1赤い悪夢 (5分後に意外な結末)

1赤い悪夢 (5分後に意外な結末)
197ページ
555登録

1赤い悪夢はこんな本です

1赤い悪夢の感想・レビュー(316)

なんだか恐ろしい物語が多かった。猿の手は本当にゾッとした。このシリーズは全部面白いし、見事などんでん返しだから沢山の人に読んでもらいたい。
- コメント(0) - 3月16日

ちょっと読んで返そうかと思ったけど、意外とおもしろく読んでしまった。
★2 - コメント(0) - 2月27日

展開が速い。感情描写は少な目。登場人物が大人の場合も多い★星新一、キノの旅
★1 - コメント(0) - 2月6日

ひとつひとつ本当に短く読みやすかった。ちゃんとオチがあって短い話だが結末までのワクワクはすごかった いろんな人の一面を見たような不思議な気分になりどれもすっきりというより考えさせてくれる話かな
★1 - コメント(0) - 1月22日

【図書館】
- コメント(0) - 1月19日

あれこれの短編や小話なんかを集めた短編集。有名どころから初耳の話まで手広く揃っているが少なくともこの巻に関しては副題の通り後味が苦めな話多め。ブラックジョークは好きな方だけどここまで連続で読むとテンションがどうしても下がっていってしまうわ流石に。個々の作品はシンプルだけどしっかり面白いし、一気にでなくちょっとずつ読み進めていく方が向いてるかな
★4 - コメント(0) - 1月11日

海外の超短編もたくさん。星新一が気に入った子におすすめしたい。
★5 - コメント(0) - 1月7日

ブラックなものばかりでもない。おもしろかったり深かったり使えそうなのもあった。シリーズの他の本を買うかは微妙。借りられるなら借りて済まそう。
★1 - コメント(0) - 2016年12月15日

心臓がキュッとなるような話が沢山あって、下手な怪談より全然ゾクッとした。
★3 - コメント(0) - 2016年11月21日

シリーズ第1弾。海外の作品ばかりですが1編1編がとても短い物語なのでさらっと読めます。今回は読後がちょっと怖かったな。この短さなのにきちんとオチがあるのがスゴい。
★9 - コメント(0) - 2016年11月5日

最初は面白いと思いながら読み進めたが途中で飽きてきて、展開まで分かるようになってしまった。やっぱり純粋な子供の読む本なのかな、ってことは自分が純粋じゃないってことか。
- コメント(0) - 2016年10月12日

ちょっとブラックなショートショート。子どもたちに人気があるのもうなずける。
★3 - コメント(0) - 2016年10月9日

短編なので空いた時間に読みやすい。 内容は全体的にブラックなものが多いが、ここの皆様が仰っているように「父の時給」には納得させられました。そして日本のお話ではないのがどの作品にもすごく感じられます。外国のお話が好きな人、ちょっとしたどんでん返しのようなものが好きな方にはとてもおすすめ。
- コメント(0) - 2016年10月5日

短時間で読めるお話なのでちょっと暇なときにすぐに読めていいと思います。文庫本になってくれたらお出かけの時に持って行けるんだけどなぁ。
- コメント(0) - 2016年9月28日

父の時給、最後ほんわかした。あとはなんだか後味悪い話が多かった。神様、力を授けてください、ってオチがブラックジョーク。学校嫌い、面白かった。
- コメント(0) - 2016年9月20日

意外な結末と謳ってる分、どう裏切ってくれるのかすごくわくわくしながら読めました。簡潔にまとめられながらも考えさせられる話もあり、感動する話もあり、面白かったです。とくに「父の時給」は読み手も涙もの。。次巻も楽しみです。
★2 - コメント(0) - 2016年9月15日

短編で読みやすかった。 人生の中で夢を追っている時が1番楽しいという話が印象に残った。
- コメント(0) - 2016年9月9日

読みやすくそれでいて内容もキチンとしているのが多いので、面白い。父の時給はホンワカ、人生最悪の日はまさかの、子供が実子でない!幸福論は何を幸福と感じるかで人生の豊か度が決まると改めて痛感。お金のあるなしではなく、過ごし方。猿の手は良くある話だが今回も望まない形での希望が叶う話。答案用紙は先生が、生徒に興味がない事を上手く利用して時間終了後に提出!秀逸!悪夢となっているから仕方がないが、良い終わりももう少しあると嬉しいです。
★8 - コメント(0) - 2016年9月4日

1つ1つの話が読みやすくオチも様々で楽しく読めた!!
- コメント(0) - 2016年8月22日

一話が数分で読めてしまうショートショート。意外な結末って銘打ってあるので、ほとんどの話にオチがついています。オリジナル作品と思っていたのですが、多くは欧米の小話をもとにしたもので結構知ってる話があり残念。長い話が苦手な子には、手軽に読めてよいかもですね。「父の時給」にホロリとして、「動物園」にブフッとなり、「力」にあらら・・となりました。
★3 - コメント(0) - 2016年8月18日

小分けにしてさらりと読むことができるので,電車やちょっとした待ち合わせのときに読むことができます。持ち歩くには少し大きいかな?
- コメント(0) - 2016年8月15日

ティーンズ向けショートショートかな?「意外な結末」と銘打たれているだけに読者もどんでん返しを期待して読むので、オチはある程度先読みできてしまう感は否めないが、手軽く楽しめるシリーズだ。人間のうすら怖さをモチーフにしたものが多いが、それでいてスカッとする話も多い。シリーズ各巻に色名のサブタイトル(本書は赤、2は青、3は白…etc)がついていることには別段深い意味はなさそうだ。
★27 - コメント(2) - 2016年8月9日

ブラックなオチが多めのさらっと読めるショートショート。子供の行動にほろっとさせられる「父の時給」芸人がゴリラの着ぐるみをきて働く「動物園」とか面白かった。「学校嫌い」は読み聞かせで使ったらウケそう。
★19 - コメント(0) - 2016年7月30日

(借) ブラックジョーク多めの中で「父の時給」は良い意味で裏切られた気がする。悪夢と付いている以上そういった話が多くなるのは仕方がないとしても、もう少し後味の良い話もほしい。
★1 - コメント(0) - 2016年7月26日

日本や世界の小話を集めた話。ほとんどの話があまり良くない結果に終わっていますが、ユーモアとアイロニーが詰まっています。 でも中には少し感動的な話もありました。なかでも、自分の父親の時給分のお金をなんとか集めようとしている息子の話は、いつも仕事でいないお父さんと遊びたいという健気な気持ちが表れていてちょっと泣けました。
★4 - コメント(0) - 2016年7月14日

読みたい本の一番最初に長く君臨していたのですが(その前は旅猫だった)なんだか見つかる気がしないなーとそのままでしたが、ブックオフのなんとスピリチュアルなジャンルにささってました(笑)運命かと思った。学研教育出版発行つまり児童書向け?であり、ハードカバーサイズですが文字が大きめで私でも読めた良かった。どんでん返しのショートショートが沢山です。こういうのを読んでミステリーにハマるんだろうなと思える入り口みたいな感じ、読み易い。結構ぞわっとするものもあり、学研…。他シリーズもサブタイトルから黒いのね。
★64 - コメント(0) - 2016年7月10日

1話5分で読めるどんでん返し系ショートショート。知ってる話やオチが予想できる話ばかりだったけど、気楽に読めるのでよい。なので、タイトルも相まって、結構売れそうな本だなという感想。小中学生向きだと思ってたけど、案外ブラックな話が多くて、小学生のうちは読ませたくないような…。。シリーズ他作品ならいけるのあるかな。
★3 - コメント(0) - 2016年7月10日

どの話も判りやすくてオチがきちんとしていて面白い。「猿の手」がやっぱりホラーとしてはピカイチだと思うけど、「復讐」とか「パパの時給」とかフッと笑ってしまったり、ホロリとしたり。ただ、小学生向きでこのオチは大丈夫なのか?と心配する作品もあった(笑)。
- コメント(0) - 2016年7月9日

【図書室本】
- コメント(0) - 2016年6月22日

小話がいっぱい詰まっていて、5分で1話を読めるので、スキマ時間に最適です。 私が好きなアメリカンジョークも載っていました。 南の島で漁をしたり、歌ったりしている人に、リゾートに来ている大金持ちが幸せを語る物語です。 人それぞれの幸せってありますよね。幸せ過ぎないのが幸せだと改めて感じました。
- コメント(0) - 2016年6月15日

気持ち悪いぐらい後味が悪いです・・・でも、どっぷりハマるような何かがあるようで、こわいです。読んだ後、ゾワァってしました。5分後シリーズ、全巻制覇したいです。
★18 - コメント(0) - 2016年6月7日

5分で読めるショートショート。1つのお話が短いので、すきま時間に読めていいですね(^^*)ほとんど外国の話なのかな?オチが結構ブラックだったりしました。私的には「答案用紙」の話が1番よかったです。シリーズで出ているようなので次も読んでみたいと思います。
★2 - コメント(0) - 2016年6月5日

オチがわりとわかってしまう話が多かった。短編集なのでさくさく読める。気分の悪くなる話も多数
★3 - コメント(0) - 2016年5月22日

5分後に意外な結末「2.青いミステリー」がとても面白かったので、1,3,4,5と書店で購入。「おおっ」と思える話が少なくて、ちょっと残念。ただ単に、今の自分の感性が、この本を楽しく読める感性とズレただけなのかもしれないなぁ…。
★13 - コメント(0) - 2016年5月15日

図書館の「返却本」の棚にあり、気になり読みました。アメリカのブラックユーモア書籍化?という印象。面白かったから他のシリーズも読みたいのに、全然図書館に帰ってこないー
★3 - コメント(0) - 2016年3月1日

短いがいろんな話がありいい。ベスト3は父の時給、答案用紙、100万人目のお客様です。
★4 - コメント(0) - 2016年2月15日

◯周りで人気があるので読んでみた 動物園と答案用紙には苦笑い 答案用紙は真似する学生がいたりして笑 たどり着けない星はいまの世界情勢についてちょっと考えさせられた 箱のボタンはちょっと嫌な話だな 夢オチのような話が多かったのがサブタイトルの理由?
★4 - コメント(0) - 2016年2月4日

5分で読めるショートショート。一つ一つの話がとても短いので、ちょっとした空き時間利用に良かったです。動物園は、昔、英語の教科書に載ってたかな。救いようがなく、容赦ない結末まさにブラックユーモア。
★6 - コメント(0) - 2016年1月30日

5分で読めるショートストーリー。ちょっとした空き時間にさらっと読める。5分後に意外な結末シリーズ、読んでいこう。
★47 - コメント(0) - 2016年1月30日

1赤い悪夢の 評価:76 感想・レビュー:134
ログイン新規登録(無料)