ビューティフルマンデー (メディアワークス文庫)

ビューティフルマンデー (メディアワークス文庫)
386ページ
316登録

ビューティフルマンデーはこんな本です

ビューティフルマンデーの感想・レビュー(177)

殺し屋黒崎、万引少年正哉、結婚詐欺師翔子、ねこ、探偵結城と大輔。黒崎が翔子殺害を依頼され、正哉は誘拐され、話は集約すると思ったら正哉と一緒に誘拐された少年が幼い頃の黒崎で大輔が手柄欲しさに結城を殺害。殺し屋になり探していた。翔子は正哉の初恋の相手で10年の歳月を掛けて結婚詐欺師として養っていた。ほーなるほど。と最後ドキドキした。伊坂さんの作品を彷彿とする。
- コメント(0) - 1月25日

これでデビュー作なのかと最後に驚きました。とても成熟してますね。 軸が違うなら分けて欲しかったという意見を見たけれどそしたらあっさりしすぎて詰まらなくなっていたし、このままの少し理解が及ばない状態が一番面白いのでは、とMWで久しぶりに素敵な作品を読めた気がします。 ただ翔子さん、黒崎と善い感じだったのに何なのよ……。
- コメント(0) - 2016年11月10日

みなさんがレビューで書いてる通り、難しかったぁ。内容はひかれる部分が多くどんどん先が気になるが、読み進めるにつれ頭がパニックに。結果、違う時間軸のストーリーが並行して描かれていて、読み終わった今でも全部綺麗に整理出来てない気がする。面白かったけど、難しく私の頭では全部把握しきれなかった。
★4 - コメント(0) - 2016年7月6日

なんか似てるの読んだことあるなと思い読み終え、あとがきで納得。読み応えもあり面白かったです。
★1 - コメント(0) - 2016年6月26日

内容は面白かったです。濃いですし、読みごたえはあります。しかし読みにくかったです。こんなに読みにくい作品は初めて読みました。登場人物が多すぎてごちゃごちゃしてるからかな。時間軸が違う物語ならせめて子供時代、大人時代と2つに分けて欲しかった。先に子供時代の話を持ってきて、話を進めていっても全然面白いとは思うんですけど。でも、物語が進むにつれてページをめくる手は止まらなかったですよ。まさか、あの二人があんな関係になるとはね。本当に勿体ない作品です。
★4 - コメント(0) - 2016年5月28日

あとがきが、不思議だった。 面白かった。 理解するのが難しかった。
★2 - コメント(0) - 2016年4月4日

週休二日の殺し屋、デブを狙う結婚詐欺師、退屈を紛らわせる万引き少年、野良暮らしの少女、4人というか、少女の正体はすぐに気づくと思うから、3人と1匹と書いちゃうけれど、彼らの物語がせわしなく交互に語られる。スピード感よりも煩わしさを感じながら、どこでどのように交錯するのかと読み進めると、誘拐犯まで登場、ややこしくなる。で、時間軸を錯綜させて楽しましてくれたのはいいものの、ストーリーがちょっと物足りない。なんで週休二日なのか、なんでわざわざ擬人化したのかなど、期待した裏がなくて消化不良だな。 (★★★☆☆)
★9 - コメント(0) - 2016年3月25日

著者の2作目が面白かったので購入。様々な登場人物たちの行動が時空を超えて交差していく展開は後書きでも本人が伊坂幸太郎に影響を受けて小説を書いた!といってた通り伊坂臭がしました(笑)けれど、それぞれキーマンとなるキャラクターが個性豊かで素敵だし、尚且つ頭で考えてわかったつもりで読み進めていてもクライマックスでは度肝を抜かれたり、意外性もありました。2作目以降未だ作品が出ていないようですが、いつか宇佐見さんの新作が刊行されたら真っ先にチェックしたい!
★18 - コメント(0) - 2015年12月27日

こんな形式の小説は初めて。最後の最後で、そうきたか!とうなってしまう。斬新で私は非常に面白かった。
★12 - コメント(0) - 2015年10月11日

本編が380ページ近くありただでさえボリューミーだなと思っていたのですが、残り3分の1(終盤入りかけ)ってところで「もしかして…?」と思い始めて、答え合わせしながら読むのが意外とストレスでした(^_^;)おかしい。ミステリー嫌いなわけじゃないのに。著者が影響を受けているという伊坂作品は、コミカライズされた魔王JとWaltzしか読んだことが無いので小説と比べるのはお門違いなんですが、こうも読みにくいものなのでしょうか…。あれですね、もし160ページ目で気づいた人とかいたらすごい(笑)
★1 - コメント(0) - 2015年8月31日

何人かの登場人物のエピソードが順に語られラストに向けて収束していく。「?」となってから展開についていくのに必死。読み返すとなるほど。面白かった。
★8 - コメント(0) - 2015年7月24日

「本作は伊坂幸太郎氏の影響を多分に受けてる」…でしょうね!(゜д゜)読みながら喉元まで出かかってましたよ。/前に、わけありの方~を読んだのですが、あの殺し屋を目指してた少年を思い出してザワザワしています。
★34 - コメント(2) - 2015年5月12日

面白かった!なんとなく伊坂作品に似てるのか?って思ってたらあとがきに、伊坂さんの影響を多分に受けているって書いてあってなるほど…って感じ。土日休みの殺し屋とかデブ専門詐欺師とか、設定も面白いし、伏線も最後に回収出来て、楽しく読めた。
★16 - コメント(2) - 2015年4月25日

土日休みの殺し屋、デブ専結婚詐欺師、万引き少年、家なし少女、素行不良な名探偵がザッピングされながら誘拐事件に絡んでいく。 だが、現在過去すらザッピングされて登場人物が多くなり相互関係が良く分からなくなって終わってしまった。しかも猫まで登場。息抜きにさらっと小説を読む自分には面倒くさい。
- コメント(0) - 2015年4月14日

目当ての本を見つけ、周囲を見回していたところこの本を見つけた。全く買う予定は無かったのだが、表紙のキアヌリーブスを彷彿とさせる登場人物の一人の殺し屋に妙に惹かれた。グランドホテル方式で展開されるストーリーに、後半が少し読みにくい感じがしたのと、スピード感がない。話は面白かったがキャラクターに魅力を感じられなかったのが少し残念。そして結婚詐欺師は怖い。
- コメント(0) - 2014年11月1日

面白かった!後半から頭をめちゃくちゃ使ったけれど、最後には全てが繋がって思わず凄い…と思ってしまう。一人一人がおかしな人で、はっきり言って法的にヤバイんだけど、そこがまたいい。猫の行動が胸にじんわりと来たし、ミステリーっぽさも出ていてとっても好み。宇佐美さんの次作とかも読んでみたいかも。
★2 - コメント(0) - 2014年10月5日

面白かった。後半のネタバラシがちょっと読みにくく、わかりにくいけど、全体を通してスピード感があって良かった。
★1 - コメント(0) - 2014年8月6日

ありがちな比喩になってしまいますが、バラバラだったパズルが最終的にはぴったりはまる感覚がかなり心地よかったです。夜中なのにも関わらず「ああ、そういう事か!!」と声に出してしまった感じです。いやあ、処理能力がかなり低い私の頭で整理するには状況がややこしかったですが…メモを取りながら読めば良かったと若干後悔しています。 先に訳ありの方~を読んで居たので、「これがあの話のあの人か!!」と思い出した時にすっきりしました。しかし、皆揃って将来有望ってレベルじゃないですね。猫の最期には思わず涙目になってしまいました。
★19 - コメント(1) - 2014年7月19日

某作家さんの展開と似ているとのことで楽しみにしていましたが、中盤からワクワク感がだんだんため息とイライラに変わって、最後は『読みにくい』という感想でいいやってなります。 登場人物はそんなに多くはないけど、いろいろ伏線張りすぎていらないかなシーンだらけ。 トリックやらどんでん返しやら、表す言葉はたくさんあるけど、私はただ一言、『へたくそ』って言いたいです。悪気ありません。
★7 - コメント(0) - 2014年6月6日

平均以下。複雑な構成にしてあるのは、お話自体がつまらないから。普通の人が一人も出てこない変な小説なんだけど、普通じゃない登場人物たちの人生は奇妙なことに 驚くほど「つまらない」。つまらない人生とつまらない暇つぶしのカタログのような登場人物を見せつけて作者は何がしたかったのか、本当に理解に苦しみます。唯一感心したのは「金髪」。巧妙なミスリードにつながっていて構成上、重要です。
★2 - コメント(0) - 2014年5月31日

「あー、なるほど伊坂さんか」とあとがきを読んで思ったのでした。途中からは進んで戻って人間関係の整理をしながら、久々に頭使った読書でした(笑) 「わけありの方、歓迎します。」も面白かったし、次作が待ち遠しいですね^^
★5 - コメント(0) - 2014年5月15日

何重にも仕掛けが施されていて、読みながら混乱したり、理解したと思ったらまた驚かされたり。ステキな読書時間を過ごすことができました。
★4 - コメント(0) - 2014年5月15日

群像劇はやっぱりこうでなくちゃ!予想出来ない繋がりと結末!すっごい自分好みの小説だった。 ものすごくいい感じに騙されて、読後感爽やかな気持ちでいっぱいです。大満足でした。 とんでもない名探偵もいたもんだよ(笑)
★3 - コメント(0) - 2014年5月10日

週休二日の殺し屋と自由気ままな同居人の様子が微笑ましかったのですが、あっという間に不穏な感じになってしまい、残念でした。
★3 - コメント(0) - 2014年4月19日

久々の読書。黒崎が結城と対峙した辺りで混乱したけど、狭山が本名を名乗ってくれたおかげで全部理解した。こういうの書けるのほんとすごいと思う。
★5 - コメント(0) - 2014年4月12日

読了しました!ここでも皆さんが言っている、少女泥棒さんの描き方がとても幸せそうでいいですね。途中から伏線に気づいてはいたんですが、二つの事件を整理しながら読まなきゃいけないことはちょっと難解でした(^_^;)誘拐された大泣きしている少年が誰なのかまだわかりません・・・(ーー;)読みすすめていって楽しい作家さんでした。週休二日に何故こだわっているかとか(某二日にかかっているんだろうけど)強調して下さってもいいと思うし、例え方とか文中の見せ方もちょっとくどく感じたかな・・・次作も期待しておりますよ。
★2 - コメント(0) - 2014年3月27日

著者自ら伊坂幸太郎の影響を明言する、サスペンス味に富んだ群像劇。普段ミステリばかり読んでいると嫌でも行き遭う見慣れた趣向で、正直、驚きはほぼなし。何点かアンフェアに思える箇所も見受けられ、読書中の印象はさほど良くなかった。結末で無理やり良い話風に纏めた印象も若干。ただ、広げた風呂敷を畳む伏線回収の手際は見事。登場させた要素を余さず使い切る作品構成からは、著者の地力と、群像劇の魅力に対する確固とした自覚を感じた。一本の線に繋がる物語が爽やかなカタルシスでなく、得も言えぬ遣り切れなさを喚起させる点は良し悪し。
★2 - コメント(0) - 2014年2月25日

友人に紹介してもらっての一冊。まずは凝ってんなー、と思ったのが第一印象。きっちりプロットとか枠組み決めて書かれたんだろうなあみたいな。多分使ってるトリックはこれだなっていうのはわかってるのに、何重にもやられているのでちょっと混乱してきて把握しようとしたはずが結局途中でただ読んでるだけじゃわからなくなってしまったwでもこういう構成とか雰囲気は好きです。
★5 - コメント(0) - 2014年2月3日

表紙につられ、殺し屋設定につられて読み始めたった2日で読破。何人もの登場人物が少しづつ絡み合って最後に絡み合ってるものが一気に解決。時系列とか猫の大まかな伏線には気づいたものの、最後の伏線回収のころになって頭がこんがらがりました(笑)いやまさかあの二人が…。最後の一言になんかほっとさせられました。黒崎さんがもっと見たかったけど面白かった!次作が楽しみです。
★9 - コメント(0) - 2014年1月23日

うーん、最後がね・・・ 内容はたしかに皆さんが言っているように伊坂さんのプロットににていますよね 少女泥棒のところは、かわいくて泣けるけどね
★6 - コメント(0) - 2014年1月21日

図書館。週休二日の殺し屋、太め専門の結婚詐欺師、恋する万引き少年、少女泥棒、そして二人の名探偵。彼らの運命が複雑にこんがらがった4日間の物語。面白かったです。途中から「ん?なんかおかしいかも」となる場面があるんですが、私はかなり最後のほうまで見事に騙されました。悪人や善人はいない、文体はわりと淡々としているけれどユーモラスで読み易かったです。職業意識高い殺し屋さんが好き。彼氏彼女のガチバトルの行方も気になる。わりとオチも納得できて、そしてとあるキャッチコピーが採用されてて(笑)良かったです。
★17 - コメント(0) - 2014年1月14日

ダブルトラップ?にやられた!ややこしく感じるところもあったけど、それぞれのパートは読みやすかったです。最後の一行が面白かった。伊坂さんの影響を受けてない感じのも読んでみたいですね。
★17 - コメント(0) - 2014年1月7日

ちょっと.....いやほとんど整理できてない。伊坂幸太郎を想像させる書き方、もう一度読まないと私にはわからない。
★7 - コメント(0) - 2014年1月6日

ややこいとこもあったけど 時間かけて理解できたから 面白かった♪ 週休二日の黒崎さん好き♪ 篠田さんと翔子さんの恋も なかなか楽しそうw
★6 - コメント(0) - 2013年12月26日

いろいろな視点だったのが最後に綺麗にまとまって「なるほど…」ってなりました。
- コメント(0) - 2013年12月26日

途中から、今と過去の話が交差しているんだろうなとは気がついたけど…それでもややこしかった!! 10年前の事件から今までをそれぞれが色んな思い抱えながら生きてきて…最後には綺麗に収まったのかな。歪んだままな気もするけれど。とりあえず、殺し屋さんとかはいいけど、殺伐としたカップル擬きの二人組がどうなるのか…気になります!! 死ぬまで平行線を辿ってそうですが(笑
★11 - コメント(0) - 2013年12月25日

ビューティフルマンデーの 評価:88 感想・レビュー:75
ログイン新規登録(無料)