小説 ガーリッシュ ナンバー (1)

小説 ガーリッシュ ナンバー (1)
194ページ
291登録

小説 ガーリッシュ ナンバー 1巻はこんな本です

小説 ガーリッシュ ナンバー 1巻の感想・レビュー(188)

★★★★☆ 挿絵が盛りだくさんなのはいいけれど、電車の中で読むにはちと恥ずかしい。
★1 - コメント(0) - 2月28日

渡航やし…俺がいる読みたいし…アニメ面白かったし…で、手に取った1冊。業界の裏?が見えて面白いし、渡航らしい風刺がたまらん
★1 - コメント(0) - 2月28日

俺ガイル成分を少し摂取できました。あやうく死にかけるところでした。雑誌の付録で読んだときは千歳のキャラをイメージしにくく どうなんだろ面白いのかな? と思いましたがアニメを見て印象がかわりました。2巻も買おうな!ガハハ!
★1 - コメント(0) - 1月6日

アニメ第一話までのお話です。 千歳の真っ直ぐなクズさと、自分が可愛い八重の黒さ、そして酒と煙草に溺れる悟浄くん。 自虐で笑いを取りにくる、そして人との繋がりを否定している割には人間が好きな登場人物。「わたりん節(?)」は健在です。 随所随所の、斜に構えたパロディもツボで笑いました。
- コメント(0) - 1月3日

声優お仕事モノ。ちゃんと八重は友達だったんだなぁ。千歳にとっては。悟浄くんも千歳好きすぎでした。
- コメント(0) - 1月1日

CCC
アニメが面白かったので読んでみれば前日譚。日常系色が強かった。だが主人公が楽しいのはアニメと変わらず(悟浄も主人公っぽいがそれはさておき)。意識の低さになぜか癒やされる。
★10 - コメント(0) - 2016年12月31日

アニメ版の前日譚。腹黒いし、怠惰だが、自分には正直で、どこか憎めない新人声優・千歳を語り手に、声優業界の内実が赤裸々に描かれるサクセス(未満)ストーリー。八つ当たり的に「今は八重の体重を増やそう……」と数少ない友人のダイエットを妨害する千歳の行動には爆笑。「烏丸ップ解散だよ!」というタイムリーなネタにも笑った。次巻でアニメ版の時系列に追いつくのかな? 本書は筆者の筆もノっており、面白いのは確かなのだが、そろそろ『俺ガイル』の最終巻も読みたいお年頃なので、本シリーズはあまり長引かせないで欲しいものである。
★18 - コメント(0) - 2016年12月23日

アニメ版よりもクズじゃなかったし、アニメ版と違って勝ってなかった。ガハハ。
- コメント(0) - 2016年12月18日

仕事なし、やる気なし、そんな新人声優・千歳から見る声優業界のお話。千歳は決して馬鹿なわけではない。きちんと考えた上で文句を言い、皮肉を吐く。そんな千歳が吐く詭弁と本音がめちゃくちゃ面白かった。また、面白可笑しい冗談だけではなく、ところどころに千歳の本音や不安が見られる。このギャップが作品をより面白くしている。声優は声のお仕事だけでなく営業もイベントもやらなければいけない。ファンの目があるところでは自分を演じなければならない。そんなおかしな業界に対する不安や覚悟が、最後の一文に凝縮されていた。
★6 - コメント(0) - 2016年12月15日

いきなりオタク臭い文章で物語が始まるんだけど最近そういう本を読んでなかったから最初びっくりしてそっと閉じて寝かせてしまった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月7日

お仕事小説としては情報量が少ない。八幡節は押さえ気味のこれくらいが丁度いい。
★5 - コメント(0) - 2016年12月2日

アニメあるていど進んでから読もうと思ってたので、買ってから少し時間が経っちゃいましたが読めました。ちーさまアニメの印象よりけっこう色々考えて計算の上行動してんのね。さすがわたりんですわ…。とにかくわたしは悟浄くんが好きすぎなんですけど、小説版でさらに好きすぎまくりになりました。なんだかんだちーさまのこと大っ好きだったんだね…かわいすぎか!ヒッキーと小町みたいな兄妹もいいけど、ツンデレ兄妹もいいね。。。アニメとともに小説版も楽しめてよかった!2巻も準備ずみなので早速読みます!
★11 - コメント(0) - 2016年11月14日

業界ネタだけどおもったよりドロドロしてなかった。楽に読めたけど、それが不満てわけではなく面白くて満足
★2 - コメント(0) - 2016年11月8日

挿絵が満載で絵本みたい
- コメント(0) - 2016年11月7日

ファミスタの「ぴの」よく使ってたわなつかしー はー、ちー様尊い 何が尊いかって、自分も相当のクズだから共感できるし、裏表のないクズは一周して真人間足り得るところかな 実際はもっと笑えないぐらい黒いのだろうけど、笑えるような文章になっててガハハ グッドだ
★1 - コメント(0) - 2016年11月5日

アニメから。 ち-さまが本当にいいキャラをしていて、終始楽しめました。 ドロドロしているけど、笑えるというのが素晴らしいですね。 久々に先が楽しみな作品です。
★1 - コメント(0) - 2016年11月5日

若手声優の生々しい話とは裏腹に主人公がクズ+俗物過ぎて笑ってしまう。巻末の業界用語も悪意ありすぎw
★10 - コメント(0) - 2016年11月3日

アニメが面白かったので小説を買いました。烏丸兄妹が罪深すぎてな……?なんなの?付き合ってんの?兄妹なのにそんなに相思相愛でどうすんの?シスコンでブラコンなの??ありがとうございます…… 悟浄くんが声優辞めた理由も闇が深そうだなと思ったのですが、その姿を見て千歳は声優になりたいと思うようになったのかな……お兄ちゃんの夢を追う的な…………つら…………結婚して…………アニメとはまた違った話が続いていくみたいなので楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2016年11月1日

面白かった。アニメ前日譚。アニメ未視聴。渡先生の書く兄と妹の距離感本当に好き。なんかこう愚痴愚痴してる?文章はいつものって感じだし安心感すらある。まあこの話の主人公、千歳はクズでポジティブなのだが。なんなのその強靭なメンタル。千歳の新人声優としての視点だけではなく、悟浄のマネージャー視点もあって良かった。厳しい声優業界で千歳がどのように過ごしていくのか、次巻も楽しみです。
★11 - コメント(0) - 2016年11月1日

アニメを2話までみて気になったので原作も読んでみました。図太い性格した新人声優が業界を渡り歩いていく物語ですね…。著者のあとがきから、登場人物から、モデルになった人は誰かとヒヤヒヤします。著者の作品ではヒロインがクズというのは新鮮な感じがしました。アニメとは少し違うストーリーでした。
★8 - コメント(1) - 2016年10月29日

烏丸千歳さん・・・
★1 - コメント(0) - 2016年10月29日

アニメから。ちーさまを自信だけの棒読み声優ド新人だと思っていたけど、これを読むと実力もそれなりに備わってるのかな? それって最強じゃないですかがはは!ブラコンだったのが驚き。アニメと一緒に今後どう展開していくか楽しみ
★5 - コメント(0) - 2016年10月23日

ちーさまの世の中舐めきった感じのいい性格をしていて、多少こじらせている自分にとっては、読んでいて全然飽きない作品だった。
★4 - コメント(0) - 2016年10月21日

アニメ1話見たんで読みました。一巻は完全に導入部で、声優業界、アニメ業界を面白おかしくブラックだよ~と紹介するのがメイン。小ネタのキレは相変わらずだけど、今回はちとくどかった印象。それでもリズムよく読めるのは流石わたりん先生。続巻とアニメがどうなるか期待ですね
★3 - コメント(0) - 2016年10月20日

アニメの千歳とのブレが少ない。ただ、アニメの方が千歳の内情がわかりにくいため、なんだこいつと思ってしまうかも。業界を結構な勢いでディスってますね、ネットでも話題になってたけど。でも渡さんだからなのか軽く受け取ることができました。それにしても、兄妹仲がいつもながらよすぎる。女性視点の一人称に不安を覚えながら読んだけど、スリーサイズの話で安心しました。まだ紹介の1巻なので、続きが楽しみです。
★15 - コメント(1) - 2016年10月19日

ウーン、渡センセって兄と妹シチュ好きだな、まあ、今回は妹の方がだめ?(笑)今回、読み辛かったです。文庫本が良かったかなー。いつもの、辛口トレンドネタと愚痴が少し邪魔でしたね、皆殺しの某作家さんと同じで、これなかったらもう少しコンパクトだったかな。でも、読ませるリズムは流石ですね、スルスルいけました。これからは、アニメとのリンク次第です。それより、渡センセ!俺ガイルの続き早くー(* ̄∇ ̄*)
★48 - コメント(0) - 2016年10月16日

楽しいを提供するお仕事は楽しいのか、というお話(たぶん)。主人公は新人女性声優・烏丸千歳。お腹は真っ黒だけど前向きで、他人への気配りもできるから、そんなにクズじゃない。千葉出身かどうかは知らないけれど、兄と同じ業界に入って、兄と二人暮らしするぐらいには兄のことが好きな妹。本歌取りを越えてお家芸になった様式美ですね。まだぼかされている千歳の動機や悟浄君の過去が、今後の鍵となるのでしょう/やっぱり名前を覚えてもらえない河なんとかさん。漢字が変わったくらいじゃだめですね。
★17 - コメント(2) - 2016年10月16日

アニメ1話が面白かったので読了。声優ってやっぱし大変よね。とはいえ、主人公の烏丸千歳のゆるーくて黒い思考のおかげでポジティブで明るい雰囲気で読めました。アニメでもあったけど「勝ったな。ガハハ」というセリフがすごく好き。
★10 - コメント(0) - 2016年10月15日

第一巻は、声優という特殊なお仕事を紹介する導入部。だから、際立ったエピソードはない。どころか、キャラクターの設定もほぼわからない。読者は手探りで読み進めていくw まぁ、冒頭だから仕方ないのかな。でも、俺ガイルは第一巻でも、めちゃめちゃおもしろかったけどな。などとぼやきつつ、2巻を待つのであった。
★10 - コメント(0) - 2016年10月15日

泥酔した勢いで購入。時系列的にはアニメの前の話っぽい。 1巻では何も起きないし片付いてもいなかったけど、アニメでは斜に構えたマネージャーでしかなかった兄がモテ度含めて主人公適正高いことが分かったし、元声優の兄や“誰か”に憧れて声優を志した千歳という前振りがあったので、アニメや続刊で『カッコいい声優だったお兄ちゃんに憧れて声優になったんだから気張ったるんじゃボケェ!!』みたいな展開に期待。
★6 - コメント(0) - 2016年10月12日

アニメ1話が面白いけど胃に優しくなかったので、ネタバレを確認しておいて落ち着いて見れる環境を構築するために……アニメ本編の前日譚っぽかったので目論見は失敗。 とりあえず、内容的には声優業界版いつのもわたりん。 世の中舐めてる新人と、同じ道をすでに通過した上で導く側に回った兄のやりとりや温度差は中々面白かった。 千歳自身も後ろ向きにポジティブなので、必要以上に暗い雰囲気にならないのはいいな。 しかし、この物語が全て事実なら、声優業界も相当な闇だなあ。
★9 - コメント(0) - 2016年10月12日

ガハハ、なかなか面白い。渡航の原作者自虐ディスが1番の見どころな気がしないでもないけど。前日譚だから本筋がなさそうなのがまあ残念ではある。このまま短編形式で続けていくのかしら
★9 - コメント(0) - 2016年10月12日

★★★★☆おかしな声優業界がテーマでも、やはりいつもの渡航でした。序盤は「なんだこのステレオタイプな偏見に満ちた業界像は!?」と戦慄しましたが、読み進めるうちに面白さがわかってきましまた。本作の見所は声優業界の暗部……ではなく主人公・烏丸千歳のキャラクターです。ぼっち歴が長く擦れたところのある彼女ですが、どこぞのヒッキーとは違いポジティブです。擦れてる分強がってるような素振りがないため、ひとり語りを読んでいて楽しいです。才能も努力もコネも覚悟もなし、あるのは強靭なメンタルだけの彼女がどうなるか楽しみです。
★14 - コメント(2) - 2016年10月9日

SBC
渡航先生ということで購入。まぁまぁ面白かったですね。話の題材もよくてこれから千歳がどこまでいくのか非常に楽しみです。楽しみなんですが、話の進行速度が物凄くゆっくりなんですね。序盤とプロフィールの話あたりはぐだついてる印象で、ここがもっと短ければ個人的にはもっと評価できるんですが。あとは登場キャラの胸が全員大きい(これ重要)。それと巻末の業界用語集は前に持ってきてほしかったですね。次巻も期待です。 これ、次巻もアニメ化前の話なんでしょうかね?アニメ本編はノベライズされないのかな??
★7 - コメント(0) - 2016年10月8日

新人声優・烏丸千歳が一癖も二癖もある声優業界を渡り歩いていく話。やはり、著者はこういうひとり語りの文体の方がキャラが活き活きするというか、話が面白くて良いですね。時々挟まれる小ネタや自虐ネタにも思わずクスリときてしまいました。千歳の世の中を軽く考えている感じについては、こういう厳しい業界でやっていこうと思うならむしろ千歳くらいの心持ちでやっていった方が上手くいくような気もしますがどうなんでしょうね? 兄の悟浄や同期の八重もなかなかいいキャラしていて面白かったです。続刊も楽しみ。
★35 - コメント(1) - 2016年10月7日

やはり、渡航の一人称文体や捻くれきった表現が大好きだ。小ネタも多いし自虐ネタも多い。巻末のおまけも面白い。それでいてちゃんと各話いい話でシメてくるんだから、やはり渡航って人の作品を愛さずにはいられない。もうすぐアニメも始まるし、この本とは全然違ったストーリーっぽいから、楽しみで仕方ないね! 笑える感じの中にシニカルな感じと大きな切なさを味わえる作品を期待してる! そう思わせてくれる小説版だった。
★9 - コメント(0) - 2016年10月4日

主人公が兄妹なのが渡さんらしいというか…ほんと好きなんだなぁ…wそして相変わらずキャラを立てるのが素晴らしい。癖があるんだけれど特に千歳については愛嬌のあるキャラになっているなぁと感じました。最近声優にスポットをあてた話も少なくないけれど、これは別角度で面白い。読み始めたらさっくり読めたので続編とアニメも楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2016年10月1日

アイドル声優
- コメント(0) - 2016年9月25日

新人声優・千歳の日々を描いた声優業界モノ。持ち味の一人称の語りは楽しく、千歳も憎めないかわいいキャラ。ただ闇は深そう。今後どういう展開に持って行くのか気になるところ。
★11 - コメント(0) - 2016年9月10日

新人声優・烏丸千歳の声優活動をメインに、業界のアレコレを描く声優業界ワーキングラノベでした。一読みで「ああ、わたりんのヤツだコレ」と判る独特な一人称視点の文体は健在だが、女性主人公という事で「俺ガイル」よりはライトになってる様な気もするが(というか俺ガイルも初期はライトな感じあった気がするのだが…)、「闇の女子力」とかいう言葉が出てきちゃったりするから、やっぱりそうでもないかw しかしこの主人公・千歳ちゃんの「上手く立ち回って生きてんな」感、よく出てると思うんですよー。それでもままならない事はあるけれど。
★14 - コメント(0) - 2016年9月7日

小説 ガーリッシュ ナンバー 1巻の 評価:76 感想・レビュー:71
ログイン新規登録(無料)