クレヨン王国 新十二か月の旅 (講談社青い鳥文庫)

クレヨン王国 新十二か月の旅 (講談社青い鳥文庫)
294ページ
202登録

クレヨン王国 新十二か月の旅はこんな本です

クレヨン王国 新十二か月の旅の感想・レビュー(186)

欠点、欠点といっても、だれが、いったいそれを欠点とみとめるのかな。あなたが自分に自信をもてば、それは欠点ではなくて、すぐれた美点に変わってしまうのではなかろうか。 「クレヨン王国の十二か月」の続編です。前作で欠点を直したシルバー王妃が、野菜たちをお供に不思議な世界を旅します。今回の物語は、シルバー王妃が欠点を取り戻すための冒険、といえるかもしれません。自分の駄目なところにばかり目がいってしまい、自己嫌悪に陥っている人におススメしたいです。
- コメント(0) - 2016年12月3日

子供の時「クレヨン王国の十二ヶ月」が大好きで暇さえあれば読んでました。目を閉じたら柏木由紀子さんの描くユカちゃんやシルバー王妃が眼に浮かびます。再読しようかと迷いましたが感動が薄らぐのも怖くて、老後の楽しみにする事にします♪読書が好きになるキッカケの1冊でした。読書は一生の財産と思うので、この本をくれた両親に感謝ですね。優等生発言。さて、「クレヨン王国新〜」は初読みでした。せっかく欠点を直したシルバー王妃にゴールデン国王が「前のが良かった」とわがままを言い、シルバー王妃は再び旅に。やっぱりこの本も好きだ!
★31 - コメント(6) - 2015年10月24日

懐かしさでいっぱいになりながら読んだ。シルバー王妃が野菜たちと旅をする。今回の旅ではだいぶ大人になったシルバーさんが仲間に振り回される様にニヤニヤ。お互いの相違点を認め合う。長所も短所も受け入れる。それができたら世界は平和になるかも。
★10 - コメント(0) - 2015年9月29日

子どもの頃に読んだ時には「悪い子でいることを否定された上にいい子でいることも否定されたらどうやって生きていけばいいんだ」と悲しくなったけど、大人になって再読してみると優しいメッセージが詰まっていたことに気づきました。まっすぐに生きることは素晴らしいけれど、自分を守るためにはまっすぐでいることを放棄しなきゃいけない時もあるよね。この感覚が嬉しいから児童文学の再読はやめられない。
★2 - コメント(0) - 2015年5月27日

再読。悪いくせを直し、立派な王妃になる努力を続けているシルバー王妃。でも国民の人気は落ちる、王様も不満、自分も「なぜときかれては こまるけど むかしは すべてがかがやいていたわ」と感じている…。そんな王妃が個性豊かな野菜たちと十二か月の旅に出る。そして「どう?あたしって、すてきなやつでしょう?」と自分を取り戻す。このシリーズが好きな理由のひとつは、色や四季の描写がユーモラスで美しいこと。何しろサンタクロースがこの世に存在する一番美しい赤と白を、クリスマスに身につけるために衣裳を洗濯に出す国の話ですから!
★9 - コメント(5) - 2015年2月5日

子供の時の愛読書。欠点を克服する十二か月の旅よりわがままありのままを取り戻す新十二か月の旅を何度も読んで、三木由記子さんの絵も大好きだったなぁ。「トマトは空をとぶもんじゃないわ」/「おれが、タケノコでなくなるとしたら、それは、たしかに不幸にきまってる。・・・トウフはトウフ、ウメボシはウメボシ、ニンジンはニンジンじゃなくっちゃな」/「しんせつって、理由なんかないもんだよ。・・・それがふつうだろ。」
★8 - コメント(0) - 2014年5月6日

本当は手持ち刊行順に読み返しキャンペーンを(自分の中で)してたはずなのに急に読みたくなってryで、花の旅から。シルバー王妃の活躍を見たい気分だったのだろうか……。当時は図書館で読んでから、読書感想文用にって一番最初に買った巻だと記憶してるけど読み返すの久しぶりで童心に還ったような。シリーズ中でも好きな文章が多い巻だと記憶してる。今回は話の展開に夢中になったので(おい)、これも刊行順の流れでまた読み返す。近々。(本当は次はまほうの夏のはず)
★1 - コメント(0) - 2014年2月7日

再読。折に触れて読み返しています。シルバー王妃と野菜たちが魅力的なのはもちろん、たくさん登場するキャラクターも面白いです。メッセージ性も強く、子どもから大人まで楽しめるお話だと思います。
★6 - コメント(0) - 2013年10月15日

小学生の時、大好きだったシリーズ。大人になってから読んだらどんな気持ちになるかと思って読み返したら、涙涙の号泣状態。書かれた時期が、冷戦終わったあと、西と東の境がなくなり、世界が一つになろうとしているなか。この動き出した世界の中で、日本という島国の中では生きていくことのない子供達への、福永さんからのメッセージだったのかな。どんな欠点も見方を変えれば長所になる。完璧な人間なんていやしないから、他人と自分を受けいれて、認めてあげよう。西も東も、白も黒も黄色もない。これから世界は一つになるんだから。てことかなと
★3 - コメント(0) - 2013年5月19日

戦争の話題が多くて興味をそがれるものの、楽しいエピソードも多い。雪だるまを風呂に入れるとか。
- コメント(0) - 2013年4月28日

昔好きだった本で、読んだのは小学校ぶり。ゴマータお気に入りだったな。自分で欠点だと思っているところも、自分に自信をもてば、すぐれた美点になる。ありのままのあなたが一番すてき、というお話。大人になって読むと、いろいろ言葉がしみるなぁ。
★2 - コメント(0) - 2013年3月10日

小学生のとき大好きで何度も読んだ本。そのころから七夕馬のディックと天の川で話すシーンが大好きだった。挿絵もすてき。今はありのままがいいっていうあの歌が心にささった。
★3 - コメント(0) - 2012年12月31日

シルバー王妃と野菜たちの12ヶ月の旅。昔読んだときも好きだったが、やっぱり今読んでもいいなー。個性の強い野菜たち。でも心は優しくて、ちゃんと助け合う。面白かった。
★1 - コメント(0) - 2012年12月30日

再読!ああ〜、懐かしい!この表紙!シルバーも、野菜たちも、なんてイイ顔!!悪癖も愛おしい長所になり得るということなのですよね。わがままな君こそが魅力的だよ、なんて、そんな素敵なこと言ってくれる人と出会いたい!ありのままの自分をさらけ出すのも、ありのままの誰かを丸ごと受け止めるのも、どっちも難しい。〜「この花も その花も ありのままに 色美しく」〜
★3 - コメント(0) - 2012年2月26日

再読。いろいろな欠点が役に立ったり足を引っ張ったり。みんな自分の欠点を特に改めることなくても、問題を起こしつつ一緒に楽しく旅ができて良かった。干支の動物のうち、しんこ細工の犬や七夕ウマ、張子のトラなどは未だに実物を見たことがないことに気付いた。
★2 - コメント(0) - 2011年11月7日

やっぱりこのシリーズが好きなんだなあと実感。
★1 - コメント(0) - 2010年12月27日

再読。某ブックオフで¥105コーナーにあったから買っちゃったwいつか全冊集めるのが夢だからね!アニメ版世代なので、野菜たちはすごく懐かしいっていうか、愛着があるっていうか。短所があってもにくめないです、王妃も野菜たちも。
★3 - コメント(0) - 2010年8月11日

女しか参加できない行事は女しか出られないことにこそ意味があるんであって、女装すれば誰でも参加オーケーっていうのは、アバウトすぎないかクレヨン王国。せっかくの女優遇シーンだと思ったのに……。
★1 - コメント(0) - 2010年4月28日

野菜たちが魅力的。
- コメント(0) - 2009年4月18日

「クレヨン王国の十二月か月」で、王妃の十二の悪い癖をなおさなければ帰らないと王様が家出をしたことで十二の悪い癖をなおし、更に悪い癖を吸い取るカップで十二の悪い癖をなおした王妃は、完璧過ぎるし元気がない。そう思った王様は、サンタクロースと相談して元気でキラキラしていた王妃を取り戻そうと計画し、王妃の旅が始まります。ありのままの自分らしい自分が1番ということを教えてくれる物語です。
★3 - コメント(0) - 2008年7月29日

大人への新しい旅立ち。
- コメント(0) - --/--

☆☆☆
- コメント(0) - --/--

子どものころはこの話はそこまで好きじゃなくて、たぶん十二カ月ほどわかりやすく順序良くなにかが変わるわけではないから、だと思う。十二か月よりも大人むけで、今となってはしみるのはこちらだとも感じる。欠点があっても、それがその人を輝かせるってこともあるのだ。『この花も、その花も、ありのままに色美しく』
★2 - コメント(0) - --/--

欠点はある種の美点でもあるんだなあと思った。
★2 - コメント(0) - --/--

小学生の頃に大好きだったクレヨン王国シリーズ。子供達がもう少し大きくなったらよんであげたいです。
- コメント(0) - --/--

1997~1999年頃読了。
- コメント(0) - --/--

十二か月の旅から続けて読んだせいか、王妃の開き直りっぷりに胸の空く思いがした。
★1 - コメント(0) - --/--

こどもの頃は欠点がない人がカッコイイって思ってたけど、今は欠点がある人の方が魅力的に感じる。
★7 - コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(3)

03/31:えす
06/21:彼方

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

11/29:季子
02/16:oyu
10/31:chiko
クレヨン王国 新十二か月の旅の 評価:44 感想・レビュー:28
ログイン新規登録(無料)