新海 誠Walker ウォーカームック

新海 誠Walker ウォーカームックの感想・レビュー(41)

1月4日:morisi
映画監督新海誠の内部世界を辿る為の一冊。覆い被さるような緑、とろりと輝く水、儚げな花弁。役者と音楽。圧倒的な世界観でした。まるで大きな太陽と小さな太陽が二つあるような世界。それが綺麗だからという理由で許されるのは、アニメの世界だから。今年遅ばせながら新海さんデビューを果たし、色々な文献やインタビューを読みました。だから一つ一つの背景にどんな意味が込められているのかそれを考えて読むことが出来ました。言の葉の庭の黄緑の線は底知れぬ恐ろしさのようなもの、秒速の桜影の色と選ばれた言葉、人よりも雄弁に語る光と空と空
★55 - コメント(0) - 2016年12月31日

まるで画集!思わず出版社ではなく印刷会社をチェックしてしまった(^^;)インタビューにこれまでの全作品の絵コンテやポスター…贅沢な一冊です。
★1 - コメント(0) - 2016年12月17日

2016年10月28日:たなーか。
2016年10月24日:趣味人
インタビューと対談を読みたくて購入。 読んでみると、新海監督が作ってきた作品の紹介や、美しい背景美術の特集など、期待していたより満足する出来となっていました。満足です。
★1 - コメント(0) - 2016年10月23日

2016年10月20日:mandheling
2016年10月16日:ゴジラ
2016年10月16日:Bagoly
2016年10月14日:ポポロ
2016年10月10日:みつ
2016年10月5日:やまねる
2016年10月1日:paruo925
2016年9月27日:Jameelah
2016年9月26日:チンミ
2016年9月25日:
2016年9月20日:ssfdfgd
2016年9月20日:遠野一義
2016年9月20日:tetoora
2016年9月17日:lole
2016年9月15日:キャタピラ
2016年9月12日:たつのすけ
2016年9月11日:さきっちょ
2016年9月10日:wakana
2016年9月5日:宮越
2016年9月5日:reki
2016年9月3日:藤田早紀
映画見る前に見かけて購入! 帰ってから速攻開けました。じっくり読み込んではいないのだけど新海ワールドがこれでもか!と言うほど詰め込まれていて満足の1冊。雲のむこう、約束の場所のきっかけになったお話も掲載されていて新海誠監督のファンなら手にしておきたい。
★6 - コメント(0) - 2016年9月2日

2016年9月1日:やんごとなき筋の隣人
2016年8月31日:宮越
監督の全作品について詳細に扱われており、とても濃厚な作品集。新海ファンの神木隆之介との対談では一作一作についてじっくりと話しており、個々の作品の制作秘話などが語られており、新海ファンにとってはとてもうれしい。最後のページには映画で使われたイラスト集になっているのもよい。
★7 - コメント(0) - 2016年8月31日

2016年8月30日:未希
2016年8月29日:小雪
デビュー作「ほしのこえ」から「君の名は。」までが掲載。設定資料や絵コテ、インタビューがのっており、開発のこだわりが垣間見えます。幻想的なカメラワーク・ライティングにホンマ浸れます。お酒飲みながら読んでて、秒速の「初恋」が「思い出」に変わるまでの切なさが蘇りました。 ファンなら持っとくべきしょう。さすが切なさの魔術師ですね!(秒速小説の帯より)
★10 - コメント(0) - 2016年8月28日

映画良かったので購入 美術特選素晴らしい
★5 - コメント(0) - 2016年8月28日

2016年8月27日:グリッチョ
最新作『君の名は。』の公開に合わせて発売された、新海誠映画のガイドブック。監督の作品が好きな人にとっては嬉しい、設定資料集や絵コンテとともに過去作品を辿れる保存版。中でもアツいのが、新海監督と神木隆之介さんのロング対談。自身も新海作品の大ファンでありながら、役者の視点からも語られる神木隆之介さんの作品評と、それに呼応するように繰り広げられる新海監督のものづくり観の話が、読んでいてむちゃくちゃおもしろかった。「そういう見方もあるのか!」と、目から鱗の話ばかりで、過去作品を見返したくなる。ファン必携の一冊。
★9 - コメント(1) - 2016年8月27日

新海 誠Walker ウォーカームックの 評価:39 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)