RPF レッドドラゴン 5 第五夜 契りの城 (星海社FICTIONS)

RPF レッドドラゴン 5 第五夜 契りの城 (星海社FICTIONS)
あらすじ・内容
伝説、炎上。最高の布陣が織りなす、最高のフィクション。
<死者の王>として復活を果たした婁震戒こと天凌府君が呼び覚ます還り人の群れによって、蹂躙の限りを尽くされるニル・カムイの大地。夥しい惨劇のさなか、<赤の竜>を殺す方法を知る巫女<喰らい姫>との邂逅を果たす忌ブキたち。彼女の託宣に従って革命軍、ドナティア軍、黄爛軍、そして天凌府君軍が集うとき、人と竜とが契りを交わしつくられたという伝説の魔城<契りの城>が屹立する――!

あらすじ・内容をもっと見る

RPF レッドドラゴン第五夜 契りの城 5巻はこんな本です

RPF レッドドラゴン第五夜 契りの城 5巻の感想・レビュー(196)

星★★★★★ ある意味嵐の前の静けさ。各々にまだ秘密があり目的があり、果たしてどうなるの!?
★1 - コメント(0) - 2016年5月20日

その能力はいいんでしょうかーっ!w 思わず一晩で前巻から続けて読み切ってしまった。内面的に変化はあるもののスアローの動きが比較的大人しいのが却って気になります!紅玉さんはラノベの方読んだことあるけどこういう人だと思ってた…。
- コメント(0) - 2016年1月14日

もはやラスボスは虚淵なんじゃ……。協力プレイは見る影もなく、最後に笑うのは誰かってゲームになってしまいました。一流クリエイター同士の、物語のぶつかり合いは凄まじいの一言です。
- コメント(0) - 2015年10月4日

エィハが怖い、エィハが怖い。これが覚醒した女性プレイヤーの力・・・
★1 - コメント(0) - 2015年8月31日

すごくすごいです。どの登場人物もそれぞれの信念に従って行動していて、それを御しているそれぞれのプレイヤーの葛藤がとても伝わってきました。婁さんの見開きページが3つもあるのは笑ってしまいました。どんだけ楽しそうなんだよと。あと今回よかったのはエィハです。今までどうしても一歩引いている感じで見せ場が少なかったところが、自主性が出て一気に面白くなってきました。スアローも全然行動に予想がつかないので楽しみです。あと1夜楽しみたいと思います!
- コメント(0) - 2015年4月25日

一人だけ戦略ゲーをしている……
- コメント(0) - 2015年4月18日

ひとりだけやっているゲームが違う件
- コメント(0) - 2015年3月31日

全員が楽しんでる本
- コメント(0) - 2015年1月29日

N.K
クライマックスに向けて、話が加速する第5巻。革命軍と共に歩むイブキ、エイハとカグラバ、黒の竜に自身の呪いを取り引き材料に使われ、悩むスワロー。そして一人別ゲームを始めているローさん。七殺天稜についても正体が明かされて、伏せられていたカードが徐々に開かれつつあります。果たして、最後はどう転ぶのか、全く予想がつきません。というか、誰かローさんというか虚淵玄を止めろ。やつを野放しにすると、間違いなくバッドエンド一直線だ。それだけは確信。
- コメント(0) - 2014年10月27日

前回のセッションから完全にチームが崩壊してしまった状態。 一人で最大勢力になってしまったあの人とか止められるのか? 
- コメント(0) - 2014年9月23日

ニルカナイメシがすごいウマそうなの、そして虚淵玄先生がゾンビを率いるというつくづくこの人はホラー向けの人だね、 とても現在子供向け番組である仮面ライダー鎧武を書いているとは思えないよ。
★12 - コメント(0) - 2014年8月7日

ばらばらになった5人が、それぞれの場所ではじめる物語。王として振る舞おうとする忌ブキの変化については、なんか必死さは伝わってくるけどそれだけに痛々しくて頭抱えたくなるなあ……大丈夫かなあこの子……。スアローさんもふんばらざるを得ない状況だし、婁さんはいつ媛さまに見放されるかひやひやだし、禍グラバさんは本人はともかく泣き所がもろいのが問題ですね。黒リンゴさんのエィハはやっぱり通常運転で可愛い! でもなんか先の展開で泣かされる予感がひしひしと! どうなる!
★5 - コメント(0) - 2014年7月31日

最終決戦に向けて、赤竜についての正体やスアローの力の謎が明らかになり、還り人となった婁は一人でもあれだけ場を引っ掻き回してくれたのに死の軍勢を操る力を手にし、紅玉さんは黒玉さんへとなってしまいエィハは忌ブキのため荒ぶる等々おもしろかったです。婁に関しては一挙手一投足目が離せない勢いに溢れていましたね。実際に作中に出てくる料理まで作るあたりスタッフの本気が伝わります。ここまで自由に進むと最後何が起こっても驚きを与えてくれるでしょう。
★2 - コメント(0) - 2014年7月12日

普通の小説ならなんとなく先が見えるところ。しかし、4夜のスアローみたいなことがあるので、先は読めない。個人的にはドナティア組二人の行く末がどうなるか楽しみだ。
★2 - コメント(0) - 2014年6月29日

色々な謎が明らかになり、目指すべきゴールが見えた巻。今回は移動が多かったので嵐の前の静けさといった感じ。いや、状況は目まぐるしく悪化の一途をたどっているけれど。阿ギトが竜殺しの一人だと分かった時の紅玉さんの台詞に笑ってしまいました。エィハの動き次第で最終局面は大変なことになりそうな予感…楽しみです
★1 - コメント(0) - 2014年5月29日

ついに序破急の急へと突入!プレイヤーそれぞれが自ら選ぶべくして選び取った物語は、やがてひとつの場所へと集約されていく。エィハ好きとしては、この第五夜で秘めた力が開花する様と、自身の存在意義を知り、決意を固める様が儚くて愛おしく、その強さに心を掴まれ、たまらない気持ちになる。エィハは考える…順番をー。人と竜の繋がり、世界との繋がりが<喰らい姫>により語られ、物語は核心へと近づく。彼女の託宣により<契りの城>に赴く面々。激突が避けられない戦いはもう間近、その魔城が屹立した!それぞれが選び貫く想いの結末が迫る!
★19 - コメント(0) - 2014年5月25日

わたしはこの感動を言葉にする術を持ちません。この企画に参加されているすべての方に敬意を表します。
★3 - コメント(0) - 2014年4月24日

もう大好きすぎるwwwwふつう一緒にプレイヤーが集まってやってたら協力していい方向に持っていこうとしがちなのに各キャラクターにみんながなりきってそうゆうところは切り離して知らない情報は知らない情報として客観視しながら演じきってるところがほんとすばらしい!! 確実にキャラが成長しているし、スタッフの本気もうかがえるし、どんどん物語が混沌化していてほんとにクリアできるのかなってw てか婁さんがwww強すぎるでしょこの人www
★3 - コメント(0) - 2014年3月15日

どうしても協力し続けることはできなかったの?
- コメント(0) - 2014年3月15日

第一夜から仕込まれていた布石が機能し、プレイヤーも読者も斜め上の展開を繰り広げながらもきちんと用意されていた「レッドドラゴン」という作品の中心から外れず走り出した。黒玉いづきことエィハの選択、スアローの消費という呪い、バラバラになりながらもそれぞれ目指す先を見つけていざ第六夜へ。「俺の魔剣がこんなに可愛いわけがない」「わくわく天凌ランド」婁さんの暗黒ラブコメ化が凄まじい。実は一番可愛い人なんじゃなかろうか……。
★4 - コメント(0) - 2014年2月22日

各陣営が完全に固まり、<竜殺し>のシステムとスアローの呪いの実態が明かされる。ああ、これぞ未曾有の大惨事。わくわく天凌ランドは今日も元気!婁さんの個人から支配者への華麗なる転身。でもやっぱり惚れた女のことしか考えてない!消費の呪いとは、つまりスアローは少なくともこの話のメンバー内では誰よりも人間なんだと。
★3 - コメント(0) - 2014年2月15日

なんかやらかすとは思ってたけどわくわく天凌ランドは予想外!!俺の魔剣がこんなに可愛いわけがない爆笑。エィハとジュナのやりとり愛おしい。僕にとってのアキレス腱は君だ、からのやり取りで、メリルまじりものだし何らかの形でスアローが使う可能性考えてしまう。粉砕じゃなくて消費というのも…。サプライズのお料理いいなあ楽しそう!ミネアへの反応には吹いた。喰らい姫の話の終わりと共に消えたのがすごく印象的。それを受けてエィハが伝えた話の取捨選択。わたしが死んだ後も、あなたに友達をあげられたら…号泣!メリル超いい女だし!!
★1 - コメント(0) - 2014年1月11日

「どうしてこうなった」は前巻の時に口にした以上、今回はけしからんもっとやれ、としか。愈々クライマックス、などと云うと今迄のは何だったのだ、みたいな話ではあるのだが。
- コメント(0) - 2014年1月10日

虚淵さんのプレイングがきれてる、
- コメント(0) - 2013年12月29日

とりあえず続きが気になる
- コメント(0) - 2013年12月22日

エイハさんが大暴れでしたね。素晴らしい黒っぷりでした。忌ブキは覚悟を決めたというかいろんな意味で吹っ切れてしまいましたし、虚淵さんは何か別のゲームになってましたし、スアローは主人公サイドかと思いきや一番危ないかもしれないしで、ハラハラドキドキでした。なんにせよ次巻に期待。
★1 - コメント(0) - 2013年11月30日

第5夜。前巻から続く驚愕の展開を背景に第6夜の決戦に向けて様々な設定が明かされた巻でした。前巻ほどの驚愕はなかったですが、間を置いたにも拘らず読むテンションは高いままでしたね。各PCが最後に何を選択するのか非常に楽しみです。エィハも最後まで頑張って想いを遂げて欲しい。
★2 - コメント(0) - 2013年11月25日

予想通りなんだけど、予想以上の展開に・・・特に虚淵さんな! 個人的にこのお話の主役はエィハかなぁって感じになってきました。スアローさんにはもうちょっと何かあると思ってたんだけど、これ以上何も出ないとするとちょっと期待外れかなぁ。エィハ頑張れ・・・!!
★2 - コメント(0) - 2013年11月17日

ついに戦争に。
★1 - コメント(0) - 2013年11月10日

うわあ…相変わらず、おっそろしい…! 少し前から、TRPGに慣れていなかった演者もなじんできて、いよいよ物語が混沌と。凄いなー、凄いなー、楽しいなあ。ある意味これ、作家同士の戦いだものなあ。本気の遊びほど、やっていても見ていても面白いものはない(笑)。
★4 - コメント(0) - 2013年11月4日

まさに、嵐の前の静けさ(わくわく天凌ランドを除く)ですね。これからの立ち回り、特にエィハの動き次第で盤面が引っ掻き回されること必須で目が離せない!
★4 - コメント(0) - 2013年11月4日

嵐の前の静けさ、そして物語はクライマックスへ。 前巻でとうとうバラバラになってしまったチームだけど、各自が自分の抱えるものや未来を見据えて最終決戦のため契りの城へ。 今巻はこれまでのような爽快感はないけど、わくわく天凌ランドが違う意味でぶっとんでるし、それぞれの想いと決意を考えるとここまでの積み重ねを感じて熱くなる。 しかし、料理は予想外、しかもそれのレシピまで掲載されてるとか……。
★2 - コメント(0) - 2013年11月1日

物語をきちんと完結させようと、フィクションマスターが特権と力技を駆使して一生懸命に頑張る姿が微笑ましい一幕。ばらばらになってしまったプレイヤーを再び纏めるにはこういう流れしかなかったのかもしれませんが、方法としては平凡かと。わくわく天凌ランドを別にすれば、仕切り直しと結末に向けた伏線回収が中心で、派手な立ち回りも無く、割と平穏でした。飽くまでもわくわく天凌ランドが無ければ、ですけどね。とはいえ、ちょっと物足りなさを感じます。いよいよクライマックスということで、嵐の前の静けさ、といった塩梅ですかね。
★7 - コメント(0) - 2013年10月29日

前巻を遥かに超える作中世界のカタストロフとは真逆のテイストの、スアロー奈須氏の当意即妙のツッコミがいちいち面白過ぎて困る。個人的には婁と七殺天凌との暗黒ラブコメとして楽しんでいる本作だが、遂に本巻でその姫たる魔剣の出生の秘密が明らかに。クリエイター達の共演による各陣営のドラマも最高潮で、それをギリギリの所で取り仕切る三田氏のFM振りも光る。次々に成立する各キャラの死亡フラグは折られる事はあるのか、そして魔人と魔剣は添い遂げる事は出来るのか。陣営、舞台共に終幕へ向けて十全に整うTRPGシリーズ5巻目。
★65 - コメント(0) - 2013年10月26日

web版読んでるし別に急がないよねーとワールドガイド発売まで何故か買うのを先延ばしにしていた第五夜。なんというか……「わくわく天凌ランド」がひどいですね(真顔)いきいきしてる婁さん、いいと思います。/スアローの呪いとの向き合い方、エィハの心情、忌ブキの(王としてって意味での)覚醒…そういう内面の変化が多い一夜ですね。/シャッツキステは世界樹の迷宮コラボの時に行っていたのですが、レッドドラゴンが最後まで発表されたらコラボでニルカムイ料理を出してほしいなーって思います。家で作れって話かもしれませんが。
★3 - コメント(0) - 2013年10月21日

更にすごい展開になってた! クライマックスの果てにどんな結末を迎えるのか。
- コメント(0) - 2013年10月15日

第一夜からの様々な布石も回収されて、最初の形とは全くの別物となったメンバー。四つ巴の争いがどういう結末を迎えるのか今から楽しみでならない。黒林檎と黒淵のダークメンバーも止まることを知らず最終決戦を前にして本当にカオスなことになったな。最後に立つのは誰なのか、これまでがこれまでなのだから普通に終わることはないでしょう。エィハの行動が物語を大きく動かすことは間違いない。
★6 - コメント(0) - 2013年10月9日

前門の黒淵、後門の黒リンゴ(後書きより抜粋)。いやはや、ダークサイド真っ只中の第五夜でした。色々な設定が明らかになってきて、第一夜からの様々な布石も回収されて、あとは最終決戦。四つ巴の結果誰が生き残るのか、全くもって想像つきません。ただ言うならば、どこになってもろくな結末にならない気がしてならない。
★7 - コメント(0) - 2013年10月7日

天凌府君撃侵! それぞれの設定が見えてきましたね。深くて濃いなぁw バラバラになったパーティがそれぞれの思惑を抱えて終結…。次巻は激しい戦いになりそうですね; そしてエィハはどう動いていくのか…。
★5 - コメント(0) - 2013年10月6日

天凌府君が楽しそうなのが、なんともはやw イキイキしてるなぁ虚淵さんw
★2 - コメント(0) - 2013年10月4日

RPF レッドドラゴン第五夜 契りの城 5巻の 評価:54 感想・レビュー:69
ログイン新規登録(無料)