恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白
あらすじ・内容
犯罪者へ転落した「エース刑事」の懺悔。
9年の服役後、腐敗した警察組織のすべてを明かす。
圧倒的迫力のクライム・ノンフィクション。

2000年4月、莫大な量の覚醒剤が北海道函館新港に運ばれた。その量130キロ、末端価格にして約40億円。“密輸”の手引きしたのは、北海道警察銃器対策課と函館税関だった――。
根っこまで腐りきった道警が日常的に犯してきた違法捜査の数々。ガサ状なしの家宅捜索、クビなし拳銃の押収、おとり捜査、やらせ逮捕。そして、彼らが行き着いたのは、覚醒剤の“密輸”だった。「銃対のエース」ともてはやされ、上司の指示の下、数多くの違法捜査に手を染めた著者は、最後には警察組織に裏切られ、覚醒剤の魔力に魅せられていく。
2002年7月、著者は覚醒剤の使用をエス(=情報提供者)に告発され、逮捕される。道警史上初となる現役警部の逮捕によって、“道警の闇”が次々と明るみに出た。これが、北海道警察のみならず、全国の警察組織を震撼させた「稲葉事件」だ。捜査の過程では著者の元上司と告発したエスの二名が自殺。問題の根の深さがあらゆるメディアで報道された。
数多くの警察小説やノンフィクション作品のモチーフとなった「稲葉事件」の当事者が、9年の服役を経て、新事実とともにそのすべてを告白する。

あらすじ・内容をもっと見る
266ページ
167登録

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白はこんな本です

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白を読んだ人はこんな本も読んでいます

慈雨
1921登録

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白の感想・レビュー(117)

映画の原作本。アングリマーラの話を思い出す。言われたから・・・ではなく、もし、警察はこうあるべきじゃないかという本人の邪見もなければ、こんなことにはならなかったのかもと。
★3 - コメント(0) - 1月14日

映画が面白かったので手に取った。映画とはまた違って本人の目線の生々しさがあって面白く読めた。この事件では警察組織の腐敗だが、他の組織だったり、国家だったりすることを想像するとゾッとする。事件が事件だけにこの人のことを全面的に信用できるわけではないので、もうちょっと客観的な視点で書かれたルポを読んだりしようとおもった。
★1 - コメント(0) - 2016年9月10日

95
- コメント(0) - 2016年9月10日

映画「日本で一番悪い奴ら」原作本。映画が面白かったので読んでみた。ノンフィクションの告白もの。映画で疑問だったエスや上司の自殺、左遷、覚醒剤の使用の理由がよく分かった。やはりこの人は被害者なんだな。勿論覚醒剤の密売をする刑事なんてダメだけど、そもそも警察という組織がダメ過ぎる。そして当時の幹部が栄進し続けていることが、一番信じられない。一度全部壊さなきゃ正されないのだろう。家族全員が出所を待っていたことに泣けました。彼は、いい人なんだろう。
★3 - コメント(0) - 2016年9月7日

警察の手柄が自作自演って…漫画や映画みたい。これホントに実話なのか?って疑いたくなる。
★2 - コメント(0) - 2016年8月16日

読後感があまりよくなかった。警察内部の腐敗や自身の犯罪を白日の元に晒すことで、自分の全てだった警察人生に決着をつけたい、と記していたが、まだ決着をつけきれてないような感じがした。警察内部の腐敗や自分の犯した犯罪を語る著者は、鼻の穴を拡げて得意気に話してるような気さえした。また、著者本人は刑期を終えて罪を償ったけど、その他警察の不祥事に関わった人間は裁きを受けず、のうのうと生きていることに、やはり憤りを感じずにはいられなかった。そんなことが読後感を悪くさせていたのかもしれない。
- コメント(0) - 2016年8月13日

映画鑑賞後の帰路で購入。懺悔録でありまさに「事実は小説よりも奇なり」が当てはまる内容の数々、正義に混ざりこむ欲望に麻痺し堕ちる悪しき組織が露わにされている。ノルマや責任に押し潰される真面目な人もいれば善し悪し抜きに上手に捌く人もいるのはどの仕事も一緒である、悪しきことを認めはしないが社会でのプレッシャーは痛いほどわかる。自身の住む、北海道での警察関係不祥事ということで大変興味深く向き合う事が出来、映画の脚色や演出による差異も同時に味合う事ができたうえで良いタイミングで良いノンフィクションに出会えたました。
★2 - コメント(0) - 2016年7月8日

この夏公開の映画の原作と言う事で興味を持ち読んでみましたが驚く内容ばかり。身近な北海道警察いわゆる道警はここまで腐りきっていたのか。当時、この本の著者である稲葉元警部逮捕から明るみに出た不正、拳銃摘発のやらせなど大きく話題に上ったのは記憶していました。面子と体面を重んじる警察組織とノルマ主義により組織ぐるみで犯罪に荷担していく様子が克明に語られていました。まさか、函館税関もグルになっておとり捜査名目にて覚醒剤や大麻まで密輸していたなんて・・・。著者が覚醒剤の虜になっていく過程もなんとも恐ろしい。
★54 - コメント(1) - 2016年7月7日

映画「ニチワル」の原作本。よくぞここまで書いたなというのが第一の感想。そして、やっぱり警察って腐った組織なんだなというのが第二の感想。この本を読んだ道警のまじめな人たちはつらいだろうなあというのが第三の感想。読んでまったく損はない、すごい一冊でした。
★24 - コメント(0) - 2016年7月6日

警察もJRもどうなってんのかねー北海道
★3 - コメント(0) - 2016年7月1日

映画が気になったので原作を読んでみた。これは真実なんだと思いながら読んでいてため息しか出てこない。これは道警だけで起こったことではないのでは?という警察への不信感が増幅された。解説にあった“警察組織におけるコンプライアンスの欠如”ってなに!?事実は小説より奇なり、ほんとに恐ろしい告白本でした。
★18 - コメント(2) - 2016年6月29日

映画化になった噂のノンフィクションを一読。清濁併せ呑む度量は必要だが、突如梯子を外される事も。善悪表裏一体。正義も不義も皆の中にある。一概に批判の声はあげられない。
★2 - コメント(0) - 2016年6月29日

稲葉事件、関心が無かったのか、記憶に残っていないだけか…いやはや、無知であった。映画の番宣では、コミカルであったが、営業成績を上げるために努力する企業戦士のようではないか。ただ、その業務、業種が警察であった。成績とは数であった。営業方法が、法律とは合致してなかった。数のノルマに追われ…売上至上主義のサラリーマンならまだしも、孤高の志を胸に秘め職務遂行する警察官には合わない。真面目であればあるほど、陥った結果なのか?大きな組織であるほど、組織の使命を正しく全うしてほしい。
★7 - コメント(0) - 2016年6月18日

お気に入り様の感想に惹かれて。今月公開の映画の原作であり、「稲葉事件」衝撃のノンフィクション。一度隠蔽体質になると、組織というものは悪い意味で無敵。違法捜査に手を染め、ついには覚醒剤を常用するにまで堕ちた著者は確かに"悪徳刑事"だったのだと思う。でも、彼を捨て駒的に利用し、事態が明るみに出ると集団で知らぬ存ぜぬ、すべては部下がやったこと、と逃げおおす組織上層部の面々、彼らが何よりも"悪い奴ら"に見えた。コンプライアンスの徹底って、どこまで可能なんだろう。読みものとしても面白いので、おすすめ。
★20 - コメント(0) - 2016年6月3日

「”北海道警の冷たい夏”をさらに具体的に。」という感じで読ませてもらいました。
★2 - コメント(0) - 2016年5月29日

綾野剛主演「日本で一番悪い奴ら」の原作。道警の腐れ刑事の告白本。いやあ面白かったー。ノンフィクションだけど、フィクション以上の悪徳刑事。もはやコメディ。映画の方も楽しみー。
★39 - コメント(0) - 2016年5月23日

警察の内部告発作品。ノルマを達成するために、違法捜査を繰り返すことになった、敏腕刑事。だが、内部で点数を上げるためには、自分も腐らなければ、のつぶやきは、単なる言い訳に聞こえる。テレビの警察密着ものや、(フィクションだが)鮫島は、闘って点数を稼いでいるぞ。後味の悪い、作品だ。
★1 - コメント(0) - 2016年3月18日

稲葉事件、「北海道警察の冷たい夏」「警察内部告発者」も読んでみました。一度取り込まれたら抜け難い闇ですね。一つ足を取られてしまうと、また次の闇。底なし沼のよう。犯罪に手を染めてしまった事はよくないこと。でも、稲葉さんがこう告白をしてくれて危険を一つ知ることができてよかった。稲葉さんが闇に葬られなくてよかった。
★1 - コメント(0) - 2015年12月20日

佐々木譲さんの道警シリーズの基となる実話だと思います。しかし部外者には分らない警察組織の点数主義?
★2 - コメント(0) - 2015年8月18日

貴重な告発本。よく書いてくれたと思う。
★1 - コメント(0) - 2015年5月20日

たまにはこんなのも。
★1 - コメント(0) - 2015年5月18日

3時間54分(日本赤十字社北海道支部点字図書センターに感謝) 北海道警で組織的に行われた不正行為を告発する本。刑事が拳銃摘発に必要な情報を得るためには、Sと呼ばれる情報屋に接触する必要があるが、その為に必要な資金は公金たる捜査費としては支給されない(裏金としてプールされキャリア幹部たちの交際費として利用される!)ため、Sに回す資金を捻出する目的で覚せい剤130キロ・大麻2トンの密輸を手引きするまでに至る。事が発覚すると、その刑事でトカゲの尻尾切りを行い、これを報道する地方紙にも圧力をかけて屈服させる。
★2 - コメント(0) - 2015年5月3日

どの世界も似たり寄ったり、宮使えには数字やノルマが背負わされる。警察も同じである。ノルマの対象が犯罪である分、通常の方法ではこなせない。この物語はノルマをこなせる能力を持つが故に、犯罪へと落ちていった人間の告白である。
★7 - コメント(0) - 2015年3月22日

覚せい剤の密輸を見逃すことと引き換えに拳銃を摘発しようとして、自分のスパイに騙された話など、本当にこんなことがあったのだろうか?小説のようだ、と思うような日々の連続。最後に道警の裏金問題を告発した原田氏からの文章があったので、事実なのだろうと納得できたけれど...
★9 - コメント(0) - 2015年3月17日

著者本人の視点で、あっちいったりこっちいったりしなくて読みやすかった。 時代や慣習でしかたなかった。というのが少々多かったように思えるけど、自身の間違い・警察の間違いがつぶさに書かれていたのは良かった。覚せい剤のくだりはギャグかと……これ本当なの? 膿はしっかり出しきらなくちゃ北海道警さん。って他にも不祥事すごいな…… 
★6 - コメント(0) - 2015年3月12日

☆☆☆3つ。警察の腐れ具合がリアルに解る。短絡的なノルマ主義が犯罪を防ぐことより犯罪を誘発してパクって点数稼ぐことに奔走する元凶。しかし、道警やらJR北海道やら北海道の組織が腐りやすいのはなぜだろう?しかもすぐ責任者や関係者が自殺するのも共通。
★1 - コメント(0) - 2014年11月10日

罰則や取締り強化より、薬物中毒者の再犯防止、治療充実が、薬物需要を減少させるとのレポートがあるようだ。
★2 - コメント(0) - 2014年11月8日

おそらく多少の脚色はあるが、大筋は本当の話なのであろう。この本からは著者である稲葉の、自己弁護、また裏切られ恨みそれでも愛する警察組織というものが感じられる。 警察はやくざと同じくメンツを重んじる集団であり、署間の実績の争いが、ノルマという形で署員に降って来、違法捜査や行為に及んでしまう。悪しき体質である。
★3 - コメント(0) - 2014年9月19日

yyk
◎ 恐ろしい話
- コメント(0) - 2014年2月10日

佐々木譲の道警シリーズや、 東直巳の北海道モノを呼んでいる中でやたら道警の 不祥事の記載が目立ち、興味を覚えたので本書を手に取った。 「事実は小説よりも奇なり」という言葉がこれほど合うものもない。 犯罪検挙のノルマの達成や、 成果を上げるために犯罪に手を染めて行くって 本当に本末転倒な話である。 道警だけではなく、 自分の住んでいる処の警察でも大なり小なり 似たような話があると思うとぞっとする。 実際に違法捜査に手を染めた本人の話だけに 良くも悪くも非常に興味深い内容であった。
★3 - コメント(0) - 2014年2月7日

これは虚構なのか?それともノンフィクションなのか?本書は、元北海道警の刑事が記した回顧録。ノルマを達成するために本末転倒の取り締まりや捜査を続け、やがては干されてしまい、覚せい剤にまで手を染めてしまう・・・。裁判では数々の内情を暴露するも、結局は何も変わらない。警察を信じられなくなるほどの内容だ。これがすべて真実であるなら、本当に恐ろしいと感じてしまうことの連続。ノンフィクションであることを忘れてしまうほどのクオリティーである。
★3 - コメント(0) - 2013年9月6日

SU
警察、腐っている。途中から読むのが嫌になりました。
★1 - コメント(0) - 2013年8月27日

すごすぎる。警察ってそういう組織なのか…。組織って多かれ少なかれ???
★1 - コメント(0) - 2013年8月18日

事件があったときから興味あった。これ、書いてあることが全部本当だとすれば、恐ろしいこっちゃ。
★1 - コメント(0) - 2013年1月26日

佐々木譲の北海道シリーズのモデルにもなった「稲葉事件」の当事者 稲葉圭昭の告発本。 覚醒剤にまで 手を出した警官の一方的な道警幹部批判につき 全てが 事実かどうかは、わかりませんが (ほとんど事実なんだろけど) 一冊の本として とても面白く一気読みでした。 
★3 - コメント(0) - 2012年11月14日

高田昌幸氏の道警調査報道関連で紹介されていたので興味をもって読みました。エピソードがすごすぎる上に文章が上手なので、アメリカの悪徳刑事モノのドラマや映画みたいに楽しめてしまったのですが、とにかくすごい内容でした。当初の捜査に対する情熱や人間的な優しさも感じられ、あくまで自身の罪を深く反省した上で組織上層部の問題を告発する姿勢には心打たれます。しかし、自殺者まで出して現場の末端の尻尾切りに終わるという、この手のモノを読んだ後のいつものやるせなさ。近所が舞台で相当インパクトがあるので、周りの人には特におすすめ
★2 - コメント(0) - 2012年10月15日

面白くて最後まで一気に読んだ。10年ちょっと前まで北海道札幌に住んでいて、この事件はうっすらと覚えている。当時は道警に興味があるわけでなく、民間企業に務めていたので拓銀とかカブトデコムとか、ソッチのほうが気になっていた。今になってみると、凄いことが隠されていたものだと思う。罪を償った筆者には、元気に頑張ってもらいたい。警察程ではないにせよ、組織は腐敗する。より良い結果を出そうと働くことは尊いが、その中でどうやって生きていくのがいいのか。私にはまだ答えがない。
★4 - コメント(0) - 2012年9月17日

「稲葉事件」について本人自ら解説を試みた本。この事件は高田昌幸 氏の『真実』や原田宏二 氏の『警察内部告発者』(文庫版は『たたかう警官』)にも登場する。著者によると警察には検挙するノルマなる点数制度があり、それを達成しないと超過勤務手当がつかなかったり所属の予算配分で不利益等がある。そのノルマを逆算してヤラセや違法捜査に手を出すようになるとのこと。ノルマは本来、結果を計測する統計的な尺度でしかなく操作不能であるべきだが、それが目的化され不正操作が発生する。自殺した同僚警察官に罪を着せて言い逃れなどの例も…
★1 - コメント(0) - 2012年9月5日

「組織の方針に異をとなえる人間は変人扱いされる」というのは、企業や宗教団体等にもあることだろう。組織の上の方から見ると「成果を挙げている」というのは具体的数字で報告されるものしか無く、上から賞賛されることで組織維持するにはやはり暴力団組織の構成員となれ合いでつるんでということにもなるだろう。トラブルでもっとも一般的なのは金銭関係だからやはり相当の予算が必要になり、そのために麻薬売買というのは常軌を逸しているがありうることだと思わざるを得ぬ。原発関係や金融腐敗のことを読んだ後なのでそれほど悪人だと思えない。
★2 - コメント(0) - 2012年8月17日

佐々木譲や東直己の小説のせいで「稲葉事件」の名前と 内容は多少知ってたけど、もうちょっと反省があって いいんじゃないの?
- コメント(0) - 2012年4月10日

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白の 評価:86 感想・レビュー:48
ログイン新規登録(無料)