エクレア あなたに響く百合アンソロジー

エクレア あなたに響く百合アンソロジーはこんな本です

エクレア あなたに響く百合アンソロジーの感想・レビュー(184)

イチャイチャだけではなくて青春だなあと思うこともあり…よかったです
- コメント(0) - 1月20日

百合といえど、甘口から苦みのあるものまで、 様々なタイプの短編が収録されている。入門書として買って、それぞれの作家さんへのリンクとして使うのもいいかもしれない。別に、森奈津子を読まなかったからと言って、百合世界を知らないということにはならないと思うのです。私は。
★2 - コメント(0) - 1月9日

限られたページ数で百合を描きましたって前提で読むとあまり面白くなかった。初期好感度高いまま、イベントが少なく感情の機微が伝わらなかったり。カップリングで読むべきなん?百合の世界入門読んで勉強します。
★1 - コメント(0) - 1月6日

それはまるで本物のエクレアのよう。最初の三編からどこかしら苦さのある配置、エクレアの上のチョコレートが少しビターなのかしら。進んでいくと、甘さの強い生クリームのように可愛らしい二人の甘々な短編も。でも、チョコが溶け生クリームと混ざり合っていくように、時々強い苦みがあって。甘いのか苦いのか、どんどん虜になっているうちに……はい、おしまい。気がついたら読み終わってしまうはず。その癖になる味に何度も読み直し、自分のお気に入りの甘さと苦さのバランスを見出だしてみれば、そう、きっとそこには素敵な世界が広がっている。
★8 - コメント(2) - 1月5日

連載を前提にした作品ではなかなか味わえない、短編特有の切れ味や余韻が全編に出ていて非常によかった。全体的に質も高くバラエティー豊かな作品を集めた良質なアンソロであり、ナンバリングにも期待してしまう。
★3 - コメント(0) - 1月5日

アンソロジーにありがちだが作品ごとの出来に落差があるので、例えばこれを百合作品の入門として薦めるのは難しい。潔癖性という設定から観たときの同性愛の世界は、もうすこし長編で描くといろいろ引き出せそうな感じがする。
★2 - コメント(0) - 2016年12月25日

一つ一つの作品が普通に面白くない。それでいて、むせ返るような「百合」の匂いを散々嗅がされて気分が悪くなった。忘れてたけど、百合をキーワードに作品を集めて面白いわけがないんだよなー。
- コメント(0) - 2016年12月23日

5名ほど知っていたので読んでみようと。普段は絶対アンソロは読まないんだけど、これは面白かった。 ハルミチヒロさん、初めてだけど面白いなぁ。 伊藤ハチさん、めきめきさんの絵が本当に好き(o^―^o)
★2 - コメント(0) - 2016年12月22日

いろんな百合が読めて良かったれす。
★1 - コメント(0) - 2016年12月20日

「雑草譚」がお気に入り。
★1 - コメント(0) - 2016年12月16日

百合に限らず、他者への思慕の感情って、「気持ちを自分に向けて欲しい」と「自分以外の誰も見ないで欲しい」という似て非なる情動のせめぎ合いで成り立っているようなところがあるように思う。そういう何やらどろっとしたものが、各作品の人物の言葉や行為の端々に見え隠れしていて、実に良かった。特に仲谷先生の作品の後味の悪さといったら・・・絶品である。継続して欲しい企画。
★11 - コメント(0) - 2016年12月11日

扉絵含めて総勢19人の作家が紡ぎ出す百合漫画アンソロジー。纏めると「百合漫画アルティメットスーパースターズ」「EKUREA!激闘百合漫画大戦」「大乱闘スマッシュ百合漫画ーズX」といった趣で、豪華執筆陣にも程がある作家陣。制約の関係かどれも頁が短く、割とさらりと読めてしまったのですが、しかしどれも非常に面白かったです。見つめる横顔、焦がれる視線。触れたいと思う指先の彷徨。喜びや切なさを宿したモノローグたち。全体的にエモーショナル。ハルミチヒロ先生、伊咲ウタ先生の作品が特にお気に入りでした。
★24 - コメント(0) - 2016年12月11日

伊咲ウタ先生の作品好きなので参戦嬉しいです。これを機に百合な話をもっと描いて欲しい。知らない方も何名かいて、知るきっかけにもなったからよかった。またアンソロジー出してください!
★12 - コメント(0) - 2016年12月11日

すごく良かった!アンソロジーは、当たり外れ激しくって買わなくても良かったかなって思うこともあるんですが、今回はかなり当たり!微妙だなって思う話が無かったです。全16作品収録されていて、ページ数が短めのお話もありましたが、読後の満足感がありました。個人的に特に気に入ったお話は、にしお栞先生(悲恋モノでストーリーが好き)、伊咲ウタ先生(女の子の描き方が美しい)、天乃咲哉先生(ロリお嬢様かわいい)、伊藤ハチ先生(安定の可愛らしい作風。童話みたい)のお話です。百合アンソロまた出してほしいです。
★4 - コメント(0) - 2016年12月10日

どの話も良き…良き百合アンソロでした…。しゅにんた先生のは1等好きかも。
★3 - コメント(0) - 2016年12月9日

作家のチョイスから本気度が窺える。外れはあるわけがないけど、短いながら、めきめきが分かりやすくてお馬鹿で楽しい。
- コメント(0) - 2016年12月5日

色々あっていい感じですね。好みの作品もあればそうでもないものもある。カボちゃ先生と川浪いずみ先生の作品が心に残りました。
★1 - コメント(0) - 2016年12月4日

めっっっちゃよかったー!いろんな百合関係が拝めて眼福でした。知らない作家さんが多くて、作風もバラバラで、それぞれの百合が楽しめました。ハルミチヒロさんや伊咲ウタさんの話が個人的には好きです。
★1 - コメント(0) - 2016年12月4日

ゆるくて甘い作品ばかりを想像してたけど、うまくいくこともあれば行かないこともある悲喜こもごもな作品群。 複数作者の短編オムニバスなので、絵柄やストーリーともに自分の好みに合う作品を見つけるのも楽しみかも。
★2 - コメント(0) - 2016年12月4日

ほのぼの百合が浮くぐらい、全方位に尖った百合アンソロで満足でした。やっぱり弱み・優越感・顔なんですよね。
- コメント(0) - 2016年12月2日

百合のオートブルや!!!!
- コメント(0) - 2016年12月2日

百合専門でない電撃レーベルから出る百合アンソロジーだからか、全体的にソフトな印象の百合短編集。ハードな百合はちょっと……というような方にもおすすめできます。ひとつひとつが短めなぶん作品が多く、しかも分厚いので、この中から必ずどれかヒットする短編があると思います。どれもこれも続きがめちゃくちゃ読みたい。そして百合を知らない人もこれを読んで百合への扉を開けてほしい。
★2 - コメント(0) - 2016年12月2日

濃ゆいキスシーンを含めた作品も中にはあるけど、一冊全体ではソフトな印象。電撃大王発ゆえハードさ控えめの事情もあるだろうが、満を持しての百合アンソロなので、もっと派手にリミッターぶっちぎってほしかった。収録作家陣は商業経験の多さがそのまま質に出ている感じ(この長さの短編つくるの苦手なのかなと思ってしまうものも幾つか)。初見だったハルミチヒロさんの作品が、読みたかったド直球さと独特のギャグセンスでアンソロ中の一位。レーベルや作家さんの既存イメージを吹っ飛ばすようなエクレア第二集(もし出るなら)期待してます。
- コメント(0) - 2016年12月2日

「虫歯を発見してしまうのが嫌だから歯医者に行かない」みたいな人間の愚かしさを可愛いと感じてしまう感情が俺にはあって、天野しゅにんた先生の「人間的なエモーション」を読んだときそれを感じかなりドキドキしました。あとは「intro.」は個人的見栄えの良い顔の並び序列1位なのでよかったです。「game over」の作者さんはツイでも一方的に知ってる方で、「ベッドと女と女 そうなったらヤることはひとつでしょ」「スー セイッ!」とかがらしくて笑っちゃいました。全部面白いんで読んで。
★4 - コメント(0) - 2016年12月1日

ビジネス百合。買いささえる対象があるということは大変ありがたいことです
- コメント(0) - 2016年12月1日

「百合の世界入門」はコミックガイドだったが、こちらは百合漫画の入門編としてもお誂え向きの幕の内弁当的な短編集。全体的にハイレベルな百合アンソロジーだけど、天野しゅにんた先生とハルミチヒロ先生と天乃咲哉先生と伊藤ハチ先生の作品が特に良かった。真っ直ぐに好意を伝えるような瑞々しい作品から、相手のことが気になるけど気恥ずかしいから反発してしまう、というような微妙な感情の揺らぎを描く作品まで、バリエーションが豊富で読んでいて飽きが来ない。これは天佑だ。
★5 - コメント(0) - 2016年11月30日

面白かったー、面白かった。はー面白かった!
- コメント(0) - 2016年11月30日

『二人で林檎を』や『私のかわいいクソ女』のように、女性同士で恋をするという話に違和はないものが多かった、中には『雑草譚』のように「女同士がくっついている絵」を押し付けてくるかのような暴力的な作品があったのは少し残念だと思う。恋愛、悲恋、従属、作家により異なる百合を見られたのは面白かったし、またこのようなアンソロジーが発売されたなら手に取りたいなあと。
- コメント(0) - 2016年11月30日

全部良いんだけど、これ!ってなる作品がなかったかなあ。強いて言えば、2年と11か月。
- コメント(0) - 2016年11月30日

百合アンソロ久しぶり!豪華な顔ぶれで満足な一冊。全体的にドロっとした話が多いですが読み応えがあります。天野しゅにんたさん好きだ~! そして伊藤ハチさんは読まなくても「はいはい獣耳+幼女×クールお姉さん」ってなるし実際そのとおりだしでどこまでもブレない。
★1 - コメント(0) - 2016年11月30日

う~ん。何が足りないんだろう。 ちょっとハードル低めに設定して、ハルミチヒロさんの「intro.」、伊咲ウタさんの「かみゆい」、北尾タキさんの「二人で林檎を」くらいかなー、胸に響いたのは。
- コメント(0) - 2016年11月29日

「二人で林檎を」がとても好みでした。ああいうベタな話大好きなんですありがとうございます。アンソロジーとして全体的に高水準ですが、多少物足りなさも感じました。個人的にはもっと尖ってもいい。
★1 - コメント(0) - 2016年11月29日

こういうアンソロ増えて欲しいなあ。『intro.』『かみゆい』『無職とJK』が好き。
★3 - コメント(0) - 2016年11月28日

k
しゅにんたセンセーが新しいことを試したって書いてますがいつも通りの所に投げ込んでますよねセンセー
- コメント(0) - 2016年11月27日

詠みきりの良い百合で満たされてます。はずれ無しです。先にでてる『百合の世界入門』とあわせて読んでも口当たりがよろしいと思います。
★6 - コメント(0) - 2016年11月27日

百合マンガの世界は不案内なので入門編として購入。小学生から社会人、メルヘンからリアル目なダメ人間まで色々なテーマで面白かった。本当にタイトル通りで見事な仲谷鳰「幸せは傷のかたち」、オシャレな女子高生が地味な同級生に女の子独特の美しさを見つける伊咲ウタ「かみゆい」、女子高生二人が廃屋で世界滅亡ごっこをする唯野影吉「GAME OVER」、小学生女子二人の特別な関係が壊れることでまた別の関係が生れる「雑草譚」が好み。
★2 - コメント(0) - 2016年11月27日

ステキな作品いっぱいしあわせ 仲谷鳰のほろ苦さ、にしお栞のしょっぱさ、天野しゅにんたのアルコール度数高めの甘さ、全部好き 一番かわいいと思ったのは伊咲ウタ、一番応援したくなったのはカボちゃです 割とよくある「メイドとお嬢様」にひと匙深みを加えている天乃咲哉はさすがだし、平尾アウリのアイドルものをトリに置くのも手堅い 第2弾出てほしいなー
★2 - コメント(0) - 2016年11月27日

ここ数年の百合の大躍進の中でどこかに置いてきてしまった「きらきらした何か」を丁寧に拾い集めて一冊の本にしたという感じが伝わってくるけど別に古くさいというわけでもなくて本当に今だからできたアンソロなんだなと しかし16本も短編が載っているのにどの作品も甲乙つけがたいのがなんとも いや本当に全部面白いんです読めばわかります
★2 - コメント(0) - 2016年11月27日

 知らない人が結構多い。アンソロジーということもあってか手探り感のあるストーリーの短編が多かった(なんか無難な感じ)好みだったのはgame over 、箱庭のアリス、私のかわいいクソ女、1/365のご主人様、の四つ。16分の4…高くはない。あと平尾アウリのテキトーな感じがすごかった。
- コメント(0) - 2016年11月26日

ほかの作品からちょっと逸脱した雰囲気でも、最後の最後に岡山ネタ(エル・グレコの受胎告知)をもってくる平尾アウリが好きです。
- コメント(0) - 2016年11月26日

エクレア あなたに響く百合アンソロジーの 評価:44 感想・レビュー:41
ログイン新規登録(無料)