コメント(0) - 2012年7月4日

悪くないけど プッシュするほどでもない バトルものなので地の文を読ませる力がない厳しいかな あと好きだけど切符さんはバトルものの挿絵は向かないね
★1 - コメント(0) - 2012年7月4日

★★★★★おおふう、皿二が一方通行さんみたいにかっけえですw電撃大賞銀賞なだけに王道展開にワクワクしましたねw次巻も期待
- コメント(0) - 2012年7月3日

欲望のために人から奪い蹴落とす。自分も、今まで奪い続けてきた、奪わなければ生きていけないと考えていた主人公が、少女と出会い、ただ、奪うことが目的では無く、今を奪われないために目標に向かって抗っていく。読むほど面白さが増していき、今後が楽しみ。
★1 - コメント(0) - 2012年6月29日

コメントに困る^q^次巻どうしよう
★1 - コメント(0) - 2012年6月27日

WWWMの設定が面白いです。夢のような金属ですね~。話も影を背負った少年少女が足掻く感じのなんとも電撃作品っぽい? お話です。主人公が変にモテたりせず、捻くれながらもヒロインへ一直線なのが読んでて気持ちいいです。なんだかんだで素直でいいやつな主人公は気に入りました。それと、文章がとても読みやすかったです。結構ゲームや能力の設定を説明する個所は多いですが、全然苦にならなかったです。人気が出ればアニメ化がしやすそうな作品であるなとも思いました(笑)
★4 - コメント(0) - 2012年6月26日

最近のバトルモノは主人公の能力がしょぼいのがデフォになりつつあるのかな?あと共鳴スキルもびみょーな気が…まぁ作者は色々考えてるんだろうけど。主人公が丸くなっていったのはちょっと残念だけど、ヒロインとの絡みは個人的に好き。
★1 - コメント(0) - 2012年6月24日

WWWMが劇中世界で人気のあるコンテンツであるというのに説得力が無い。せめて病院のスタッフや患者から一声かけられるとかいうシーンが少しでもあればまた印象は変わったかもしれんが。ツンデレ主人公は微笑ましかった。
★1 - コメント(0) - 2012年6月24日

わかりやすくてよかった。
- コメント(0) - 2012年6月10日

うん、面白かった。ただ仲良くなる切っ掛けが覗きなのがちょっと物語としてはズルいよね。
- コメント(0) - 2012年6月7日

ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネーの 評価:56 感想・レビュー:166
ログイン新規登録(無料)