いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略

いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略の感想・レビュー(28)

Good story and giving hints for difficult issues. It is unique that author does not give management resources to improve utilization of passengers. However, it is a bit propaganda and no failure story which he should experienced.
★4 - コメント(0) - 2013年10月9日

良本。鉄道への想いの強さ、いすみ鉄道の周囲を巻き込んでの勢いに感動。このまま経営が上手く行ってくれるとよいなあ。 地域再生のお手本になって、日本の他の地域も元気になるとよいなあ。 そしてそこに自分がどう絡んでいけばよいのか考えている。 とりあえず早く乗りにいかねば。
- コメント(0) - 2013年9月24日

団塊ウザいって発言したことに興味を持って読んでみたけど。面白いし、経歴もユニークで、お金とやりたいことを両立させるバランスが取れている素敵な人だと思う。そんで「鉄道がなくなることはその町が地図から消えること」って発言にはすごく共感。
★1 - コメント(0) - 2013年9月24日

★★経歴も着想もすごい。ムーミン谷構想、キハ52導入など断片的に知っていたことが繋がり面白かった。
- コメント(0) - 2013年9月18日

社長ブログを読んでいると、下の方に今の世の中ではとても言いにくいことを、あっさりと言ってしまっている…。http://isumi.rail.shop-pro.jp/?day=20130823 今の日本で一番お金をもっているはずの団塊の世代をあえてビジネスのターゲットにしないというのは、なかなか思い切った発想です。 鉄道ビジネスについて一家言もつ「てっちゃん」だと思います。
★78 - コメント(3) - 2013年9月10日

鉄道オタク恐るべし。イデオロギーがないって価値があるのだなぁ。
★1 - コメント(0) - 2013年8月8日

自分の大好きなモノを仕事にして、地域に貢献する…なんて素敵な生き方なんだろう。小さいことで悩んでないで、まずは行動しようと思わせてくれる本でした。
★1 - コメント(0) - 2012年10月7日

赤字ローカル線の立て直しを色々なアイデアを生かし、地域の人たちの協力を得ながら進めている根っからの鉄道好きの社長が書いた本。とても楽しく読めた。
★1 - コメント(0) - 2012年6月16日

単なる鉄ちゃんが鉄道会社の社長になった話だけでない。地方鉄道の現状と問題点や役所&自治体の関係性などタイトル通り「夢と戦略」に付いて記されている良書。氏のブログでも触れられているが地元民の掘り起こしだけでは限界があるので、「観光鉄道化」は存続の一手順である所に同意。(exキハ52導入で一部は実現していると思うがまだマニア専業域なんでこの辺の拡大策がカギなんでしょうね)
★3 - コメント(0) - 2011年6月29日

積読中のみんな最新5件(1)

06/30:よしお

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

02/09:hide
01/27:7zlbn
08/25:milia639
いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略の 評価:71 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)