アクセル・ワールド (20) ―白と黒の相剋― (電撃文庫)

アクセル・ワールド (20) ―白と黒の相剋― (電撃文庫)
あらすじ・内容
劇場アニメ7月23日公開決定!!
最終決戦迫る最新刊!!

「――行くぞ、レイン!!」「――来い、ロータス!!」
 《災禍の鎧》、《バックドア・プログラム》、《ISSキット》、そして《災禍の鎧マーク?》――。加速世界にあまたの悲劇と混乱をもたらしてきた謎の組織《加速研究会》。その表の顔は、六大レギオンの一角として港区エリアを支配する白のレギオン《オシラトリ・ユニヴァース》だった。
 全ての元凶にして黒幕、白の王《ホワイト・コスモス》との決戦を前に、黒雪姫率いる《ネガ・ネビュラス》は赤のレギオン《プロミネンス》との合併会議に臨む。ネガ・ネビュラスからの出席者十一名に対して、プロミネンスは総勢三十三名。実に三倍もの規模を誇る大レギオンの全貌を初めて目の当たりにし、圧倒されるハルユキだったが、会議は序盤から思わぬ展開を辿る。
「シルバー・クロウ!! ネガ・ネビュラス代表として、オレと戦え!!」
 初対面のバーストリンカーに、いきなり戦いを挑まれたハルユキの選択は――!?
 いっぽう、ニコと黒雪姫も、禁断の《王》対《王》の戦いへと突き進む。
 対峙する二人は、二つのレギオンをまとめあげることができるのか――!?

あらすじ・内容をもっと見る
280ページ
586登録

アクセル・ワールド ―白と黒の相剋― 20巻はこんな本です

アクセル・ワールド ―白と黒の相剋― 20巻の感想・レビュー(480)

うぃちゃんが可愛い。うぃうぃの挿絵もっと増やして欲しい。それにしても話が進まない
- コメント(0) - 2月19日

白のレギオン戦に向けた準備巻。黒と赤のレギオンの合併、毒消しキングの座をかけた戦い、白のレギオンとの前哨戦からのラストで無制限フィールドへの移動。21巻が楽しみですな。
★7 - コメント(0) - 1月10日

一冊使って、これから始まる白のレギオン=加速研究会との戦いの準備をしたという感じ。 ハルユキのハーレム化は留まる所を知らず、話の進まなさも同じく留まる所を知りません。 でも続き気になるんだよなぁ…… 黒雪姫先輩の使った例のアプリといい、完全にアレと同期しはじめてますが、もしかして、この世界って……いやんな訳ないか。ラノベにしちゃ重くなりすぎるし。
★2 - コメント(0) - 1月1日

加速世界に生きる少年少女の物語の第20弾。今回はついに白のレギオンに勝負を挑む◆ホントにやっと戦いになった。これ以上引き延ばしたら飽きられてたよ(笑)とはいえメチャクチャ盛り上がりましたね!白のレギオンの実力の一部も見ることができたし、意外な人物の加速世界への介入フラグも立ち、楽しみが増してきましたね!あとはP58,59のイラストは絵師さんお疲れさまでした。ここでしかでてこないキャラもあるだろうが、イメージを膨らませるにはこういうのは最高!
★9 - コメント(0) - 1月1日

半年以上積んでようやく読了。 最近、だいたいこんな感じな気がする。 というわけで挿絵のえっちさに定評のあるAW第20巻です(ぇ 準備回~白との決戦序盤戦といったところですかね。 なぜか毒消しキングを襲名した鴉(笑) ついにリードも加入しましたね、帝城から出られないってことは、やっぱそういうことなんだろうなぁ。 あと今回の見所はなんといってもP135の琴雪組のたわわですね。 作中でもトップクラスでは? これまでの傾向だと、リードもリアルは女の子という可能性が… 最後に一言、表紙の綸ちゃん胸大きくなってない?
★6 - コメント(0) - 1月1日

赤のレギオンとの合併、そして続いて白のレギオンとの領土戦。今まで互いに強力はしていたものの、ここにきて漸く繋がりを持っていった感じです。まだまだ戦闘は本格的になっていない部分で切れたため、次回は戦闘メイン回になりそうですね。さらっとでてきたけど、彼の正体って皇居にずっといたってことはもしかして…皇太子なんじゃないだろうかと思ったり、あとやはり不可思議なツールの開発者である彼はキリトなんじゃないだろうか…と思ったり、小さなネタに思わず反応してしまいます。
★5 - コメント(0) - 2016年12月10日

相変わらず進んでるとは言い難いけど、そこそこ進んできたかも。とりあえずキャラ多すぎw 次巻はまるまるバトルかな。
★1 - コメント(0) - 2016年12月8日

しかし どんどん女友達を増やしていきますな~。話的には序章って感じなのでこれからの展開に期待かな?(70点)
★2 - コメント(0) - 2016年12月7日

【ついに白のレギオンの領土へ突入!】未来系加速バトル。相変わらず楽しめたけど初期の頃のような疾走感がないかな。プロミと合併して、ついに元凶である白のレギオンにかちこみに行く。レギオンの領土マップは有難い。個人的には合併して欲しくなかった。こじんまりとして、お互いに牽制しあっていた緊張感が薄れそう。プロミの全貌、構成メンバー覚えれないな。バトルシーンは胸が高まる。タクと累の覚悟は良かった。黒雪姫のチートはSAOとのリンクw白の幹部が反則級。ハルユキが剣で戦うのは何か違うな。謎や伏線もあるので続きが気になる。
★4 - コメント(1) - 2016年11月10日

イラストはなんでやたらと裸にするんだろう(遠い目)。基本的に善悪の区別は容易につけられないということか。SAOを読んでないからイマイチ分からない部分もあるが、多分当面読まない。
★3 - コメント(0) - 2016年11月3日

20巻いよいよ最終決戦かー。いいところで終わってしまいました。まあ出版社に作戦と言われればそれまでなんですが。段々いろんなルールが絡み合ってきてよくわからなくなってきました。もう一度最初から読み直さないとダメかな。
★7 - コメント(0) - 2016年10月31日

プロミネンスとの合併も無事終え、グレート・ウォールとレオニーズの協力も得ていよいよオシラトリ・ユニヴァースとの領土戦に突入。ネガネビュラスの人員も増え、更にトリリードも加入と万全の布陣かと思いきや。すんなりとはいかないことは分かっていますが、黒雪姫の友人でもある恵が不穏な動き。それを追って黒雪姫も領土戦の戦場へ。最後には謎のアバターも登場とまだまだ波乱が続きそう。
★8 - コメント(0) - 2016年10月29日

★★☆☆☆ 最終決戦へ向けての前哨編の第20巻、一番の衝撃は付き合ってた、かなとかいう過去形発言。特に言うことはないレベルの内容、この辺はもう少しスマートにまとめてくれても良かったのではと思う。赤のレギオンのメンツとかダラーっと紹介されても覚えられんしロクに説明もないし、実際無意味に近いところで尺取られても。あとコバマガの二人、やっぱりパイオツデカすぎ問題。ていうか仮にここで白黒ついたとしても、他のレギオンガン無視で終わるわけにいかんし、後何巻続くんだコレ
★1 - コメント(0) - 2016年10月28日

ハルユキを中心にバーストリンカー同士の信頼という人の輪がどんどん広がっていく印象。その人の輪は赤と黒のレギオン合併という前代未聞の出来事をうみ、物語的にはハルユキたちの敵がいなくなってしまうのではないかと心配になるぐらいこれまでは良い方向で話が進んでいっているように思う。でも、バトルシーンが多いとやっぱり読んでいて気分が盛り上がる。ともかく白のレギオンとの戦いがどうなるか。先が気になります。
★5 - コメント(2) - 2016年10月27日

人、増えたなぁ
- コメント(0) - 2016年10月25日

アクセル・ワールドもついに20巻。クライマックスに近づいているはずなのに、まだまだわからないことだらけ。オシラトリユニヴァース(加速研究会)との直接対決が始まった今巻。まあアクセル・ワールドだけに一筋縄でいかないことは織り込み済み。気長に待ちます
★1 - コメント(0) - 2016年10月18日

ついに白と対決。その前に赤の多数の名乗りを読み飛ばしたことは内緒。多すぎだよ、読んでも頭に入りません!白とは何やら力の差がありそうですが、どうなることやら。一つも勝負がつかないまま次巻へ。
★2 - コメント(0) - 2016年10月13日

やっと最終決戦か本当に長かったな!今回プロミネンスと合併したから新キャラが多すぎてめっちゃ疲れた正直プロミネンス勢の名前とか覚えられないよね?一体何人消えてしまうのか…グレイシャービヒモスがマギサ・ガーデンのアリスと能力がかぶり過ぎてない?パワーあるし相手を凍らせるデバフ持ってるし獣だしでマギサ・ガーデンと絶対に交わらないてか別物として扱ってるん?気になるのは黒雪姫のSSSオーダーかなあの絵柄を見るとSAOとの繋がりを感じてしまうのだがどうなんやろ?それと恵の状況というか状態?も気になるところ
★6 - コメント(2) - 2016年9月26日

さぁここからというところで終わり。いろいろ見てるとやっぱSAOとの繋がりがあるのかなぁとか。
★22 - コメント(0) - 2016年9月24日

プロミメンバー、サラ〜ッと紹介ありましたが・・・絶対覚えられません!アイオダイン(イソジン)との「毒消しキング」争いは必要だったのかなぁ?アッシュとキャラかぶりかと思いましたが、本人登場!やはり本家はキレっぷりが違います。今回読みやすかったのはきっと、メタが居ないせいにちがいない。黒雪姫のタクシー裏技等々、グラフさんの存在がますます気になります。☆3
★8 - コメント(0) - 2016年9月22日

で、SAOとは関係ないって言ってましたっけ?といった要素がてんこ盛りでしたね。物語としてはあまり進まずといった感じで次巻で大きく動きそうなので期待して待っています。
★1 - コメント(0) - 2016年9月22日

いまいち話の進みが遅い。。。
★1 - コメント(0) - 2016年9月18日

これからっていういいところでほんとに終わります( ´・ω・` )副会長の恵はなんだったんだろう
★2 - コメント(0) - 2016年9月18日

黒雪先輩のチートプログラムの2本の剣のエンブレムが、SAOアリス編とのかかわりを連想させますね。ストーリーとしては、白レギオンと黒赤合併レギオンとの戦いの開始という、いつもながら絶妙なタイミングでの次巻に続くなので、楽しみが尽きません。副会長の恵のバーストリンカー疑惑という正直忘れてた複線については、ぜひとも良い方向につながることを期待します。
★1 - コメント(0) - 2016年9月16日

お、ついにあの伏線が回収されそう。もうそんなのわすれかけてたよ。こないだアニメの再放送みてちょうど思い出したわ。つか映画ってこの辺の話なのかよ。原作読みじゃないとわからないんじゃwみてないからわからんけど
★1 - コメント(0) - 2016年9月10日

紋章が!2つの花と詳しく明記されてないけど、挿絵で一目瞭然!ここにもSAO繋がりが!
- コメント(0) - 2016年9月9日

タクムとマゼンタの覚悟がよかった。ヨードと銀の対決は必要だったか?面白かったからいいんですけどね。これ、フラクトライトの中ってオチはないよね?2本の剣と花(金木犀?アスナはいずこ?)の紋章が出てきちゃうと作者がつながりはないといってもやっぱり疑ってしまう。白のレギオンのいう加速世界の残酷さとは?気になりますね。
★10 - コメント(0) - 2016年9月6日

決戦の時、来たる。姦しい表紙とは裏腹に赤黒のレギオン合併、白の拠点への侵攻と一大作戦開始の巻。今作戦で加速世界の真相が明らかにされるのでしょうか。過去の罪から逃げないタクム、マゼンダと"想い"の強さを感じますね。
★5 - コメント(0) - 2016年9月4日

クライマックスに向けて一層チーム力が高まったかな
- コメント(0) - 2016年8月31日

ついに白と黒の激突! 早く新刊読みたい!
★6 - コメント(0) - 2016年8月26日

露骨なTKB隠し。ここまでキャラ増えると何人かは全損しそうだな
- コメント(0) - 2016年8月24日

 ここ数巻の話の停滞ぶりが信じられない程、本巻はかなり、サクサクと話が進行し、ストレスなく、読めました。まぁ一番面白かったのは『毒消しキング』の称号争いでしたが(苦笑) クロウの新たな好敵手・アイオダインをイ●ジンみたいな容姿にしたトラウマがどんなものか、その内、明かされる日は来るのか? 完璧な奇襲攻撃のはずなのに、白側が動じてないということは、事前に情報が漏れていたのですかね? 新生ネガネビュに内通者がいるのか? 恵の謎の行動ともども気になるところですな。次巻は全編バトル尽くしかな? 楽しみ楽しみ。 
★20 - コメント(0) - 2016年8月18日

相変わらず話の進みが遅く、やっと白の領土での戦い開始というところで終わってしまった。初めてリアルが出てきたトリリードは、予想通りの人物で今後のハルユキくんとのリアルの付き合いが楽しみ。
★8 - コメント(0) - 2016年8月16日

ついにネガビュ、プロミが合併し「新生ネガビュ誕生」。とはいっても、合併は前巻ですでに決まっていたことだし、肝心のオシラトリとの戦いは、最初のひとりとぶつかったところで今巻は終わり。「えっ、ここで出てくるのか」と思った恵の謎も次回以降にお預け。というわけで、中継ぎ感のある今巻だった。次回の盛り上がりに期待。
★3 - コメント(0) - 2016年8月16日

20巻クロウの新たな武器、ルシードブレードにアシストした謎の声。おそらくオーキッドオラクルであろうキャラの乱入。ビヒモスの意味深発言。そして何よりSSSオーダーの二本の剣などかなり気になるところがある巻だった
★4 - コメント(0) - 2016年8月13日

展開はワクワクして「おぉー」「まじかー」とボソボソ呟いてしまったが、よく良く考えたら内容あんまり進んでないよね?最近本を読む時間が取れなかったから刊行ペースはそこまで早くなくてもいいが、面白いんだからもう少し、もう少し話を進めて欲しい。このペースで細かい話の行程を踏むのも好きなんだけどね。
★5 - コメント(0) - 2016年8月13日

プロミネンスとの合併会議から話は始まるのだが、いきなり新キャラが20人近く現れたのには驚いた。そりゃ合併する以上、相手側のメンバーを紹介しないといけないから当然の成り行きだけれど。川原さん、すみません。新キャラ紹介、わりと読み飛ばしました。内容はいつも通りのスローペースだったものの、そろそろ本戦開始のようだ。
★5 - コメント(0) - 2016年8月11日

ベヒーモスの言う「BB2039の本質」がなかなか重要そうな情報だったな……。加速研究会の行動理念もそこに端を発してるようだし。 しかし終盤クロウに剣のアドバイスしたのは……口調からしてカーディナル?
★4 - コメント(0) - 2016年8月11日

バ-ストリンカ-が一番多く登場した巻でした。20巻まで来ましたが、あと、10巻ぐらいは続きそうです。
★6 - コメント(0) - 2016年8月7日

クライマックスが近いようなまだまだ続きそうな。 双子の話、ちょっと怖い
★8 - コメント(0) - 2016年8月7日

アクセル・ワールド ―白と黒の相剋― 20巻の 評価:62 感想・レビュー:146
ログイン新規登録(無料)