魔法科高校の劣等生(9) 来訪者編<上> (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生(9) 来訪者編<上> (電撃文庫)
あらすじ・内容
 司波兄妹にとって波乱続きだった西暦二〇九五年もあと一月。
 そしてこの十二月にも、彼らが通う魔法科高校に『激動』はやってきた――。
 深雪のクラスメイトである北山雫が、USNA(北アメリカ大陸合衆国)に留学することになった。この時代、ハイレベルの魔法師は、遺伝子の流出=軍事資源の流出を避ける為に、政府によって海外渡航を制限(禁止)されている。にもかかわらず許可された理由、それは『交換留学』だからだ。
 アンジェリーナ=クドウ=シールズ。
 雫がアメリカに渡り、入れ替わりで魔法科高校に入学したのは、金髪碧眼の留学生。「司波深雪に劣らぬ美貌」と称される美少女、通称リーナだった。
 彼女を見た達也は、瞬時にその『正体』に気づく。
 リーナの本当の姿、それは大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人、USNAの魔法師部隊『スターズ』総隊長、アンジー・シリウス少佐。
 魔法科高校にやってきた米軍最強の魔法師という『火の粉』を、司波達也はどう振り払うのか――。

あらすじ・内容をもっと見る
328ページ
1934登録

魔法科高校の劣等生 来訪者編<上> 9巻はこんな本です

魔法科高校の劣等生 来訪者編<上> 9巻の感想・レビュー(1690)

久し振りの「さすおに」。新キャラリーナが登場するが、やっぱり達也&深雪のコンビには太刀打ちできない。どこまで強力なんだよと読んでいて毎度毎度思う。後今回、やや脳筋キャラだけかと思えたレオの体の秘密も明らかになる。魔法師になるって何かしらの暗い秘密を抱えた部分が多いのかな。この後はまだ購入していないけれど、続けて読んでいきたいと思う。
★8 - コメント(2) - 3月24日

なんだか最初から最後までリーナは貧乏くじ引かされ続けてるような…。リーナもちょっと言っていたがこのグループ(お兄様と愉快な仲間たち)だけで私設部隊的なものできるよね。しかし3部構成か…まだ先があると思ってただけにめっちゃぶつ切りで終わった。
★3 - コメント(0) - 2月24日

おもしろい
★1 - コメント(0) - 1月14日

読了。第9弾という事で、来訪者編上巻です。前巻に真夜から『スターズ』が動いていることに忠告を受けた達也でしたが、USNAの動きは達也の予想よりも早く動き出し、マテリアル・バーストの容疑者の1人として達也の元へUSNA魔法師部隊『スターズ』総隊長、アンジー・シリウスが交換留学生として第一校へやって来ました。時同じくしてアメリカと日本で吸血鬼騒動が水面下で被害が拡大しており、その事件にアメリカが関係していると読んだ達也は自ら動き出すことに。今回はこれまでにない3勢力+αの事件に発展しており、→
★2 - コメント(1) - 2016年10月10日

今回も面白かった❗ また壮大な話になってきたし、関係性もより複雑になってきたけど、リーナはいい子なのかな。 吸血鬼の正体が全くわからないけど、どうなるんだろう。
★19 - コメント(0) - 2016年8月25日

再読。灼熱のハロウィンを起こした人物を警戒してUSNAからリーナが第一高校に、同時期に変死連続殺人事件が起き始め…来訪者編上巻。上中下という事であまり読み返してませんでしたが思ってたよりも内容がつまっていて全然楽しめましたね、リーナの行動も挿絵もほんとポンコツで笑えます。最近より地の文の茶々が多い気がしますが(気のせい?)一校メンバーの安定感も良い所、にしても冒頭説明ページが薄くて驚く…。カラー設定説明にある戦略魔法師には五輪澪の名前が、大亜連合への出征以来出番がありませんが更なる活躍はあるのだろうか…。
★7 - コメント(0) - 2016年8月4日

3、5/5リーナが米軍最強として登場したわりに脆くてうーん。あの兄妹はチートだから魔法的に大敗するのとそれによって精神的弱さが出るっていうのはわかるんだけど、それにしてもメンタルが脆すぎるし周りのフォローがあるわけでもないから米軍がすごく弱く見えてあの兄妹のすごさがあんまりでなくなっていた気がした。
★1 - コメント(0) - 2016年6月10日

深雪のクラスメイトである北山雫がUSNAに留学することになった。この時代ハイレベルの魔法師は遺伝子の流出=軍事資源の流出を避ける為に政府によって海外渡航を制限されている。にもかかわらず許可された理由は交換留学だからだ。アンジェリーナ=クドウ=シールズ。雫がアメリカに渡り、入り替わりで魔法科高校に入学したのは金髪碧眼の留学生。彼女を見た達也は瞬時にその正体に気づく。リーナの本当の姿、それは大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人、USNAの魔法師部隊『スターズ』総隊長、アンジー・シリウス少佐。
★1 - コメント(0) - 2016年6月1日

止むことのない勢力争い。次巻期待
★1 - コメント(0) - 2016年5月28日

2016/04/10 20:20 読了。リーナ登場。雫の留学。1年生編のクライマックスはいろんな勢力入り乱れてのひっちゃかめっちゃか。最終的にはお兄様が上手いことやるんだけど、やっぱライバルがいるのはいいね。お兄様強すぎだから対抗するやつがいないと盛り上がらねー。
- コメント(0) - 2016年4月10日

新シリーズでしたが、今回も面白かったです。前回の巻で達也と深雪の過去が少し明らかになり、物語が進んできたなーとちょっとうれしいです。達也も深雪もとても魅力的なキャラクターなので、兄妹とは知りつつもラブシーンチックなところではキュンキュンしたりします。 でも、この作品は戦闘シーンも最高にかっこいいので読んでいて楽しいです。 すごく気に入ったシーンがあって、深雪VSアンジーの戦いに「そこまでだ!二人とも。」と割って入った達也の圧倒的な能力の高さがかっこよかったです!
★6 - コメント(0) - 2016年4月9日

雫の出番があああああああ……。雫とアメリカの天才魔法師、リーナの交換留学が特例で成立する。だがリーナには秘めた目的があるようであった。ここまで雫しか書いてないけど、実際雫がアメリカに一時的とはいえ行ってしまうのに少なからずダメージを受けて、読む手が少し止まったくらいにはショックだった。そしてリーナの正体についてあらすじから全力でネタバレしていくスタイルだったが大丈夫なんだろうか。更にどうでもいいけどリーナは挿絵ではわかりにくいけどツインテだったのね。後で知ってよかった。ツンデレとか変な先入観持ちそうな。
★1 - コメント(0) - 2016年4月1日

新キャラ登場回でした 相変わらずさすおに!
- コメント(0) - 2016年3月19日

転校生が来ると言うお話。外国との接触がメインなのかな?あと、雫にはもっと活躍して欲しいと思った笑
- コメント(0) - 2016年2月11日

今回は来訪者編ということで、リーナが留学生としてやってきました。最後の深雪とリーナの戦いは凄かったです。この2人はほんとにいいライバルですね。次巻も楽しみです。
★4 - コメント(0) - 2016年2月4日

再読
★1 - コメント(0) - 2016年1月28日

★★★ 吸血鬼とかUSNA(まぁ、アメリカ)の魔法師部隊とか上手く話を広げている。真由美さんの出番が減ってしまったのが残念。
★19 - コメント(0) - 2016年1月3日

大亜連合に続いて、大国USNA(北アメリカ合衆国)およびその魔法師部隊スターズが物語の表舞台に。そして雫との交換留学生リーナ(アンジェリーナ・クドウ・シールズ)が新キャラとして登場。「最強の魔法師がスターズの総隊長<シリウス>に就任する」というのは単純明快でアメリカらしいシステムだとは思うのですが、軍組織として考えると問題が多々あるような…。
★43 - コメント(0) - 2015年12月4日

リーナがその地位のわりには無邪気な性格。お兄様から深雪に制御力を返すあのシーンはサービスカットですねww
★1 - コメント(0) - 2015年12月3日

新たなキャラクターではじめて、また名前を覚えるのに一苦労wしかし、段々読むにつれて、兄弟愛も見慣れてきた頃である。なんかむしろ、そのシーンが癒しにすら感じる。
★5 - コメント(0) - 2015年11月25日

リーナがSAOのアリスと被る、、作画のせいですけどね。。
★1 - コメント(0) - 2015年11月15日

吸血鬼!!!ファンタジーかと思うけど長い説明はどう見てもSFだな。
- コメント(0) - 2015年11月8日

まさかの吸血鬼。師匠も色々もってますねぇ…さすがです(^^;
★9 - コメント(0) - 2015年8月27日

来訪者編<上>面白かったです。新たにUSNAからやってきたリーナという留学生が実はアンジェリーナシリウスというスターズの総隊長だったという話でしたが、USNAから来たと思われる吸血鬼を追う色々な勢力との戦いも描かれていてスリリングでした。リーナさんと深雪さんの戦いは読み応えもあったし、新たにかわいい女の子が増えて次回からどうなっていくか非常に楽しみです。
★4 - コメント(0) - 2015年8月24日

突如現れた吸血鬼の存在も気になるけど、深雪とリーナによる氷雪と炎雷の戦いが迫力あって良かった。ここはぜひ映像として見てみたい。また、リーナとの決戦を前に達也が深雪に制御力を返すための熱い抱擁も読んでて恥ずかしくなる(笑)
★9 - コメント(0) - 2015年8月19日

真由美と十文字、お似合いだと思うんだけど。小悪魔で「妖精姫」って、なんか良い
★14 - コメント(0) - 2015年8月16日

今回は以前にも増して私には苦手な難しい科学のお話が多く、読むのにかなり多くの時間費やしてしまいました。 まぁ、難しい話は結局よくわかってないのですが、本筋としては謎の吸血鬼、USNAの軍が達也たちを事件に巻き込んでいきます。彼らのそれぞれの戦闘シーンがやはり迫力があって魅力的でした。前半は読むのが難儀でしたけど後半は戦闘が多く楽しくなってきたので、中巻も引き続き読みたいと思います。
★8 - コメント(0) - 2015年8月13日

相変わらず面白いなー。ワクワクする。
★2 - コメント(0) - 2015年8月6日

USNAのスターズ隊長、アンジー・シリウス。名前だけは何度も出でいた人物が、この作品で登場する。
★2 - コメント(0) - 2015年7月28日

再読。達也と叔母様の会話のシーンが好き。達也が叔母様頼るのがレアっぽい。
★2 - コメント(0) - 2015年7月28日

雫が!!いない!!
- コメント(0) - 2015年7月26日

今回も、いつものように説明が多くてややこしいですね。そして、またまた女の子ばかりが増えていく。本当に、女の子多いなぁ…。個人的には、レオの家庭環境の方が気になる。
★5 - コメント(0) - 2015年6月17日

ここまでの話の展開の感じだと、上下巻で終わりそうなのだが、上中下巻とは… 新キャラや新概念も多く出てきて話もわかりにくくなりつつも、楽しみですね。
★3 - コメント(0) - 2015年6月7日

4時間40分(札幌市視聴覚障がい者情報センターと音訳者さんに感謝) うーん、もの足りない感じが・・・。中巻に期待。
★3 - コメント(0) - 2015年6月2日

一気読みにつき、感想不可避。
★15 - コメント(1) - 2015年5月31日

お兄様の最強ぶりとかに満足しつつも、エリカやレオ、ミキたちの活躍が楽しくなってきました。彼らの活躍ももっと見たいです。レオのことをもっと知りたいですね。ほのかがちょっとうざいと思いつつも、兄弟間の絆が強すぎてまったく問題にならないので別にいいか…と毎回思わされています。
★4 - コメント(0) - 2015年5月20日

各々の行動原理をまだ理解しきれていないけれど、主人公サイドが二度もシリウスと吸血鬼の交戦を邪魔して結果的に連続殺人鬼を助けてしまったのはいいのだろうか……。そして十三使徒さんが立場上は普通の高校生()相手に苦戦してていいのだろうか……。せめてエリカくらいは軽くとっちめてもよかったのでは? とにかくリーナちゃんをものすごく応援したくなる巻。今後の活躍に期待?
★3 - コメント(0) - 2015年5月18日

魔法の仕組みや理論について、分かったつもりで分かってなかったのかもと思った9巻です・・。「来訪者」とは吸血鬼のことでもありリーナたちのことでもあるのでしょう。なんだか怖いものが海を渡ってきてしまいました。こういう三つ巴のような、標的がバッティングする構図は面白いしワクワクします。ただリーナが・・スターズを背負って立つ(?)立場としては、ちょっと達也に手玉に取られ過ぎじゃないか??と疑問に思いました。彼女には今後の活躍を期待したいです。
★11 - コメント(0) - 2015年5月17日

再読。Web連載版既読。二章あったので、4つになるかと思ったが、上中下。シリウスが弱く見える。
★6 - コメント(0) - 2015年5月16日

戦略級魔法師のはずなのに弱くない?と思ったのは私だけかな。レオが活躍する回かと思ったらそこまででもない(わたしは幹比古が活躍してくれればそれでいい)レオくんにもいろいろあるらしいしそのうち目覚めたりするのかな。来訪者編は三分割らしいからまだあと2巻続くのか......
★9 - コメント(0) - 2015年5月12日

魔法科高校の劣等生 来訪者編<上> 9巻の 評価:26 感想・レビュー:347
ログイン新規登録(無料)