AKIRA(4) (KCデラックス ヤングマガジン)

AKIRA(4) (KCデラックス ヤングマガジン)
394ページ
830登録

AKIRA 4巻はこんな本です

AKIRA 4巻の感想・レビュー(798)

再読!表紙も秀逸。
★10 - コメント(0) - 3月6日

過去本掘り起こし
★1 - コメント(0) - 2月24日

話についていけるけど、脳が追いつかないな。
★5 - コメント(0) - 2月12日

アキラによって瓦礫の山と化したネオ東京。でも彼は悪くない。トリガーは第一次世界大戦と同じ一発の無責任な銃弾。欲に塗れた暴徒集団「大東京帝国」の発生も彼の意志とは無関係。終末的な力を秘め、なのに無垢で大人しいアキラは何のメタファーなのか。だが本書で最も括目すべきはミヤコ様やケイ、チヨコら女性たちの粘り強さと逞しさだろう。そして涎を垂らして群れるしか能の無い男どもの情けなさ。鉄雄にしても才覚はあったにせよ、その自信と力はクスリから得た借り物。そこに気づくと途端にダサい。己の卑小さを悟った彼はどこへ向かうのか。
★37 - コメント(1) - 2月2日

面白い
★2 - コメント(0) - 1月2日

物語の内容がエグくなってきた。画力がさらに凄くなってきてる気がする…
★1 - コメント(0) - 2016年12月29日

新章スタート。ここからは、完全に映画を離れ、漫画版独自の展開を見せます。映画では、あっさりと退場していったミヤコ勢と、形骸化したアキラを祭り上げ、実質は鉄夫が支配するアキラ勢。アキラとミヤコの接触、キヨコらの存在など、様々な要素がありますが、個人的にはおばさんの圧倒的な強さ(笑 一体この人の経歴はどんなのなんだろうか?
★11 - コメント(0) - 2016年6月24日

女性や子どもの扱いが酷すぎるし、人としてあまりに情けないので、大東京帝国軍、鉄雄、竜、金田(これからどれだけ格好良くなろうと、あの1巻で保険医に放った言葉を忘れはしない)も含めて男性キャラほぼ全員並ばせて拳という名の喝を入れたくなる。チヨコさんは相変わらず逞しいし、まったくブレない素敵な人だし無事ラストまで生き残ってほしい。ケイちゃんも毅然と指揮や助言をしていて格好いいぞ!
★3 - コメント(0) - 2016年4月29日

再読。★★★★★
★6 - コメント(0) - 2016年3月22日

逆カタストロフの巻。というかあの炭団戦車、タチコマの原型…?
★14 - コメント(0) - 2016年3月11日

混沌と混乱、無秩序が支配する子どもの国。大覚アキラ様光臨はたちの悪いごっこ遊びの延長のようで薄ら寒い。男どもがしようのない分、女性たちが逞しく奮闘でおばさんの活躍が光る!鉄雄はアキラの中に何を見たのか…底知れぬ力への根源的恐怖か?
★24 - コメント(0) - 2016年1月29日

おばさんのエロくないサービスシーンに興奮した
★3 - コメント(0) - 2016年1月20日

20代半ば大友克洋に触れながらも、何故かアキラは遠巻きに忌避。あれから約30年。近所のブックオフで1、2巻に遭遇、秋葉原にて3、4、5巻を購入。今更ながらなのでしょうが、止まっているはずなのにアニメも寄せ付けない躍動感、あちこちで攻殻機動隊のフチコマ、マクロスのバルキリーのデジャブに触れられる幸福感。やっぱり、買ってよかった。さて、6巻、探さないと。
★4 - コメント(0) - 2016年1月17日

金田復活!女性がたくましい漫画はいい漫画。
★4 - コメント(0) - 2015年10月9日

この壮大な作品をわたしはなんと逸って読み飛ばしているのだろう!心臓がドキドキしている!感想を書くのももどかしい!
★15 - コメント(3) - 2015年9月27日

再読、PART 4 ケイ。「そりゃあもしかして…惚れてたのかもね…」の巻。崩壊したネオ東京、アキラを祭り上げて新しい国をつくった鉄雄はカオリと出会い、番号入り子ども達のプロジェクトが明かされ、ケイの体質も告げられる。ソビエトが北海道を制圧、アメリカは近海で静観。街の荒廃が生臭いまでの筆力で描かれ息苦しく痛い。金田の仲間:甲斐が再登場。ミヤコ様にのせられた鉄雄はクスリを絶とうともがき、過去のビルを空から降らせ、アキラはニッと笑う。彼らにとって時間ってなんだろう。あ、おかえりなさい金田くん。
★16 - コメント(0) - 2015年9月16日

ako
アキラを大覚様と祭る大東京帝国。やりたい放題だった鉄雄はミヤコ様の助言により新しい力を得、金田が復活しました。久々に金田に会えて嬉しかった。
★13 - コメント(0) - 2015年8月23日

えらいこっちゃー
★2 - コメント(0) - 2015年8月16日

ミヤコにより過去の実験の経緯が明かされる。大佐再登場。おばさんと大佐かっこいい。実はミヤコも。それに比べて帝国軍は・・・。
★4 - コメント(0) - 2015年7月5日

目がはなせない!というぐらい圧倒されました!
★3 - コメント(0) - 2015年6月25日

★★★★★
★2 - コメント(0) - 2015年5月7日

荒廃した世界では、人々は暴徒化し、宗教が発生し。これはもう避けられないこと。圧倒的な力で物語を突き動かしてる鉄雄が、アキラの前で跪く姿は、この漫画がまだまだ壮絶な展開を先に控えていること期待させる。まだ面白くなるつもりか。
★4 - コメント(0) - 2015年3月10日

バトルシーンの攻防がおもしろい。残酷な場面が多いけれど、無法地帯で欲望のまま生きている人が中心の世界では、起こり得ることなんだと思うと恐ろしい。金田復活(?)の次巻に期待。
★5 - コメント(0) - 2014年11月10日

世紀末超能力バトル!って感じ。金田はどうしたんだろ?
★4 - コメント(0) - 2014年11月9日

再読
★1 - コメント(0) - 2014年8月29日

これだけの絵を描くのにどれだけ時間がかかるんだろう!? 大東京帝国とミヤコ教の2大勢力間での戦い、甲斐とケイの再会、そして安定の金田生還。もう全てのページ、全てのコマが面白い。素晴らしい漫画だ
★6 - コメント(0) - 2014年7月26日

金田来たー!!!しかし絵が凄いファンタスティック……小池桂一のウルトラヘヴンを思い出す。五巻へ
★4 - コメント(0) - 2014年7月10日

再読 ネオ東京崩壊後、そこにはアキラを大覚様と崇め鉄男が支配する大東京帝国が25号と27号を匿うケイとおばさん、二人は薬が切れほとんど意識不明状態、19号に会えと言われミヤコ様のところへミヤコ=19号であった、そしてミヤコと鉄男との会見で鉄男は薬をやめることに、大佐も含めてケイ、おばさんの活躍が、25号27号をめぐりミヤコ達と大東京帝国軍の争いの最中、鉄男の覚醒が消えたはずの金田を地上に呼び戻す。鉄男と金田はどんな結び付きだったんだろう?そしてアキラも自意識が目覚めたみたいだがこれからどう展開していくのか
★26 - コメント(0) - 2014年7月4日

再読。ネオ東京崩壊後の荒廃した世界。主人公の金田は離脱。代わりに鉄雄の苦悶と覚醒がメイン。ケイ、チヨコおばさんが無双過ぎてカッコいい。この世界の女性キャラは年齢問わず皆格好良い。その分男性キャラはどいつもこいつもバカばっかりだ。(ただし、大佐は除く)
★10 - コメント(0) - 2014年6月30日

93
★1 - コメント(0) - 2014年5月25日

主人公不在で話は進む。この時点では5巻完結予定だったのね
★3 - コメント(0) - 2014年5月17日

おばさんが強すぎて誰よりもかっこいい。甲斐くん大好き。
★4 - コメント(0) - 2014年1月5日

うぁぁあん!金田お帰り金田ぁぁ!!!
★4 - コメント(0) - 2013年12月29日

引き込まれる
★3 - コメント(0) - 2013年11月26日

【再読】空飛ぶ鉄雄が叫び、アキラが消したビル群が空から逆さまに降ってくる。金田帰還。
★12 - コメント(0) - 2013年10月21日

勝てば官軍って言葉が好きな人って、鉄雄のように東京を乗っ取って大東京帝国建国した場合でも、勝てば官軍って言えるのだろうか?正義ってそういう事じゃないと思うんだけどな。
★5 - コメント(0) - 2013年10月16日

かつて金田の元にいた鉄雄が、大東京帝国建国後はアキラの元で威張ってるのを見てると、彼はリーダー気質ではないんだろうなと感じる。 常に女や子供、病人が標的になってるのが、まるで自然界のような、弱肉強食のみが存在する、秩序を失った世界をうまく表現してると思った。 「女…こんなもので死ぬんじゃねエぞ…お前にはまだまだ楽しんでもらいたいからな…」
★5 - コメント(0) - 2013年9月17日

金田の消息は不明のまま、物語はネオ東京へ。おばさん無双。鉄雄はAKIRAに何を見たのか。金田しれっと復活。
★5 - コメント(0) - 2013年7月3日

あいもかわらずおばさん最強。
★5 - コメント(0) - 2013年6月26日

あきらにより崩壊したネオ東京。廃墟に二大勢力 あきら・鉄雄の大東京帝国・ミヤコを中心とした宗教勢力。大東京帝国の愚かな部下による欲望の争いを中心に、無秩序な世界を描く。そして超能力者たちの過去があきらかに。鉄雄がさらに覚醒していく。
★4 - コメント(0) - 2013年6月18日

AKIRA 4巻の 評価:42 感想・レビュー:91
ログイン新規登録(無料)