怪談の科学―幽霊はなぜ現れる (ブルーバックス)

怪談の科学―幽霊はなぜ現れるの感想・レビュー(22)

幻覚とか錯覚とか洗脳とか民話や怪談を精神科医の立場から分析。耳なし芳一、四谷怪談、雪女、マッチ売りの少女とか本当色々。これ読んだところで「な~んだ!妖怪も幽霊も怖くないじゃん」ってなるより「人間の脳みそも精神も怖いよぉ…」ってなるので怪談は怖い。怪談の論理など場所とか人とか妖怪と幽霊の違いとか脳・精神を通すとなんとなくなるほど…?って思えるような。最後は江戸時代を民族的自閉症と呼び階級社会への挑戦的作品として忠臣蔵、陰の極みとして四谷怪談を挙げてて面白いまとめ方でした。1988年発行とかで結構昔の本だった
- コメント(0) - 2016年9月2日

幽霊という存在を否定することなく、それが見えてしまうメカニズムを真面目に心理学観点からエッセイ風に解説している一冊。心理学的な側面ばかりが目立ち、別の解釈もあるのではと思う部分もあるのですが、それは作者が心理学者だから仕方がないか。1988年の本なので、微妙に古い学説部分もあるのですが、それでも真っ向否定ではない、過去の幽霊小話を絡めた解説は興味を持って読み進めることができました。ま、ちょっと幻覚説が多すぎて(そのプロセスの違いは様々に解説されているにせよ)最後にはお腹いっぱい気分。
★2 - コメント(0) - 2016年6月23日

2016年5月21日:ポコペン
2016年1月2日:佐藤 唯
2015年11月8日:あやの
2015年9月3日:tone
2015年6月11日:ごりける
2015年3月28日:isbtm
2013年1月17日:きなこもち
2012年12月4日:Hiroshi Minami
2012年4月7日:はじ
2012年3月14日:半殻肝
2011年12月28日:イスカ
--/--:RiN
--/--:昭平
--/--:
--/--:かお
--/--:Ta283
--/--:ジョージ
950128
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

03/14:半殻肝

積読中のみんな最新5件(3)

08/22:nobara

読みたいと思ったみんな最新5件(10)

03/05:dripdrop
09/03:ほしの
09/17:pontering
08/17:解构
06/19:404
怪談の科学―幽霊はなぜ現れるの 評価:27 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)