モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
あらすじ・内容
『ハイコンセプト』のダニエル・ピンク最新刊!  停滞を打破する新発想!

〈モチベーション3・0〉とは何か?
コンピューター同様、社会にも人を動かすための基本ソフト(OS)がある。
〈モチベーション1・0〉…生存(サバイバル)を目的としていた人類最初のOS 。
〈モチベーション2・0〉…アメとムチ=信賞必罰に基づく与えられた動機づけによるOS。ルーチンワーク中心の時代には有効だったが、21世紀を迎えて機能不全に陥る。
〈モチベーション3・0〉…自分の内面から湧き出る「やる気!=ドライブ!」に基づくOS。活気ある社会や組織をつくるための新しい「やる気!」の基本形。

21世紀版『人を動かす』はこれだ!!
20世紀の半ば、数人の科学者が、人間には従来とは異なる動機づけもある、と主張するようになった――いわゆる「内発的動機づけ」だ。その後数十年の間、行動科学者はその原動力を解明し効能を説明してきたが、残念なことにビジネスの世界はこの新たな認識を十分に生かしきれていない。組織を強化し、人生を高め、よりよい世界を作るべく、ダニエル・ピンクが科学の知識とビジネスの現場の間に横たわるギャップを埋めた意欲作。
『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』ほか全米大ベストセラー

●本文から 
本書のテーマは、モチベーションである。モチベーションについて信じられていることの大半が、とてもではないが真実とは言えない。ハーロウとデシが数十年前に明らかにした知見のほうがずっと真実に近い。これを本書で示したい。厄介なのは、動機づけについて、多くの企業が新しい知識に追いついていないという点だ。今なお、きわめて多くの組織――企業だけではなく、政府機関や非営利組織も同様に――が、人間の可能性や個人の成果について、時代遅れで検証されていない、科学というよりほとんど俗信に根ざした仮定に基づき運営されている。目先の報奨プランや成果主義に基づく給与体系は機能せず、有害な場合さえ多いという証拠が増えているにもかかわらず、こうした慣行を続けている。さらに悪いことには、このような慣行が学校にも行き渡っているのだ。勉強を「奨励する」ために、将来の働き手である子どもたちを、iPodや現金、ピザのクーポン券で釣っている。何かがおかしい。

あらすじ・内容をもっと見る
306ページ
1710登録

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかはこんな本です

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかの感想・レビュー(982)

N
アメとムチでは人は動かないことがこの五十年間で明らかになっている。むしろ、報酬や罰はやる気を下げて成果物の品質を下げてしまう。大事なのは内発的な同機であり、仕事ではなく遊びのようにして取り組むことだ。適度な難易度の対象にフローになって取り組み、目標を設定して、熟達を楽しんでいく。モチベーション1.0は生存のための動機、2.0はアメとムチ、3.0は内発的な同機である。報酬の金額を上げれば上げるほど、同じ仕事でも熱心でなくなるというインドでの実験結果は意外であった。
★3 - コメント(0) - 3月23日

上司からの推薦本。Amazonでは酷評だったので身構えたが、すんなり頭に入ってきた。「アメとムチ」の効果があるのはルーチンワークまで。現在我々に求められている創造性を必要としている右脳的な仕事には、アメとムチは逆効果であり、有害となることも多い。3.0に必要な考え方は「自律性・マスタリー・目的」。さて、これを自分の世界(職場)でどのように適用していったらいいのか…最後の「20の質問」ベースで考えたい。家庭だと「子供の家事のお手伝いにお小遣いはダメ」は気をつけたいことろ!
★2 - コメント(0) - 3月13日

Y.N
1.0~3.0の概要はあらすじ通り。2.0のアメとムチは、「単純作業」では有用とのこと。見方を変えると「アメを求めてくるのは2.0の仕事の人」。3.0は自らの経験から発するしかないかな。例えば、「苦い経験からこんな経験を人にさせたくない」とか単に「好きだから」など。外的要因ではなく、内的要因が目的にならないと3.0にはならない。「好きこそものの上手なれ」。3.0ステージなら、上達しプロになり「1万時間の法則」、稼げるということか。人に植え付けるには、募集要項がで3.0を全面に出さないといけないな!
★15 - コメント(1) - 2月13日

モチベーション1.0 → 生きるために行動する(生理的欲求) モチベーション2.0 → 報酬・メリットのために行動する(社会的欲求・外的動機づけ) モチベーション3.0 → 自分が好きなことだから行動する(自己実現欲求・内的動機づけ) ロウソクの実験は衝撃的で、実際に21世紀に生きる我々は早くモチベーション3.0.を目指す働き方へシフトしていくべきだと感じた。 お金と時間をともに得られ、自由なライフスタイルが遅れるように日々努力していこうと思う。
★3 - コメント(0) - 2016年11月5日

kim
交換条件付き報酬(アメとムチ)では、アメが与えられない場合にやる気が下がる上、非ルーチンタスク(創造的)な仕事ではアメの量と成果に相関がない。本物のモチベーションを高めるためには、1)自律性2)マスタリー3)目的がポイント。自律性:選択をして行動できること、マスタリー:上達の欲求であり、拡張知能観(知能は努力で発達させられるという考え方)を持ち、フロー状態(やるべき事と努力すれば出来る事が一致し、満足感が得られる瞬間)を積み重ねる事で熟達に漸近、目的:利益志向型でなく目的志向型の目標が満足感を得られやすい
- コメント(0) - 2016年10月18日

タイプXとタイプIの分類。どちらのタイプも存在すること。タイプX→タイプIは後天的に変化できること。などは目からモチベーションだった。
- コメント(0) - 2016年10月9日

目次とはじめにと本書の概要と106ページのフローチャート。それ以外は興味に応じてかな。 出来れば、モチベーション3.0の効果がある仕事をしたいが。。。 納得しないで、腹におちない状態で仕事をしていると、つまらんよな。それでいて、報酬も。。。愚痴になるな
- コメント(0) - 2016年10月1日

結局マスタリーとは、精を出して励んでもほとんど進歩が見られず、おそらく数度のフロー体験に励まされて少しだけ前進し、次に、少しだけ高くなった新しいプラトー(一時停滞)でもめげずに、再び根気よく励む、という経験の繰り返しでしか到達できない。ホントその通りだと思う。進歩が目に見えなくて心折れそうな時が多々ある。でもふとした拍子に、前とは見え方が違うと感じられる時もある。ホント小さな変化にしか思えなくてもがっかりせずにその先にマスタリーの境地があると信じて。やるしかない(´Д` )
★4 - コメント(0) - 2016年8月30日

GX
なんで60歳を過ぎてから、転職したいと思ったか、介護の勉強をしたいと思ったか、この本を読んで自分自身で納得できた感じです。今の気持ちをキープして、いつまでも新しいチャレンジを続けたいなと、改めて自分に言い聞かせました。
★4 - コメント(0) - 2016年8月18日

とてもいい。ミハイ・チクセントミハイとセット。
- コメント(0) - 2016年8月15日

モチベーションにはパソコンのOSというように3段階目に進化しようとしてきている モチベーション1、0は生存欲求、2、0はアメとムチなど(報酬とか)外発的動機付けによるモチベの出し方3、0は目的、熟達、自立性の3段階からなる内発的動機付けによるモチベの3段階に分かれる 利益を出したいとか報酬をもらいたいから働くのではなく自分が何をしたいか、何を成し遂げたいのかからやれるような組織作りが必要なのである
★2 - コメント(0) - 2016年7月25日

21世紀の現代社会において、モチベーションのOSは2.0(アメとムチ、外発的動機づけ)から3.0(学習/創造/貢献意欲、内発的動機づけ)へのアップデートが求められている。3.0に必要なのは、以下の3要素である。・オートノミー(自律性)・マスタリー(熟達)・パーパス(目的)これは名著。
★7 - コメント(0) - 2016年7月11日

モチベーションアップには、ご褒美はだめなんですね…。確かに、ダイエット(今もしてますが)で10㎏減らすのに、ご褒美設定したら、1年半かかったからなあ。でも、単純作業ならご褒美はありなんですね。本書の概要のページ読んでから読んだ方が、分かりやすかったかも
★3 - コメント(0) - 2016年6月28日

わたし用に借りた本。カタカナが多いので、上っ面をなでるように流し読みすることが出来ない…わたし、カタカナ苦手だから。いちいち意味を思い出しながらカタカナを追う。しかし内容が面白いので苦痛じゃない。そしてこのモチベーション3.0の考え方を、実践していたのが出光佐三さんだと思う。
★1 - コメント(0) - 2016年6月25日

人を動かすのは、これまで外発的動機付け(報酬と罰)だと思われていたが、この考え方は必ずしも有効ではない。人は基本的に好奇心に満ちて自発的であるので、内発的動機付け(活動自体からもたらされる満足感)で動く。大事なのは自律性、熟達、目的。この考え方でも金銭を重視しないわけではなく、仕事に集中できるよう標準以上の報酬を支払う必要がある。内発的動機付けは自分にもあてはまり、著者の主張について賛成。けれど、このやり方に移行するには十分な報酬を払うことが必要となり、それができる体力のある企業は限られると思う。
★6 - コメント(0) - 2016年6月24日

アメとムチで人が動く時代は終わった。看護界のOSは古すぎる。離職の一番の原因。
★2 - コメント(0) - 2016年6月22日

創造性が求められるタスクの場合、内的動機づけの方がパフォーマンスが良い 自律・マスタリー・目的
★1 - コメント(0) - 2016年6月16日

ハイコンセプトよりも理解しやすく、多くの学びがあった▼転職前に読んでいたらさらに良かったか▼いずれにしても今の仕事場は自律性が高い環境なのが幸いしている▼16040
★3 - コメント(0) - 2016年6月2日

tz
図書館で借りて読了。テイラー、マグレガーからチクセントミハイまでモチベーションについて上手くまとまった良書。オートノミー、マスタリー、パーパス(目的)がモチベーション3.0の構成要素と説くが、最後の目的だけ他と粒度が合わない印象。目的、という和訳もたぶん良くない。
★1 - コメント(0) - 2016年5月26日

知り合いに勧められて読んでみた。あまり仕事に対するやる気が湧いてこなかったので困っていたけれど、「自律性」「熟達」「目的」という3つの指標をもとに、自然と自分が気乗りするような仕組みを作ってしまえばこれからはあまり困らないかもしれない。とはいえ、会社員だと仕組みづくりにも限界がある。私の場合は、とにかく今は大きな目的のための必要な一歩であると自分に認識させることで上手くいきそうだ。
★4 - コメント(0) - 2016年4月23日

長年感じていたことをしっかりと言語化してくれた本。モチベーションを上げるためにアメとムチを使う手法はもう古い。これからは内的動機付け(目標を達成したい、能力を伸ばしたい、自由に生きたい)が必要。 自身だけでなく、チームや会社という単位で広めていきたい。
★21 - コメント(0) - 2016年4月19日

何をしたから、どういう報酬が得られる、といった条件づき動機付けでは、短期的もしくは創造性が求められないものであれば、一部効果はあるものの、長期的には意味がないということを、仕事にしても子供の教育にしても同様、といったことを、さまざまな実験結果等から論証している。自律性、マスタリー、目的の3つが重要だと。子育ての人にお勧めしたい。
- コメント(0) - 2016年4月8日

赤線引きながら再々読。前半はモチベーションに関する特殊な科学を理解してモチベーション2.0と3.0をうまく使い分けることが肝要。その使い分けについては、フローチャートがp106に記載されている、なんと親切な!後半は3.0で最も大切な自律性、マスタリー、目的の各論が展開される。自律性やマスタリーはうなずけたが目的はいまひとつ・・・私の理解が足らないのか?
★2 - コメント(0) - 2016年4月6日

初見では全体的に圧倒されたために”自律性の監査方法”に気付かなかった。これは折を見て早速試して確認してみよう。また、オブリーク・ストラテジーズは本気で試してみようと思う。しかし、いろいろなツールがあるんだなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年4月6日

やっと読み終わったー。そんなに読みにくい文章ではないと思うけど、やたら時間がかかってしまった。今までのアメとムチによるモチベーション維持には限界があることを指摘し、人がモチベーションを保つための3つの要素「自律性」「マスタリー」「目的」について解説した本。とてもうなづけると同時に、これを教育にしろ企業にしろ日本で行うことが難しそうだと思うのはなぜなのだろう。
★2 - コメント(0) - 2016年4月5日

アメとムチはビジネスにマイナスだという話。内容に対して長過ぎる気がする。 どうやって組織に定着させるが鍵。20%ルール導入などの提案はあるがその道は険しい。
★1 - コメント(0) - 2016年3月30日

会社の本棚にあったので読んでみた。「モチベーション3.0」という内面から湧き出る「やる気」を用いて活気ある社会を作るための考察。内発的動機が多くの人に共通する強力な動機づけで、その結果「フロー」と呼ばれる心理状態に達する。人間は本来「自律性の発揮、自己決定、お互いに繋がりたいという欲求」を備えており、これが解き放たれることで「フロー」に至る。「管理マネジメント」は不要で、子どもの頃にあった先天的能力である「自己決定」の復活が鍵。子どもの頃は好きなようにやってフローを見つけていた。大人もまさにそうすべき。
★1 - コメント(0) - 2016年3月29日

H M
子どもに勉強のご褒美あげる事。よくないとはわかっていてもなかなか止めれません。が、今日を境に止めてみます。とはいえ、難しい...。試行錯誤です。
- コメント(0) - 2016年3月28日

本書によれば、マスタリーを追求するマインドセット=「拡張知能観」を抱けてなかったことが原因にあった。私の場合は「嫌われる勇気」に始まり、今まで読んだ本全てに「自己本位」の重要性が描かれている。またこの本でも、その「自己本位」=「個を最優先とする」ことの重要性が解かれ、自律性からマスタリー(熟達)を目指し、他者との協働によって創造的成果を生み出せ!と読者の背中を強く押す。私は内発的動機付けを持って常に行動する、私はクリエイティブな仕事を創出する、そういう意識でいれば次第に目の前の環境が変わって行く気がする。
★4 - コメント(0) - 2016年2月17日

モチベーション1.0は生存目的。2.0はアメとムチ。3.0は内発的動機(やりがい)とモチベーションを3つに分類。高度成長期はすぐに結果の出る2.0で良かった。また単純なルーチンワークも2.0が効果的な場合がある。しかし現代社会は3.0に移行する必要があるという理論を様々な研究やデータをもと説明している。もちろん生活の安定のため適正な報酬は必要だが報酬を第一目的に行動する人は長期的な成功は難しくなる。今は創造的な仕事が多いからだ。アメとムチの欠点を説明する前半部分が少々退屈で読むのに時間がかかった。
★14 - コメント(0) - 2016年2月17日

【p223 仕事と遊びの境界が人為的なものだと気づけば、問題の本質を掌握し、もっと生きがいのある人生の創造という難題に取りかかれる。】 「しないといけない」がすべてを仕事にする。「別にしなくてもいい」がすべてを遊びにする。
★2 - コメント(0) - 2016年2月2日

信賞必罰による動機付けは知識労働者には不向き。自律、熟達、目的を如何に引き出すか。難しい。
★7 - コメント(0) - 2016年1月18日

Z
小さい頃から、「やらなきゃいけないからやる」のは大嫌いだった。自分が何かするときも、人にものを頼むときも、いかに「しなくてもいいのにしている」と思う(思わせる)ことができるか。
★9 - コメント(0) - 2016年1月16日

啓発本みたいなタイトルだけど社会学寄り。カーネマン、アリエリー、チクセントミハイといった学者の研究をテーマに沿って分かりやすく紹介。内容的にはネオリベ、レッセフェール的な自由礼賛で、職場単位ならともかく社会や義務教育で機能するかは疑問。責任感や目的意識のない人に自律判断させるより、従来通り飴と鞭を使うしかないと感じる。ただ、日本の大学教育はもっと学生の自律に任せた方が良いと思った。単位とGPAを稼ぐ単純労働者みたいな今の大学生ははっきり言って異常だ。
★5 - コメント(1) - 2016年1月13日

賞金・給料といった外発的な動機付けのメリットとデメリットを解き、ヒューリスティックな仕事が多くを占める現代の社会では、それだけでは期待した成果は得られないと筆者は主張している。 新しい動機付けとして内から沸き起こる内発的な動機付けこそいま最も必要であり、企業はその仕組みを理解し利用すべきと言っている。 Googleで見られる20%ルールの例などはわかりやすく、内容にも共感できた。 一方で本書の内容は最後の各章のおさらい5Pに完全にまとめられており、それ以上のことは言っていないので、全部読む必要は無かった。
★2 - コメント(0) - 2016年1月3日

<要約>時代によって人のモチベーションの変動が書かれた本<感想>3度目なので読んだ個所はモチベーション3.0の部分のみだが、改めて自律の力を最大限使うことの大切さを知った。<活かせること>・大切と思われる能力を向上させるためには根気と根性が必要。この根気と根性は人から課されるものではなく、自分で課したものでないと意味がない。・マスタリーに近づくためには、①反復②批判的なFBを絶えず求める③改善すべき点に厳しく焦点を当てる④訓練の家庭の精神的・肉体的疲労を覚悟する。精神の休みは新しい世界を肉体には休息を。
★4 - コメント(0) - 2016年1月2日

久しぶりのビジネス書。重たかったです。何度も読み直しました。これは保存版にして、特に仕事で何か有ったときに読み返したいです。
★4 - コメント(0) - 2015年12月20日

外発的動機づけよりも内発動機付けの方がモチベーションが高く、良い結果を出しやすいのは周知の事実。その高いモチベーションをどう維持し続けるがを多くの例をもとに示している。
★3 - コメント(0) - 2015年12月4日

再読。この本の主張をそのまま日本人に適用できるか?という否定的な目で読んでみると、新たな発見が得られた。
★24 - コメント(0) - 2015年11月14日

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかの 評価:86 感想・レビュー:343
ログイン新規登録(無料)