命の後で咲いた花 (メディアワークス文庫)

命の後で咲いた花 (メディアワークス文庫)
354ページ
364登録

命の後で咲いた花はこんな本です

命の後で咲いた花の感想・レビュー(118)

希望は闇の中にあって咲く花だ。だからその花を枯らさないように、俺は希望を灯して生きていく。この胸いっぱいに愛を吸い込んで、そういう風に生きていく。
★2 - コメント(0) - 3月15日

初読み作家さん。ベタベタな話だけど、それを感じず、良かったな。ちょっとした仕掛けもあり…。何かこの人の書く文章が好きかも!?
★17 - コメント(0) - 3月12日

不治の病系のよくある話なのだけど、切なくてでも前向きになれる。流石綾崎さんだと思った。なんでこんなに切なくなるのかな。この人の話って。大好き。ノーブルチルドレンは大好きなシリーズだったから緑葉が出て来て嬉しかった。またノーブルチルドレン読みたくなった。世界は幸せにも不満にも溢れている。そこから何を自分ですくっていくのか、それが大事なことなんだと考えさせられた。
★4 - コメント(0) - 3月11日

フォロワーさんにオススメされて作品!とりあえず完全に騙されました^^;途中あれ?と感じるところはあったんですけど、名前が明かされて初めて納得しました。その真実が明かされてようやく話の幹となる部分が見えてきて…そこからはもう最後までノンストップで読ませていただきました。綾崎さんの作品は初読みだったんですけど凄く心に刺さり…他の作品も読んでみたくなりました(^^)
★10 - コメント(2) - 3月9日

綾崎さんは、ずるい書き方をする。そう思った。会話のテンポとかとても好きだし、感情表現が丁寧で、切ない、苦しい、分かりきった感想ならすぐにでるのだけれど、、この心にのしかかってくる重さはなんなのだろう。読み終わった後のどうしようもなく締め付けられるような感じは、多分自分が、榛名なつめみたいな人間でないからかもしれない。ここまで相手を愛し、それを幸せと思える、生死が関わる時、それがどれほどの力を持つか。そう思った時、私には真似できないと同時に思って、ああ…ってなる。でも私この話とても好きだし、もう一度読みたい
★11 - コメント(0) - 3月7日

ベタだけど素敵な話だった。セリフ回しが魅力的。登場人物のリンクもあるみたいだし、追いかけたい作家リスト入り決定。★4.5
★19 - コメント(0) - 3月6日

当たり前じゃないんだよね。一緒に時を過ごせるということは、とても奇跡的なことなんだよね。今ある日常に感謝なんだなぁ、というようなことを思った。切ないけれど、大きな愛を感じられる作品。
★75 - コメント(0) - 3月6日

【自分】単行本は読んだけど文庫本になってたので思わず買ってしまいました。1回読んでるので騙された感はないですが、上手い具合に騙そうとしてますよね。そーゆうとこ大好きです(笑)
★4 - コメント(0) - 3月6日

なるほど〜読み終わってタイトルの意味が深く理解できる。登場する全員が強い思いを持って生きてる中、西堂さんの話等身大で好きだ。愛しい人に名前呼んでもらいたい、小さい幸せの積み重ねの先にある、小さい願いに共感できる
★9 - コメント(0) - 3月5日

なんだか切ない。この後の展開も気になるけれど、最後まで書かない方が希望をもてていいなと思った。
★6 - コメント(0) - 3月3日

どうしてもAfter storyが読みたくて購入。一度読んだことがあるとは言え、やっぱり何度読んでもいいなって思う。ノーブルチルドレンが好きだからか、緑葉と麗羅の登場シーンが本当に好き。「世界で一番美しい言葉」の話も好きだな。After storyもよかった。ぜひ西堂さんのお話他にも読ませていただきたいな。
★22 - コメント(0) - 3月2日

きっと想定外のことが起こると人は夢をみる。 きっと、どこかでわかっていて、自分には訪れないものとしていて、だから未来という夢を託す。 その夢は理想であり、願望の形なのかも知れない。 彼に訪れた出来事は、いくつもの幸せと小さな奇跡に支えられているのだと思う。 行き場のない想いを夢の糧とし、紡がれる夢に胸がアツくなった。 タイトルの花は、周囲の風景からはみ出すほどの純粋な赤、綺麗な愛情の色に思えて仕方ない。
★14 - コメント(0) - 3月1日

読み終わった時、涙は出てこなかったんですけれども、とても切ない感じがしました。途中でなんだかよくわからなくなったけれども最後まで読みきって納得‼︎After story も素敵なお話でした。
★29 - コメント(0) - 2月27日

やられたー!あれ?と思うこともあったけれど、あとで色々つながるんだろうなーとスルーしていたら、まさかの別人!羽宮さん辛かったね…。+゚(*ノ∀`)一部一話で伊庭くんに怒ったのは、羽宮さんにとっても大事なかんざしだったからっていうのもあったのかなぁ。二部の後に一部を読み返すのも面白そうだけれど、この作者さんは他の作品とリンクさせるのがお好きなようだから、そちらを読んでみたい気もする(*´ω`*)○メモ○新潟教育学部○特発性拡張型心筋症○三年以内に合格(しちゃったね!)
★9 - コメント(0) - 2月25日

大学で出会う主人公たちの恋愛話。前半と後半でメインとなるキャラが変わる展開は相変わらず上手い。今回も面白かった。別の作品のキャラクターが久々に見れたのも良かった。この作品は本当に良い。
★18 - コメント(0) - 2月24日

再読したので改めて。「セレモニー黒真珠」と同じ、美しくもはかなく切ないカバーに惹かれて購入、正解!タイトルからしてネタバレだけど、二周して、全容が見えてタイトルの意味がわかる構成。一歩間違えれば漫画「春の呪い」と同じ末路に向かってしまいそう。二人(ネタバレの為割愛)のその後がどうなったのか、気になるような、蛇足でいらないような、不思議な読了感。続きがあるなら、西堂さんと鈴原先生の話は是非読みたいです。
★27 - コメント(0) - 2月24日

とても切なかったけど、読了後とても優しく温かい気持ちになりました。涙が溢れました。だけどなぜか希望が沸いて、誰かに繋げる大切さ、幸せとは何かを今一度考え直せるきっかけの小説だと感じました。作家さんてホントにすごい!
★12 - コメント(0) - 2月24日

祝・文庫化!文庫になるのを待っていました。久しぶりの綾崎隼作品。泣きました、ええ、泣きましたとも。この作品に登場する女性は皆強いなあ。切ないお話だけど、読み終わったあと、あたたかい気持ちになりました。命の後で咲いた花って、いったいどんな花かなあ?
★12 - コメント(0) - 2月21日

この作者さんの作品は、気になっていたので、買ってみました。 端的に言うと、切ない。 でも、それを感じさせない程まっすぐなお話だと思います。主人公の女の子がめっちゃ、凛として、強い女の子なんですよ。憧れちゃいます。
- コメント(0) - 2月20日

一般的に謳われる「不治の病の話」は私は今まで苦手としていました。そんな私ですがこのお話は最後まで一気にページを捲り続けてしまいました。綾崎隼さん特有の儚く、美しい文体、一筋縄ではいかないストーリー構成、本当に魅了されます。
★11 - コメント(0) - 2月19日

『世界で一番美しい言葉』… お初の作家さん。 改めて、全ての人は幸せにならなくてはいけないと思えた。 命の後で咲いた花はどんな花なのだろう⁈ 読了後の余韻にその花を想像することがとても心地良かった。。
★43 - コメント(4) - 2月19日

祝!文庫化!!この「命の後で咲いた花」は、綾崎作品との出逢いの作品。私にとって大切な一冊。本編は単行本で読んでいたにもかかわらず、途中はずっとうるうる(இдஇ )282ページで遂に涙腺崩壊(。>ㅿ<。)今回はまさかの異性、透弥さんに感情移入。心の男性化(¯∇¯٥)?After storyもあとがきも期待してました!そして期待通り!欲を言えば、もっと登場人物のその後の物語が読みたい…。文庫化してくれたのでコンパクトになり、心置きなく知人にオススメできます。たくさんの人に読んでもらいたい一冊です(*˘ ˘*)
★29 - コメント(0) - 2月19日

四年ぶりにこの作品を読んで涙が溢れた。こんなに面白い話だったかと思ったが、四年前に読んだ内容がまだ頭のなかに残っていたのだから、これは特別な物語なのだろう。愛する人を失うこと。誰かに未来を託すこと。それは多くの物語で語られてきたことだけど、ああ、それでもどうしようもなく小説の文字が瞳のなかで滲んでしまった。ここにあるのは特別でもなんでもないことだ。誰もが抱える喪失と悲しみの物語だ。けれど同時に幸せの物語でもある。命の後で咲いた花が、風に揺れて香りを届ける。それは甘く、とても幸福な未来へと続いていくのだろう
★12 - コメント(0) - 2月18日

泣かなかったが、切なさMAX。後日譚のある完全版で読めてよかった。文章に気品がある感じがした。こういう文章けっこう好き。お気に入り認定。
★14 - コメント(0) - 2月17日

なぬなぬ。ってなりながら読み進めていって最初に繋がった時のはっとする感じ。そこに伏線かぁぁぁぁとなりながら感動した。表紙の綺麗さもあるが、登場人物一人一人もすごく綺麗。そして暖かみがとてもある小説でした
★12 - コメント(0) - 2月17日

★★★☆3.5
★5 - コメント(0) - 2月16日

思いがけない人との繋がり、人の愛の力。切ないけどとてもいい本です!
★9 - コメント(0) - 2月15日

想いを繋げる。約束を守る。とても大冊なことですが、タイミング次第でこんなに辛くて切ない話になってしまうとは。綺麗でわかりやすい文章の作家さんなのですが、その辺りが返って残酷さと焦ったさを演出しているような感じで堪らなくなります。自分としては珍しく恋愛モノを手に取ったわけですが、大正解。不器用な男の気持ちも描いてくれて、電車の中で涙腺崩壊寸前でした。(少しだけ涙で文字が滲みました)これは、誰かに勧めたくなる一冊ですね。
★2 - コメント(0) - 2月14日

文庫化したので購入。綾崎さんの文章にはワカマツさんのイラストがとてもあっていると思います。教育学部に通う主人公と年上の同級生との切ない恋愛話。1部と2部で視点が変わり途中までこの二人のことを追いかけていると思っていたのに実は。。。。というもの。読むのは2回目でどんな展開が待っているのかわかっていても切ない恋の話に胸がぎゅーっとなります。悲恋なのだけれど、それまでの二人の思いがたくさん詰まっていて幸せになってほしいと願わずにはいられません。
★47 - コメント(0) - 2月14日

命の後で咲いた花。読み終わりました( ノД`)…まさかの、展開にやられました。。全くわかりませんでした!!夢中になって読んで必ず読み終わりたいってストーリーに引き込まれてしまいました!!別れのシーンは、泣きそうになりました!目頭が熱くなりましたね。。本当に幸せになって欲しいって思い、自分を大切にしなければならない!と相手を思い合い支え合う事が出来る未来も、全て命の後で咲いた花が実現してくれると思いました!タイトルの意味も深いですね!アナザーストーリーも、関わったあの方に花が咲いて良かったです!
★32 - コメント(2) - 2月12日

第二部に入ったところから展開も予想できた。この手の恋人が、、、な話もこういうものだとわかってた。それでもくるものがありました。誰かの為に、何かの為に頑張れるというのは、辛いだろうけれど羨ましい。今の自分にはそれができそうもないから。初綾崎準でしたが、登場人物の言い回しなど、いいなと思えるところが色々あったので、他の作品も読んでみようと思います。
★11 - コメント(0) - 2月9日

絶望的な愛情の話 ノーブルチルドレンを読んでたから2倍楽しめた やっぱり緑葉と麗羅はいいな〜!! 途中までなつめちゃんのことをなずなちゃんだと勘違いしてて、名前を呼ぶシーンで あれっ!?ってなりました 心に残る素敵な本だった。なつめちゃんの話し方が好き
★11 - コメント(0) - 2月6日

追加のエピソードも読めて満足。
★6 - コメント(0) - 2月6日

文庫に入っていたanotherstoryがすごくよかったです!
★2 - コメント(0) - 2月4日

単行本で既読だが、アナザーストーリーのために文庫本も購入。
★16 - コメント(0) - 2月4日

単行本の時から気になっていて、文庫になってやっと手元に。ライトノベルでもっと読みやすいものかと思ってました。でも、想像よりもずっと深くずっと心にささります。お互いが生きてきた時の重なり。2つの話がリンクした時、静かに涙が流れていきます。愛する人の名前は、この世界で一番美しい。その美しさを感じられるのは心から人を愛せた時。大好きな人の夢を自分がつなぐ。そんな二人の物語。
★35 - コメント(0) - 2月4日

とてもよかった。ここまですごい本、すごい文章は初めてかもしれない。
★10 - コメント(0) - 2月4日

単行本で読んでいましたが、書き下ろしが読みたくて購入◎ 相変わらず好きですこのお話。学校で読むのは間違いですね、あの名前を呼ぶ場面などたくさん涙腺を攻撃してくるシーンがあるので耐えるのが大変でした(笑)
★9 - コメント(0) - 2月3日

【所蔵】高一娘にオススメされて。この本はもうタイトルからして泣くに決まってる!って感じで、恐る恐る読み始めました。なずなの恋が本当に愛おしくて、この恋が叶いますようにと祈りながら読み進めました。誰かを好きになるのってやっぱり素敵だな。あ~青春をやり直したい(笑)!後半の展開には、やっぱりタイトルからしてそうなるよね…と思いましたが、途中驚愕・混乱し、先に単行本を読んでいる娘にLINEで「どゆこと?どゆこと?」と(笑)。エピローグのふたりは凄く好き。文庫本は書き下ろし後日譚ありなので、単行本既読の方もぜひ♪
★36 - コメント(0) - 2月3日

単行本が発売された頃から何度も読んでいますが、何度繰り返し読んでいても透弥が榛名の名前を呼ぶシーンにとても感動します。 生きてる事の素敵さ、好きな人に名前を呼ばれる事の嬉しさを痛感します。 After Storyを読んでノーブルチルドレンシリーズももう一度読み返したくなりました!
★10 - コメント(0) - 2月2日

命の後で咲いた花の 評価:100 感想・レビュー:56
ログイン新規登録(無料)