三姉妹探偵団 (講談社文庫)

三姉妹探偵団 (講談社文庫)
292ページ
605登録

三姉妹探偵団はこんな本です

三姉妹探偵団を読んだ人はこんな本も読んでいます


三姉妹探偵団の感想・レビュー(515)

最新巻が当選したので1巻目を購入。こっちの表紙のほうが断然かわいい!旧バージョンはちょっと酷過ぎない? でも、最初に掲載されたのがもう30年以上前ということもあって、ちょっと昭和な雰囲気が否めない。家庭に大変なことがあったとはいえ、教師がぽんと3万円貸してくれるとか、遠くに電話をかけるのに100番を使用って…?? 軽く殺人が起こるし、意外とドロドロとした不倫内容でびっくりしたけど、ミステリであっても驚くようなトリックはなし。犯人は分かりやすかったー。万能鑑定士のように、息抜きに読みやすいシリーズかも。
★21 - コメント(0) - 2月11日

古書店に出向きワゴンの中に30数年ぶりに目にとまり購入。赤川次郎氏の絶頂期の作品。昭和の臭いを感じながら再読しました。
★2 - コメント(0) - 2016年11月1日

初めての赤川次郎。気取らない、ひょうひょうとした趣のある文章で読みやすい。いい意味で昭和っぽい。小中学生の頃に読んでいたら絶対にのめり込んでいたと思う。有名な作家さんでもあるし、多作なためか目にする機会も多いのに、これまで読んでこなかったのが不思議。
- コメント(0) - 2016年9月6日

今更に赤川次郎に触れて、このシリーズも初読み。こんな表紙じゃなくて、もっと古いやつ。三姉妹もこんな感じじゃない。。でも個々の性格が出てて良いかな。軽い感じの推理小説。
- コメント(0) - 2016年8月27日

このシリーズは初読み。
★4 - コメント(0) - 2016年8月20日

実家帰ってきたから久々に読んだーやっぱり普通に面白いー
- コメント(0) - 2016年8月1日

【講談社文庫春の100冊2016】より、蔵書から再読。解説は香山二三郎さん。シリーズ第1弾。何度も映像化された作品。今はこんなラノベ調の表紙になっているのですね。私は昔の浅賀行雄さんの方が好きだ。父親の出張中、火事に遭う三姉妹。無事に逃げ出すが、焼け跡の父の部屋からは女の遺体が発見された。行方知れずの父に殺人容疑がかかるため、父の無実を証明しようと調査に乗り出す。 携帯電話が存在しない時代ならではの物語だと感じた。今なら携帯さえ持ち出せれば、父親と連絡つくしね。
★2 - コメント(1) - 2016年7月4日

人気シリーズということで、購入。とても分かりやすい小説だと思いました。怪しいと思った人が、ちゃんと怪しい行動をとってくれますし。ただ、ちょっと気になったのが、主要人物の若い女性と妻子ある男の不倫の話って、確か三毛猫ホームズの1巻でもあったような。。。こういうシチュエーションが著者は好きなんですかね。とは言え、姉妹それぞれがキャラが立っていて、読んでいて楽しいし、家なし子となった姉妹が今後どうなるのか気になるので、続編を近日中に読みたいと思っています。
★7 - コメント(0) - 2016年6月7日

公立図書館I)久々の赤川作品。初っ端から家を焼け出されるというヘビーな展開。しかも焼け跡から女性の遺体が出てくる。行方不明の父が容疑者で指名手配。その汚名を晴らすために三姉妹(というか次女?)が立ち上がる。随所に昭和の臭いが漂う表現(「赤電話」は分かるが,「100番で掛ける」ってなにさ?)でたまに??となりつつも楽しんだ。
★1 - コメント(0) - 2016年6月4日

いまさらだけど、赤川さんの小説はほんとに肩がこらない読みやすさ。推理小説読の犯人を考えるとき、一番らしくない人物、もしくは逆にいかにもな人物のどちらかということが多い、、、なんてことを意識しながら読んでしまった。三姉妹という設定がとても上手にいきいきと描かれていて、それぞれに個性のあるキャラクター楽しくあっという間に読んでしまった。以前の表紙のイラストも味があって好きだった。
★8 - コメント(0) - 2016年5月22日

★★★★
- コメント(0) - 2016年5月17日

学生時代によく読んだシリーズ。懐かしくなって再読です。
★6 - コメント(0) - 2016年4月25日

読みやすくて面白い。三毛猫って言葉が一回出てきたって事は三毛猫ホームズより後に出した本なのかな? しっかりマーケティングしてるんだな……。あと、不倫多い。実際800万人くらいいるんだっけ?(要情報元確認) 日本人1億2000万人から18歳未満と75歳以上引いたら結構な比率になるからな……。
★2 - コメント(0) - 2016年3月2日

唯一の一家の大黒柱である父の不在中、気付けば我が家は炎に包まれ、焼け跡からは見ず知らずの女性の焼死体が発見されるという災難から生まれる三姉妹探偵団シリーズの第一弾。。。おっとり者の長女 綾子19歳、はねっかえりの次女 夕里子17歳、しっかり者の三女 珠美14歳らの長所短所を活かしたユーモラスな追跡劇がたまらない!もうとことん追っかけますぞー٩(。`•ω•´。)و
★24 - コメント(8) - 2015年11月14日

私が図書館で借りたのは、98年刷なので、イラストが古くさいやつなんですが、今のは今ので、イメージじゃない・・・。スゴく今風の髪型と制服なんですが、この本の三姉妹はスマホはもちろん、ケータイ一般的でない時代。連絡は基本家からか、十円玉を握りしめて公衆電話。始まりは火事から。三姉妹はギリギリ脱出できるが、家は全焼、唯一の保護者である父親は出張で連絡がつかず、さらに警察と消防の調べで、父の部屋の押し入れから知らない女性が死体で発見されたという。警察は父親を指名手配。父の無罪を証明するため、三姉妹は調査を開始。
★4 - コメント(0) - 2015年10月27日

積み。子供の頃に読んだことがあるけど内容は全く覚えていなかった…。アナログだったり、刑事がゆるかったりサスペンスとしては微妙だし時代の変化を感じるけど、赤川さんの作品は重くなくて読みやすいので好き。
★10 - コメント(1) - 2015年8月8日

kindleで100円だったので。今こんな少女漫画な表紙になってるんだ!?ちょっと恥ずかしいけど、昔のイラストが苦手だったのでこっちの方がいいかな。ケータイが普及して20年くらい?固定電話しか出てこない小説は久しぶりに読んだなー。
★12 - コメント(0) - 2015年7月28日

懐かしい! 高校時代に読んで、大分時間が経っていたので、内容はあんまり覚えていなかったけれど。面白かったです。夕里子が一番好きです。はねっかえりの美人が好きなのと、高校生の枠を超えた勇気や強さに感動しました。大人相手にめげない姿勢も格好いいです。ちゃっかりした珠美や、おっとりした綾子とのチームプレーも最高でした。
★2 - コメント(0) - 2015年6月29日

珠美の初恋が家にあったけど一巻がなかったので買って読んでみた。流石に長女天然すぎだろ、、、そして表紙の三姉妹コレジャナイ感があるw
★1 - コメント(0) - 2015年6月20日

表紙だけでは一瞬新作かな?と思ってしまった(笑)
- コメント(0) - 2015年5月26日

読みやすくて、面白い。
★3 - コメント(0) - 2015年3月2日

リハビリとして読みやすい本読むぞーと思って手に取った本。少し古さは感じられるものの、三姉妹のキャラが立っていて読んでいて楽しいし、読みやすかった。が、予想以上に男女のドロドロが描かれていて、少しショック。事件の性質上仕方ないのかもしれないけど、表紙的にも三姉妹という設定的にもこういう大人な感じだとは思わなかったので…。
★3 - コメント(0) - 2015年1月20日

初めての赤川次郎。 二時間サスペンス見てるみたいで読みやすかった! 表紙が古いものだったから、三姉妹を想像しにくかったけど。
★1 - コメント(0) - 2015年1月20日

あまり赤川次郎さんの本とは、あまり相性が良くないみたいでした。途中で断念しました。
- コメント(0) - 2014年11月5日

★★★☆☆犯人すぐにわかっちゃったけど、それでも内容は面白かった。続きも読みたいな。
★2 - コメント(0) - 2014年10月30日

初赤川次郎。すごく読みやすくあっという間に読了。ドラマは確か末っ子が主人公やったような。面白かったのでまた違う作品も読もう。
★3 - コメント(0) - 2014年10月28日

自分が小学生のときにやっていたドラマが大好きだった。珠実のキャラは原作の方がいいね。大蔵大臣。
★4 - コメント(0) - 2014年10月19日

星4つ
★10 - コメント(0) - 2014年10月12日

古い方のを読みました。表紙が全然違います。こちらの表紙なら倍面白かったと思います…
★5 - コメント(0) - 2014年9月25日

私が小学生の時に書かれた本らしいが、古臭さを全く感じない事にビックリ!私が借りたのは表紙がもっと昔のだけど、このかわいい表紙でも全く違和感のないストーリー。赤川さんの作品は大変な事件に巻き込まれたり、悲しい境遇の主人公であっても、それをはねのけるぐらい主人公が強くて前向きだから読んでいてスッキリします。読みやすいし、長編を読む元気がない時は赤川さんがよみたくなります!
★3 - コメント(0) - 2014年8月30日

今から30年ほど前に書かれた作品だとは思えないほど読みやすい!トリックや動機も分かりやすいけど先の展開は何が起こるかわからなくてワクワクする。三人の性格も個性的で面白い。表紙が新しくなった10巻まで一気に買って読んでみようかと考え中。
★2 - コメント(0) - 2014年7月31日

今だったらセクハラ、パワハラだなぁと思う発言がたくさんありますね。昔ってこんな感じだったのか……。三姉妹の個性が強いし、それぞれの物語や声調が事件と絡んでおもしろかったです。末っ子の珠美のたくましさがいいですね。
★6 - コメント(0) - 2014年7月15日

本屋で22巻が発売されてるのを見て表紙がかわいいなと思ったので読むことにしました♪ 赤川さんの本っていつも思うけど本当に速く読めます!
★3 - コメント(0) - 2014年6月25日

自分が本当に読んだのは、この版ではなく、もっと古臭い絵の奴だったが、面白かった。
★4 - コメント(0) - 2014年6月15日

このシリーズ面白かったです((o(*゚▽゚*)o)))
★2 - コメント(0) - 2014年5月10日

ラノベのようなキャラクター、可愛らしさを持つ三姉妹が、自宅放火の謎を追い求める話。ミステリの面白さもさることながら、クールジャパンなど、萌え文化が浸透してきている現代の作品ではなく、1985年に書かれた作品だ、ということに驚かされる。今日ではライトノベルの祖先、と言われるような作品はあっても、ライトノベルという概念が無かった時代にこれを書いたというのは、赤川次郎先生に先見性があったのか、時代が追い付いたのか…… 内容は面白いが、いかんせん表紙が表紙だから、外で読みづらい……
★6 - コメント(0) - 2014年5月3日

犯人を自分達の手で見つけようとする三姉妹。一番上のお姉さんはおっとりしすぎ(^-^;真ん中はしっかり者。家族の事を一番に考えてて、凄いいい人。一番下の妹は尊敬する(笑)お金のかんり凄い。見習わねばっ!赤川さんの本はとても読みやすいと私は思いました。
★3 - コメント(0) - 2014年4月19日

三姉妹探偵団の 評価:66 感想・レビュー:119
ログイン新規登録(無料)