ラストセイバーII 恋殺の剣誓 (電撃文庫)

ラストセイバーII 恋殺の剣誓の感想・レビュー(101)

熱いというほど熱くなく、かといってクールでもない作品だなぁと。設定に振り回されてる感も強くてなんだかなぁ。案の定打ち切りコースだったみたいだし、終わりも気にならないから続きは買わないかな
- コメント(0) - 2014年9月19日

英雄となる覚悟がつかぬまま、騎士候補生となった名薙は黒の森の調査に向かう。PAとPAをふりがなで使い分けるのはアカンやろ…。非常に読みにくい。内容自体は悪くなかった。
★7 - コメント(0) - 2014年7月5日

未来に転移?したのに相変わらず帰り道を積極的には探さない真無は今まであんまり見たことないヒロインだなーと思う。あと真無のイデア能力が鬼畜過ぎて最高です。
★1 - コメント(0) - 2014年5月10日

名薙くん成長物語なのですが。藤埜さん、切ないですね。新キャラのミレイヤさんアニカさんの萌えが欲しいなと思いなした。真無のキャラはすごいのですが、次のどうなるのとか、アニカのソフィアの関係は?など、次が楽しみです。
★2 - コメント(0) - 2014年3月26日

今回あんま理屈っぽくなくて残念でした(そこなの?)正直言うとこの作者は今までキャラを殺すところが少なくて奇妙な安心感と共に読んでたんですが、ミレイアさんがなんか可愛くて、死にやしないかと謎の心配をしながらこの本を読み進めました。ふみゅんとか言ってますからね。次にもちゃんと参加しそうでよかったです。あと真無さんの底知れぬ感は嫌な感じですね。ラスボス化しそうです。
★12 - コメント(0) - 2014年1月25日

前巻より読みやすくなったイメージ。名薙達の他にも生き残りがいたんですね。過酷な時代に送られ仲間もいなかった荻野君の歪みは仕方ないのかな…。彼の独白は悲しかった。真無の生身での戦いはさすがです(笑)彼女はこれからもあんな感じの戦法なんだろうか?名薙とは正反対な感じがまたいいです。名薙もようやく覚悟を決めたみたいだし、次はよりサクッと行って欲しいな。
★1 - コメント(0) - 2013年11月27日

どうも主人公の動きがいちいち面倒くさくて嫌になってくる。一巻の時点であそこまでのことをやってのけたにもかかわらず、未だにうじうじと悩み続けている主人公ってどうなのよ。これでは剣聖が浮かばれないよ。面白い部分もないわけではないのだから、もっとしっかりしてほしいかも。
- コメント(0) - 2013年7月12日

相変わらず主人公の火付きが悪い。とくに、メサイアを東京に置いてくる判断はサイアク。あんた、アレが無いと何も出来ないじゃん。試験で懲りただろ!?おかげで、無駄にご都合展開が際立ってしょうがない。クラスメイトの悲劇が、彼の意識に変革をもたらした事に期待。
- コメント(0) - 2013年7月7日

舞台設定、エピソードによる肉付けは十分に楽しめるライトノベルになっている。ただし、主人公が流されまくりなせいか、話の展開がしっかりしていない印象が残った。大きな目標は元の時代に戻ること、だけど、そのために今いったい何をしているのかといえば、単なる生存競争に過ぎない感じがしてならない。大きな目標は置いといて、まずはこの時代で生き抜く事を精いっぱい頑張る方向にいけば、中途半端さがなくなっていいのかもしれない。
★1 - コメント(0) - 2013年6月29日

うむ、面白い。ただの高校生だった名薙が剣聖の機体を継いで、戦うことに迷う。そして、己の力を認め覚悟する、もう分かりやすい位の王道展開。だがそれが良いわ。
- コメント(0) - 2013年6月22日

真無かわいいよ真無。チェス好きな俺にはちょっとハマるキャラ。真無のイデアが発動条件さえ満たせば勝利確定というチートっぷりで好き。生身で戦う彼女は発動条件を満たすかどうかの勝負になるわけか。頭がキレる真無にはもってこいだね。
- コメント(0) - 2013年5月21日

先生、あとがきがわかりません
- コメント(0) - 2013年4月9日

高校生くらいの年代で平穏な環境から過酷な環境に置かれてしまうことで味方・考え方が歪んでしまう。今回登場した荻野くんがそうだったけれど、これが成人してから過酷な環境に置かれた場合はそこまで歪むことはないだろうなと、思春期の難しさを示唆してるように感じた
- コメント(0) - 2013年4月7日

名薙の能力も明かされ、話もどんどん加速していってますね。天使サイドも人間サイドも一枚岩ではなく、次巻以降に人間との融和を望む(騙る)天使とか出てきそうな気がします。。そして真魚が漢前すぎる。コンピュータVS人間の構図は様々な作品で既に描かれていますが、人の身でスパコンよりもさらに演算能力の高い量子コンピュータに勝つとはいったい何者…?
- コメント(0) - 2013年3月17日

記憶を血液に移植できるって…いっぱいおんなじ人が複製できそうですね。あれ、そしたら敵ってほとんど不滅になってしまうのか… この考えは無しだな。 作品の内容は凝っていて、それでいて複雑怪奇ではないのがいいですね。
★2 - コメント(0) - 2013年3月9日

「私の年齢を、あなたにプレゼント!」とかやってれば、不老不死にでもなれるんじゃないかと。 こんなところに、永遠の美少女が!(ぇ
★1 - コメント(0) - 2013年3月9日

自分のいた時代から、125年後の世界(2140年)へとタイムスリップしてしまった「名薙稜月」。そこは人間を襲うマモノ(金属知性)が蔓延り、圧倒的な能力で人間を殲滅する天使(アイオーン)と呼ばれる存在により人類が絶滅寸前まで追い込まれている世界でした。自分を庇って死んだ剣聖「ゼイン」から譲り受けたPA「メサイア」を使いこなす為に東京騎士団の騎士候補生となった名薙は、黒い霧に覆われた「黒の森」へと仲間と共に調査へと向かいますが…。再会する同級生・敵対する友・明かされる真実・生き抜く為に主人公が下した決断とは?
★11 - コメント(0) - 2013年3月6日

東京騎士団の入団試験に合格し騎士候補生となった名薙を待ち受けるのは…、2巻でした。作中に登場する未来技術を使ったギミックとか設定は面白いんだけどな。仮にも“預言の救世主”と目される存在を平気で死地に送り込む都市の最高責任者、それに異を唱える事も無く任務に赴く騎士団の隊長&隊員、人類の敵対存在もあの設定の割に…で、出てくるキャラがみんな頭悪そうに見えて、話の展開やキャラの言動も前後の整合性が取れてないツッコミ所が多いのも相変わらずで、別の意味で面白い事に。もっと細部に気を使って書けば良くなりそうなのになー。
★2 - コメント(1) - 2013年3月3日

新たに二人の2015年の住人が登場し、名薙と同じ時を生きていたはずなのに気付いたらこんなにも違えてしまっていた。時折挟まる2015年の回想シーンと相まって、彼らが2140年という過酷な世界に生きているのかを実感させられます。PA戦では前回パッとしなかったアニカもしっかり活躍、終盤は涙を誘う展開で必見です。相変わらず真無さんだけドヤ顔激しいですが(笑
★7 - コメント(0) - 2013年2月25日

また帯・扉絵でネタバレされていた件。展開はシンプルであり、わかりやすくあるが芯があり楽しめます。人物造形が良くも悪くも残念なのが多くコメディ色が多くありますが、いい感じに芯をもって歪んでおり楽しめます。描写としてはえげつなさを感じつつ、甘さもありやや中途半端であるが「人間らしい」かなと。設定の出し方はなかなか、衒学的でなくていいかなと、文章的整合性に引っかかりはありますが。ルビ、ネーミングはいまいちかなと。戦闘描写はいまいち技術的にいまいちかなと、逆に感情、心理描写はよくて、寂寥感がありつつ楽しめました。
★3 - コメント(0) - 2013年2月24日

PAにルビをふるんじゃなく地の文で「ミリガス」「メサイア」と書いて欲しいなあ。その辺は編集が仕事しろよ
★1 - コメント(0) - 2013年2月22日

第2巻、名薙君がフリーターから国家資格持ちになる話です。覚悟を決める巻。 表紙のチェスで分かる通り、恐ろしいチェス勝負が見所(え、PAでの勝負?それはおまけだ)です。真無さん怖すぎですね、マジ怖いです。前巻でも思ってたけど、真無さんのイデア能力はチートではないだろうか。名薙君の能力も某禁書系ラノベのそげぶみたいなチート能力でしたが。 荻poteさんの絵は「キャワワ!」な絵は素晴らしいですが、戦闘シーンなどは今一つという感じですかね。 ところでイグニス卿は第〇階梯なのだろうか?
★2 - コメント(0) - 2013年2月20日

うーむ、どんどん可愛いキャッキャウフフ成分が減り、それに反比例するかのようにしょうもないツッコミどころが目につくことが増える。分単位の緯度経度で表現されてる場所に「あと300メートル」だの、バイオエタノールで永久機関だの、せめてあとがきとかで設定や科学性を誇るようなことさえしてなければまだ耐えられるんだが、もう無理、ギブアップ。
★1 - コメント(0) - 2013年2月18日

兎月先生の描くバトルはどこかしら哀愁が漂っていて全員救われてハッピーエンドっていうのにはならないのが厨二病な私には非常に面白くかんじられました。兎月先生の前作「アンチリテラルの数秘術師」にでてきた敵キャラのように荻谷が魅力的なキャラになっていくのを楽しみにしています!そしてあとがきで書いてあるような薀蓄をもっとだしてくれるといいなぁ~!
★1 - コメント(0) - 2013年2月17日

前作に比べて上手くなってきたなー、という気がします。飛ばされた時間にタイムラグがあることが色々と軋轢やら悲劇やらを生んでしまっていますね……。あと真無怖い。
- コメント(0) - 2013年2月17日

主人公の担うべき覚悟への恐れと向き合う姿勢のバランスが絶妙の領域。その上、最終的に彼に覚悟を決めさせる要素があれではなくコチラだった、というのは彼の今後の歩みを考えても、お見事と手放しで称賛したい。正直、一巻の段階であの教導役を退場させたのは不安一杯だったのだけれど、どうやら杞憂だったらしい。この子は自分で立って歩き出せる子だった。
★2 - コメント(0) - 2013年2月16日

一緒に飛ばされたクラスメイトと再会。しかし、あちらは名薙とは別の環境で別人格を形成していた。敵は新たなステップへ進んでおり、それに巻き込まれてしまう藤埜。名薙はまたひとステップ成長を果たす
- コメント(0) - 2013年2月16日

くぅー2巻もおもしろい!いきなり救世主なんて言われてもそりゃピンとはこないよなあ、でも名薙君なりの戦う理由が見つかってよかった さてソフィアの言ったことの真意とはなんなのかそして過去を変えられるのか?次が本当に楽しみだね やはり今回も真無さんはうつくしかっこよかった!でもなーんか真無さん怖いんだよねえ…
- コメント(0) - 2013年2月16日

二巻目。委員長……。ブラックボックスってちょっとワクワクする単語だと思う。もう一人の騎士候補生はいつ裏切るんだ?とか死教さんは仲間になるんだよね?とか思いながら読んでいたのだけれど……そんな展開はないんでしょうか。今回の天使さんは見た目も含めて好み。すっきり感はあまりないけど続きが気になる。あとがきがとっても物理だった。★★★★☆
- コメント(0) - 2013年2月13日

過去から来た少年が英雄を受け継ぎ……な2巻。今巻では同じく未来へ飛ばされ敵となった同級生と命懸けの戦いを行い、その過程で避けて通れぬ運命を受け入れる覚悟を決める、そんな話でした。ラストの綾月と天埜のやりとりに涙腺が崩壊しそうになりました(;ω;)ホントルイセンヨワイナァ
★2 - コメント(0) - 2013年2月12日

前巻が、メサイヤ譲渡と剣聖の後継のお話とすれば、今巻は、主人公の覚悟に関わるお話。そこには、悲しい二人の友人との別れが・・・と結構、王道路線展開なお話でした。また、ラストで今後の方向性に関わる情報が・・・7天使とすると、残り5巻でラストにするのか、それとも・・・前作同様に巻が進むにつれて面白くなっていくタイプの作品か?次巻がキー巻だと思う。それだけに期待大!
★2 - コメント(0) - 2013年2月12日

☆4
- コメント(0) - 2013年2月11日

バトルシーンよりも世界観設定の方に魅力を感じる。あと、誤字が目立ったかな。売れ線じゃないとは思うけど、書きたいものがきっちり書けますようにと願う。
- コメント(0) - 2013年2月11日

相変わらず売れそうもない設定でどんどん行くなぁと関心しつつ、嫌いじゃないと思う自分がいる。前巻にて主人公はメサイアを継承した。その為に剣聖としての立場まで継承しないといけないプレッシャーから逃れようとする。またいつまでもアニカのヒモをやっていてはならないので騎士候補試験を受験し、大失敗をしたにも関わらず、コネによって合格してしまう。その事実が主人公へのプレッシャーになる。そんな状態にも関わらず騎士候補生の任務として”黒の森”の調査に向かうことになり、元クラスメイトの二人に出会うことになる。
★1 - コメント(1) - 2013年2月11日

真無さん凄い 普通の人がいきなり、 荒廃した未来に飛ばされたら大抵の人は酷い目にあうんだなと……
★1 - コメント(0) - 2013年2月10日

416
今巻もなかなか面白かったと思います。今回は「救世主を継いでしまった」少年と「完膚なきまでの正義に倒されることを望む悪人」である少年の対決がメインとなっており、真無とクリスのバトルはおまけといった感じです。かつてのクラスメイト荻谷が敵となったわけですが、これはいいライバルになりそうですね。名薙も今回の戦いを通じて精神的に成長し、覚悟を決めたわけですのでこれからのさらなる成長に期待したいところです。また、最後の剣の能力の発現条件と能力があきらかとなったわけですが、流石の第7階位、チートクラスですね。
★2 - コメント(1) - 2013年2月9日

今読んでいるみんな最新5件(4)

10/03:まーしー
02/09:ブー

積読中のみんな最新5件(15)

06/17:エーカー

読みたいと思ったみんな最新5件(9)

03/05:ユウト
12/22:零夜
03/03:AKATSUKI
ラストセイバーII 恋殺の剣誓の 評価:74 感想・レビュー:37
ログイン新規登録(無料)