奥様はネットワーカ

奥様はネットワーカ
224ページ
246登録

奥様はネットワーカはこんな本です

奥様はネットワーカの感想・レビュー(205)

910
イラストがつくことで一気に森博嗣1人で書いたものと様相が変わるような。らしくなさを感じる一方で、ここまで行けるのかというらしさも感じた。犯人に意外性は薄かったけれど、奥様には驚かされた。まだまだわたしもミステリ読みとして甘いなと。途中のポエムと事件の関連に気づくべく再読してみよう
★2 - コメント(0) - 1月28日

コジマケンさんのイラストのおかげでやたらポップな感じに仕上がっている。物語の間に差し挟まれるポエムみたいなものがよくわからない。というか全体的に適当に書かれたような印象(笑)
★13 - コメント(0) - 1月26日

何年ぶりかの再読。内容のほとんどを忘れてしまったので、新たに読む感じ。こういった演出のミステリもアリですな。
- コメント(0) - 1月19日

久しぶりに再読。なんだか昔納得いかなかったよな~と思ったら、なるほど、まあ納得いかない気持ちもわかるわと再確認。
★1 - コメント(0) - 1月2日

6人の男女の視点で話しが進んでいくので、飽きずに読めました!最後の舞台演出みたいなものは斬新で良かったし、話の途中での挿絵はかわいかったです(*´ー`*)
★6 - コメント(0) - 2016年2月13日

6人の男女の視点が細かく切り替わりながら進んでいく大学を舞台にしたミステリ。犯人は途中からそうとしか思えなかったけど、最後まで楽しんで読めた。視点が切り替わるごとに小さなイラストが挿入されているのでその数がすごい。くう疲的なラストも、エピローグとあとがきの間のようで面白かった。なるほど、確かに芝居を観終わった後のような読後感だったな。
★1 - コメント(0) - 2015年12月17日

あっさりとした描写。視点が細かく切り替わる。犯人の内面描写がたまに挿入されて、不気味な詩となっている。イラストは好みの絵柄ではない。主人公を排し、キャラクターを捨て、謎解きの骨格だけて組み上げたポエムもどき。過渡的な作品の印象。
★7 - コメント(0) - 2015年12月13日

【ネタバレあり】粗筋を全く見ずに読み初めました。表紙や挿絵の可愛らしさから、日常の謎ジャンルかな?と思いきや、全くそんなことは無く(笑)メールのくだりで違和感がありましたが気づけず…。確かに他の皆の地の文が三人称なのに、一人だけ日記でした。あくまで主観、自己申告ということをまず怪しむべきでした。可愛らしさと裏腹に、ポエミィが過ぎて取っ付きにくかったです。
★2 - コメント(0) - 2015年10月13日

読み始めて気付く。そいやTVドラマで観たんだっけ。でネタは知ってたけどやはり難解なり森ワールド
★1 - コメント(0) - 2015年9月23日

某国立大の工学部で事件が起こった。次々と変わる語り手たち。それは人物を超え、名詞、形容詞へと変わっていく。彼ら語り手たちの嘘・妄想は少しずつ物語に染み出してくる。読者はネットワークを巡るように、物語を伝っていく。物語は登場人物の証言によって構成され、読者を物語の世界に誘う。
★7 - コメント(0) - 2015年9月8日

とにかく、犯人が知りたい!の一心で読み進めた。単にコジマケン氏の画風が性に合わないだけだと思うが、挿し絵が多くて気が散った。
★2 - コメント(0) - 2014年11月19日

久しぶりの森さん。イラストがかわいい。なんていうか、ポップな一冊でした。視点が次々切り替わりながら進むお話。全く見抜けませんでした。最初のメールのところであれ?とは思ったのだけど。。間にはさまる、誰の視点だかわからないコトバが興味深いです。そして、読み終わったらまた初めから読みたくなる。いつもの森ミステリィ。「つまり、あっちは空っぽか」
★4 - コメント(0) - 2014年8月3日

2014-055 あら、そういう事でしたか。手記にやられるとは東野圭吾を思い出す。 詩のようなふわりとした言葉。不思議な挿絵。刊行順に読んでますが、これまでにはない森博嗣。シリーズにはシリーズの、他には他の面白さ。けど、ちょっと読みにくかったかな。
- コメント(0) - 2014年7月8日

うわぁぁぁすっかり騙されてしまった!途中で挟まれている詩がいつも以上にポエマーでふわふわしていた。ふわふわ、どんどん、くるくる・・・
★1 - コメント(0) - 2014年3月11日

久しぶりに読んだけれどやっぱり面白い。クールというかスタイリッシュというか…コジマケン氏のイラストがまた素敵
★4 - コメント(0) - 2013年12月10日

ほかと比べると、かなり違った作風だなと思った。それぞれの人物の視点で、ころころと展開していく。間に詩が入るせいか、私にはちょっと読みにくかった。最後の展開と真相には衝撃を受けた。面白い終わらせ方。
- コメント(0) - 2013年8月8日

初森博嗣さんでした。すらすら読めました。話の途中に入ってくる絵や詩(?)がとても記憶に残っています。はじめての作家さんだったので、もう一冊読んで雰囲気をつかみたいです!
★4 - コメント(0) - 2013年8月5日

シリーズ外小説。 うんうん、これも森ワールド。コジマケン氏のイラストとも相まって、とてもコミカルで可愛い作品(ふわふわ) ポエティカルミステリィ。その言葉が馴染む。キャラクターが順番に一人称でお話をしていく。始まりのキャライラストが面白い。悪そうだったり、不安そうだったり。そして、時々ある、ページまるごとを使っての特大イラスト。ほんとオシャレ。 久しぶりの舞台としての工学部。いろいろ絡みのあるキャラたち。猟奇的な事件。これはオススメです! 「では、もうスリープしてね、パソコン君。また明日。」
★24 - コメント(0) - 2013年7月23日

視点がつぎつぎ切りかわって、すこしずつ物語がすすんでゆく。あっさりとだまされた〜。森ミステリは、はい、こういうトリックでした、と答えを明かされてもちゃんと理解できない場合があるのだけれども、、この本はわりとわかりやすく、わたしにも理解ができました…。笑
★2 - コメント(0) - 2013年7月9日

詩集か!と思いました。この全員の語りで話がすすむところは面白いと思いましたが。。。ねえ。
★1 - コメント(0) - 2013年2月2日

☆3・5 いかにも森博嗣らしい本でした。人物視点以外の合間にある詩のような語りを読んでるとなんだか自分の思考がふわふわしてきました。面白かった。自分には無い考え方を読んだから、少しは頭良くなったかも?(^^)
★5 - コメント(0) - 2012年12月9日

登場人物紹介やイラスト効果もあって、最後まで犯人が分からなかったです。叙述トリック見破るのが苦手…視点がどんどん変わるので、慣れるまでちょっと読みにくい。けども面白かった。
★2 - コメント(0) - 2012年11月15日

それぞれの登場人物の視点から、一度につき2から4ページ?とにかく、かなり短く区切りながら書かれているので、もしかしたらこれは伏線じゃないんだろか、とか良い意味で頭を使わされました。最後で登場人物にインタビュー形式で語らせている点が面白かったですが、犯人の語りは不気味。事件の結末が結末だけに、犯人以外誰もいない狭い部屋で、一人訥々と語る姿を勝手に想像してしまいました。作品中に挿入されている詩の影響もあるのかな。
★2 - コメント(0) - 2012年11月6日

所々に挟まれる詩のような抽象的で意味深な文章が印象的です。もう少しやんわりとしたお話と思いきや、人物それぞれの願望というか情動というのが描かれていて、なかなか苦味のある作品でした。(まあ、帯にあるように殺人事件なんですが。)やっぱりトリックというか読み手の裏手をかくような手法が鮮やかです。イラストもこの終始曖昧とした物語と同調するようで面白みがありますね。
★4 - コメント(0) - 2012年8月12日

最後まで読んでビックリしました。やっぱり森博嗣さんは文章がうますぎる!
★1 - コメント(0) - 2012年7月1日

なんとも、ふわふわした不思議な感覚のミステリ。間に入るイラストが、さらに不思議な感じを引き立ている。
★2 - コメント(0) - 2012年4月27日

『奥様はネットワーカ』読了。某国立大学工学部で暴行傷害事件が起き…。物語は6人の視点で事件を追っていく。先日のバラエティーでのドラマを先に観たんですが、ドラマでは語られなかったもう一つの“動機”に衝撃。途中途中に入る詩的な文がとても素敵。コジマケンさんのイラストも可愛い。
- コメント(0) - 2012年4月21日

ざっくりとストレスなく読めて、概ね想像した通りの展開でした。ただ面白いのかというと、ちょっと微妙なラインかも。嫌いではないですけど。 中のイラストは独特な味があって好みでした。
- コメント(0) - 2012年3月9日

予想通りの展開だった。
- コメント(0) - 2012年1月2日

森博嗣の書くサイコはかなりツボ。あの息をするように境界を行き来する描写が良い。そういえば連載時に「犯人は誰か」を読者アンケートとってたよなぁ、これ。そんなことができる程度にゲーム感覚もある。ただ、読みやすいかというと微妙な読みにくさを感じる文章であった。
- コメント(0) - 2011年10月21日

一気に読み終りました。久々にミステリーでした。この話はこのパターンだったかと。やっぱミステリー良いですね。イラストもかわいい感じ。(^^)
★3 - コメント(0) - 2011年10月15日

うーん。
- コメント(0) - 2011年9月3日

何人かの人がかわるがわる語るから、用心したんだけど、あぁ、そうなの?って感じでした。
- コメント(0) - 2011年6月6日

絵が多いので、普通の小説を読むのとはまた違った感じ。しかし視点がぽんぽんと2、3ページで変わっていくのはともかく、犯人を分かりづらくする目くらましなんだろうが詩的な断章がけっこう多いのがちょっと辛い。真相で初めになんとなくで除外してしまった人が犯人で驚いた。
- コメント(0) - 2011年5月1日

大学を舞台にした話ですが、他のシリーズと違った感じで面白かったです。途中に入る絵が印象的でした。
★4 - コメント(0) - 2011年2月26日

読みやすいんだか、読みづらいのか?面白いのか?面白くないのか?なかなか判断がつかない物語でした。
★1 - コメント(0) - 2010年5月20日

6人の工学部関係者。犯人は空気嫁。
- コメント(0) - 2009年8月27日

奥様はネットワーカの 評価:74 感想・レビュー:46
ログイン新規登録(無料)