神と翁の民俗学 (講談社学術文庫)

神と翁の民俗学の感想・レビュー(7)

(福祉職的メモ)神と人間、この世とその外部とを媒介する存在としての翁。高齢者にせよ子どもにせよ障害者にせよ、周縁的な存在は媒介者としての役割を担ってきたが、現代では居場所を狭められ、ケアされる受動的な存在となっている。「そうではない、ケアとは複雑で揺れ動く相互行為なのだ」と言ってみても、やはりマジョリティ(健全な大人)を中心とした考えからは出ていない。そうではなく、死の側から、神仏の目から、現生利益の外部から見つめたい。そのとき権利や平等といった近代(外部のない世界)の理念は目を曇らせるように思う。
★1 - コメント(0) - 2月15日

2016年8月1日:半殻肝
異界との橋渡し役となる「翁」論ですが、著者のロマンティシズムが強く伝わるので、読みやすく面白い。翁が山や海とつながって登場するのは、古来よりそこが異界だったから。本来形のない神が、仏教に触発されてその姿を示すようになると、翁がその媒体となる。それはかつて天孫を導いた国つ神に連なる系譜である。等々。共同体の生産活動に参加できない子供と老人が神になるところは日本らしいなと思うし、ユングの「老賢者」みたいに、日本人の元型のひとつとしてみるとすごく興味深い。であればこそ、子供(童子)論についても読みたいところ。
★3 - コメント(0) - 2013年12月28日

2013年6月3日:
2010年9月22日:OG
2010年1月14日:も naco

積読中のみんな最新5件(5)

02/21:うえ
07/12:やまだ
10/02:よきし
10/01:myk
06/04:ねむ

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

09/01: nabla #
06/15:かげぼし
神と翁の民俗学の 評価:57 感想・レビュー:2
ログイン新規登録(無料)